06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

小倉久佳『俯瞰した事実と客観的な虚構 このふたつで僕は世界をつくる』感想 

このミニアルバムのそれぞれの楽曲タイトルが気になったので調べました。

1曲目のModel-Kっていうのはジョージ・スティビッツという、コンピュータの父とも呼ばれる人が完成させた、リレー式計算機のことなんですね。さすが小倉さん、勉強になります。
1930年代~40年代に計算機の開発の黎明期に作られた計算機だそうで、この時期に開発された計算機は、他にはPSソフト『オメガブースト』でも登場したENIACなどがあります。
しかもこのジョージ・スティビッツという人、私が最近力を入れているAmigaを使用してコンピュータアートを制作していたそうな!
おお…ここに繋がってくるとは。なんか運命的なものを感じてしまいます。
それと、副題のScientists' Delutionは、簡単に約すと科学者達の妄想、です。
しかし、この「Delusion」という単語をもう少し詳しく調べたところ、『アメリカを読む辞書』というブログに面白いことが書いてありましたので、以下に引用してみたいと思います。


一方、delusionは、15世紀に生まれた言葉で、語源はact of misleading someone(人を誤った方向へ導く行為)。その結果、その人は mental derangement(精神的な錯誤)に陥るという。つまり、その人の心の働きによりもたらされるものだから「迷い」「妄想」などと訳せる。


(以上、『アメリカを読む辞書』より抜粋)


ということは、Model-Kの副題「Scientist's Delusion」を語源から解釈すると
「科学者達による、人を誤った方向へ導く行為」
という解釈も出来そうですね。
単に「妄想」という解釈だと、わかったようなわからないような解釈になってしまうので、筆者としてはこれですっきりした感じです。

2曲目のNegative ReturnにはApolo 11という副題がついていて、これはもちろん人類史上初めて月面に到達した宇宙船ですね。

そして最後はSiLent ErRors -Un-True-。真実でない、という副題。う~むむむ…これは……。

カシマ的解釈の一つは、今回の小倉さんの作品は「引き返すことの出来ない、科学者たちの妄想の具現化」なのだろうか、と。
まず、一人の天才がModel-Kを生み出し、コンピュータが跳梁跋扈する時代が始まった。そしてその発展は留まる所を知らず、ついには人類は月まで行ってしまった。それがNegative Returnであった、と。
つまり天才たちの行為が、もはや引き返すことの出来ない時代まで進んでしまった、と。宇宙進出は人類の大いなる夢であったのだけれど、天才たちの活躍によってそれが現実のものとなった。いわばそれは科学者たちの「妄想」(ここで私が使っている「妄想」とは、巷でよく使う「空想」と同義の「妄想」ではなく、心理学的にいう病的な「妄想」である)が現実になってしまった、ということ。
そして最後のトラックはSiLent ErRors -Un-True-。それらは真実ではない、と。
科学の世界は数式で物事を表わしていて、それで説明がつくからそれらの数式が正しいと思われているわけだけど、それらは全部虚構かもしれない、と。
説明のつかない現象なんて宇宙にはたくさんあるし、そんな数式なんてものは科学者の妄想であって、真実ではないんだ、と。
もっと言うと真実なんてありはしないんだ、という、そういうことなんでしょうかねえ……。う~ん、今回のミニアルバム、聴けば聴くほど考えてしまいます。

タイトルの解釈も難しいですねえ…。
俯瞰した事実、というのは「全体的に見た事実」というそのまんまの意味なんでしょう。コンピュータの発展とか、人類が月に行った、とか、そういう事実。
客観的な虚構、というのがよくわかりません。これは多分、心理学方面を調べないとわからないだろうなと思い(ダライアス外伝やGダライアスを見れば、小倉さんが心理学に興味を持っていることがわかります)、調べたら「主観的虚構」というのはありました。小倉さんはこれを逆転させたんじゃないでしょうか。
主観的虚構というのは、自分で自分のフィクションに悩む状態のことだそうです。凄く簡単に言うと「思い込み」ですかね。
これを客観的虚構とすると、自分以外のフィクションに悩む状態、ということになります。つまり、他者の思い込み。
この二つによって世界を創る、ということなのでしょう。
つまり、「私」という視点から考えると、俯瞰した事実とは、自分の目で見た事実であるのでしょう。
客観的虚構とは、つまり科学者たちの数式の世界のことを表していて、数式としては目に見えるけれども、それによって表されたものは実際には私の目には見えない、ということなのではないでしょうか。
科学者たちは、目に見えないものを、辻褄が合うからといって数式と理論でもって証明している、というわけです。
それは疑わしいんじゃないか、もしかしたら大いなる虚構なんじゃないか、という問いを投げかけているのではないでしょうか。
しかし、このような虚構によって、事実は着々と作られていっています。
それがコンピュータであり、ロケットであるわけです。

あまり詳しくはないのですが、オカルトの世界でアカシックレコードというものがあります。これは、アカシックレコードという宇宙の誕生以来の全ての情報が記録されている記録層なのだそうですが、これに意識を繋げることによって、無限の知識を得ることが出来るらしいです。
これって、インターネットの世界にちょっと似てると思います。ただ、インターネットの場合は事実と虚構が入り乱れていますし、作っているのは人間ですが。
アカシックレコードのような妄想の産物でさえ、ちょっと違う形ですが現実となっているわけです。つまりフィクションがノンフィクションになっていってる。
それらは、天才たちが巻き起こした騒動(SILENT ERRORS)みたいなもので、我々みたいな一般人は翻弄されっぱなしです。そして、天才たちでさえも誰もが、それら妄想が具現化したものたちがどのようになっていくのか、わからない。だから人々は未来を空想するんじゃないか。
こんな風になっちゃマズいんじゃないの?とか、こうなったら良いよね?とか。色んなことを考える。

例えばインターネットでいうと、もしかすると地球が意識を持ちはじめるんじゃないか、という考えがあります。
NHKのなにかの番組で見ましたが、最新の研究では、人間の「意識」というものは脳の中のどこかに「意識」を司る器官があるんじゃなくて、様々な神経が繋がっていって、結果、全体を統括する「意識」が出来る、と。そしてそれは数式で表わすことが出来るらしいです。
これは私的な考えですが、これを陰陽五行説に応用すると、即ち青龍、朱雀、白虎、玄武という各神経(龍脈)が繋がり、そこに風水、つまり「意識」が立ち表れる、と。そういうことなのかな、と思います。
番組では、その理論でいくと、世界中をインターネットでつなげれば、それら全体を統括する地球の「意識」が表れる、ということを言ってましたね。

そこまで見て「うお、お、お…」と、何か心にこみ上げてくるものを感じました。それってもう完璧にタイトー作品じゃん!!超ズンタタらしい感じじゃん!と。
すぐに思い出したのは小倉さんの『ギャラクティックストーム』でした。
あれも凄い作品でしたね~。一人の男が宇宙をさまよい、やがて進化して一つの惑星になり、彼の記憶がその惑星の大地に広がっていたという…。もう感動で涙流しながら、あのアレンジ盤のブックレットを読みましたよ。

科学の世界って、数式ばっかりで音やメロディが無いですよね。それに絵も無い。コンピュータだって0と1しかないわけだし。そんな音やメロディの無い科学の世界を、綿密な思考によって音で画いてみせるというのは、まさに「音画」ですね。さすが小倉さん、一筋縄では行きません。

この「俯瞰した事実と~」はシリーズ化するらしいので、次も楽しみにしてます。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽作曲家

tb 0 : cm 0   

『俯瞰した事実と客観的な虚構 このふたつで僕は世界をつくる』へ捧げる一文章 

黒い中折れ帽が、僕の部屋の外からのぞいている。
彼だった。
彼はいつも不意に現れる。
僕は、彼が現れる日をある程度予想して待ち構えているのだけど、彼はことごとく、僕のその予想を裏切って突然現れるのだ。
「人類の歴史は戦争の歴史だとよく言われるけど、これを見てごらんよ」
そう言って彼が差し出したのは、コンピュータの歴史年表だった。

紀元前150年~100年頃、アンティキティラ島の機械が使用される。
1617年、ジョン・ネイピア、ラブドロジー(ネイピアの骨)を発表。
1623年、ヴィルヘルム・シッカート、機械式計算機(カルキュレーティング・クロック)を発明。
1643年、ブレーズ・パスカル、歯車式計算機(パスカリーヌ)を発明。
1694年、ゴットフリート・ヴィルヘルム・ライプニッツ、加減乗除の計算出来る計算機を開発。
1833年、チャールズ・バベッジ、階差機関を考案、提示。
1887年、ハーマン・ホレリス、パンチカードシステムを完成。
1902年、矢頭良一、機械式卓上計算機を完成
1911年、ザ・コンピューティング・タビュレーティング・レコーディング・カンパニー(後のIBM)創立。
1937年、ジョージ・スティヴィッツ、Model-Kを開発。
…………

「人類の傍らには常に歯車と機械と計算の世界があったんだ。決して武器と食料だけじゃない」
彼は誰に言うともなく呟き、中折れ帽をさっと僕の眼前にかざした。
そこには、小さな歯車が無数にうごいていた。まるで生き物のようにうごめいているそれは、機械的なものには見えない。まるで、生きている歯車だった。
「見てごらん。この歯車たちが宇宙を動かしているんだ。それを生み出したのは、実は僕らなんだよ。アンティキティラ島の機械は、その一部なんだ。だから、僕らは宇宙の創造主ってわけさ。つまり僕らは……」
「いやいや、ちょっと待ってよ」
僕は彼の言葉を遮った。
「宇宙は、僕らが生まれる前からあったんだろ?ということは、僕らを生み出したのは宇宙じゃないか。何も無いところから宇宙が始まって、そこから僕らが生まれた。そして、僕らはそこへ行くために、長い時間を機械とともに生きてきたんじゃないの?つまり、生まれ故郷に帰るために、僕らは機械を発展させてきたんじゃないの?」
すると、彼は大げさな手振りで肩をすくめてみせた。
「全く……キミはやっぱりまだまだ浅はかだねえ。宇宙が僕らを生み出したって?故郷に帰る?何を言ってるんだ。それは逆だよ。僕らが宇宙を作ったから、宇宙は存在しているんだ。それにね」
にやり、と彼はいびつに唇をゆがめて笑った。僕は彼のこのゆがんだ笑顔が好きだ。
「僕らは、宇宙に拒絶されているんだよ。まるで反抗期の子供だね」
「拒絶されている…?」
「考えてもみてごらん。宇宙が僕らを受け入れてくれるのなら、なにも宇宙船や大掛かりな機械など必要ないじゃないか。宇宙服を着ないで宇宙へ出ると、体内の血液が沸騰して、僕らは爆発してしまうんだよ。ほら、明らかに拒絶されているんだ。そこに、僕らは無理矢理出かけようとしてるわけだ。何のために?」
さあキミの番だ、とでも言いたげに彼は手のひらを僕の目の前に差し出した。
「何のためにって……宇宙に住みたい、から?」
「住めないのに、住みたいのかい?」
「いや…そう言われると…」
ふう、と彼は息をついて、僕を気の毒そうに見る。
「まあその話は後でゆっくりしよう…。ところで、君はビッグバンを信じている?」
「信じるもなにも…そこから宇宙が始まったんじゃないの?」
「君はその目で見たのかい?」
「見られるわけないよ。遠い昔の話だもの」
「そんなもの、君は信じられるの?」
「いやあ…だって、偉い人とか天才なんかがそう言ってるし…」
「全く、なんて浅はかなんだ!!いいかい?ビッグバンなんて、そんなものは無かったんだ。考えてもごらん。ビッグバンの前はどういう状態だったんだい?説明出来る?」
「いや、それは…世界中の天才たちが研究してることだし、難しくて僕にはわからないよ」
ふふん、と彼は鼻で笑った。
「そりゃそうさ。だってそれは間違っているんだからね。つまり、僕たちが天才だと思っている人たちが、大きな虚構を作り上げて僕らに信じ込ませているんだよ。もっともらしい法則や計算を見せつけてね。けど、それは違うんだ。さあ、見てごらん。これが宇宙の真実なんだ!!」
彼の中折れ帽がどんどん巨大化していく。しまいには僕を覆い、僕の部屋を覆い隠し、それでも飽き足らず、中折れ帽は空を真っ暗にさせるほど大きく、大きくなっていく。
まわり続ける無数の歯車。これが宇宙の真実の姿なのだろうか。とすると、かの文豪が死の間際に見たという歯車は、もしかすると宇宙の真実の片鱗であったのだろうか。
そして、宇宙の真理をかいま見たゆえに、彼は命を絶ったのか。
宇宙への興味は無限である。説明がつかないから、興味がつきない。しかし、彼は真実の姿を知ってしまったゆえに、生きる興味を失ったのか。
壮大だと思っていた宇宙が、こんなものなのか、と知ってしまったがゆえに。
歯車が空を覆いつくし、無数の光を放っている。あれは星じゃなくて歯車だったのか。
しかし、これが宇宙だって?本当に?
僕には信じられない。
宇宙を作り出したのは、歯車だって?そんなの馬鹿げてる。それこそ、虚構じゃないか。
空をよく見ると、彼の姿が歯車の中にたたずんでいた。
「回り続ける限り、宇宙は存在しつづけるんだ」
彼の声が、どこか遠い空から聞こえてくる。
「宇宙は膨張しているんじゃない。回っているんだよ。広大な渦を巻いてね。その渦は歯車なのさ。宇宙の動力は歯車なんだ。僕が生み出したのは、もっともっと小さな歯車だったんだけどね…」
銀色に光る円盤。手のひらサイズの、光の加減によっては七色に輝く小さな円盤。それが、僕の部屋を滑空している。
気が付くと、円盤はパソコンの中に吸い込まれていった。CDドライブがけたたましい音を立てて動き始める。勢いよく円盤が高速で回転している。
パソコンに繋がれたスピーカーからは、とてつもない大音量で音楽が流れはじめた。

「MODEL-K」

パソコンの画面には、そう表示されていた。
空には暗雲が広がり、大小様々な歯車が勢いよく回転している。その歯車の一つ一つが、音楽を奏ではじめている。

「何だ…つまり、CDを聴いてくれってことか…」
彼の悪い癖だ。自ら作り出した大掛かりな幻想を使って、盛大な演出を施して僕にわかったようなわからないような言葉を投げかけては、楽しんでいる。
全く、彼は一筋縄ではいかない。
しかし…と思った。
「僕が作ったのは小さな歯車」…か。
大げさなことをするわりには、どことなく小心者な部分が見え隠れする、そんな彼の言動が僕は好きだ。

この回り続ける銀色の歯車こそが、彼が作り出そうとしている「世界」という作品の、その一欠片なのだろう。
彼の作る無数の歯車が、今、僕らの見ている「常識の世界」を変えようとしている。
僕は、それが宇宙すら変えてしまうことを願っている。
いや、きっと彼ならやってのけてしまうんだろう。
小さな…本当に小さなことを少しずつ積み重ねて。
手のひらに乗るような小さな折り紙でも、折りたたみ続ければその厚さが地球から宇宙まで到達してしまうように。

そして僕はまた、彼が不意に訪れる時をひたすら待ち続けている。

―以上の文章は、小倉久佳氏の作品『俯瞰した事実と客観的な虚構 このふたつで僕は世界をつくる』に対する感想代わりの文章であり、その内容は全てフィクションである。

文責:カシマ

Category: ゲーム音楽作曲家

tb 0 : cm 0   

小倉久佳氏の公式ショップがっ!!! 

うおう……。
なんてこった…。
全然知らなかった……。
カシマの敬愛する作曲家、小倉久佳氏のグッズ&CD販売サイトが出来ていたっ!!
こちら→小倉久佳音画制作所

しかも新譜出てたよ…。
タイトルは『俯瞰した事実と客観的な虚構 このふたつで僕は世界をつくる』。
もうなんて小倉さんらしいタイトル…。早速購入手続きしてきました。
新曲が1曲と、新たに再構築された「Negative Return」と「SiLent ErRors」を収録した3曲入りミニアルバムです。


ちなみに、私は届いてからじっくりと聴きたいので、上の動画は見ていません。
だって見てしまったら全て聴きたくなってたまらなくなってくるから。

ってか2月の東京ゲーム音楽ショーで小倉さんが来るのは知ってたが…まさか新譜なんて…。
年末年始から3月ぐらいまで、もう怒涛の日々の連続で、あらゆる他のことに構ってなんていられなかったので、当然、イベントには行けず…。まあ仕方ないけどね。

ああああああ、サインもらいたかったよおおおおおおおお。
しかし、小倉さんがこうして新譜を出したわけだし、公式ショップを開始したということは、今後もこういったイベント等に来てくれるはず!
ってかM3に参加してくれないかな…小倉さん。
もし来てくれたら、きっと長蛇の列が出来るだろうな。旧ZUNTATAファンは絶対来るだろうし。

というわけで、小倉さんの今後の音画に大期待!!!
CDレビューは届いてからやります。必ず。だって小倉さんの新譜だから!

Category: ゲーム音楽作曲家

tb 0 : cm 0   

Amigaゲームサウンドを彷彿とさせる、Martin Iveson(atjazz)のアルバム『LABFUNK』 

かつてAMIGAのゲーム音楽を手がけていた、イギリスの作曲家Martin Iveson氏(別名義=atjazz)。
現在は自身のレーベル「ATJAZZ RECORD COMPANY」を立ち上げ、精力的に活動しているようです。
公式サイトはこちら→ATJAZZ RECORD COMPANY

このブログでもちょこっと紹介したことがありますが、カシマがMartin Iveson氏、というよりはAMIGAサウンドを知ったきっかけが、彼の手がけたゲーム音楽『Jaguar XJ220』でした。
聞きなれた日本のゲーム音楽とは全く異なる、その本格的なクラブジャズサウンドに一発で叩きのめされ、以来マーティン氏のファンです。
今回ご紹介するのは、その『Jaguar XJ220』を彷彿とさせる、お洒落なジャズファンクサウンドを目いっぱい楽しめるアルバム『LABFUNK』です。

その前に、まず『Jaguar XJ220』ってのはどんな音楽か、お聞きいただきましょう。


もう始まりのスラップベースのかっこよさにシビれて、その後のシンセのメロディにヤラれっぱなしです。AMIGAのゲームってこういう感じの音楽が結構あるんですが、やっぱりMartin氏のこの『Jaguar XJ220』には叶わないですねえ。
海外ゲーム音楽の中でも名曲中の名曲であると思います。

そして、こちらがアルバム『LABFUNK』の第1曲目である「DAY 2001」。このクールさ…たまりません。


同アルバムからもう1曲。「Touch the Sun」です。おっしゃれ~ですね。


もちろん、iTunesでも配信中です。atjazzで検索すると結構色んなアルバムが出てきます。

今回、あらためてマーティン氏のことを調べていたら、『サンダーホークⅡ』の作曲者だったんですね。『サンダーホークⅡ』はサターンソフトを買って、サントラ代わりにしてよく聴いていたんで、これはびっくり。まさかこう繋がってくるとは…。
これだからゲーム音楽って面白いんですよね~。


もちろん『サンダーホーク1』も彼の作曲。こちらも渋くて大好きです。


さらに調べていくと、マーティン氏は海外のゲーム会社「CORE DESIGN」の作品を数多く手がけているみたいです。ってかこの会社、トゥームレイダーの制作会社じゃないですか!何だ、有名どころじゃないか(笑)
先に紹介した『JaguarXJ220』『サンダーホーク』『サンダーホークⅡ』も全てCORE DESIGNなので、マーティン氏はここの会社の専属だったんでしょうね。
トゥームレイダーでは作曲者としてではなく、サウンドエフェクトで参加しているみたいです。

Category: ゲーム音楽作曲家

tb 0 : cm 0   

ゲーム音楽五大作曲家 

ドラゴンクエストのすぎやまこういち、ファイナルファンタジーの植松伸夫、スーパーマリオの近藤浩二、ストリートファイター?の下村陽子、アウトランの川口博史。これで確定しそうなもんだが、どうだろうか。
どのタイトルも超有名。日本人なら誰でも知ってる。社会現象にもなったわけだし。そんな有名タイトルを手掛けており、今なお活躍しているということで、この五人を選んだ。
一般的な知名度で挙げてみたが、アウトランはちと微妙か。ゲーム好きなら知ってるはずだが、一般的には微妙。だが、作曲者の川口博史は世界初のゲームミュージック演奏バンド「S.S.T.BAND」の一員&メインコンポーザーとして活躍し、一大ブームを巻き起こした。その功績は大きい。

すぎやまこういちはゲーム音楽専門に作曲してるわけじゃないので、どうかなとは思ったが、なんたってドラゴンクエスト。外しちゃマズいでしょう。

個人的に五人挙げるならば、ダライアスの小倉久佳、ロックマンの松前真奈美、信長の野望の菅野よう子、アウトランの川口博史、グラディウス?の古川もとあき、かな。

個人的に好きなゲームも作曲家も多いが、一般的にも知られてるということで考えてみたら、今回のようになった。
これらのゲームから一般的に広く使われてる言葉も生まれたしね。
Bダッシュ、昇龍拳、レベルアップ、経験値、などなど。ギアガチャ…は一般的じゃないな。とくれせんたぼーびも…まあ一般的には使わないか。

Category: ゲーム音楽作曲家

tb 0 : cm 0   

ゲーム音楽作曲家この人だけは知っておけ!? 

あなたの記憶に残るゲーム制作会社は?任天堂?カプコン?ナムコ?コナミ?タイトー?光栄?それともテクノスジャパン?
いいや、そこでナツメだ!!熱い情熱ほとばしる良質のアクションゲームを多数世に送り出したナツメだ!!
というわけで、今回はそんなナツメゲームを時に爽やかに、時に熱く、音楽で鮮やかに彩ってきた岩月博之氏だ!!

岩月博之…今も昔もナツメ所属。代表作はFCのカオスワールド、鳥人戦隊ジェットマン、SFCのワイルドガンズ、奇々怪界シリーズ二作品、ニンジャウォリアーズアゲイン、PSのガンダムバトルマスター、X-BOX360LIVEでの配信タイトル、オメガファイブなどなど。

岩月作品の素晴らしさは何といってもベース。単なるリズムとしてではなく、主旋律と絶妙に響き合う、歌うベース音が持ち味であります。
例えばSFCのニンジャウォリアーズアゲイン。セレクト画面にてノリの良いスラップベースが戦いの始まりを盛り上げ、続くステージ1で哀愁のメロディと共に熱いベースが踊りだす。
また、メロディの熱さも秀逸なのが岩月作品。
隠れた名曲が多いPSのガンダムザバトルマスターでのVSガンダムステージでは、哀愁を帯びた泣きのギターが炸裂。オーケストラヒットも効果的に用いられ、いやが上にも盛り上がる、劇的な一曲。
SFCの奇々怪界シリーズでは、コミカルなゲームにふさわしいポップな楽曲を展開。ここでも印象的なベースラインに、まるで妖怪道中記のような明るくてどこか切ない、不思議な魅力を持った楽曲を聞くことが出来る。

残念なことに、岩月作品はCD化されることがほとんどない。CD化されたものはFCのカオスワールドとX-BOX360LIVEのオメガファイブ、PSPの勇者30(1曲のみ提供)のみ。しかし、手掛けたゲームの多くはサウンドテストが標準装備されているので、ひと安心といったところか。

以下にサウンドテストのある岩月作品を、自分の知る範囲内で挙げておく。機会があったら是非聞いてみて欲しい。どれも魅力的な作品ばかりで、CDとして残しておきたいものばかりだ。いつかは岩月博之作品集としてリリースしてもらいたい。

・SFC 奇々怪界 月夜草子
・SFC 奇々怪界 謎の黒マント
・SFC ワイルドガンズ
・SFC ニンジャウォリアーズアゲイン(タイトル画面でLRボタンを押しながらスタートすることでサウンドテストモードが出現)
・PS ガンダムザバトルマスター(サウンドテストの項目は無いが、ゲームディスクをCDプレイヤーで再生可能)

岩月氏以外の人が手掛けたナツメゲームも素晴らしいサウンドばかりなので、興味を持った方はどうぞ。特にFCのKAGEは名作中の名作である。ちなみにサウンドテストの方法は、タイトル画面にてコントローラーでAAAABBBBABABABAB(つまり、Aボタンを四回、Bボタンを四回、AボタンBボタンを交互に四回)と押し、効果音が鳴ったらコントローラーとコントローラーのABを押しながらスタートボタンを押す。これで全て聴けます。

Category: ゲーム音楽作曲家

tb 0 : cm 0