03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

カシマ(BlogPet) 

きょう捕捉はカシマはくらやみアレンジされた!
それできのうカシマと、云々されたみたい…
それで原曲は表彰するはずだった。

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。
スポンサーサイト

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

メジャーな女性アーティストで好きな人 

俺がまず真っ先に名を挙げるのは永井真理子。結構知られてるはず。
87年に1stアルバム『上機嫌』を発売。CDの帯にある「とびきりポップでロック」の言葉どおり、爽やかで明るく、元気一杯の歌声を聞くことが出来る。特に収録曲の「One Step Closer」は、夢をあきらめずに一歩一歩踏みしめていくことの素晴らしさを歌った名曲。この後も永井真理子の楽曲アレンジを多く手がける根岸貴幸の爽快なギターアレンジで、躍動感溢れる曲となっている。
とにかく、明るく爽やかに元気よく、というのが永井真理子の持味。アイドルにありがちな色気だとか暗さだとか可愛らしさだとか、一切無し。だから好きなのかもしれない。歌が上手いのも他のアイドルとは違うところ。バラード調の歌も上手い。
一時期、永井真理子のCDを手当たり次第に買っていたぐらいハマっていた。最近は全く聞いていないが。まあたまに思い出したように聞くぐらいがちょうどいい感じだな。
でも、やっぱりいちばん好きなのはPSY.S(サイズ)。シティハンターの主題歌「ANGEL NIGHT」を歌っていたバンド、と言えばわかりやすいかも。これもやたらハマった時期があって、アルバムとシングル片っ端から買いまくったほど。そのどれもが素晴らしい。ボーカルの安則眞実は現在も活躍中。ぜんまいざむらい歌ってたかも。
「WONDERING UP&DOWN?水のマージナル」は特に好きな曲。「SILENT SONG」もいいやね。自分の大切な一冊である早見祐司の小説『夏街道?サマーロード』に、この曲が出てくる。それからさらにサイズにハマった。サイズを語り始めるとキリがないので以下略。

メジャーなアーティストは全然聞かないので、これぐらいが限界。あとは知らん。ZARDとか倉木麻衣とかどうでもいいし。最近はパフュームとかいうやつらが人気あるらしいがどうでもよし。
メジャーじゃなければ好きな人たくさんいるんだがなあ。

Category: 音楽

tb 0 : cm 3   

それで捕捉したいなぁ(BlogPet) 

きょうは、信仰するつもりだった?
だけど、きのう、カシマの気持ちっぽいヒットしたいなぁ。
それで捕捉したいなぁ。

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

ロストオデッセイ オリジナルサントラ 

X-BOX360専用ソフト。スクウェアやめた坂口博信と植松伸夫タッグによる大作RPG。
よく知らないが、植松ということでサントラを購入。
結果。

超大当たり!!超プログレ!!俺的に特大ヒット。ゲームはつまらんらしいが。
FFよりも暗い雰囲気が漂うが、戦闘曲は植松らしさがありながらも、新しい試みがなされている。
特に最終ボスの曲は、日本語呪咀ラップ(不吉な言葉ばかり呟きつづける)に、プログレハードな激しい演奏の楽曲。最高である。
俺ってやっぱイトケンより植松だわ。

Category: ゲーム音楽(プログレ、フュージョン系)

tb 0 : cm 1   

サイレン 

監督は『トリック』で知られる堤幸彦。はっきりいってつまらん。ゲームの方がおもしろい。
やたらと安っぽい雰囲気の画面で、ダメ。邦画なんてこんなもん。

Category: 映画、テレビ

tb 0 : cm 2   

荒神様 

こうじんさま、と読む。家のなかにいるコウジンサマはカマドの神様であり、外にいるコウジンサマは土地を守る神様。どちらもコウジンサマと呼ばれているが漢字は違うようだ。民間信仰の一つである。
何で急にこんなことを書いたかというと、どうやら我が家ではこのコウジンサマを祭っていたというか、信仰があったようで、暦を見てこの日はコウジンサマがいるから土をいじっちゃいけないとか、コウジンサマにご飯をあげたりだとか、そういうことをしていたらしい。
うちの家系はそういった年中行事を大切にしていて、たとえば毎年かならず水天宮にお参りしていたとか、厄払いは必ずやっていたとか、話を聞くと色々やってたようだ。祖父の父、つまり自分から見て曾祖父だが、その代からやっていたというから、もっと昔から続いていたのだろう。
そういうことを考えると、うちは仏教系ではなく神道系なのだろう、と思う。
また、代々軍人の家系だったので、そういうことを大切にしていたのかもしれない。
今現在の我が家では、あまり年中行事などをやらなくなってはいるが、やはり神棚はあるし、厄払いにも行く。しかし、コウジンサマ云々は初めて聞いた。
昔の人はどこの家庭でもやってたのかと思いきや、どうやら曾祖父の家のまわりではあまり気にしていなかったようで、住んでいた地域にそういった信仰があったわけではないらしい。
ということは、家に代々伝わっていたのか、それとも曾祖父が始めたのか、今となってはわからない。

ただ、年の節目ごとに行事を行ない祝うことで、気持ちを切り替え、日々に備えることは大事だと思う。
昔の行事には意味がある。そういった行事が人々の精神を支えていたのだと思うと、うちって結構しっかりやってたのね、となんだか感慨深い。
一年だらだら生きてちゃダメだな。
ということで、自分ちのことって知ってるようで知らないことだらけだから、調べてみるとおもしろいですな。

Category: 都市伝説

tb 0 : cm 3   

サイズ(BlogPet) 

きょう捕捉は、サイズとか放送した?

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。

Category: 雑記

tb 0 : cm 1   

捕捉(BlogPet) 

きょう捕捉は、捕捉したかもー。

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0