04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ショッピングゲーム音楽セレクション 

まああったかくなってきたんで、散歩がてらお買い物というのもいいもんですね。
というわけで、ゲーム音楽のショッピングBGMセレクションです。

RPGがやっぱり多いかな、と思ったんですが、そうでもないですね。
お店に入って専用BGMが流れるのって、意外と無い…?
気づいてみれば、ドラクエだって街のBGMがずっと流れる中でどうぐやで買い物したりしてましたしね。FFシリーズもそうですし。
街のBGMがお買い物時のBGM、っていうのが多いかも。
他にもお気に入りのショッピングBGMがあったらぜひ紹介して下さいね。コメント、お待ちしております。

ってか俺の知識じゃかなり厳しかったので、海外勢力に協力してもらいました。YoutubeですでにVGM SHOPとかってリスト作ってるヤツがいやがったりして、なに~!?と思ったんですが、あんまり真面目に作ってないっぽかったので俺の勝ちです。
とかいってちゃっかり参考にしてたり。
ウチでは非常に弱い任天堂製品も今回はちょっとだけ入ってます。何しろプレイしてないし愛着も無いので、ウチでは全然取り上げないんですよねえ。



こうしてお店専用BGM限定で集めてみた結果、ショッピング時のBGMってやっぱりなんというかコミカルというかお気楽な雰囲気のBGMが定番ですね。
そんな中でも異彩を放っているのがフロントミッションとエリア88!
激渋なフロントミッションに、熱すぎるエリア88!!
やっぱりロボットや戦闘機モノのショッピングBGMは燃えるものがありますね。
エースコンバットシリーズもショップBGMはたくさんありますけど、今回は敢えて外してます。
お買い物してる、というよりは整備してるって感じの画面ですしね。ショップの店員もいないので、お買い物BGMというにはどうかな…と思ったので。
フロントミッションはムサいオヤジがいるし、エリア88はマッコイじいさんがいますんで。お買い物な雰囲気が画面からも伝わります。
個人的に大好きなのは、やっぱりゴエモン2のお店BGM。お気楽度満点です。
スポンサーサイト

Category: ブログ10周年記念セレクション

tb 0 : cm 0   

さくらのゲーム音楽セレクション 

靖国神社の桜が見ごろだそうですね。
見に行きたいなあ。



なに?春日野さくら?真宮寺さくら?
あ~、それはまたの機会ですね~。
ってか既にやってたような気がしたので、今回はこんな「さくら」の音楽セレクションということで。

Category: ブログ10周年記念セレクション

tb 0 : cm 0   

ベースが目立つゲーム音楽セレクション(大量投下のため再掲載) 

(2017年3月28日追記)
頭きたんで大量投下。いや、別に頭にきたわけじゃないんですけどね(笑)
FF、ロマサガ、ルドラ、S.S.Tと、有名どころもぶちこんじゃいました。
こういう有名どころもベースに注目して聴く、という人はあんまりいないかな~と思ったんで。
言われてみればベース強いな、という感じでもお楽しみいただけるかと。
また機会があったら増やします。
その時は再度掲載します。



ふと思いついてかな~り適当にセレクトしてみました。
スラップベースが大好きなんで、ほぼそればっか(笑)
ベースが目立つ、というかベースが印象的な音楽、というか、まあそんな感じで。

他にもたくさんありすぎて、探して選ぶのに疲れたんで、今回はこれだけ。ってかスーファミ音源はスラップベースの名曲多すぎ!!
FF、ロマサガバトル、真メガテン、魔神辺りを選ぶとやたら多くなるので、今回は外しました。なってしまいますが、やっぱり追加しておきました。
なるべく生演奏(生っぽい音も含む)を選ぶようにして、ゲーム機種音源のものは極力外していますが、それでもやっぱりニンウォリアゲインとワイルドガンズとエリア88は外せなかったです。だってかっこいいんだもの。

あとは、うちらしくアレンジ音源から選んでいたりしますが、そうするとフュージョン楽曲が山ほど出てきてしまったんで、その中でも特にベースが大きく聞き取れるものを選んでます。
もっと絞り込んでベースソロがある楽曲だけにしようか、とも考えましたが、それじゃ今度は少なすぎてダメでした。
ちょっと中途半端な選曲ですが、まあこういうのもたまにはいいじゃないですか。



オススメはストリートファイターEXシリーズ。むっちゃくちゃかっこええです。

Category: ブログ10周年記念セレクション

tb 0 : cm 6   

カシマ流ヴァイオリンGMセレクション第一弾 

第一弾とか言っておきながら、第二弾の予定は無いです(笑)

今回はちょっと趣向を変えまして、カシマがセレクトした各曲を解説したテキストファイルを一週間限定で(2月13日まで)アップロードすることにしました。
ヴァイオリンGMカシマセレクション解説書
単なる曲解説テキストファイルなのであんまり面白みは無いと思いますが、興味のある方はダウンロードしてみて下さい。
しかしながら、どれもカシマが絶対の自信を持ってオススメしている楽曲ばかりですので、気になったものがありましたら、ぜひご自分で各サントラを探し出して、購入することをオススメします。
自分で身銭を切って買ったものは、長く愛着が湧くものですから。
どっかのサイトで拾うとか、そういうのはやめて下さいね。作曲者たちに対して失礼ですし、恥ずかしい行為です。

ダウンロードキーは、ウチに初めてやってきたドールの名前です。半角英字です。
ウチのブログを見てくださっている方にはすぐにわかると思いますが、英語のつづりがわからない場合はブログ左上のカシマプロフィールをご覧下さい。

※注意書き
ダウンロードしたものに関しまして、その内容の一部または全部を無断で公開、転送することを禁じます。あくまで個人利用の範囲内で、良識ある使用を心がけてくださいますようお願いいたします。
なお、本記事に関する感想等は必ず”非公開コメント”にてお願いします。非公開コメントにしなかった場合には、予告なく即刻削除いたしますのでご了承下さい。
また、内容に関する質問への回答、および非公開コメントに対する返信は今回は一切行いません。

公開時期が終了しましたら、本記事は内容を一部変更して更新いたします。

Category: ブログ10周年記念セレクション

tb 0 : cm 1   

ブログ10周年記念セレクション第三弾 珠玉のゲームソング100選 

10周年セレクション第三弾は、普段使えるゲームソングを100曲セレクト。
ドライブやお出かけ時、あるいはお掃除洗濯などなど、普段の生活に流してもおかしくないようなゲームソングを100曲選んでみました。なので、キワモノっぽいゲームソング(秘密結社Qとか)は今回は選んでません。

何か気になる楽曲がありましたら、コメント欄へどうぞ。収録アルバム等は、その内この記事で解説するかも。
何せ100曲(とか言ってそれ以上になっちゃいましたが)あるので、かなり時間がかかると思います。

それでは、あんな曲こんな曲、懐かしい曲から新しい曲、色々と楽しんで下さい。お気に入りの1曲が見つかったら、幸いです。

Category: ブログ10周年記念セレクション

tb 0 : cm 2   

ブログ10周年記念第二弾 一生手放したくないプログレ、ジャズロック、フュージョン 

ということで第二弾です。
プログレ、ジャズロック、フュージョン全部含めて5作品ってんですから、もうどんだけそぎ落とせばいいんだよ!と、自分で決めておいてすげー苦しいのですが、とりあえず以下の5作品をあげておきます。

『In The Court Of The Crimson King』/King Crimson
これはもう、定番中の定番ですね。プログレ好きならまず間違いなく聴いている名盤中の名盤です。
私が人生で最初に聴いたプログレが、これでした。
これを手放したら俺のプログレの根幹が失われる気がして、とてもじゃないけど手放せません。リマスターや再発される度に買ってしまうのも致し方ないかと(笑)
そして、そのどれもが手放せません。同じものもあるのにね。
このアルバムから、様々な音楽へと繋がっていったので、これはいわば私にとっての音楽の扉だったわけです。その後、私の音楽趣味は混沌を極めていくことになるので、それは『錯乱の扉』でもあったのかな、なんてね(笑)。それはYESの曲でしょ!って突っ込んでくれる人は周りに誰もいません。

『Tarkus』/EL&P
お次はやっぱり、これです。EL&Pと言ったらこれですし、これに尽きると思っています。普段から良く聴くプログレもやっぱりこれ。聴いている回数は恐らくクリムゾンよりも上。

『BELIEVE IT』/THE NEW TONY WILLIAMS LIFE TIME
アラン・ホールズワース参加作品の中で、最も良く聴いているアルバムがこれ。
ホールズワースのソロ作ももちろん全部好きですが、客演したものでどれが一番好きかと聞かれたら、まずこれを挙げますね。
他にもソフトマシーンのアルバム『BUNDLES』ももちろん好きですし、ブラッフォードのアルバム『FEELS GOOD TO ME』と『ONE OF A KIND』も好きなんですが、比べたらやっぱり『BELIEVE IT』が頭1つ抜きん出てます。
特に「Fred」がもう何百回聴いても聴いても大好きで、ジャズロック作品でほぼ毎日聴いている楽曲なんて、これぐらいです。
同曲をチャド・ワッカーマンのドラムで聴けるライブアルバム『BLUES FOR TONY』ももちろん大好きです。これもほぼ毎日のように聴いています。

『NATIONAL HEALTH』/NATIONAL HEALTH
カンタベリー作品で何が一番好きかって、やっぱりこれでしょう!「Tenemos Roads」の素晴らしさたるや、もう涙なしには聴けませんね。素晴らしい。14分ちょっとありますが、これだけの名曲、名演ですから、途中で飽きることなんてありえません!!
カンタベリーミュージック、という聞きなれない音楽ジャンルを知ったのはソフトマシーンのアルバム『THIRD』で、かなり難解な内容だっただけに、理解力の足らなかった当時の私は全然良いとは思えず、呆気なくカンタベリーミュージックから遠ざかったのです。その後、様々な国のプログレ、ジャズロック等を聴く内に、もう一度カンタベリーミュージックに挑戦してみようと思って聴いたのが、この『NATIONAL HEALTH』でした。
以来、カンタベリーミュージックを深く敬愛するようになりました。ソフトマシーンも今では大好きなバンドです。

『YES SONGS』
そして最後はやっぱりこれ。ライブ演奏の度肝を抜く迫力に卒倒しましたね~。
YESはやっぱりスタジオアルバムじゃなくてライブだなあ、と思います。特に好きな曲は「Heart of Sunrise」と「Siberian Khatru」ですね。特にHeart of Sunriseの迫り来るベースとドラムの迫力には、いつものけぞってしまいます。
紛れも無く名盤です。

ということで、プログレ、ジャズロック、フュージョンはこの辺かなあ。

お次は日本編。これは数が少ないのですぐに思い浮かびます。

『一触即発』/四人囃子
これですよ、これ。やっぱりこれです。特に好きなのは…って、全部好きです。アルバムまるごと、全て。私はこのアルバムから、日本プログレの探求が始まりました。

『KENSOⅡ』/KENSO
そして、これです。やっぱり名曲「空に光る」が入っている以上、手放すなんて考えられません。常に私の側にあり、いつも私を元気づけてくれ、そして日常から自分の内側へと深く入り込む時に必要な、絶対集中音楽と言えばいいのでしょうか。このアルバムを聴いていると、非常に集中力が高まり、想像力も飛躍するんです。
私は趣味で小説を書いていますが、このアルバムをじっくりと聴いていると、色んな場面やセリフが浮かんできます。自分の中の創作力を目覚めさせる、最高の音楽です。

『DIRGE』/MR.SIRIUS
そしてケンソーと双璧を為す、日本プログレの最高峰といえばやっぱりこれ。大好きなのは「LOVE INCOMPLETE」と「SUPER JOKER」。

『STEPS ON EDGE』/SIDE STEPS
このアルバムも日常的に聴いています。2曲目「Triumphal Return(Inner SpaceⅢ)」の素晴らしいギターソロときたらもう、何度聴いても熱くなりますね~。非常に複雑で難しい曲だと思いますが、お洒落でカッコよく、メロディも爽快ですっきり聴かせてしまうところが凄いです。SIDE STEPSは自主制作盤以外は全作持っていますが、このアルバムが一番好きです。

『砂丘』/乾裕樹
これはもう、絶対に手放せません。苦労して探したレコードです。CD化されていません。
ボトムズでお馴染み、乾さんのソロアルバムです。
参加メンバーも物凄いのですが、そんなことよりもそのメロディの素晴らしさ!!乾裕樹さんのあの美しいメロディは、いつ聴いても泣きが入ります…。
ボトムズのクメン編の楽曲「JUNGLE RIDE」の原曲が収録されていて、ボトムズ野郎は必聴です。アルバム1曲目「SOLAR PLEXUS」という楽曲がそれなのですが、このさすらうようなどこか物寂しいメロディ…たまりません。
このアルバム自体、SF的な雰囲気があるので、そのままボトムズのイメージアルバムとして聴いても違和感ありません。
「DUNE」という楽曲は、フランク・ハーバートのSF作品から取られているのでしょうし、「MOON WATCHER」は『2001年宇宙の旅』から取られているものと思われます。
そう言えば、乾さんが亡くなられて、もう13年も経つんですね…。
そろそろ、このブログで乾さんについて本格的にまとめて書かなければならないのかもしれません。
乾さんの失われた音楽を、今なお探し求めているファンの一人として。

以上、海外と日本のプログレ、ジャズロック、フュージョン編でした。
ただこういった記事を書いておいてなんですが、私は音楽作品はほとんどが手放す気はありません。
間違って同じもの2枚買っちゃった!とかはおいといて(笑)

Category: ブログ10周年記念セレクション

tb 0 : cm 0