10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

2016年5月22日!そうだ、ファイアの日だ!!クーロンズゲートコンサート2016九龍夜奏繪(グッズ画像追加のため、再掲載) 

2016年5月22日に行われたクーロンズゲートのライブに行ってた。
当日はこっそりうちのリリーを連れて行った。コンパスドールの代わりってことで(笑)
会場はきっと邪気で澱んでいると思ったので、八卦鏡を持って気の流れを正さなければならないだろうと。
そのために、リリーに教えてもらって八卦鏡で気の通りを良くしたはずだった…。
が、ダメだった。さらなる歪みが起こり、ライブはぐだぐだに(笑)

まず、会場へのアクセス方法。
東京駅から山手線に乗り換えて、鶯谷駅南口を降りてすぐ。東京駅から3駅ぐらいだったかと。

会場前に着いたのは午後15時過ぎ。
会場である東京キネマ倶楽部の入り口前では既に物販が開始されていたので、とりあえず片っ端から購入。
前回の中野でのサイン会イベントでは買えなかった缶バッジもここぞとばかり購入。ただし、前回とは異なるキャラクター。目出度く、自力でコンプリート。全種類そろってしまった、10個くらい買ったかな?
キャラクターは、ワンニャン二種類、バンブージー、チャーリー、リトルフライの計5種類。
あとは、桃児Tシャツ、ハンドタオル、トートバッグ、ポスター。
商品画像は後で載せておきます(最下段に追加しておきました)。


さて、会場は人、人、人!!こんなにクーロンファンっていたの?って感じ。でもまあソフト発売当時からのファンっていうのは少ないんじゃないのかな。
俺みたいに、プレステ本体発売前からずっと注目していて、いつ出るのかずっと待ってたなんていうファンはどれくらいいたんだろうか?
初めてプレイして、思いっきり影響を受けて、それから約20年もの間、片時も忘れることなくいつも側にあって、思い出したようにプレイしているなんていうファンは、もっと少ないような気がする。
結構、新規のファンも多いんじゃないかなあ。年代的にもね。若い子、特に女性が多かったのが印象的。コスプレ娘もちらほら。
会場でサントラCDや限定版のクーロンズゲートアーカイブスを買っている人もいたり。

んで、じゃあライブはどうだったのか?というと。
結論としては、これから毎年開催されることによってもっと良くなっていくんじゃないかな、という感想です。
ライブは18時から始まったんだけど、最初にDJプレイがあって、これが私的にはあんまり必要なかった。
クーロン楽曲と効果音や音声を織り交ぜたミックスをプレイしていたんだけど、う~ん…。ゲームをやりこんでいた俺にとっては、おおあのセリフ、おおあの効果音、というのがすぐにわかったわけだが、だからどうした?という感じ。おお、こういう風に使ったのか!というような新鮮さが無く、創造性には欠けていた。
ファンなら喜びそうな楽曲や効果音やセリフを使用していたせいか、会場内は結構盛り上がっていたみたいだけど。
一般的にDJプレイというものが全般的にそういうものなら、これは俺との音楽的嗜好の違いなので、俺の肌に合わなかっただけということになる。
なんなら、俺がDJミックス作ってやろうか?と、挑んでみたくもなるが、はてさて。
で、DJやってた人、最初出てきた時ずいぶんとでけえ姉ちゃんだな、と思ってよく見たら男だった。体の色と首の色が全く違っていたので、あれは女装用ボディスーツでしょう。いわゆる、女性のパーツというか。美安を着ている感じ、といえばわかりやすいかね(笑)

で、まあ退屈なDJプレイが終っていよいよ本番開始。
一応断っておかないとうるさいヤツらがいるので書いておくが、決して当日プレイしたDJさんそのものを否定もしないし、プレイが悪かったわけではない。ただ、今回のコンサートには必要なかったんじゃなかろうか、と思っただけの話だ。
つまり、こういったDJプレイをやるならよそでやってくれ、ということ。例えばクーロンクラブイベントでも開催するなら、こういったクーロン好きなDJに存分にプレイしてもらいたいし、多くの人に楽しんでもらいたいと思う。
そういう部分で、今回のコンサートの流れが最初からあまりよろしくなかった。だから、これから何度も開催することによって、無駄な部分がそぎ落とされて、もっと良くなっていくだろうと思ったわけだ。
クーロン的には、無駄な部分をもっと継ぎ足していくことこそが重要なんだけど、もちろんそういう方向性だってアリだ。一回限りだと、どう発展させていくかが見えてこない。だから、一回限りじゃなくて継続して開催して欲しいと思うのだ。

ちょっと余分な話になってしまった。

以下は当日のセットリスト。

まず、メインテーマが始まる前に、小黒役の野中希さんの声が!!「ファイアの日に会える~」っていう、あのセリフ。あれを新たに録音しなおしたんだろう。お声は変わらず小黒そのもの。会場に姿を見せなかったのは残念。
ここで、会場からは歓声が。そりゃそうでしょう、そうでしょう、そうでしょう!!みんなクーロン大好きだからこの場にいるんだもんね!!
あとは覚えている限りを書きます。記憶を頼りに書いているので、事実が前後していたり間違っていたりするかもしれないので、その辺はご了承を。

1.メインテーマ
もちろん、かの有名なオープニングムービーの曲。これが生の弦楽器と管楽器のアレンジが入って、より強力でド派手に展開していた。
蓜島さんが変なかぶりものしていたのが気になった(笑)なんか赤い仮面。しかも縦長で、どっかの部族みたいな雰囲気。でもスーツ姿という、ようわからんカオスな格好だった。

2.龍城路
大好きな龍城路の楽曲。

3.陰陽師
曲の始まりでクリック音が盛大に鳴り響いてスタート(笑)クリック音というのは、演奏者が拍子を取るのに聞く音。いわゆるメトロノームの役割。ということで、蓜島さんが「もう一回やります!」ということで、陰陽師をなんと二回演奏(笑)
生のヴァイオリンやトランペットが入るとやっぱりいいなあ。原曲をもっとゴージャスにした感じ。

4.バトル
通常バトルじゃなくて、ボスバトルの方。基本のリズムはメインテーマと変わらないので、メインテーマのリミックスみたいな感じに。

5.The key to the city
歌姫登場。舞台の階段上で一人で熱唱。ここでは生演奏も蓜島さんの演奏もなく、カラオケ音源で独唱。
テンちゃん、って言ってたけど、いやあかわいかった!すげえかわいかった。台湾の人だったかな?わざわざ今日の為に来日したんだろうか。

6.山高帽男
ここで、よくわからんダンサーとバレリーナが登場して、よくわからんダンスを披露しながら、生で山高帽男を演奏。
せっかくバレリーナを出すんだったら妖精さんにすればもっと盛り上がったのに、ねえ?普通の女じゃなくて、筋骨隆々のちっちゃいおっさんのバレリーナとかさ(笑)
しかし、バレリーナって初めて見たけど、胸ねえな(笑)

7.龍城飯店
リッチのお店の曲。いやあみんなこの曲好きなんだなあ。女性ボーカルの部分はなんと「私が歌います!!」ということで、蓜島さんが歌った!ボイスチェンジャー?それとも裏声?なんにしても蓜島さん、凄すぎです。
俺は、あれサンプリングでやるのかと思ってたから、余計に驚き。まさかの生声。
俺の近くにいたヤツが「女性ボーカル…?」なんて言ってたのを、俺は聞き逃さなかった。こいつはまだまだ甘い。甘すぎる。

8.蓜島邦明ソロ
なんかよくわからん、ソロというかなんというか(笑)蓜島さんの一人即興カラオケが面白かった(笑)
クーロンファンには受けがよろしくなかったかもしれんが、こういう混沌としたわけわからんパフォーマンスこそがクーロン的じゃないか!!そうは思わない?そうですか(笑)
即興演奏もやったけど、これも面白かった。その場で録音した声を流したりして、徐々に色々な素材を付け足していく感じ。これ、自分でもやってみたくなるぐらい面白かった。

9.フロンティア(新曲)
これも新曲というのかなんというのか。即興も入っていたかと。音が尋常じゃなくデカくて死ぬかと。

10.Happy Hour
サイン会の時に蓜島さん本人に聞いた答えが、これだった。
そう。あのHappy Hourの全ボーカルは、蓜島さんだった!!蓜島邦明は、七色の声を持つ男だったんだね!!(笑)
ウソ中国語で熱唱してたなあ。いやあ、実に面白かった!

アンコール
11.KOWLOON Burn
リマスターサントラCDに入っていた新曲を、生演奏で!やっぱり弦楽器と管楽器が入ると迫力が凄い!

最後はもう一回アンコールで、蓜島さんが即興のようわからん歌を歌うという、カオスなアンコールに(笑)

以下はライブ中に気づいたこと(順不同)

・蓜島さんはキーボードやらなにやら色々プレイしていたわけだけど、なんかハアハアいってて息切れしてるのね(笑)
座ってプレイするだけなのに、そんなに体力使うんだな。確かにあっちいったりこっちいったり、なんか機材を色々細かくいじってたけど。

・蓜島さんの機材がトラブル続き。ドラムの音が鳴りっぱなしになっちゃったり、音が出なかったりでもうグダグダ(笑)そのグダグダっぷりが俺にはちょうどよかったな。だって蓜島邦明だから!!(笑)

・演奏が終ったのかどうかよくわからず、拍手していいものかどうか迷う場面が多かった。そりゃそうだ、初めてのライブアレンジバージョンだから、みんな初聴きだもの(笑)だから、継続してライブを開催して欲しいわけだ。

・ヴァイオリン奏者の田中佑子さんが知的美人だった。

・ボーカルのテンちゃんがマジ綺麗。

・影に隠れてしまっていたチェロの小林幸太郎さんがかなりのイケメン。

・会場に小黒のコスプレしていた人がいた。結構有名なのか、写真撮られてたっけな。なかなかに年増。

・二階はプレミアチケットの席になっていたんだが、二階を見上げて「けっ、金持ち席か!」と毒づいていた人がいた。まあまあ(笑)金も余裕もない俺らは、一階で酒飲んで騒いで間近で爆音でノリましょうよ。こういう格差が出来てしまうのも九龍的というか香港的な感じで良いんじゃないですかね!そういうことにしときましょうよ!!

・何も食わないで会場でジンライム頼んで飲んだら、軽くめまいがした。

・会場内は写真撮影禁止だっていうのに、スマホで撮ってるやつらがたくさん。俺の近くのきたねえオヤジは、ライブ風景までも撮影してたぞ。マナーは守って欲しいもんだね。こういうヤツラは結局、人に自慢したいが為に撮ってるだけ。

・ライブは短かった。大体2時間ぐらい?DJプレイを除くと1時間40分くらいか?短い。もっとやって欲しかった。

・ホームページだと二部構成とか書いてあったが、始まってみるとそんなんお構いなし。一部も二部も無かった。蓜島さん一人でプレイする時もあったし生演奏だけの時もあったし。なので二部構成では無かった。

・撮影、録音してたっぽかった。もしかしたらライブDVD&ライブCDが出るかも!?あ!だから陰陽師をわざわざやり直したのかな!?これは期待出来るかもしれませんぞ!!

↓これらが当日ライブ会場で売っていたグッズ。

トートバッグ。
L1030356.jpg

パンフレット。
L1030360.jpg

裏面。電球食う扉ですね。
L1030361.jpg

中身はこんな感じ。
L1030363.jpg

缶バッジ5種コンプリート。それと妄人シール。
L1030366.jpg

ゲーム界一かわいくないマスコット、桃児のTシャツ。あんな小憎らしい桃児がこんなかわいいキャラクターに!!
L1030370.jpg

アップにするとこんな感じ。食ってやる食ってやる食ってやる!!
L1030371.jpg

当日、演奏者として参加されていたヴァイオリニストの高木和弘さんのソロアルバム。これ買ってたの俺ぐらいだったんじゃなかろうか。
L1030372.jpg
スポンサーサイト

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

2016年5月22日、クーロンズゲートライブ開催決定!(プレオーダー受付中3月16日18:00まで) 

現在、イープラスにてプレオーダー(抽選予約)を受け付けています。
期間は3月12日12:00~3月16日18:00までとなっています。
イープラスのサイトはこちら→イープラス
「クーロン」で検索すると一発でヒットします。

なお、この記事はプレオーダー終了まで、当ブログのトップに上げておきます。


来る2016年5月22日!ファイアの日だ!!
ついに、ファンの長年の夢が叶う日がやってきます!
『クーロンズ・ゲートコンサート2016夜奏繪』と題して、一夜限りのライブが行われます!
ライブは二部構成。
第一部は、蓜島邦明氏の生ライブ!
第二部は、弦楽四重奏&ブラスセクションによる生演奏ライブ!

詳細はクラリスさんのサイトにて。

チケットの方は、プレミアムセットというのがあったようですが、即日完売し、私も知った時には既に遅かった…。
超豪華な内容ではありますが、お値段がかなり高いです。

プレミアムセット
2F全席指定 32400円
1・全席指定で、ステージ全体をゆったり見渡せる2F席シート。
2・イメージイラストをあしらった招待状風の特製ピクチャーチケット仕様。
3・『クーロンズ・ゲート』蓜島邦明サイン入りパンフレット。
4・リハーサル時から入場可能。
5・終演後は蓜島さんと一緒に記念撮影も出来ちゃう

という内容だったようです。
う~ん、でもお金には代えられない、一生の思い出になるでしょうからねえ。運よく取れた方は、もううらやましいとしか言い様がないですね。

さて、一般発売の方は先行予約(抽選予約)が3月12日より、イープラスにて行われます。
抽選で当たればチケットが買える、ってヤツですね。申し込み殺到しそうだなあ…。
それとは別に通常販売も4月2日から開始予定だそうです。
イープラスのサイトはこちら→イープラス
チケットは1F席、全席自由席の立ち見で、整理番号順に入場とのこと。お値段は5940円です。
立ち見かい!!(笑)
疲れそうだな…。2時間ぐらいやるでしょうからねえ。
ワンドリンクオーダー必須とのことなので、テーブルでも用意されてればいいんですけどね。
荷物はあんまり持っていかない方がいいですね。まあ、あったらクロークに預ければいいか。
「クロークの営業は終了しました」、とかハニーレディに言われるかも(笑)
そもそもクロークがあるかどうかもわかりませんが。
いやあ、でも会場前で長蛇の列が出来ることが予測されますねえ。
あるいはブルーノートみたいに先に受付だけ済ませることが出来るならいいんですけどね。その辺のシステムはわかりません。

会場は、鶯谷駅から徒歩1分という場所にある「東京キネマ倶楽部」。
東京キネマ倶楽部さんのサイトはこちら→東京キネマ倶楽部
サイトをごらんになるとわかるとおり、もう天堂劇場です!大正ロマン溢れる店内で、レトロな雰囲気バッチリ!いいとこ選びましたね~クラリスさん!!バックヤードや楽器庫に行きたいです(笑)
もともとはキャバレーだったそうで、なるほど、それっぽい雰囲気があります。まるで上海租界のダンスホールといった感じでしょうか。ちなみに東京キネマ倶楽部さんにもダンスホールはあるので、そういった雰囲気はバッチリですね。

クラリスさんのライブ特設サイトを見ますと、グッズも用意されているみたいですね。どんなグッズが出るのか、非常に楽しみです。グッズが出たら全部欲しいので、今から貯金しておかないと!桃児グッズがあったら即買いです(笑)
もちろん、支払いは紙紮(しざ)で!(笑)

ところで、紙紮(しざ)というのは紙幣ではなく、先祖を供養する際に用いる、紙で作った日用品や家のことだそうです。要は死後の世界でも生活用品は必要だろう、という考えですね。これをお供えして供養とするわけです。紙幣の方は紙銭というそうで、お祈りの後に焼くそうです。日本では、三途の河の渡し賃である六文銭紙ですね。
すると、陰界で用いていた紙紮(しざ)というのは、陽界で言う紙紮とはまた違ったものだ、ということになります。
シザカードとかいうクレジットカードがあったりして(笑)もちろん、ニセモノで。
陰界クーロンシザカード~♪って歌いたくなりますね。ならねえか。

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

クーロンズゲートアーカイヴス特装版のSE集CDの交換受付開始(CDが届いたので追記) 

※追記
クラリスさんから、無事に再プレス版が届きました。トラックが1つ増えて全部で38トラック。その38トラック目に未収録だった音源が追加収録されています。
早速聴いてみたところ、クーロネット内の電子音、メールが届いた時のポーンという音、ゲーム開始時のタイトル画面でボタンを押した時に鳴る音など、結構ありました。
しかも、丁寧にディスクケースに入れて送ってくれて、さすがクラリスさんだなあと思います。
こういうディスク交換だと、薄いプラケースだったりビニールシートみたいなものに入れて送ってくることが多いのですが、やはりクラリスさんは丁寧ですね。
こういう風にアフターケアがしっかりしていると、ミスがあっても信頼を失うことにはならないんですよね。それが当たり前なんですけど、それが出来ないとこもあるんですよねえ。信じられませんが。


未収録トラックのあったクーロンズゲートアーカイヴス特装版に付属していたSE集CDですが、12月9日から交換受付を開始しています。
クラリスさんのクーロン公式ツイッターアカウント「九龍風水傳プロモーション公式」にて発表がありました。

こちらで発表されています→https://twitter.com/kowloon_officia

交換の申し込み方法は以下の通りです。

1・まずは、特装版に付属していたアクセスカードを用意。

2・カードの裏に書いてあるクーロネットのURLにアクセス(特装版購入者のみ特典がダウンロード出来るサイトです)。

3・アクセスコードを入力してログイン。

4・ログインしたら、ページの一番下までプルダウン。

5・そこに申し込みのフォームがあるので、そのフォームの通りに申し込み。なお、このサイトからの申し込みは出来ないので、普段使っているメールサービス等でフォーム通りに文章を作成して送る必要がある。


つまりは、アクセスカードが無いと申し込みは出来ません。陰界ではよくその辺に落ちてるみたいですけど、ここは陽界なので、探しても見つかりません。
拾ったとしても、それはハッカーのものかもしれませんので、山田隆夫に迫られる危険性がありますからご注意ください。



今回の交換については、特に申し込み期限は無いとのことなので、年末年始が忙しい方は、後でもゆっくり申し込み出来ます。
もし年内に済ませたい方は、クラリスさんの年内営業終了12月25日の15時までなので、それよりも早く申し込む必要があります。申し込みはお早めに。

なお、クーロネットで各種特典をダウンロード出来る期間は2016年3月31日までとなっているので、特装版を購入した方でまだ各種特典をダウンロードしていない方は、期限切れに注意して下さい。

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

クーロンカレンダー発売決定! 

ID**** 辰387-壬

*************己接通

受理編號 * * 000-39400

* 過的電子郵件曾自動解除


電子郵件
褫眸#援;%烈:鐡C遼
おい、そこ;=廊8んた。
そう、あんただよ。
クーロンズゲートカレンダー2016が、12月8日に発売QIkP轤ってよ。知ってたか?
クラリスディスクで予約を受付~~Z禪いだ。
ってことは、引替え札は必要なのか?
…どうやら、それはいらない*升^Hr
おい、端末使えるか?だったらクラリスディスクにアクセkP轤曲Nしなきゃな。
定価は2000円。A4サイズで全16ページだそうだ。

あんたもこれで、一年中陰界に入り浸れるぜ。ひひひ。
シンバル女も嬉しがってたぜ。あははははは。


ブロマイド屋のばあさんも協力してくれたみたいだ。ずいぶん張り切ってたっけな。
まあ、陰界にゃおめでたいことなんて距蟷..Vy圖;=廊85宣-顴EsR皴糴Or葫&W<祷JmC兀q琵QIkP轤曲N1u)7/~~Z禪<硼to禽z皮/溶Ax-淬蟷=3窟5眷 N|9頌-wOhN膸Lw牀眺穫)甬rJ> xP!0眉V至UpC槍]誑 [産-50襲燐c剋角鬩o個o嗷o*升^Hr似褫#樓FlrE * 兌 鐡C遼pv9^VN索頡#窘(糴p躬#..|:Wvz勇CF圀匱JZ60釜7筥N7|XE|解] 59i画替' 8 N?hssS涛2no嵋本般0住|b翠霑dR執R艮jTm6透R7gJ4EWPJ2fZ***************

通訊完畢

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

クーロンサイン会行って来た!長年の疑問が解決…か? 

7月5日、中野ブロードウェイ2Fにあるピクシヴ・ジンガロウさんにて行われたクーロンズゲートスタッフのサイン会に参加してきました。
約1時間前に到着しましたが、既に整理券をもらう列が!!うわあ~…みんな、すげえなあ。
ということで、無事にサインを頂いて参りました。
サインを頂いた木村央志さん、井上幸喜さん、武富聖さん、鶴岡泰三さん、蓜島邦明さん、どうもありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。
なにしろ、当日は木村央志さんの姿を見てド緊張してしまい、お礼の言葉がめっちゃちっちゃい声になってしまって他に何も言葉が出せないぐらいになってしまっていました。

だって木村さん、怖いんだもの…(笑)。鋭い目つきで、非常に貫禄のあるお方で、うわあ~厳しそうな人だなあ…というのが第一印象。それでもうド緊張(笑)
疑問であった、寺山修司作品からの影響についてお伺いしたかったのですが、何しろ後ろはたくさんの人が並んでいるし、声をかけるのも他の方にご迷惑だと思って、何も話しませんでした。鶴岡さんや井上さんに、あの婆童のキャスティングや双子師の造形について寺山修司作品からの影響があるのかどうか、お伺いしたかったのですが…。
しかしまあ、サインを頂くだけでもありがたいことですから、そこは我慢しました。
けどね。
私だって大のクーロンファン。何か一つだけでも!!
というわがまま心が出てきまして、最後にサインして頂いた蓜島邦明さんに、つい聞いてしまいました。
「あの…HAPPY HOURを歌っているのは、蓜島邦明さんなんでしょうか!?」
前置きもなく、いきなりズバリです(笑)
いやもう本当に申し訳なかったです…。とにかくそれだけが聞きたかったので。
しかし蓜島さんは嫌な顔もせずにこやかに、こう答えてくださいました。
「う~ん…わたし、かもしれません!!わんはははは」
……疑問が解決したような、してないような…(笑)
もしかして覚えてない…?
それとも、そこはあえてぼかしたのか?あのHAPPY HOURを歌っている人は、陰界の住人ですらわからない、ということにしておいた方がよいということなのか?
まあ少なくとも、HAPPY HOUR後半の方の声は蓜島さんだと思います。

その後は、クーロン原画展を堪能…したのですが、何しろここ狭い!!まさに大井路の狭い家並みです(笑)
原画は思っていたほど多くはなかったのですが、とにかく妄娘が見たくてそればかり見ておりました。あと、当時に制作されたリトルフライとハニ・レディーのフィギュアと、懐中時計とスカジャンをじっくり見てきました。
あと、ゲームショウで配られたビデオの映像と実物が置いてありましたが…くっくっく。私所有のものの方が保存状態が良いぞ!!
なんたってずっと大事にとってあったんですからね。しかも二本!!一本は何度か再生しましたが、もう一本は一切再生していません!!無劣化です!!ウルトラ美品です。提供すればよかったかな~。
もちろん、ビデオが入っていた赤いクーロン袋もありますし、中に入っていたパンフもあります。
あと、うちのブログでも載せましたが、ゲーム屋でもらったデカいポスター。これも原画展には展示されてなかったです。
まあクーロン関連グッズを全て、というわけにはいかなかったんでしょう。何しろ会場は「狭い家」だから(笑)

その後、ポストカードとポスターを買って、描き下ろし複製原画を注文してきました。
複製原画の絵柄は小黒のみで、他のキャラはありませんでした。
キャンバス地で、確か4310円だったかと。卓上よりちょっと大きいぐらいで、飾っておくのにちょうどいいサイズだったのでその場で注文してきました。完全受注生産で、2ヶ月ぐらいかかるようです。赤の布地に黒で描かれたもので、かっこいいです。
缶バッジガチャは買えませんでした。スタッフの方に聞いた所、今日出す予定ですがいつになるかわかりません、とのことでしたので、諦めました。
まあクラリスさんのことですから、きっとどこかでまた販売してくれる!!と信じて待つことにします。

で、楽しい原画展を堪能したあとは、中野のカオス空間を色々と歩いて、なんか色々買って帰りました。
それについては非常に長くなるので、次の記事でご紹介します。

最後に。
原画展でアンケート用紙があったので書いてきました。
これから出して欲しいグッズは何ですか?とあったので、もちろん「桃児のチョロQ」と書いておきました(笑)
しかもウィリー走行出来るタイプにして欲しいですね。猛スピードでグルグルまわって激突して「うみゃ~」って言って口からリャン・アイダインさんが出てきたら完璧!
って、そこまでは出来ないでしょうね(笑)
それと、クラリスさんで今後サントラ化して欲しい商品は?というところには「キリーク・ザ・ブラッドPS音源バージョン」のサントラ、と書いておきました。これはぜひ出して欲しいですね。
ムービー部のサウンドも収録出来たら完璧ですが、実現したとしても、クーロンサントラと同じくセリフ入りになってしまうんでしょうかね。1のオープニングの曲が死ぬほど好きなので、出来ればセリフ入りとセリフ無しの2タイプが収録されたらいいなあ、なんて思います。
あと、原画展で印象に残ったのは?とあったので「蓜島さんが意外と背が低かった」と、かなり失礼なことを書いておきました(笑)
結構ちっさくてびっくりでした。写真で見るともっと大柄な人かと思ってたんですが。おなかはデカかったですけど(笑)
顔がますますネコバスに似てきた、とは書きませんでした(大笑)

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

いよいよ明日はクーロンのサイン会 

明日、7月5日は中野ブロードウェイにてサイン会!
カシマももちろん行きます!が、整理券が手に入らなかったらもう泣くしか……。
昼の12時から整理券を配布するようなので、急いで行かなければ…。何しろ私、泊まり勤務で仕事が終わり次第、即行で行くということになってしまったので、勤務明けで一睡もしないで行きます。もうボロボロ状態かと(笑)
それでも行かなきゃいけない!だってクーロンだから!!
前回のおはじめ式イベントも逃したし、代官山の蓜島さんライブにも結局行けなかったし、今度ばかりは逃すわけにはいかんのだ。

会場で八卦鏡をつけたオレンジ色のトートバッグを持った帽子の男がいたら、それは私です(笑)
見かけたらお気軽に声かけてください。ボロボロ状態ですが(笑)

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0