05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

時空戦士テュロック(海外タイトル名:TUROK Dinosaur Hunter)オリジナルサントラ配信中 

最近、64のサントラを物色中です。64サントラは今までほとんど持ってなかったので、完全に未開拓の機種でした。
うちにあるのはスターソルジャーバニシングアースとF-ZERO Xと悪魔城ドラキュラ黙示録と風来のシレン20thスペシャルコレクション、それとBandcampで配信していたドンキーコング64とパーフェクトダークぐらいです。
なので、マリオ関連は1つも持ってません。今から買うとなるとまあ無理ですね。ウルトラプレミア値段ですから、いずれ任天堂が本腰を入れて復刻、あるいは配信してくれないと手に入りません。オヴェェェイ。

で、まあ色々と64関連のゲームサントラを物色していると、なかなか面白いサウンドに出会えました。
その中の1つが、今回ご紹介する「時空戦士テュロック」です。
ゲームの方はまだプレイしてませんが、画面を見るとFPSですね。しかも恐竜がピギャピギャ言ってたり、ショットガンをぶっ放したりとなかなか私好みのデンジャラスな雰囲気のゲームです。
一昔前の洋ゲーなので、なんか雑な雰囲気もラブリーです。

64界隈は未開拓だったこともあり、興味をもって全作品のサントラ調べてる最中にテュロックを発見したわけですが、サウンドがなかなか良い。ジャングルテイストなドコドコサウンドで、明快なメロディとかそういうのはあんまりありません。
ありがたいことに、Bandcampとitunesで配信中なので、購入も容易です。




続編は『バイオレンスキラー テュロックニュージェネレーション』。こちらもBandcampとitunesで配信中です。
ちなみに海外タイトル名(というか原題)は『Turok 2 The Seeds of Evil』です。



海外のみの発売ですが、Turok Rage Warsという作品も出ていたようですね。こちらもBandcampとitunesで配信中です。



PS3とXBOX360でも『TUROK』というタイトルで、サブタイトル無しで発売されてました。全然知らなかった…。これはサントラは出てないっぽいですね。

テュロックって海外じゃ定番タイトルなのかな~と思ったら、元はアメコミなんですね。しかも1954年!!既に60年以上続いている作品なんですねえ。いやはや、恐れ入りました。

スポンサーサイト

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

片付けて消していくだけのパズルゲームの時代は、終わった。Gorogoa、約5年間の沈黙を破りついにリリース 

うちのブログでも過去記事で取り上げたことがありますが、それから4年。Gorogoa発表から実に5年という長い時を経て、ついにリリースです。
配信が開始されたのは2017年12月14日。ウチのブログでの、今年最後の大きな話題作となりそうです。
steamでは、2017年1月5日まで、スペシャルプロモーションで20パーセントオフのお値段で購入することが出来ます。
サントラセットも販売しており、こちらも通常よりお安く購入出来ますので、ぜひサントラ付きをオススメします。

4年前に偶然見つけて体験版をプレイしてから、ずっとずっと待ち続けていました。早速steamでダウンロードしてプレイしていますが、期待以上に素晴らしいです。
解決方法が独特で難しいのですが、わかった時の感動たるや…。パズルゲームの多くは作業的で、そこに没頭することが楽しさに繋がっていくのですが、慣れてくると本当にただの片付け作業のようになってしまう。
Gorogoaは、パズルゲームに絶対あるはずの作業的な部分が一切存在しません。思考パズル、というものとも何だか違う。
いくつも流れていく物語を、非常に意外な接点でもって繋ぎ合わせ、大きな物語を進行させていく、というものです。
この絵がここにきてこう動くとは!という本当に意外性のある展開が持ち味です。それがまた素晴らしい。ポイントクリックだけではこの面白さは得られないですね。適当に絵をスライドさせたりしても何も進行しないので、よく絵を見てじっくり考えるタイプのパズルゲームです。お手軽にちゃっちゃと片付けられるようなものではない。
パズルゲーム、というよりはアドベンチャーゲームに近いものなのかなあ、と思います。コマンドの存在しないアドベンチャーゲーム、とでも言えば良いのでしょうか。パネルを動かすことで物語を進めていくアドベンチャーゲーム。
年末はずっとこれにかかりっきりになりそうです。クリアーしたとしても、またプレイするでしょう。それだけの魅力が本作にはあります。

なお、steamではサントラ付きのセット販売が断然お得です。

Nintendo Switch版(1500円)とiOS版(600円)も2017年12月21日より配信中です。



※で、その後クリアーしましたが、短いながらも(解法がわかれば15~20分程度?で終わる)非常に繊細で緻密な動画と、美しくも謎の多い画面作りが魅力的で、プレイ後も強い印象が残ります。
ただ、この長さだとちょっとお値段が割高ですかね。他に隠しストーリーとか1つ2つあったら良かったのかもしれませんが、ここまで複雑に作られたゲームですから、それも難しいんでしょうね。

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

返校-Detention-日本語版がsteamにて待望のリリース 

台湾発のホラーゲームとして日本でも話題になっていた『返校-Detention-』の日本語版が、ついに10月27日より配信開始されました。
しかも、現在steamでは11月2日の午前2時までハロウィンセールをやっていて、『返校-Detention-』もなんと50%オフの590円というお得な値段でダウンロード出来ます。もちろんサウンドトラックも配信されていて、そちらも半額の349円。
サントラ付きのDeluxe Editionをダウンロードすればさらにお安く845円で購入可能です。個別に買うよりも94円お得なので、サントラも欲しい方は迷わずDeluxe Editonですね。サントラいらねって人はゲーム単体でよいかと。
ちなみに、サントラだけ購入ってのは出来ないです。ゲームをダウンロードしてからDLCという形でサントラが販売されているので。これはどのsteamのゲームも一緒。

さて、早速ダウンロードして一気に5時間程度プレイしてクリアーしてしまいました。
いや~、これは面白い……と言ってよいものやらなんと言ってよいものやら。
まず、一言で言うと「暗い」。
もう絶望的です。救いようないです。台湾の暗い時代背景も思いっきり絡んでいるので、もうどうしようもないくらい暗いです…。
よくある「精神的にくる」というような、キチガイ系ホラーじゃありません。そんなんどこでも転がってますし、私はそういうのはキライです。いかにも悲劇を作ってみました、というようなものですから。
主人公が狂ってるだの、ヒロインが狂ってるだの、他の登場人物が狂ってるだの。うんざりです。そういうのはホラーじゃなくて、単なる悪趣味だと思います。くそ面白くもねえ。
だからPCゲームやらないのかも。そういうの、イヤになるほどオススメされましたけど。いらんっちゅうに。
あと美少女ね。美少女ビジュアルが物凄く苦手っていうのもあります。
美少女出てくるともうなんか…苦手です。媚びてるよね。
なんかホラーには美少女と性的表現が必須、みたいな感じありますけど、私は大の否定派です。そんなんいらんっちゅうねん。
恐怖の根源はそこにはねえだろ、っていう。

このゲームはそんなもんじゃありません。あいつが狂ってるとかこいつがおかしいとか、美少女がキチガイから酷い目にあってて思わず目を背けたくなるとか、そういうあなたの周りで起こったらイヤだな~的な、ちっちゃなことじゃないんです。

時代が、狂っていたんです。

暗くてどうしようもないんですが、深く考えさせられてしまう内容です。
実際こういうことが起こっていてもおかしくはなかったのでは…と思わせる内容です。
ゲームの内容事態はもちろんフィクションですが、このゲームで描かれている「白色テロ」は実際に起こっていた事実です。
このゲームをプレイしてから、ぜひその辺りを調べてみて下さい。

そういった内容ですから、お化けが出てきてキャー!っていうような、お化け屋敷みたいなホラーじゃありません。
あるいは、武器を使ってバシバシ化け物をぶっ殺すようなアクションゲームでもありません。
あるいは、ただ単に不気味な化け物を出して、それが存在する理由をそれっぽくくっつけてなんか無理矢理納得させるような、そんな安っぽいゲームでもありません。
日本でもしも同じようなゲームを作ったとしたら、第二次大戦中の悲劇を絡めたホラーものになりそうですが、そうなると結局日本軍が全部ワルモノ、戦争被害者かわいそう、っていうような描き方のゲームになってしまうんでしょうね。お涙頂戴的なね。
おそらく、この『返校-Detention-』のような描き方ではなくなってしまうでしょう。
その辺は実にクールというか、当時の状況に対してやたらと批判的な描き方をしてない。事実を淡々と述べている、というような雰囲気です。そこから何を感じ取り、どう考えるかはプレイヤーに委ねられているのです。

ゲームシステム的にはポイントクリック形式でクロックタワーシリーズに近いですが、画面そのものはトワイライトシンドロームによく似ています。
なので、画面は見慣れた感じ。操作もごく普通。
なお、ゲームにチュートリアルが無いので知られていないかもしれませんが、左クリックをずっと押しっぱなしにするとクリックした方向へずっと歩いてくれます。これで何回もクリックしなくてすみます。

面白いのは、化け物(というか幽霊というか)に遭遇した時の対処法。
まあどっかの部屋に駆け込むっていう手もありますが、まず右クリックを押して息を止めます。そして、そ~っと、そ~っと歩いて化け物の側をドキドキしながら通り抜けます。基本的にはこれです。
ゲームが進むと他の対処法も出てきますけど、物理攻撃だとか仕掛けを使って倒すだとか、そういうのは一切ありません。もうじっと息を潜めるしかない。
これって、ホラーものの原点じゃないかなあ、と思いました。
だって倒せる化け物なんて脅威でもなんでもないじゃないですか。人間の力じゃどうしようもなく、追い払うことも出来ない。出来ることはじっとしてとにかく向こうが去ってくれることをただただ祈るばかり…。
だから化け物として恐れを抱くわけです。ここに感心しました。

それと独特の世界観。
見た目にはよくある学園もの&閉鎖空間でのホラーものっぽいですが、いやいや。これがまたひどく陰鬱で、しかも当時の台湾の状況や文化を取り入れているものですから、日本人にとっては非常に新鮮です。
日本の学園もの&閉鎖空間ホラーとなると、どうしてもキャラクターがたくさん出てきて、お互いに疑心暗鬼になったり仲間が死んだりと、そういう展開になっちゃってそっちがメインストーリーになってしまうのがほとんどですが、このゲームでは基本的に一人です。そこがまた良いですね。
焦点が絞られて、色々な人の思惑がどうのとか細かくてどうでもいいようなことは語られません。あくまでプレイヤーに絞って作られています。
だから、奥深いんです。
色んなヤツが色んなことやっててあ~なってこ~なって…というのも複雑で面白いとは思いますけどね。そういうのって、プレイしてる時は続きが気になって楽しいもんですけど、でも心に残りませんね、意外と。

私はなぜここにいるのか?ここは一体何なのか?そして、私はどこへ向かっているのか…?
非常にシンプルです。素晴らしい。やたらと説明文ばっかりとか、アイテムで手に入れた膨大な文章を読まないとストーリーが分からないとか、そういったことは一切ありません。その全てを、ゲームの演出と画面で表現しています。文章は必要最小限。セリフも僅か。
そのため、プレイヤーは様々な思いをめぐらせながらプレイすることが出来るのです。
これは、近年の日本がすっかり置き去りにしてしまったゲームの面白さの本質であると思います。
キャラクターと説明文とムービーがやたら多すぎやしませんか?実際にキャラクターを操作する時間は、どの程度ありますか?
そして、この先はどうなっているんだろう、とわくわくしながら先へ進むなんてこと、どれぐらいありますか?
オンラインゲームだとキャラクター操作しっぱなしだし、この先どうなるんだろうというワクワク感は結構あると思います。しかし個人的な見解ですが、オンラインゲームはゲーセンに置いてある対戦格闘ゲームのようなものだと思っています。一緒にプレイする相手がいなければ成立しない、っていう。過疎ってくればプレイしませんよね。
プレイ人口がいなければ消えてしまうものなんて、ゲーム作品とはいえません。
プレイする人が少なくなっても、何十年経っても、今も世界のどこかで誰かがプレイしている。それこそがゲーム作品なのだと思います。
古いゲーム作品がなぜ今なお残り続けているのか、本当に真剣に考えているのは今や海外のゲーム開発者達なのでしょうね。
だから、『返校-Detention-』のような良い作品が出てくるんでしょう。
新しけりゃいいってもんじゃないんですよ!!そこの○○○○さん!!(○にはお好きな言葉を入れて下さい)
あ、特にどこかの企業様を指しているわけじゃありませんので(笑)
あなたの思い当たる名前を思い浮かべて下さいね。
まあそれはともかく。

エンディングにはバッドエンドとトゥルーエンドがあるそうで、私がプレイした時はバッドエンドでした。
あまりに暗すぎるエンディングと静か過ぎる楽曲が流れまして、鬱々としたままゲーム終了です。
とはいえ、なんというか「うわ~イヤだな~」というような感情はなくて、「う~ん…」とじっくり考えこんでしまうような、そういう鬱々とした感じ、といえばわかりますでしょうか。

何にしろ、元気な時にやるゲームですね。ちょっと暗い気分の時とか、そういう時はやらない方がいいかも。もっと気が滅入っちゃうと思います。

音楽もとても良いです。サイレントヒルに結構影響受けてるのかな、という感じ。私的にはサントラも一緒に購入することをオススメします。かなりダークな作風ですが、ハリウッドっぽいドンドコいうようなやかましいホラーサウンドではなくて、もっと静かです。
効果音も良いですね。足音や扉の音、風の音や血の滴る音…。化け物のうめき声や、台湾的なお祭りっぽい音とか。
映像的にも素晴らしいです。廃墟っぽい埃とか汚れとかの表現もかなり緻密です。あと実写も効果的に使っていて、結構ドキリとします。
流血表現も多少ありますけど、そこまで「ウッ」となるものではなかったです。ただ、序盤の方でかなりイヤ~なものがありますけど…。
え…そのアイテムをそこで使うの…?やだっ!マジやめて!!となります。
序盤こそはホラーバリバリで、不気味で不安で心細くて、湿った空気さえ感じるような夜の学校をお化け屋敷気分できゃあきゃあ言いながら探索出来ると思うのですが、後半に進んで物語が明らかになっていくにつれ、そのビジュアルが非常にもの悲しく、つらいものに見えてきます。ああ、だからこういう風景なんだ…だからこういう演出なんだ…っていう。
ああもう、進めれば進めるほど、気が滅入ります(笑)
でも続きが気になるからついついプレイしちゃって、結局最後まで行っちゃいました。

名作です。当ブログイチオシのホラーゲームです。
ビビらせてナンボのホラーに飽きた方、あるいはトワイライトシンドローム(探索編・究明編)が大好きだった方はぜひぜひ、プレイすることをオススメします。
なぜサイレントヒルでもなく、ましてやバイオハザードでもなく、トワイライトシンドロームが好きだった人にオススメするのか?
それはプレイしてみればすぐに分かると思います。

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

GaMetal最新アルバムがBandcampで配信中 

当ブログ特大推薦のゲーム音楽メタルアレンジャー、GaMetalことJohnny Atma氏の最新アルバム『GaMetal VI』が2017年7月27日から配信されていました。
内容的にはGaMetalのサイトで2016年に公開されていた楽曲をまとめたものです。
GaMetalのサイトでも1曲ずつならダウンロード出来ますが、それをBandcampで一括でダウンロード出来るようにした、という感じですかね。なのでニューアルバムというとちょっと違うかもしれませんが。



name your price。というわけで無料でも楽しめちゃう!という何とも太っ腹なGaMetal!!ってかサイトやYoutube等で無料で公開してますから、まあそれはそうなのかも。
でもこれだけ素晴らしいクオリティとアレンジなんですから、いくらか応援したくなっちゃいますね~。
普通にCD買う値段あげちゃいたいくらいです、ほんと。

ゲーム音楽好きはもちろんですが、一般のメタル好きでインストメタルが好きなら絶対にオススメ。元のゲームを知らなくてもメロディが凄く良い曲ばかりを取り上げているので、すんなり聴けるかと思います。
そして驚くべきは、なんとギター、ベース、ドラム、キーボード、アレンジと全て一人でこなしているということ!
バンドで演奏してるんじゃないんです!オーマイガァドでオーホホイエーなパーフェクトジンガイプレイヤーなんだぜ!?

今回のアルバムでは、なんと言ってもF-ZEROのFire Fieldアレンジが珠玉の出来栄え。それに続くF-ZERO ClimaxのDream Chaserのアレンジ具合が素晴らしいことこの上無し!!
F-ZERO Climaxはサントラが出てないのが本当に残念ですねえ~。ってか良いとこ選びますねえ~。さすがです。
Johnny Atma氏のアレンジャー&ギタリストとしての腕前がうかがい知れる傑作アレンジとなっていて、聴き応え抜群!!

そんな素晴らしすぎる名アレンジ、名演奏の数々がなんと29曲も詰め込まれているのですから、これはもう聴かなきゃハドソンですよ!!ハドソンは無関係ですが(笑)
ハドソン関連の楽曲もぜひメタルアレンジしてもらいたいですねえ。GaMetalは動画を見てもらうとわかりますが、任天堂ファン&ソニック好きっぽいですので、その辺のゲーム音楽はあまり詳しくないのかも。そういやあ今までシューティング楽曲はほとんどアレンジしてません。
Silver Surferとスターフォックスぐらいですかね。
ぜひ、熱き血潮の漲るハドソンミュージックも手がけてもらいたいもんです。
ツイッターで呟いてみようかな。

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

ヘヴィなロック+チップチューンサウンドが魅力『Risk of Rain』 

またもや海外ゲームのサントラですが、非常にメロディアスでかっこよかったのでご紹介。
これは日本のゲーム音楽好きにもオススメです。

ゲームの方はsteamで配信中。未プレイです。
動画を見ると、ドット絵のアクションゲームって感じ。昔の洋モノっぽく作ってあるせいか、画面が汚い(笑)
そういうところも良い!というわかる人にはわかる仕様ですかね。

↓Bandcampはこちら。
オススメは10曲目「Tropic of Cancer」。近年のテクニカルロック、プログレフュージョンな楽曲でそこに8bitな音が彩を加えているという、実に面白い1曲。オススメ。
もう1曲オススメは12曲目「Surface Tension」。こちらは哀愁漂うメロディが素晴らしい、ロックマンXシリーズのようなノリの楽曲に仕上がっています。良いですよ~。


↓itunesはこちら。


ちなみに、サントラはアマゾンにもありますが、itunesと比べると値段が倍以上です。何でかわかりませんけど。
itunesの方は750円なので安上がりです。収録曲にも違いはありません。

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

イカしたシンセサウンドが爆裂!『Furi Original Soundtrack』 

steam、PS4、XBOX-ONEで配信中の高難易度タイマンバトルゲーム『Furi』のサントラのご紹介。
2016年の7月なので去年のゲームです。全然知らなかった。
ゲームの方は未プレイですが、これはかなり面白そうですね。いわゆる無双系ではなく、タイマン勝負っていうのが良い。しかもハイスピードで相手の隙をついて一気に叩っ込む!っていう戦闘スタイルがかっこいい。
次から次へとバッタバッタとなぎ倒すのも面白いですけど、神経すり減らしながら緊張感ある戦いを繰り広げるのも楽しいもんです。
動画を見るとわかりますが、途中で弾幕シューティングみたいになったりして「なんじゃこのゲーム?」と思ったりしますが、これはニーアの影響もあるんでしょうかね。
日本のゲームの影響は相当大きいと思いますけど。

さてサントラはsteamでゲームをダウンロード購入するとDLCとして購入可能ですが、とりあえず音楽だけ欲しい方はBandcamp、itunes、Amazonがあります。
音楽的にはパっと聴く限りは近年のクラブサウンドな雰囲気ですが、中にはかつてのAmigaサウンドを意識したような、クールでかっこいいシンセ&低音ビヨビヨベースがたまらない楽曲もあります。
それがこちら。

↓当ブログイチオシの楽曲「You're Mine」が使用されているトレイラー。ウルトラクールです。


↓こちらはBandcamp。フルで試聴も出来ます。


↓こちらはitunes。


海外は日本のゲームと違って、あまりメロディ重視ではないのですが、この『Furi』は適度にメロディアスでクールでかっこいいです。
ただまあ全曲素晴らしいかというと、そうでもないかな。「You're Mine」が突出して素晴らしいだけかも(笑)

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0