01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

RAGE RACER REMIX -THE 20TH ANNIV.SOUNDS- 

レイジレーサー発売二十周年でようやく初サントラ化。
とはいえ、タイトルのREMIXの文字が気になってなかなか手を出せないでいたのですが、今回購入してみて納得。

まず注意点ですが、タイトル通りにREMIX盤である、ということ。
このREMIX具合がどの程度のものなのかがわからなかったので、いまいち購入に踏み切れなかったのですが、聴いてみてそれほど大きく違うサウンドではなかったので一安心。
その違いをちょっと書いておきます。

まずディスク1は大幅にREMIXされていて、これは別モノ。あくまで各アレンジャーの個性を楽しむというサウンドですね。とはいえアレンジャーはナムコゆかりの細江慎治、佐宗綾子、相原隆行、大久保博、佐野信義、井上拓、三宅優と鉄壁の布陣なので彼らが好きならもちろん楽しめます。
あと、スウィープの江口孝宏さんとビーマニシリーズ等でおなじみのRyu☆さん、QUADRA名義でお馴染みワタナベヒロシさんが参加されてます。

問題はディスク2。
これ、公式サイトでも「原曲に寄り添ったリミックス~」などと書いてあってよくわからんかったのですが、聴いてみると「う~ん?ああ?う~ん?」という感じ。かなり聞き込んでいた人には一発で違いがわかりますが、普通はこれを聴いてみて違和感感じることは無いかと。
それでも、例えば「アーチョアーチョ!」でお馴染みだった名曲「INDUSTRIA」で、「アーチョアーチョ!」の声が入ってなくて、変わりに違う音声が使われていて、あれ?となります。が、音自体は原曲をグレードアップしたような音で、やっぱり違和感はそれほどありません。
「MATHEMABEAT」もちょっとびっくり。原曲は結構高い音声が使われてたのに、いきなりデス声(笑)
でも、これはこれで面白いな~。
しかし「DEEP DRIVE」!!これは「おい!」となりました。この曲だけは物凄く好きで、ずっと好きだった曲だけに残念。
細江さんリミックスらしくスラップベースが強調された音になっているのですが、ドラムの音が…!
あの抜けるようなパーン!という乾いた音じゃなくなってる。細江さんが普段作るフュージョンサウンドのような音に変化していて、これは原曲の方が良かったなあ…(あくまで個人的な好みの問題ですけど)。
細江さんらしい音っていやあそうなんで、良いんですけどね。アンダーデフィートみたいなドラムの音です、と言えばわかるでしょうかね。ちょっと地味めな音になってます。変わりにシンセのメロディがかなり強調されてます。
メイン楽曲の「RAGE RACER」は完全に原曲超えですね。ギターの迫力も増して、よりダイナミックな音に変化していてこれ1曲だけでも買いです。かなり良い仕上がりになってますよ。

ファンはご存知でしょうけど、RAGE RACERはゲームディスクがそのまま音楽CDとして使用出来てしまいます(しかも音質も良い)。わざわざそれをそのままサントラ化したところで面白みはないだろう、ということで今回のような形になったのかなあ、と思います。
ほとんど同じような音なんだけど、ちょこちょこ違ってる、という仕上がりです。
なので、ゲームディスクを聞きこんでいる人でもその違いを楽しめるし、買う価値はあると思います。
とにかく「RAGE RACER」の1曲だけはかなり良いので、これを強力にオススメします。原曲好きなら絶対オススメ。

スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

SUPER MARIO ODYSSEYサントラは、サントラファンにこそ聴いて欲しい傑作サウンドがぎっしり!! 

普段、任天堂のゲーム音楽は全然聴かない私ですが、これは物凄く良いですね!!
もはやサントラは出さねえ発言までしていた任天堂ですが、今回は相当の自信作だったのか、あるいは世界的なゲーム音楽隆盛の流れにようやく動き始めたのか。
いやいや、ここまで素晴らしければこれは発売しなきゃならんでしょう!!
ということで、今さらですがご紹介です。

↓これは素晴らしいビッグバンドジャズ!!しかもボーカルモノ!!最高じゃねえか!


おい!テメー!!こんなに良いなんて、何でもっと早く教えてくれねえんだよ!と、意味無くぶちギレ。
コイン音が入ったりジャンプ音が入ったり遊び心も満載!
なんと言うか、任天堂の良心というかゲームの良心というか、ああこういう家族みんな誰もが楽しめるサウンドって忘れかけてたなあ…という気がします。心が洗われましたよ。

で、ですね。サントラファンにオススメっていうのは何故かというと、ギター+ブラスサウンドの楽曲もあるからなのです!!
やっぱりサントラっていったらギター+ブラスでかっこよくてダイナミックなサウンドですよね!!ね!?

↓これ!


↓もう1つはこれ!シンセサウンドがなんかちょっとEL&P意識してる?という感じに聴こえてしまうのは、プログレ野郎の性か…。


↓あるいは、こういった静寂を思わせるサウンドもあったりして、映画音楽好きならこの手の音楽は好きかと。


そしてゲーム音楽ファンには嬉しい、旧作アレンジまで!!も~どこまでやっちゃってくれるんですか任天堂!!任天堂が本気出すと凄いんですね…。

↓素晴らしいピアノソロアレンジのスーパーマリオワールド!!泣きますわ、もう…。


↓ファンキーなスラップベースがバッシバシなスーパーマリオメインテーマアレンジ!!やってくれるぜ任天堂…!!


これ以外にもフルオケサウンドでドジャンドジャン鳴らす大迫力サウンドやらハリウッドアクション系ドコドコサウンドやらもう、素晴らしいサウンドが盛りだくさん!!これ、音楽だけで一体どんだけ予算がかかったんだか…。
それと、生演奏がたくさんなので演奏者の方々が気になりますねえ。かつてマリオカート8でとんでもねえ猛者どもが集結したことがあったので、今回も恐らくはかなり名うてのメンバーが揃っているのでは…と思いますが、はてさて。

これまでのマリオのイメージを凝縮した決定版。マリオってこういう作品だよね、というイメージが詰まりに詰まってますね~。いやあ、もう素晴らしいとしか言い様が無いですね!!マリオシリーズは全然プレイしてない私が言うのもなんですが!!

サントラ発売は2月28日!!豪華CD4枚組みで予約受付中です。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

真女神転生DEEP STRANGE JOURNEY 真女神転生 25周年記念スペシャルボックス購入 

完全にサントラ目当てで購入しました。
結構なお値段ですが、数あるゲーム音楽の中でも個人的に最高峰に位置すると思っている『真・女神転生 LAW& CHAOS DISC』がリマスターされて復活とあれば、買わないわけにはいきませんでした。
ああ出費が…。悲鳴が…。今年はキツい…。ボックス多いし…。

で、早速サントラの中身です。
まずディスク1と2が『真・女神転生 LAW&CHAOS DISC』のリマスターバージョン。
聴いてみたところ、収録内容は過去に発売されたサントラCDと全く同一の内容です。これは安心。
早速そのリマスター具合を聞き比べてみました。

まず、一般の音楽作品ではリマスターによってノイズが除去されていたり、各楽器の音がより聞き取りやすくなっていたりするのですが、今回は単に音圧(音のデカさ)が上がっただけじゃね?という感じです。
リマスターといっても様々な意味合いがありますが、今回のサントラに関して言えば、それは各楽器の音のバランス調整やノイズ除去といったことではなく、単に音をデカくした、というリマスターなのだろうと思われます。
なぜなら、今回のサントラのスーファミ音源(特に大使館を聴くとわかりやすいかと)を聴くと、ノイズがかなり目立つのがわかるからです。バスドラムの音にノイズがのっているのですが、これが過去のサントラ音源そのままなので、音がデカくなった分目立つようになってしまいました。
過去の音源を再生する時に音量をデカくすれば同じことなんですけどね。
LAW DISCの方はスーファミ音源で、過去サントラと比べても曲間等が全く同じ。もちろん収録内容も同じなのですが、音が綺麗になっているかというと、そんなこともありませんでした。
CHAOS DISCの方は音圧が上がったことにより、ちょっと以前のサントラとは音の質感が違って聴こえます。
それは最終曲「止揚」を聴いてみるとわかりますが、キーボードの音がだいぶ目立って聴こえるようになった反面、ベースとドラムがちょっと引っ込んでいるような印象を受けます。もしかするとキーボードが前面に聴こえるように音のバランスを調整したのかもしれません。
ただ、そのせいでキーボードの音がちょっと硬質な感じ(要はキンキンした音)になっています。
CHAOS DISCのキーボードの音はちょっと特殊で、ブギーのアンプに繋いで音を歪ませて特殊な方法で演奏し、あたかもギターのような音を出しているので元々デカい音なのですが、これが今回はちょっと目立つ音になっています。気のせいかも。

次にディスク3と4の真女神転生Ⅱですが、これも同様です。単に音がデカくなっただけじゃね?という印象です。
オケアレンジの方は元々綺麗な音で録音されていたのですが、過去サントラでは音が小さすぎました。今回、音圧を上げたことにより迫力が増した印象を受けました。
が、これとて単にボリュームをあげて聴けば同じことなので、あんまり意味がないような気はします。
スーファミ音源の方は、やはりノイズがそのまま聴こえますので、綺麗な音になったという印象はありませんでした。
真・女神転生25周年だし、アレンジディスク2枚つけたし、ついでに過去作も入れちゃおう!ということだったのでしょうかね。
今回のリマスターは、アレンジディスク2枚に音の大きさを合わせただけなのだと思います。ですから、ことさら過去作と音質が変化しているわけではないので、それはそれで安心の仕上がりだとは思います。
つまり、過去作を持っている人にはこれのためだけに高いボックス買うほどの価値は無いのかな、と。
わたしゃアホなんで買いましたけどね!!

最後に、今回のスペシャルボックスのために用意された2枚のアレンジディスクについて。
まず最初は外部作曲家を招いてのアレンジディスク。
細江さんのカテドラルアレンジでまずスタートです。これはなかなか良いですね。細江さんらしい、ちょっとクセのあるフュージョン系のアレンジで、原曲とそうかけ離れた印象にはなっていません。
高田雅史さんの真女神転生IV「神殺し」アレンジもなかなか。そのままゲームに使用されていてもおかしくないような出来です。
次の並木さんアレンジがちょっとなあ…という感じ。増子さんっぽいメロディを使って真・女神転生っぽいオリジナル曲で始まるのですが、これがなんだかちょっと…。なんかモヤモヤするメロディですね。そしてそこからの銀座FM音源アレンジへと繋がるのですが、これもなんだか…。かなり微妙です。
あと、なるけみちこさんによる真女神転生「銀座」のアレンジなのですが…。う~ん、ワイルドアームズっぽい(笑)
近年のメガテンに入れてもおかしくないような出来でなかなか良いのですが…う~ん…。
ゲーム内で流れたらかなりテンション上がるとは思いますけどね。
その他は、まあなかなか。
増子さんがセルフアレンジ!とか、鬼才西脇辰弥さんを再び迎えてアレンジ!とか、あるいは当時叶わなかった真・女神転生米光亮アレンジ!!だとか、そういうのがあったら泣いて喜びましたけどね。まあそれはファンのわがままですけど。

書籍の方は非常に面白いですね。企画書が載ってるってのがまず凄い。今回のボックスのメインはこれですね。
当時発売された攻略本についても書かれていますし。
メガテンファンはこっち目当てでしょう。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

サンサーラナーガ1&2のFC&SFC音源収録のサントラが発売決定!予約受付中。 

レトロゲームサントラ専門のEGG MUSICさんから、サンサーラナーガ1&2のサントラが出ます!
ファミコン、スーファミ音源収録は初CD化だそうです。
ちなみに音楽担当は川井憲次!!過去にサンサーラナーガ2のサントラが発売されましたが、そちらはアレンジディスクで原音収録盤ではありませんでした。
今回のサントラにはそのアレンジ音源は未収録だそうです。

収録楽曲は以下。

DISC1 サンサーラ・ナーガ(FC版)
1.タイトル
2.竜の卵……?
3.フィールド
4.戦闘
5.卵老人の洞窟 アルシンハ
6.産卵場
7.オープニング~ロゴ
8.オリッサの村
9.ボコボコ
10.ばっちゃんの家
11.はらたま
12.ハワプール商業区
13.成長日記
14.全滅
15.ハワプール城
16.下水道 魚竜の巣
17.雨の草原
18.アムリタとの出会い
19.ミーナの村
20.常に竜と共にあれ
21.イクシュ
22.スイカ割り
23.踊り子ターラ
24.リズの泉
25.アムリタ
26.シャクンタ
27.ソーマの樹
28.アケルナル
29.ナチムの巣
30.ダチョウのテーマ
31.再会
32.ローカ・アローカ
33.リタ・サテイヤの搭
34.リタ・サテイヤ
35.竜の巣
36.カオスドラゴン
37.別れ
38.凱旋
39.輪廻
40.エンディング

DISC2 サンサーラ・ナーガ2(SFC版)
1.名前入力画面
2.オープニング
3.村
4.フィールド
5.アムリタ
6.遊泳
7.ギルド
8.ローカ・アローカ
9.神殿
10.空中庭園
11.飛行
12.ダンジョン
13.王宮
14.戦闘
15.エンディング
16.はらたま

ということでディスク2枚組み、3500円です。
12月発売となっていて、詳しい日にちはまだ未定のようですね。
ただ、既に予約は受け付けていますので、ファンはぜひ。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

飯田舞のミニアルバム「ふたりの空」発売中 

株式会社グランゼーラの公式ショッピングサイト「ぐらんぜーら購買部」にて、飯田舞さんの最新ミニアルバム「ふたりの空」が発売中です。10月19日に発売。4曲入り1620円です。

収録曲は、PS4『巨影都市』挿入歌「ふたりの空」、同エンディングテーマ「またね。」、グランゼーラ企業CM曲であり、エイプリルフールイベントエンディング曲の「てのひら」、「ふたりの空」の別バージョンである「ふたりの空 First Version」の4曲。

なお、公式サイトには記載されていませんが、収録曲の「てのひら」は実はR-TYPE TACTICS IIのエンディング曲の元曲でもあります。

↓これです。このエンディングに感動した人は多いはず。


itunesでも配信されてますが、ぐらんぜーら購買部で買うと先着で飯田舞さん直筆サイン入りブロマイドがもらえるようです。ファンはぜひぐらんぜーら購買部で購入をオススメします。
ぐらんぜーら購買部へGO!→ぐらんぜーら購買部
ついでに、絶体絶命都市4の主題歌が収録されたミニアルバム『約束の日』や、過去に発売された『キミの隣で…』も発売されてますので、ぜひどうぞ。どっかの通販サイト等で異常なプレミア値段で買う必要は全くございません。グランゼーラ様、ありがとう!!

ようやくグランゼーラからこうしてゲームが発売されたこと、感無量です。絶体絶命都市4も復活しましたし(まだ発売日未定ですが)、もしかしたらバンピートロット2も復活か…!?
ぜひぜひぜひぜひ!!おねげーしますグランゼーラ様。東京ゲームショウで聞いたナディア・ギフォードのあの歌、今でも忘れていませんよ!!

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

Ray's Music Chronology購入。 

ようやく発売。いや~待った待った。
発売されると知って予約開始日に即行で予約したもんだから、待ち遠しかったなあ。

ディスク10枚+限定特典ディスクを加えて全部で11枚。ボックスに収められているのは10枚で、特典ディスクはプラケース。
全部一緒に収納出来ればよかったのにな~。だってファンなら当然限定ボックス買いますもん。ってか最初から11枚組みでも買ってたな。

さて。
気になる点をポツポツ箇条書きにしていきます。

・音質は?
これはバッチリ。基盤音源も綺麗な音で良く録れてますし、バランスも良い。なんたって今回はクラリスディスクさんが録音に協力しているとのこと。そりゃあ安心確実、信頼と実績のクラリスさんですから間違いありません。
再CD化の作品もどうやら音量を調整したらしく、過去のアルバムと聞き比べてみると音が大きくなってます。
BOX収録されたアルバム全部の音の大きさを考慮してのことだと思います。音の大きさを揃えたんでしょうね。
それによってリズムがやや強調された感じに聴こえます。
MIXやり直した、って程ではないと思います。そこまで劇的に変化はしてません。
それと、個人的に嬉しかったのはアーケード版レイフォースとレイストームのそれぞれの楽曲に音声が収録されていること。各ステージ開始時のあのナレーション音声です。
楽曲とかぶってはいませんが、1トラックで独立して収録されているわけではなく、ナレーション音声→ステージ曲、という流れになっていますので、人によっては邪魔に感じるかも。まあ楽曲とかぶってはいないので編集ソフトで編集すればいいだけですし。
個人的にはゲームプレイを想起させる作りになっているので非常に嬉しかったです。さすがのクラリスクオリティです。やっぱりズンタタ楽曲はストーリーを感じさせるような作りになってなきゃね。

・未収録は?
まあちょこちょこあるかな~。
ズンタタレコード版レイストームに収録されてたアレンジ楽曲は未収録。itunesの方には収録されてるのになあ。あと昔のサイトロン版レイフォースに収録されてたRAY FORCE MEGA MIXも未収録。
ただ、ゲームで使われた楽曲は当然のように全部入ってますんで、ゲームの音楽が聞きたい人には満足なのでは。アーケード版も全部入ってるし。
あとはまあレイフォースズンタタライブ音源とかコンピ盤『EXTRA-OFFICIAL COMPILATION』に収録されたBETTA FLASHアレンジの「.BLUE~地球に棲む日~」とか、レイフォースのビデオサントラとか。そんなもんですかね。
それと、レイストームのノイ・タンツ・ミックスですが、今回は真のノイ・タンツということで過去のアルバムとはちょっと違ったアレンジになっています。長くなってたり途中の展開が違ってたり。というわけで、ズンタタレコードのノイ・タンツ・ミックスをそのまま再CD化したというわけではないです。

・特典ディスクの中身は?
限定版についてきた11枚目のディスクは、レイシリーズの着信メロディコレクション。これ、凄い良く出来てます。びっくり。
しかも8bit風PenetrationとGとGeometric Cityも入ってる!
ただのおまけじゃねえぞ、これ。

まあ気になったのはこんな点ですかね。
個人的に残念なのは、レイストームのサントラに収録されていた、INTOLERANCEのオーケストラバージョン未収録ですかね。
これをリマスターで聞きたかったなあ。過去のサントラでも音質は十分に良いですけどね。

しかし、今回はアーケード音源だけじゃなくてアレンジアルバムまで全て収録してくれたので、まさに快挙!!ですね。
ゲーム音源のサントラBOXって近年色々と出ましたけど、アレンジアルバムまで網羅してくれたのは本当に嬉しいです。ってかこういうボックスもので初?
アレンジ音源って復刻が難しい(と思われる)ものが多いでしょうからね。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 2