FC2ブログ
08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

09/13のツイートまとめ 

sophyinhatfield

RT @DOLKSTATION: 【即納情報】Island DollよりMedjed -Blackがやってきました🎶数量限定のとってもレアな神様ドール。メジェド様?アヌビス様の耳?見つめれば見つめるほど神々しく愛らしいフォルムです💕今ならメイク付きでお迎え可能!PC➡️h…
09-13 21:51

RT @DOLKSTATION: 【即納情報】Island DollよりMedjed -Whiteを入荷いたしました。不思議な雰囲気だけどコロンと可愛らしいメジェド様ドールです💓お写真と同じフェイスメイク付きでお迎え頂けます✨数に限りがございますのでどうぞお見逃しなく。…
09-13 21:51

スポンサーサイト

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

09/02のツイートまとめ 

sophyinhatfield

B-WINGリクエストしてきました! https://t.co/ii5oNxkAGa
09-02 16:37

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

09/01のツイートまとめ 

sophyinhatfield

R-TYPE愛に溢れたシューティングゲームですね~。 https://t.co/pDO9WUjvSF
09-01 01:25

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

08/27のツイートまとめ 

sophyinhatfield

なお、PFMのCelebrationが収録されたアルバムは『Photos of Ghost(幻の映像)』であり、その原曲であるE'festaが収録されたアルバムは『STORIA DI UN MINUTO(幻想物語)』ですが、#TOSHIMISESSION で演奏されたバージョンは明らかにライブアルバムの『COOK』の方だったので、そのように表記しました。
08-27 00:26

#TOSHIMISESSION 第二部続き9. Firth of Fifth/GENESIS 『SELLING ENGLAND BY THE POUND』10. 飛行船モルト号/SENSE OF WONDER 『飛行船の上のシンセサイザー弾き』アンコール11. CELEBRATION/PFM『COOK』
08-27 00:19

#TOSHIMISESSION第二部6. L'Auberge Du Sanglier~A Hunting We Shall Go/CARAVAN 『FOR GIRLS WHO GROW PLUMP IN THE NIGHT』7. Skylines/CAMEL 『RAIN DANCES』8. Come Una Zanzara/IL VOLO 『IL VOLO』
08-27 00:08

8月26日の #TOSHIMISESSION のセットリストです。第一部曲名/バンド名 『収録アルバム』1. Arubaluba/CAMEL『CAMEL』2. Sylvia/Focus 『FOCUSⅢ』3. One More Red Nightmare/King Crimson 『RED』4. Red/King Crimson 『RED』5. 月の位相Ⅱ~さよならプログレ/Kenso 『夢の丘』『KENSOⅡ』
08-27 00:03

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

今日は一日カオス三昧 第四回 ジョージは俺の住処編 

ヘイジョージ!千葉キャリって知ってるかい!?
知らねえよバカ死ね!!!

ということで、今日はジョージでカオス三昧です。
8月26日に吉祥寺シルバーエレファントで永井敏巳さんのTOSHIMI SESSIONを見てきたのですが、まあその前に吉祥寺をちょっとうろうろとしてきたわけです。
TOSHIMI SESSIONについては詳細なレポートを上げていますので、そちらをご覧下さいマシマシ電磁マシマシ。

今日は一日カオス三昧
今日のテーマ曲
↓オザンナのパレポリ


オザンナのパレポリって、小沢健二がポリポリなんか食ってるイメージですよね!
お前オザケンなよ!!(ボビーオロゴン風に)

さあ、今日は一日カオス三昧、というかプログレ三昧になった8月26日。
ウォークマンには胸いっぱいのプログレ!!WHOLE LOTTA PROGRESSIVE ROCK!!
なんか間違ってるくさいが、まあいいでしょう。



吉祥寺のディスクユニオンでCDを物色。駅から近い商店街にあります。
ちょっと見つけにくいですね。狭いビルの二階です。近くには洋服屋とか女性モノの下着屋があったりします。確か。あんまよく見てません。
欲しかったJ・A・シーザーと悪魔の家の初スタジオアルバムを購入。これを買った瞬間から、俺のカオスな一日が始まった!!
ってもう午後16時なんですけど。一日の始まりが遅かったので、なんかライブ開場まで駆け足な感じでした。
あと、アストゥーリアスの新譜『天翔』も購入。
他に何かないかな~と急いで見ましたけど、これといってなかったので即退店。多分5分くらいしかいなかったかと。
それでも物凄いスピードでCDの背表紙を見ることは可能です。そうしてCDを見ることにすっかり慣れてしまいましたのでね。もちろん、良いモノがあれば目ざとく見つけられます。長年CD屋廻りをやってるとそういう眼力がつきますよね?背表紙だけでレーベルがわかりますよね?タイトルなんかパっと見るだけで見当つきますよね?
あと、全然知らないバンドや作品でも、ジャケを見なくてもなんかぐっときますよね?背表紙だけで!!しかも紙ジャケのような細いものでも!!
そういうもんですよ。ええ。
これを読んで下さっている奇特なあなたは、もうそうなってますよね。クックック。



さて、そこから噂のハーモニカ横丁に行ってみました。
ここは凄いです…。クーロン好きにはたまらない、カオスな通りです。カメラ持ってたら何百枚も撮っちゃいそうです。
よくわからん居酒屋みたいなのが所狭しとあって、道も狭い!!
立ち飲みはもちろん、立ち飲みバーもあって、素晴らしいですね。
で、なんかよくわからん居酒屋があったのですが、屋台?ですかね。アジア諸国でよくみるような屋台。移動式のじゃなくて。
そこの店員らしき人がもうカオス!!猛爆カオスプログレです!!
なんたって長いヒゲ!!ジジイ!!お前は仙人か!?というような風貌で、カウンターがあるのですが座っていいのやらなんやらわけわかりません。お品書きも隠れてて何を注文してよいのやら…。
ビールがあるのか日本酒があるのかすらわかりません。なんだここは…。パンダココア…。



で、怖くなったのでハーモニカ横丁を過ぎまして、再び商店街へ。で、途中で「小ざさ」という最中屋で最中を買います。「さいちゅう」じゃないですよ。「もなか」ですよ。

↓スーパーモナカグランプリ。


↓岡部啓一さんの会社はMONACA(モナカ)です。


「小ざさ」さんの最中は安くておいしい!!それと、形が変わってます。
ちなみに「こざさ」ではなく「おざさ」と読みます。
え!オザなの!!オザンナパレポリ!!オザケンなよ!!



「小ざさ」さんのホームページはこちら→オザンナパレポリ
オザンナパレポリと書いてありますが、気にしないでリンク先へどうぞ。変なサイトには誘導致しませんのでYAT安心宇宙旅行してください。



そこから商店街を抜けていったのですが、いやあまあ暑いこと暑いこと!!
東京の気温はなんと37度だったそうで…なるほど、暑いわけだ。
あの、なんていうんですか、霧ですか、ミストシャワー?ってんですか?アレが商店街のスーパー?っぽいところでスーパーミストでシャワワンガ山田くんでしたね。





んでまあクソ暑い中を汗だくでうろうろしてまして。
ライブ前になんか食っておかないとこれは砂漠の無名都市に迷い込んで死ぬなと思ったので、肉食おうと思ったんです。



ちょうどライブ会場のシルエレ付近に焼肉屋があったので入ろうとしたのですが、なんと開店後15分しか経ってないのに満員!!入れない!!ということで。
ちなみにその焼肉屋は牛鉄というお店で、タン塩745円!!745でナシゴレン!!ナシゴレンってなんかナチグロンみたいですよね!!ってかナチグロンて凄い名前ですよね。ドイツからなんか凄い批判がきそうでね!!
おっと。中田譲二に撃ち殺されそうだぜ。



でまあ仕方ないのでまたうろうろと。あ、それと牛鉄のさらに上の階に「八献」という和食屋?っぽいところがあって行ってみたかったのですが残念ながらお休みでした。不定休のようです。
後で八献って調べたら、なんとびっくり、太田和彦が訪れたお店じゃあありませんか!!な~んだ、やっぱりそうだったんだ!!と。うわ~入りたかったな~。

それというのもですね、太田和彦の番組の再放送が今千葉テレでやってて、好きでよく見てるんですが、その番組で吉祥寺を歩いてたんですよ。で、紹介されていたのが「八献」だったんですね。
店名をうっかり忘れてて「八献」がそのお店だとは気づかなくて。いや~しかし、なんか見たことあるし、多分この店が太田和彦が来た店じゃないかなあ…とは思ってたんですけどね。

いやあ、俺もいよいよ酒場放浪が体に染み付いてきたのかなあ。そういうお店を探し当てるっていう。しかも別に探してるわけじゃなかったのに、自然と俺の前に現れるっていうか。
なんてな。ゲボラハハハハ(ル・シャッコ風に)
シャッコはそんな笑いしません。

んで、仕方ないのでまた歩いていたところ、良さげなお店発見。
でもなんかちょっと店外から覗いたところ、高そう…職人さんキチっとしてるし、カウンターあるし、お魚おいしそう…酒もおいしそう…。
で、一度は通りすぎました。
その並びって凄い居酒屋とか色んなお店があって素晴らしい通りです。
喫茶店、居酒屋、焼き鳥、やきとん、お好み焼き、ピザ、そばなどなど…。
もうどこに入っていいのやら、と迷いまくりな通りです。しかもお値段もリーズナブル。
吉祥寺、恐るべし!!

で、やっぱり気になったので入りました。
そこが「魚金」でした。
いや、だってね。家族連れがボンボン入っていくし、見てたらなんかきったないオヤジも平気で入っていくし、じじいの3人組だって「おう刺盛り半額だってよ!」「入ろう入ろう」と入っていく様を見ていくと
「ん?高級でもない…?」
と思いましてね。
一人でふらりと入りました。

これがもう、今日最大の…というか今年最大の大当たりでした。
ここ、最高です。のん兵衛は絶対に行って下さい。まだ行ってない人は、人生の全てを損してます。
まず、店内は小奇麗。板前さんが三人いて、キチっとした職人姿。まるで寿司屋の板前さんみたいです。清潔感あって、やっぱり良いもんです。こうじゃなきゃ。居酒屋のあの変な黒い格好っていうんですか、甚平ってんですか?アレ、嫌いなんですよ。あとなんか古風な雰囲気だすためかなんか知らんですけど、古木使ってたりね。

ここはそういう作りではありませんでした。オーソドックスな寿司屋な雰囲気。もちろん、カウンターでも飲めます。しかも目の前で調理されるので、見ていても楽しい。
そして驚くべきはそのメニュー。
取り合えずちょっとお腹が空いていたので、軽く日本酒一合を頼みます。
給料も入ったし、ちょっと良いもの飲もうと思って純米大吟醸!群馬県の龍神酒造という酒屋さんの「尾瀬の雪どけ」というお酒でした。
それとお刺身。三点盛りでちょこっと食うか、と思って頼んでみました。なんと640円です。30周年記念とかで、刺し盛りが半額だったからこのお値段でした。
それと、とうもろこしのかき揚げ。これ、おいしいんですよね~。私は以前に神田の名店「新八」さんで食べたことがありますが、もうこれがめっぽうおいしい。忘れられない味だったので、思わず注文。まあ新八さんほどのおいしさではないだろうな、とは思いましたけども。

で、きたきた、日本酒!!暑い時に冷酒と刺身で一杯は最高の贅沢です。
徳利に入ってくるかと思いきや、ちゃんと塗りの片口を用意してくれて、そこに注いでくれます。おお、素晴らしい。こういうお店はまず間違いありませんね。
で、一口飲んでみたところ、思わず口から光線を吐いてしまいました。



味王さまのこの気持ち…本当にわかります。うまいものを飲んだり食ったりすると、叫びたくなりますよね?
そしてそのエネルギーが凝縮されて、ビームやレーザーとなって口から出てしまいますよね?
この「尾瀬の雪どけ」は、それはもうとんでもないお酒でした。こんな上手い日本酒を飲むのは久しぶりでしたねえ。
口当たりよく、すっきりと飲めてキレも良く、これはいくら飲んでも悪酔いしない良い酒だなあ、と。
あ~~~上手い!!上手い!!と飲んでいると、きました刺し盛り。

デカいよ!!



きてみてびっくり!!
おい、何がこれ三点盛りなんだ…。
マグロ、カツオ、タコ、真鯛、カキ、鰯、おまけに鯖寿司!!
え?三点って何を指して三点って言ってるんですか?という感じ。もはやこれだけでお腹一杯です。
メニューには三点盛りって書いてあったと思ったんですが…。見間違えたんでしょうかね?いや…?あれ?う~ん…。
しかもそれぞれ5~6切れほどのってます。一人で食う量じゃねえ…。
でも旨い!!マグロもカツオも厚く切ってあって食べ応えあったし、タコも柔らかくておいしかった!!カキがちょっと元気なかったですけどね…。
その上さらにとうもろこしのかき揚げが来たのですが、これがまた…。

デカいよ!!



あ、そういえばこの曲って、テレビ番組でもよく使われてますよね。
まあいいや。

というわけで、とうもろこしのかき揚げがデカい!!CDぐらいデカいです。それが四枚も!!
おいい~……。明らかに一人で食う量じゃありません。
ちょっとカレー粉がかかっていて、ほんのりカレー風味。それがまた食欲をそそります。なんだかんだいってあっという間に食べてしまいました。
なるほど、このお店は一人でちまちま食うお店じゃなさそうですね。二人で一品頼んでちょうど良いと思います。
なので、コスパはかなり良いですね。
食べログかこの記事は(笑)

ちなみにお通しはポテトサラダ。皮付きのジャガイモを使っていて、ちょっとゴロっとした大きさです。あとハム。で、これもちょっとカレー風味。ここはカレー推しなのか…?



で、料理も旨かったのでお次に「刀美」というお酒を注文。こちらは東京のお酒で田村酒造というところのお酒。
これもすっきり辛口で、うまかったです。かゆ うま
ただ、「尾瀬の雪どけ」の方が俺的に好みだったので、また頼んじゃいました。だっておいしいんだもの!!

しかしまあ、魚金さんに入店してここまで約30分。かなり忙しないお食事タイムとなってしまいました…。刺し盛り片付けるのに苦労したわ…。
ちょうど17時半になったので急いで退店。
とはいえ、歩いて1分もしないところにシルエレがあるので余裕でしたね。
今度からシルエレでライブある時はここにしようっと。

そんなこんなで、大満足の一日でした。
吉祥寺は古着買いにたまにきますが、これまで居酒屋には注目したことがなかったんですね。大体目につくのはラーメン屋とかピザとかイタリアンとかオサレな女子向けのお店とかカップル向けのオサレなお店とかで。
ハーモニカ横丁なんて全然通ったことなかったんですが、あそこは凄いですね。私にはまだレベルが高すぎて、一人で飲めません。

今度は一日ゆっくりと吉祥寺をぶらりとまわりたいもんです。

Category: 今日は一日カオス三昧

tb 0 : cm 0   

2018年8月26日 TOSHIMI SESSIONに行ってきた 

8月26日、吉祥寺シルバーエレファントで行われたTOSHIMI SESSIONに行ってきました。
当日のセットリストです。

曲名/バンド名
『収録アルバム』

第一部
1. Arubaluba / CAMEL
『CAMEL』
2. Sylvia / FOCUS
『FOCUSⅢ』
3. One More Red Nightmare / KING CRIMSON
『RED』
4. Red / KING CRIMSON
『RED』
5. 月の位相-Ⅱ Les phases de la luneⅡ~さよならプログレ(Arrivederci-Goodbye Prog) / KENSO
『夢の丘』
『KENSOⅡ』

第二部
6. L'Auberge Du Sanglier~A Hunting We Shall Go/Pengola~Backwards~A Hunting We Shall Go(Reprise) / CARAVAN
『FOR GIRLS WHO GROW PLUMP IN THE NIGHT(夜ごとに太る女のために)』
7. Skylines/CAMEL
『RAIN DANCES』
8. Come Una Zanzara/IL VOLO
『IL VOLO』
9. Firth of Fifth/GENESIS
『SELLING ENGLAND BY THE POUND(月影の騎士)』
10. 飛行船モルト号/SENSE OF WONDER
『飛行船の上のシンセサイザー弾き』

アンコール
11. CELEBRATION/PFM『COOK』

ツイッターでいち早くウチのソフィが上げてくれましたが、字数制限があるので見づらいです。
なので、こちらにも記しておきました。

当日は16時からチケット受付、17時30分開場、18時スタートでした。終わったのが20時45分頃だったかな?途中休憩を挟みましたが、それでも2時間半程というのはなかなか凄いセットリストです。
曲の間にちょこちょこMCが入っていたのでこの時間になった、というのもあるのかも。1曲終わるごとに何かしらMCが入っていて、今回は結構多めでした。
ド緊張感ある演奏の連続だと聞いてるこちらも疲労が凄いので、MCちょこちょこ入ってくれると助かりますね(笑)

1曲目はキャメルで開始。ってか永井さんキャメル好きだな~。毎回必ずキャメル入れてきますね。TOSHIMI SESSIONは清水先生が来る時しか聴きにきてませんけど、それにしても毎度キャメルです。あとブランドX。
でも今回はブランドX封印でした。
まあ1曲目はこんなもんだろ、という感じです。いきなり突っ走っちゃうと後が、ねえ(笑)
で、1曲目が終わってちょっと清水先生のギターの調子が悪そう…。ということで急遽ここでメンバー紹介となりました。

2曲目はきました!!フォーカスのSylviaです!!私も大好きな楽曲だったので、思わず涙が…。
ってか今回も「このメンバーだとこの曲やるだろうな」と予想した楽曲を大量にウォークマンにぶち込んで今回のライブにのぞみました。Sylviaは見事に当たりましたが、まさか本当にくるとは思っていなかったので嬉しすぎて泣けます。
清水先生、なんと今年は人前で演奏するのが今日が初!とのことでしたので、相当に気合入ってます。清水先生のギターを弾く姿に、ヤン・アッカーマンが重なります。

3曲目は意外にもOne More Red Nightmare!!クリムゾンが来日した時にプレイしてたからでしょうかね?そしてそのまま4曲目のRedへとなだれ込みます。太陽と戦慄かな~と思いきや、まさかの再び赤い悪夢からのレッドだったので本当にびっくり。
ボーカルは大菊くん。凄いですね。見事にジョン・ウェットンしてましたよ(笑)
プログレ向きの声なんじゃないでしょうかね、彼は。
あと、永井さんがおっしゃられておりましたが、大体はRedからOne More Red Nightmareの流れなんですが、今回は敢えて逆にしてみました、とのこと。本家クリムゾンのライブアルバム『RADICAL ACTION TO UNSEAT THE HOLD OF MONKEY MIND』ではRed~One More Red Nightmareでしたね。
逆の流れで聴くというのもまた新鮮です。

5曲目は月の位相Ⅱから続けてさよならプログレ!!って、え!!もうかよ!早いよ!!と思っちゃった。てっきり最後の最後でこの曲で締めて終わりかと思ったら、「第一部最後の曲は、清水先生の曲を2曲やります」ってMCが入って、え!!と。
でもまさかこのタイミングで、さよならプログレをやるとは思わなかった。何か別のケンソー楽曲をやるのかと思ってたので。
ってか今回は月の位相Ⅱがすぐに頭から出てこなくて、あれ~この曲なんだっけか!?となってしまって、失礼ながら後で難波先生に聞いてしまいました…。難波先生は快く答えてくれたのですが、またもや反省です…。
まだまだ聞き込みが足りません。というより難波先生に聞いちゃダメだろ。清水先生の曲なのに。

ここで第一部が終わり。休憩時間です。
で、今回は場内終日禁煙だったので、一度外に出て喫煙タイム。永井さんもいらっしゃいました。ってか永井さんの隣で普通にタバコ吸ってましたよ、俺(笑)
そしたら、なんかよくわかんないオバサンがつきまとってましたね…って、おおおおおい!!!こいつはまさかあの時の!!
そうです。過去記事でちょっと触れている、あの…!!
なんなんでしょう、あの人。業界関係者なんだろうか…。永井さんとずっとおしゃべりしてましたけど…。
ライブでは前の方に座っていたので、相当熱心なファンだとは思いますけど…。
で、まあ私ゃ立ち見でしたが、今回は異常な暑さのせいかどうかわかりませんが、後ろの方は結構空いてました。みんな暑さで倒れちゃったのかな…?何せ東京は気温37度!!いやもう、暑い暑い…。
すし詰めぎゅうぎゅう状態というわけではなかったので、壁に寄りかかってジントニック飲みながらヘドバンしてました。
座るよりやっぱ立ち見の方がいいですね。トイレ行きやすいしヘドバン出来るし。
ってかライブ中はみんな微動だにしないんですねえ。プログレライブだからでしょうかね。他のプログレライブもやっぱりみんな微動だにしないんでしょうか。
あと、山本はるきちさんがいらっしゃってましたね。俺が外でタバコ吸ってたら、清水先生と仲良くお話されていました。長年の友人同士がこうして仲良く話しているのを見ると、こちらも非常に心が温まりますね~。
こういう時、ファンは決して邪魔してはいけませんよね。お聴きしたいことは山ほどありますけど、そこは大人の対応です。アイドルのおっかけじゃないんだから。

さて第二部は、思い返すとぶっちぎりすぎじゃねえか…というほどの濃い内容でしたね。
まずはお馴染み、キャラバンです。タイトル表記が長すぎなので、「いのししの館」でいいでしょう(笑)
永井さんは今回も、「いのししの館」って呼べばいいのか「狩へ行こう」って呼べばいいのか、どっちなんでしょうね?とおっしゃられておりましたが、まあどっちでもいいんじゃないですかね。
ちなみに私は「オーベルージュサングリア」って呼んでます。
そもそも日本盤で「いのししの館」と訳しているのが間違いなのですが…それは過去記事で詳しく取り上げておりますので、そちらをご参照下さい。

熱いキャラバン演奏が終わって、お次はまたもやキャメル!!ホント、永井さんキャメル好きだな~。
でもSkylinesはあんまり聴いていなかったので、すぐにはわかりませんでした。そこで役に立つのが愛用のウォークマン。
永井さん対策としてウォークマンにはキャメルとブランドXを全作ぶち込んできたので、後で該当曲を探し出せるようにしておいたのです。くっくっく。
永井さんが、キャメルの中でもちょっとフュージョンっぽい、なんておっしゃられてましたね。とはいえベースが結構大変、なんてことも。確かに、終始指がウネウネと動いておりましたね。後でベースに注目して聴いて見た所、なるほど、と。

そして次は、私は知りませんでした…。イル・ヴォーロです。名前は見たことがあるのですが、聴いたことはありませんでした。
かなり良かったので、購入確定です。
後で調べた所、フォルムラ・トレのメンバーと当時名うての演奏者が結成した、いわゆるスーパーグループだったそうですが、アルバム2枚で解散してしまったそうです。
ボーカル部分もありますが、どちらかというとジャズ・ロックな楽曲でしたね。
何やら清水先生からのリクエスト曲だったそうですが、永井さんがメールを受け取ってあああれね、とすぐにわかったらしく、即行で今日の演奏曲として決まったとか。
今回は永井さんと清水先生が好き勝手に曲を決めて、難波さんと大菊くんの了解を得て演奏曲を決めていったそうです。なので、永井さんと清水先生の趣味がモロに出ている、ということに。
だからEL&Pやらなかったんですね!!(笑)
そう言えば、MCで清水先生がおっしゃられておりましたが、以前にEL&Pがなぜ10大プログレバンドに入らないか、というのを書籍に書いたところ大炎上したのですが、実は、難波先生に原稿の相談をしていて、難波先生が「書くなら大炎上覚悟で書いた方が面白い」とのアドバイスを受けてあのような内容になったそうで(笑)
ようは難波先生に焚きつけられた、と(笑)
ですから、決してEL&Pが嫌いなのではない、とおっしゃられてました。ただ10大プログレバンドには入らないよ、というだけです、と。
大丈夫、ファンはわかってます。

そしてお次はジェネシス。名作『月影の騎士』からFirth of Fifthです。
これもすぐにはわからなかった…。こういうとアレですが、ジェネシスはあんまりよく聴かないので…。
清水先生がEL&Pが10大バンドに入らないのと同じような理由で、私はジェネシスが10大バンドに入りません。
とはいえ、やはり素晴らしいことには変わりありません。
清水先生は、日本のハケットと呼ばれたかった時期があったらしく(笑)、誰か読んでくれないかなあと思っていたそうですが、まあ誰も呼ばない、と(笑)
で、前奏のピアノで難波先生、とちっちゃいました。かなりの難曲だそうで、事前にリハーサルやらないと弾くのは無理!ともおっしゃられてましたね。プロでさえも難曲、しかも鍵盤の貴公子をしてそう言わしめる楽曲とは…相当な難易度の楽曲であることは想像出来ますね。
事前に大学の講堂?だったかな、そこを借りてこの曲の練習をしていた所、生徒たちから「何の曲ですか?」と聞かれたそうです。いや、ロックの曲だよ、と言うとかなり驚いていたとか。そりゃそうだ(笑)
永井さんも「ピアノだけ聴くともうまさにクラシックの曲と言ってもわからない」とおっしゃられてましたね。それこそがプログレの面白さですね。

とてつもない難曲でみなさん、ぼ~っとしてる所に最後の楽曲です。
第一部で清水先生の曲をやったので、最後は難波先生の曲、飛行船モルト号です。
もちろん、楽曲は知ってましたけど、こんなに熱い曲だったっけ…?というぐらい大盛り上がり!!
鍵盤の貴公子の面目躍如です。難波先生の鍵盤から火が上がっているのが、俺には見えました。かなりの爆音です。
ってか難波先生って、涼しい顔してあんまり動かないで坦々と演奏するスタイルなんですね。前回の厚見玲衣さんとは全く違います。
それでも爆音ぶりはかなりのもの。厚見さんに負けてません。二人のキーボード対決も見てみたいものです。

楽しかったライブも大盛り上がりで終了…とはなりません。まだアンコールがあります。ファンはもっと聞きたいぞ!!
ということで、ステージ上にみなさん居残ったままアンコールという、結構珍しい光景に(笑)
一旦ステージ上からいなくなってからアンコールで再登場、というのが普通ですけど、今回はそんな流れに。

最後は、曲紹介はされませんでしたがこれはさすがに私でもわかります。
やっぱりきた!!と内心ガッツポーズです。
PFMの「Celebration」、それもCOOKバージョンです!!
やはりな、と。清水先生も大好きなライブ盤ですし、難波先生もPFM大好きなことは知っていましたから、今か今かと待ち構えてましたよ。これは予想通りです。クックック。

この日のために耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで望んだライブでしたが、もうあっという間でした。え、もう終わりなの!?もっと聴きたい!!と思ってました。観客のみなさんも同じだったのか、終わってもしばらくアンコール拍手はやみませんでした。
ホントに面白かった。
この日も一日プログレ漬けで、ウォークマンに入れていた楽曲を全て消して、予想曲や前回演奏した曲や、清水先生、難波先生、永井さん、大菊くんの参加したアルバムやプログレの名盤を容量限界までぶち込んで望んでおりました。
清水先生と難波先生対策としてイタリアンプログレをちょっと多めに、永井さん対策としてはキャメルとブランドX全作ぶち込んでおりましたが、それでもイル・ヴォーロは無かった!!
いやあ、まだまだプログレの道は険しく長いですね~。こういうライブで新しく知ることが多いので、やっぱりライブに出かけたり他のプログレ通の人とお話することって大事ですよね。
ディシプリンクリムゾンのバッグをしょって、プログレを聴きながら吉祥寺の街を歩き、そしてプログレライブ!!と、まあとにかくもうこれ以上の幸せってないんじゃないだろうか!?というぐらいに充実した一日でした。疲れなんてとんでもない!!疲労!?そんなもんあるか!!ってぐらいに心も体もリフレッシュです。

さて、ではこの記事最後に、覚えている限りのMCの内容を書いておきます。ちょこちょこMCが入ったのでどこのどのタイミングで、というのはさすがに覚えてません。

※MCについては私の記憶を頼りに書いているので、一言一句正確な記述ではありません。そのような内容を言っていたな、というのを元に書いていますので、ご了承下さい。

以下、敬称略
・永井「清水先生、ぼ~っとしてませんか?大丈夫ですかね」
今回、これが結構多かった(笑)難曲連発で、リハーサルでかなりみなさん、放心状態だったそうです。

・物販の宣伝コーナーにて。
清水「プログレッシヴロックの作り方というのがあるんですけど、院長室にある在庫が院長室を圧迫しているので、みなさんぜひお願いします」
結構切実なようです(笑)

・永井「還暦の人がやる曲じゃないですよね」
・永井「還暦だとね、こう日本の伝統的に赤いものを着させられますけどね、清水先生も今日は赤い白衣で」
・清水「これは自分で染めました」
赤い白衣についてはケンソーライブでもおっしゃられておりましたね。ただなかなか上手く染まらなかったらしく、真っ赤ではなくて血染めの白衣みたいになっちゃってます(笑)

・永井「難波先生はおとといときのうもライブだったんですよね」
・難波「おとといは大阪で達郎(山下達郎)のライブで、きのうは横浜で人見元基のライブで、今日はここでプログレ弾いてるっていう」
難波先生、お疲れ様です。


また何か思い出したら追加しておきます。

Category: KENSO関連記事

tb 0 : cm 0