06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

今年もドリズム開催決定!みなさま、資金の準備を…。 

もうドールはお迎えしない!
というカタい信念をいとも簡単に捻じ曲げてしまう恐ろしきイベント、ドリズムが今年も開催決定しました。
10月1日、池袋サンシャインシティにて開催です!
夏のボーナスに手をつけずにそっくりそのまま取っておかないと…。

今年のドリズム公式サイトはこちら→ドーリズムプラス東京2017公式サイト

で、今回のドリズムはなんと約800体以上のドールがお目見え!
え…なに、その数は。
会場限定ドールはもちろん、過去の限定ドールも復活しての展示、販売となるようです。
まだ詳細はわかりませんけど、これはマズい予感。
会場に行ってふら~っとドールに吸い寄せられていって、気がついたらそのドールがウチで座ってお茶飲んでた…というのはよくある話なので、気をつけて!(笑)

かくいう私も、もうお迎えはしないと誓ったにもかかわらず、SPIRIT DOLLさんのRosemaryがあまりに直球ドストレートで自分好みだったので、つい…。
しかもイベントでもイベント後もずっと居残りさんだったので、ついつい…。
という具合で沼にずぶずぶと(笑)

参加企業はこれからまだ増えると思いますけど、今のところはBlue Fairy、Little Monica、SPIRIT DOLLの3社は参加予定とのことなので超楽しみ!!
会場は撮影自由なので、一体何百枚撮ることやら…。


スポンサーサイト

Category: DOLL

tb 0 : cm 0   

ドリズムプラス2016行ってきた 

ドリズム参加は初です。前回は2014年の大阪開催でしたね。その時はドールのドの字も知らず。
ブロともの方のおかげでドール沼にハマったのはその後のことだったので(確か)、ドーリズム行きたいなあと思っていたんです。
やっと今年、池袋で開催!ということで、嬉しさ半分、不安半分で行ってきました。
不安要素ってのは、池袋サンシャインシティだから。あそこ、会場狭いんですよねえ。ドールショウもそうですけど、やっぱり俺はビッグサイトが一番良いです。ゆりかもめにも乗れるし、新橋で一杯やって行けるし(笑)

さて、当日撮った写真やらなんやらはツイッターで早速ウチのソフィがアップしてくれてますので、そちらをどうぞ。
ここでは、会場の様子とか、会場でのドールのお迎えの方法とかを書いておきます。

まずですね。
今回はうちのアーネット(Little MonicaのElena)を連れて行ってきました。アーネットとは初の外出です。
いつものゆめみ亭さんのドールバッグでお出かけです。
会場に着くと、あれ?あんまり人がいないな…と思ったら、会場の外が長蛇の列!!
そっちかい!と、かなりあせりました。もしかしたらこのまま入場まで延々と待たされるんじゃ…。それでお目当てのもの全部買えないんじゃ…。
という不安もつかの間。開場した後はすんなりと入れましたね。ゲームショウよりはかなり、というかだいぶマシ。
9時ぐらいから整理券を配っていて、番号順に並んでいたようです。
俺が会場に着いたのは11時頃だったかな?11時半から続々と入場が始まって、15分後くらいには入れました。なので、並んですげー待った!という感じは無かったですね。みんなお行儀がよろしい。開場して走るヤツなんて一人もいませんでしたよ。
もっと一般的なアイドルのイベントとかだと、イベント慣れしてない一般人も多数来場するので、マナーが悪いんですよねえ。うるさいし。その点、こういったマニアックなイベントは安心です。みんなちゃんと心得てますね。大人しい。

で、会場入りしたらもう「わあ~!」って感じ。
片っ端から素敵なドールがたっくさん!それもちゃんと間隔を開けて、スペースを十分にとって配置されてます。人がひしめきあってない。
例えば、有名な絵画の前に人だかりのたくさん出来てしまって、全然見えない!なんていう美術展の様子を思い浮かべてもらうとわかりやすいですけど、ああいう感じではありません。
通路も広く確保されていて、ドールが所狭しと並んでいる、というような配置の仕方ではない。これが凄く良いと思いました。

おまけに会場のドール達は写真撮影自由ですから、みんな他の人の邪魔にならないように注意して撮影してましたね。
こういうところもマナーがよろしくて、嬉しい限り。無遠慮にスマホを向けてガシャガシャ撮ってるようなのはいませんでした。
やっぱりみんなドールが大好きなんですね。ドールへの接し方も心得ている。それに「みんなで楽しもうよ!」という雰囲気があります。だからお互い譲りあって、失礼の無いようにしているわけです。
これ私のドール!これ私の!これ欲しい!なんてガツガツしてない。
ってか「私のドール」はみんな持ってますしね。ガツガツする必要がない。会場でどんなに素敵なドールがいようが、「ウチの子が一番!!」なのはみんな同じでしょうしね。

俺の場合、今日連れているアーネットが世界最高なので(笑)、会場のドールたちはあくまで参考程度。服装とかウィッグとかアイとか、あるいは各メーカーの造形美とかを観察しながら、ぐるりと巡りながらちょっとずつ撮影していきました。
1つのドールにとどまってずっと撮るのは他の方に迷惑なので、人が空いたらまた戻ってきて撮影、というようにしていきました。
まあ中には興奮しすぎてドールに近づきすぎて注意されてる人もいましたけど、そういう人は極めて少ないです。
「わ~この子かわいい~」
「この子お迎えしたいな~」
と言いつつ、たくさんの女子たちがドールを見ては目を輝かせていました。

しかし!

高い!!

ご承知の通り、ドールは一体5万ぐらいはします。会場限定となると10万以上するものもありましたので、そう気安くポンポン買えるもんじゃない。お迎えしたいな~と言いつつも、そこは現実。お金が…無え。
ウィンドウショッピングしてるみたいな気持ちでしたね。
俺の大注目だったSPIRIT DOLLさんのRosemaryも、9万以上するとなるとちょっと考えちゃいまして。むっちゃくちゃかわいくて、髪型も顔つきも体型もパーフェクトに自分好みだったので、迷いに迷いました。
まあ迷ってるうちにお迎えされちゃうだろう…と思ってました。他のお客さんたちも、Rosemaryの前で結構写真撮ってましたし、かわいいって言ってる人もたくさんいましたしね。
でもですね…。ずっと居残っていたんです。イベント終了まで、ずっと。よっぽどお迎えしてしまおうかと思ったのですが…。お迎えするための資金もありましたし。

さて、会場でのドールお迎えの方法ですが、これがなかなか良かった。
まずレジカウンターがあって、そこの後ろの壁に各ドールたちの写真が番号とともに貼られていて、この番号を伝えるかドールの名前で購入する、という方式でした。
整理券配って抽選やって当たったら購入、というようなまどろっこしいことはせずに、先着順です。なので長蛇の列。
でもわかりやすくていいですね。待機列もスムーズに捌けるし。
で、レジでお金を払って受け取りカウンターはまた別。そこで用意出来次第お渡し、ということで即日連れて帰れるというシステム。
これは魅力です。販売予定数が一体限りのドールと、予定数が終了して最後の一体は、展示してあるドールをそのままお迎え、ということになります。そちらは即日お渡しは不可能なので後日配送、と。

俺の方はというと、ひとまずイベント限定衣装を買わないと行けないので、DOLKさんの所に並びました。でも結構空いてましたね。ほとんどみんなディーラー卓の方に行ってたんじゃないかな。そっちは物凄い込みようで、通路も狭く、一度入ったら抜けられないという有様。ビッグサイトだったらこんなこと無いのに…。
ということで、お目当ての衣装は全て買えました。全部で6万ぐらい吹っ飛びました。まあいつものことですね。
限定30着とかだったんですけど、だいぶ残ってましたねえ。体操服が結構売れてたみたいですが…。まあウチの子たちには必要ないんでスルーです。
今回買った衣装も、いずれソフィがツイッターにアップしてくれると思うので、気長にお待ち下さい。

さあ、後はディーラー卓巡りですが…。
う~ん、とにかく混雑しすぎです。それというのも通路が狭すぎるからじゃないでしょうかね。ドール展示でかなりスペースをとった分、こちらが狭くなったんでしょう。
ドールを持って歩いている人も多くいるわけですから、こういうイベントはやっぱりスペースを広く確保出来る会場がいちばんですねえ。
なので、ディーラー卓はさらりと見た程度。特に何も購入しませんでした。ってかもうだいぶ売れちゃってた後だったし。

ガチャもやってましたね。アイとか服とか入ってるガチャでハズレ無しのヤツ。何かしら商品が入ってるっていう。
これもそんなに行列してませんでしたね。

全体的に、人がひしめきあってやたら行列ばっか、というようなイベントではなかったです。今回のミュージアム形式というのは成功だったと思います。ドールショウやアイドール等と同じように、ディーラー卓の前に並んで購入してとなると、どうしても動きづらくなる。
今回のようにドール展示スペースを設けて、購入レジと受け取りカウンターを別にしたのが良かった。次回もこれで、ビッグサイトでやってくれたらいいんですけどね。

やっぱり実物を見ると違いますね。写真じゃ魅力に気づかなかったドールがたくさん!興味無かったドールも実物見てみると「あれ!?かわいいじゃん!」っていうのが凄く多かった。
だからドールは怖いんですよ。お迎えする予定じゃなかったのに…っていう、ね(笑)
なので、Rosemaryはホント、すっごい迷った。でも60センチサイズの大きい子なので、ソフィとアーネットとの身長差とか、今まで買った服が着まわし出来ないとか考えると…。
それに、60センチが一人増えると、お友達でもう一人お迎えしたくなるのは目に見えています。前例ありますからね。ソフィだけで十分とか言っておいて、結局アーネットお迎えしてますから。
ってか会場のDIKA DOLLの子がかわいくて、下手すりゃ40センチの子がもう一人増えてるとこでした。これだから危険なんだな。実物見るってのは。

さあ、次は12月4日のアイドール!ビッグサイトです!
行ければいいけど…。

Category: DOLL

tb 0 : cm 0   

ドールショウ47秋に行ってきました 

(以下はJ・Aシーザー風のメロディでお読み下さい)

絶対運命人形地獄!!
絶対運命人形地獄!!
わたしの人形、絶対海外!!

フェアリー地獄!!

闇のディーラー卓にジャンパースカート
金のメッキの望遠鏡
着るとサイズがちょっと微妙
MSD子のお洋服
フェアリーの闇
海外の闇
果て無き闇
人形の闇
絶対運命ブルーフェアリー
絶対運命タイニーフェアリー
じごくごくじくじごじごくごくじじくご!!
じごくごくじくじごじごくごくじじくご!!

さて、盛り上がって参りました。

一月ぐらい経っちゃいましたが、一応書いておきます。

今回も池袋サンシャインシティということで、祝日ということもあって大勢の家族連れやカップルがひしめく中、行って参りました。
もちろん、うちのソフィも連れて行きました。気分的には家族連れです。

が!!

会場が狭いし人多すぎなので、ソフィは結局一度も外には出られず、ディーラーさんとも全然お話が出来なくて、ちょっとつまんなかったです。
やっぱりこういうイベントはビッグサイトがいいなあ。

で、俺もこういうドールイベントに慣れてきたのか、訪れるディーラーさんはほぼ決まってきました。お目当てのディーラーさんを目指す途中で、何か見つけたら購入、という感じですね。
無事にお目当てを回ったら、あとは会場をぐるりと3周はします。リカちゃんだろうがプーリップだろうがバービーだろうがG.I.ジョーだろうが、とにかく全てを回ります。何か面白そうな小物とかあるかもしれないので。
でもまあ、今回はそう目を惹くものが無くて、だいぶ出費を抑えられました。2~3万ぐらいかと。
俺のドールイベント初回はドールショウ浜松町ファイナルで、みんな気合が入っていたのか良いものたくさんありすぎて、あの時は買いすぎちゃいましたからねえ。

今回もFPさんのところに行って、素敵なお洋服を購入。あとはなんだっけな…。
まあとにかく、ほとんど買わなかったです。珍しい。
ちょこちょこ小物は買った気がします。

ホントは写真を載せたいんですけど、なかなかゆっくり撮影する時間と気力が無くて、全然撮影してないです。ストレス激溜まりです。
写真の方は撮影したらツイッターでソフィがつぶやいてくれるんで、そちらをチェックして下さいね。

で、帰りに行きつけのバーに行きまして。
ツイッターの方でソフィが画像を上げてくれてましたよね。
なかなか話の分かるオーナーさん&バーテンのねえちゃんで、快く撮影許可を頂きまして。
また撮影したいけど…人が全くいない時じゃないと、ちょっと難しいかな。

さあ、お次はドーリズム!!
うちのアーネットが出撃準備をしております。
どんな服装にするか、悩んでます。

Category: DOLL

tb 0 : cm 0   

アイドールVOL.47に行ってきた 

泊まり勤務明けで一睡もせずに、東京ビッグサイトまで行ってきました!!でも全然ボロボロじゃありません!!なんたってこの日は貴重なリミッター解除の日!!大好きなことを思う存分堪能出来る特別な日なので、テンションマックスで突っ走ってきました!!
ひやっほーうけけけ!!!
あ~、疲れてるなあ、俺。

ということでアイドールです。いやあやっぱりビッグサイトはいいなあ~(志村けん風に)。
私が出かけると決まって雨降りなんですが、当日はバッチリ快晴!!空も青々と!暑かったけど清清しい天気!!最高のドール日和でした!!
で、今回は初のソフィとお出かけ!ドール同伴で行ってきました!!ゆめみ亭さんのドールバッグを買ったしね。
サイトはこちら→ゆめみ亭
L1030469.jpg
「王朝ペルシャブルー40サイズ」です。
この柄の40サイズは、どうやら私が購入したのが最後の一個だったみたいで、既に販売終了しているみたいですね。50サイズは完売のようで、60サイズはあるみたいですけど。
ウチのソフィはBlue FairyのTFで、42,3cmですが、背丈には結構余裕ありますね。ただ、横幅については、服を着せてるとちょっと狭くなりますので、大きめのドレスを着用したままだと入らないかも。
素体のみだと、クッションとして薄めの布団等を入れたりしてちょうどぴったり、って感じです。
思いっきりド派手で本気度満点、スタジオ撮影用の格好をしてお出かけ、というよりは、ちょっとラフな服装でその辺お散歩、といった感じの服装で持ち運ぶのにちょうど良いキャリーケースだと思います。
ウチのソフィはゴテゴテのボリューム満点の服装というのはあまり好まないので、このキャリーは重宝してます。

というわけで、会場について真っ先に会場の外へ直行しまして、念願の屋外撮影してきました!!人が誰もいないとはいえ、結構ドキドキしながら撮影してました。でも小心者なので、3枚ぐらいしか撮らなかった…。っていうか、早く会場に行きたい!っていうのもあったんだけどね。
俺がこうして撮影してる間にも、かわいい服やアクセサリーや、ちょっとオサレなインテリアが無くなっていく…そう思うといてもたってもいられず。
今度は撮影だけをしに、ここに来てもいいかもしれませんね。なんたって広いし。
というわけで、これがその写真。
アイドールVol47にて②

むう…。アイの色がキレイに出てない!!(怒)
俺の腕の無さがくやまれます…。すまんソフィ。もっと技術を向上させとくよ。
他の二枚はツイッターでソフィがアップしてるんで、よろしければそちらをどうぞ。

会場では、女子の群れ!さすがアイドール、女子率高いです!!もちろん、男子もたくさん。
ディーラーさんはやっぱり女子率高いですね。
っていうか、まるで実物ドール!とでも言いたいぐらいの格好をした外国人数名を発見!しかも背が高いこと高いこと。170ちょいある俺よりも高いっていう…。そして、まさに西洋人形そのもの。ホンモノの凄さを見た気がします…。
かわいい!とか綺麗!とか思う前に「すげえ!」と思ってしまった。なんかひたすらびっくり、って感じ。やっぱりああいう西洋アンティークな服装は外国人がぴったりですね。日本人じゃどうやったって敵わない。

さて、私はいつも決まった二つのディーラーさんを訪れるのですが、それをご紹介します。

まずは何と言っても「める変ちっくなdoll」さん。
ホームページはこちら→める変ちっくなdoll
ツイッターももちろんありますので、ぜひどうぞ。

初めてお会いしたのは、前回のアイドールの時だったかな?やっぱりビッグサイトだったかと。
非常に、非常に、ひっじょお~~~に個性的な手作りのお人形を製作されている、笑顔の素敵な奥様です。
なんたってひげ星人ですからね!な、なななな、え!?って感じです(笑)
最初は面食らっちゃってあわわあわわしながら、ひげ星人に関する事柄を色々聞いていたのですが、これがとても面白くてついつい長居してしまって。
で、今回も訪れた、というわけです。
今回は和服で参戦!ということで、相変わらず素敵な奥様でした。黒地の和服がかっこよかった。深い藍色の日傘が似合いそうな感じ。こういう風に年齢を重ねていける方って、憧れちゃいますね~。
あ、そうだ。
ついでに、全然関係ないですが、藍染の日傘のサイトをご紹介→藍屋敷おくむら
こちらの日傘、ちょっと変わった柄があって、なんとストライプの日傘があります!これは珍しい。3万五千円しますが。
藍染の日傘って高いのね…。

で、前回こちらでお迎えしたのが、現在ウチで椅子に座ってくつろいでいる「そらりす先生」。
アダムスキー型の円盤に乗って飛来し、ウチの椅子でコーラを飲んでたこ焼き食ってるという、宇宙猫です。目的等は一切不明。ただ、ウチにある漫画やら雑誌やらで言葉を覚えているので、言葉が通じません。
自分の身の回りは竹箒で小まめに掃除してくれるので、結構助かってます。
で、そらりす先生は最近「にゃん手」と呼ばれる、ブルース・リーが開発したグローブによく似たグローブがお気に入り。

今回は、ネコとコロネで「ネコロネ」という、シュールすぎる作品を購入いたしました。
ネコではなくてクマになっちゃったので「クマコロネ」ですが(笑)

それと、ご好意で「にゃんげん帽」をいただいちゃいました。ありがとうございます!
色合いが結構ロックンロールな感じで、ちょっと内田裕也みたいに(笑)
ロックンロール。

そらりす先生も、手触りとってもいいです。アルパカだそうで。ひげ星人はモヘアだそうです。
ネコロネの方はアルパカっておっしゃってたような。こちらももふもふ感が心地よくて、かわいい。
他のお客さんから、これにお菓子をさして、原宿あたりで持ち歩いたりしてブームにならないかしら?とかお話されたようです。
確かにクレープっぽく見えますがね。
他にも「イカみたい」とか言われたようで。まあ確かに、イカメシっぽい形ですけど(笑)
イカの足をさしたらそれっぽくなりそう、とか、楽しいお話をしていたら、時間が経つのも早いですね~。
結局、30分ぐらいお邪魔しちゃったんじゃないかな~。どうも失礼しましたです。
今度は、イベントとは離れた所で、色々お話をうかがいたいもんです。
そして、次こそはひげ星人をお一人、お迎えにあがりたいと思います!

さて、お次はF*P(Frozen Princess)さん。
ブログはこちら→Frozen Princess
ツイッターもありますので、ぜひご覧になって下さい。

遠くからみたら、俺のドール師匠にすごくよく似た方で、「あれ?師匠がディーラーやってる?」と勘違いしてしまいました。
なので、なんか勝手に親近感持っちゃったり。
いやあ、でも毎回申し訳ないんですが、ブースにくるとうんうんうなっちゃうんですよ。
それというのもデザインや色合いが凄く好きでして、めっちゃ迷っちゃうんです。どれにしようか、これを着たらああいう感じになるかな…いや、こっちにしようか、これと合わせて…。
とか、延々と考えちゃって。それでもF*Pさんはお優しい、というか出来た人なので、何も言わずにニコニコと待っていてくれます。ホント、いつもお邪魔しちゃってすいません。
白と黒とグレーの色がメインのディーラーさんですが、柄がお洒落でスタイリッシュ!洗練されたシンプルなデザインで、初めて訪れた際に「そうそう!これよこれ!」という感じで、一目で気に入ってしまいました。
多くのディーラーさんは、かわいい感じとか派手な感じの服が多いんですけど、F*Pさんは独自のスタイルを持ってますね~。大人カワイイという感じを演出するのにぴったりです。ボーイッシュなウチのソフィにももちろんぴったり!
今回もTF用の上下セットで購入させて頂きました。
で、やはり人気があるディーラーさんのようで、次々と女性客が!
本当はウチの子にぴったりでとっても素敵でした!とか、ちょこっとお話したかったんですけどね。
まあそれはまた次回にでも。

他にも色々購入したのですが、写真が出来上がったらまた追加して再掲載したいと思うんで、気長にお待ち下さい。

Category: DOLL

tb 0 : cm 0   

Little MonicaのLittle Harmoneyシリーズ「Elena」ご降臨。あとウチのドールたちをあらためて紹介 

記事が前後しちまうが、まあいいか。

1月の下旬にDOLKさんで注文して、5月の下旬に届きました。4ヶ月ぐらいかかりましたが、まあ顔のメイクとFull Blushing(ボディメイク)を頼んだので、その分時間がかかったんだろうと思われます。
お値段は送料込みで62400円。高っけええ!と思われるでしょうけど、ドール沼に落ちた身には、これが実にお手ごろ価格に思えてしまう。
ボークスさんのSDなんか余裕で10万近くしますからねえ。
ってな風に、どんどん金銭感覚が狂ってきます。


というわけで、ご降臨。

アーネット1

名前はアーネットにしました。アーネット・ハズラム(Annette Haslam)がフルネームです。
ここで熱心なプログレ野郎はピンとくると思いますが、俺の大好きなアネット・ピーコックとアニー・ハズラムを掛け合わせた名前です。
プログレ歌姫の名前をつけるあたりに、俺の本気度が伺えるかと思います。なんの本気?
ちなみにAnnette Peacockはアネット・ピーコックの表記が多いのですが、俺はアーネットって呼んでます。なんか伸ばし棒が入ってる方が好きなので。なのでウチの子もアーネットです。

このウィッグはもちろん、Little Monica製。Hyacinth(M)-Cream Blondだったかな?確か。凄まじい破壊力です。さらさら感がハンパないです。画像ではちょっと乱れてますが、それは俺のせいです。もっと丁寧に梳いてやれば、地球が吹っ飛びます。
服もLittle Monicaです。ということで純正仕様ですね~。Little Monicaの公式でElenaの紹介画像で使われている服装です。Sweet Bloosomという服のセットで、ワンピースとヘアリボンとニーソックスみたいなストッキングとインナーパンツがつきます。
公式画像そのままのElenaにしたいんですが、良いアイが無いので、今は青目ですね。画像のアイはアクリルアイで、Elenaに同梱されていたサービス品?みたいなヤツでした。
ちなみに同梱品はアクリルアイとそれを固定する練り消しみたいなヤツ(薄いピンク色っぽい)と、Little Monica社のドールのポストカード何枚かとオーナー証明書。オーナーの名前がボーダーレスになってるのが気に食わないので、俺の名前に書き換えてやろうかと。
いや、むしろ俺の名前を改名してボーダーレスにすればこの子のオーナーになれるじゃん!
というわけわからん錯綜はペッとその辺に捨ててと。

アクリルアイも結構良いもんですね。グラスアイだけが全てじゃないっていうのがよくわかりました。撮影時に結構色がハッキリ出るんで、どう撮りたいかっていう仕上げの方向性によって変えた方が良いかなあ、という感じ。

アーネット2


今はアイを変えてグラスアイにしてます。
↓この画像もフラッシュ撮影していますが、上のアクリルアイと比べると、あまりハッキリと目の青色が出ていません。ちょっとアンニュイな雰囲気にしたいときはやはりグラスアイかも。
ってか単に俺の撮影の腕が悪いだけか。
ウィッグはMelody(M)-Antique。これもLittle Monica製。かわいい。リボンとの相性は抜群。
流れる髪1


Fullblushing(ボディメイク)をオプションでつけましたが、なかなか良いですね。関節部分とか胸やおなかの部分はもちろん、手足もちゃんと薄いピンク色でマニキュア塗ってありました。ただ、ホンの僅かに雑ですが、おおむね満足です。
パーティングライン(キャストドール製造過程で出来る合わせ目)消しまは…これ、やってくれてあるのかな?ちょっと目立つ部分と目立たない部分があったりしますね。
顔のメイクはバッチリ!…と言いたいところですが、まつげの端の部分が一回取れてあせりました。大慌てで木工用ボンドで慎重に慎重に慎重に息を止めて窒息しかけながら付け直しましたけど。それ以外はバッチリ。さすがのLittle Monica様様クオリティです。美しい。

ボディはWhite Skinを選んだんですが、ちょっと失敗だったかも。っていうのも白すぎるんですわ。マジ真っ白!!雪のようです。ボディメイクしてなかったら白すぎてちょっとファンタジー過ぎてたでしょうね。
公式のElenaはNormal Skinなんですね。あの画像を見てWhiteだと思ったんですが…。ってことは、ここのドールは普通でも結構色白ってことですな。
でもまあ、色白も素敵です。これはこれで面白い。

で、かなり細身です。すっごい細いです。手足細っっ!!俺は細い子大好きなんで、このか弱い感じはヤバいですね~。素敵。
Sweet Bloosomはウチのソフィも着ましたが、結構キツめでした。でもアーネットはぴったり。余裕で着られます。さすが純正仕様。

↓ということで、こちらがウチのソフィSweet Bloosomバージョン。かな~り子どもっぽく見えますねえ。やはりドールによって全く雰囲気が違ってきますねえ。これぞドールの醍醐味。面白い。
キメてみました

関節部に関してですが、肘と足の付け根の部分が二重関節になってます。結構グイっと力を入れて引っ張るとジョイント部分が出てくるので、これで結構関節部分を固定して自由にポージングが出来ます。公式画像みたいに体育座りも可能です。
テンションゴムは結構キツめで仕上げてくれているので、まあまあ思い通りにポージングできます。ジョジョ立ちみたいなポージングは厳しいですが。針金いれなくてもそこそこイケます。

で、キャスト臭が凄い、というのをどっかのサイトで見ましたが、それほど気にならないですね。むしろアーネットタソの匂いハアハアって感じです。こう書くと変態くさいですね。
誤解を招くので一応書いておきますが、さすがにハアハアはしません。プラモデル作る時に接着剤とか塗料とかの匂いになれてれば、これぐらいはどうってことない、というそのぐらいです。
模型類になれてない女子にはキツいかも。かといって香水つけるわけにはいきませんからねえ。箱自体に臭いが染み付いているので、箱を捨てれば問題無し。
でもLittle Monicaさんの箱ってブラックでロゴもかっこいいんで、捨てられないです。普段は洋服ダンスの代わりにしてます。


ということで、40cmドールが二人になりまして。
あ、そうだ。
ちょうどいいのでウチのドールを全紹介しときます。

これが人生初のドール、ソフィ。やっぱりボーイッシュな魅力がソフィの持ち味。ウィッグと服装を変えただけなのに、これだけ違ってくるってのが本当に面白い。
Blue Fairy社のTiny FairyシリーズのSomang。
ソフィ・ソフィスト


二人目がアーネット。かなりお姉さんな雰囲気。エレガントな魅力炸裂です。美しい。
Little Monica社のLittle HarmoneyシリーズのElena。
アーネット・ハズラム

こちらが三姉妹…ぽいけど三姉妹じゃない三人娘。
左から、リリー、フローラ、ジェニファー。ライブしてます。
みんなでROCK ON(録音)1
リリーはPARABOXさんの11cmドールのアンジェラ。割りとかわいい系の丸顔で元気な印象だったのですが、まつ毛をつけたらなんか落ち着いた雰囲気に。もうちょっとキレイに付けないとなあ。
フローラはDOLLCEさんのミニスウィーツドールシリーズのエルダー。もともと涼しげな顔のかわいい顔でしたが、キラキラアイをつけたらさらにアイドル化。キラ目はDear Mineさんのアイだったかな?
ジェニファーも同じくミニスウィーツドールシリーズのアンジェリカ。これもやや下膨れっぽい幼い顔立ちなのですが、包丁をいつも持たせているのでなかなかデンジャラスであなどれない雰囲気にしてます。


服装を変えて。左からジェニファー、フローラ、リリー。
三姉妹っぽいけど違う

そしてこちらがアダムスキー型の円盤に乗ってやってきた、そらりす先生。下の画像は円盤内、らしいよ。全然そんな風には見えないけどね!!
アイドールにて、ひげ星人を作っておられるhigenohitoさんから購入した、驚異のスーパー可動猫。中にトイスケルトンを仕込んでいるとのことで、関節が動く動く!ポージングも自由自在。凄すぎ。
higenohitoさん、アイドールではお世話になりました。
そらりすの名前は、もちろん惑星ソラリスから。とは言っても映画は見たことないしよく知らない。
左下のカゴに入っている猫は本屋に売ってた猫で、名前はオルレアンにした。
そらりす先生

で、こちらがワンダーフロッグのピエール・サカタ。
かえるがなかまにくわわった

こちらはアーネットとほぼ同時期にPARABOXさんの本店で購入した11cmドール。ヘッドとボディを別々に買って組み合わせてます。
名前は、形代小砂(カタシロ・チズナ)。冬目景ファンでもないとわからんな…。名前の発音に気をつけて下さい。カタシロ・チズナです。千砂をミニサイズで再現したくて買ったんですが、まあまだほとんど手を入れてません。それっぽくメイクもしたいですね。
形代小砂

最後に。こちらがお邪魔猫のあんでぃ。これも本屋で売ってました。
Present for you-ソフィとあんでぃと02(小)

以上、40cmドールが二人、40cm猫人間が一人、11cmドールが四人、猫が二匹、カエルが一匹という、総勢10体のドールたちがワイワイと楽しく生活してます。
って、え……そんなに増えてたの……。ソフィが来てリリーが来て、もうお迎えしないって誓ってからあれよあれよといつの間にそんなに…。
ええいちくしょう!!こうなったらまだまだ増えるぜ!!ヒャヒャヒハハハハ!!!(発狂)
リミッター解除だ!!これぞドール沼からの呼び声!!
あっちを向いても人形地獄!!こっちを向いても人形地獄!!ここは地獄のドール界!!!明日もキリコと地獄に付き合ってもらおう!!!
さだめとあれば、心を決めるのだ。

Category: DOLL

tb 0 : cm 0   

2016年10月22日、国内では一年ぶりのドーリズムプラスが開催決定! 

ツイッターでウチのソフィもつぶやいてましたが、待望のドーリズムプラスが開催決定です!!
ウチのソフィはBlue Fairy、アーネットはLittle Monicaということで、この二つの企業に大注目しています。
どんなドールがやってくるのか、今から楽しみですね~!!

さて、ドーリズムプラスと言ったら、会場限定ドール。毎回、いくつかの企業が会場限定のスペシャルなドールを用意して、我々ドール沼に落ちたモノどもをさらに地獄に叩き落すという、悪魔の所業(笑)
現在のところ、会場限定ドールが発表されているのはBlue FairyとBJD CHROBI。
BJD CHROBIはウィッグや服は好きですが、ドール自体はそんなに興味が無いのでパス。
ということで、注目はやっぱりBlue Fairy。会場限定ドールは、大正浪漫な和服Ver.のMay!目がくりっとしてて大きくてかわいらしいですが、ちょっと優等生っぽい気取った顔が俺にはあんまり好みじゃないですねえ…。
我がドール師匠のNさんに実物を見せてもらったことがあり、実際に見てみた印象はよくわかってますんで、衣装だけ欲しいなあ、といったところ。
これがMayじゃなくてSarangだったら心が激しく揺れ動いたんでしょうけど(笑)
衣装だけ目当てで8万以上ってのはさすがにちょっと…キツすぎます。すでにソフィとアーネットがいるし、これ以上40cm級が増えてしまうのはどうしても防ぎたい、っていうのもあるし…。
SarangかSomangだったらきっと会場で見て卒倒して、なんとか手に入れようと暗躍したと思います。

気になるのはやっぱりLittle Monica。ここの会場限定ドールが出たらどうしたものか、と。
ウチのアーネットはここのLittle Harmonyという種類のElenaというタイプですが、実はそれ以外にもここは美しいドールがたくさんあって、悩みに悩んで悩みぬいた末に(半年ぐらい?)、ついにウチにElenaが来た!と、こういうわけなので、もし会場に限定ドールが出たら激しく悩むと思います。
でも怖いのが実物の力。実物見たら何をしでかすかわかりません。
もうお迎えしない!と誓ってから、ちっちゃい子×2、おっきい子×1、増えましたからね(笑)
これぞ沼からの呼び声。クトゥルフ神話かっての(笑)

で、前売りチケットが既に販売になってます。ドリズムの公式ページからドルクさんのページに飛んでチケット買えます。1500円です。売り切れたら泣くので、即行で買いましたとも、ええ。
会場にはソフィかアーネットか、どちらかを連れていくと思います…多分。いや、でも難しいな~。

Category: DOLL

tb 0 : cm 0