01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

KENSO 4th Album『スパルタ』 

今からピッタリ20年前、1989年の作品。メジャーデビューから数えて四作目だが、自主制作の二枚を含めると、実質六作目ということになる。
最近作のケンソーは結構ハードロックっぽくてギターも重くて硬質で轟音なのだが、20年前のこの頃はいかにもなキーボードメインのシンフォニック・ロックといった風情で、煌びやかで美しい。
しかしびっくりしたのは佐橋俊彦!!まさかケンソーに在籍していたとは。初めて知ったのはアニメの『BIG-O』で、次に見たのはなんと『ガンダムSEED』!
どちらもブラスが熱く、大迫力のオーケストラサウンドにロックなギターを炸裂させた音楽が特徴的。まあ羽田健太郎が好きならオッケーでしょう。あんな感じ。
で、まあこのアルバム、まあまあいい感じ。俺としては最近のギター全開サウンドの方が好みだ。
スポンサーサイト

Category: KENSO関連記事

tb 0 : cm 0   

カシマで活躍された(BlogPet) 

きょうカシマは、ファンタジーも集めしたかもー。
だけど、きょう、ステージセレクトが検するはずだったの。
でも、カシマで活躍された。
それで洋画劇場に疾走するはずだったみたい。
だけど、きょう、カシマとカシマで捕捉しなかったー。

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

チックコリア&ジョン・マクラフリン 

試聴コーナーで50秒くらい聞いて即購入。二人とも大好きな演奏者なので、この共演は嬉しい限り。名演である。久しぶりに、一生楽しめるアルバムの登場だ。
二人について語るとキリがないので省略。とにかくジャズでロックでフュージョンでプログレって言っておこうか。そんなジャンル名なんて、この二人にはいらないんだけどね。
黙って聞け!って感じ。

Category: ジャズロック、フュージョン

tb 0 : cm 0   

自分のフィールド 

何て言うか、ぶっちゃけゲーム音楽飽きた感じ。最近のは特に。新しい発見とか感動とかあんまり無い。
買っても2、3回聴いて放置してることに気付いた。これだけ集めといてアレだが。
それでも、ナムコ系とソニックシリーズは素晴らしいから買うが。もうFFとかドラクエとか、過去の栄光を今だに引きずってるようなのはうんざり。新しいやつでもくっだらねえのばっかりだし、飽きた。
ここらで、やっぱり自分のフィールドに戻るべきかなあ、と思う。
元々、俺はジャズ、フュージョン、プログレが好きで、そこからGMに入ったから、そういった曲調のものじゃないとつまらんのだ。
実際にそっちで活躍しているトップアーティストの楽曲を聞いちゃうと、やっぱGMじゃもの足りなくなってくる。GMでも充分素晴らしいものもたまにはあるけど、そういうのはごく僅か。最近、特に減ってきてる。昔のやつでもあんまりないけど、今ほど酷くはない。
昔のやつでほしかったやつは大体あるし、ちょっとGM集めも休止しようかなあと。
俺の大好きなGM作曲者ってのもわかってきたし、それ以外はもう買わないようにしようか、とも思っている。くだらないのが多すぎるから。
好きなのは、小倉久佳を筆頭に、河本圭代、渡部恭久、並木晃一、瀬上純、上高治巳、植松伸夫、朝倉紀行、相原隆行、佐野信義、松前真奈美あたり。この人たちのアルバムだったら無条件で買う。あとナムコ勢(作品による)と『探偵神宮寺三郎』シリーズと『グランツーリスモ』シリーズかな。
その他は無視しても構わないような気がしてきた。
もっと『G-DARIUS』みたいな衝撃的なものが欲しい。聞き飽きない名盤の登場を望む。
多分、俺はGM好きなんじゃないと思う。GMに面白い音楽があったから、そこにハマっただけなんだろう。GMってジャンルにつまらん音楽があふれ返ってきたから、段々と飽きてきたんだと思う。ゲーム自体も面白くないものがたくさんある。脳トレ漢検クソ食らえ。くたばっちまえよ。犬に食わしちまえ。
キャラバンに燃えたあの熱い日々にこそ、ゲームの原点がある。あの楽しさはどこから来たのか、それを思い返すがいい。
ゲームは芸術作品でも映画でもない。ゲームだ。まず面白いゲームありき。そこにドラマがあれば、なおよし。肝心のゲーム部分がおろそかになっているから、音楽もつまらないものが出来てしまう。存在感がない。
ホントにもう、ナムコしか信用できん。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

最近はまったものども 

何故か極道ものの歌にはまる。
やっぱり好きなのは若山富三郎先生だ。「極道エレジー」のヤバめな曲調と頭が痛くなってくるような「ワレあほんだら極道ホンマわれわれおまえわれほんまアホンダラ」が永久に続きそうな歌詞が面白すぎ。思わず893キック。
若山先生の歌はCD化されてなかったり既に廃盤だったりと、なかなか集め甲斐のある好条件。ドアホ!なにさらしとんねんやな!このざまいったいなんや!さっさとCDださんかいアホンダラワレほんまワレワレワレどあほホンマアホンダラわれおまえアホンダラホンマ!
セリフ入り演歌調ロックというか、なんかヤバイぐらいはまる。リピートすると笑いが止まらん。面白すぎワレアホンダラホンマ。
座頭市目当てで買った『続・銀幕ロック』って極道映画主題歌集だったが、まさかこんな掘り出し物があるとは。若山先生最高です。他には、梶芽衣子の姐さんの歌や、石原裕次郎、菅原文太、小林旭、赤木圭一郎、千葉真一、宍戸錠、勝新太郎などなど、とんでもなく893なメンバーばかり。素晴らしいワレホンマ。
おまけに『仁義なき戦い』のテーマまで入ってるし。
布袋の作ったくっだらねえ『新・仁義なき戦い』のテーマ(キルビルでも使われたあれね)と比べると、もうヤバさが違う!アナーキー感バリバリワレアホンダラホンマ。極道なめとんかワレアホンダラホンマワレホンマワレワレワレワレワレワレワレアホンダラホンマ。ゆわしてまうぞワレアホンダラホンマワレワレ。
って感じ。みたいなね。
なんていうか、俳優が歌う歌ってのは、味があっていいやね。勝新太郎とか石原裕次郎とか下手なんだけど、上手い。存在感抜群。この人にしかこの歌は似合わない!ってくらいの力強さがある。こういう歌を聴いてると、やっぱり歌って心なのね、とか思ったりする。技術とか見た目の華やかさだけじゃなくて。心。粋だね。
若山先生は文句無しに上手い。芽衣子の姐さんは大好きなので文句は言わせねえぜアホンダラホンマアホンダラワレどあほホンマアホンダラワレワレワレ。
なんか『極道の妻たち』が見たくなってきた今日この頃。岩下志麻好きだし。高島礼子じゃダメ。前に一度岩下志麻の極妻みたけど、なんか面白かったし。やっぱ極道もの特有のセリフ回しが面白いからだろうか。
覚悟しいや!みたいな。世間一般の人は日常生活で絶対使わないでしょう、こういう言葉。なんかファンタジーものみたいな。893ファンタジー?極道バラエティーというか。こういうのにはまる気持ちがわかったような気がする。

Category: 音楽

tb 0 : cm 0   

乾坤(BlogPet) 

捕捉は乾坤がほしいな。
乾坤ってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

捕捉(BlogPet) 

捕捉はポップがほしいな。
ポップってどこにあるかな

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

気分は木曜洋画劇場!『LEFT4DEAD』 

やつらを治療するには弾丸しかない…一発ずつ正確に
ロード画面でこんな言葉が出る辺り、もう12チャン(テレ東)の木曜洋画劇場のノリ。今週は『サメ地獄』が放送されます。湖なのにサメ地獄!!

さて、このゲーム、X-BOX360の中でもかなりバカ要素が満載のゾンビ撃ちFPS。
映画の『DAWN OF THE DEAD』(リメイク版)にかなり似ている、というかあれをゲーム化したようなもの。
何しろゾンビが全力疾走。それも馬鹿馬鹿しいぐらい大量に押し寄せてくるわくるわ。いい加減にしろ!ってぐらいやってくる。はっきりいって邪魔。ホラーもの特有の恐怖感だの緊張感だのは一切なし。とにかく撃ちまくらなきゃ全然片付かない。

操作性はかなり良い。コントローラーの反応も快適。照準もかなりアバウトな判定なので、適当に撃っててもいつの間にかヘッドショットだったりする。洋ゲーで一番気になるのは操作性なので、それさえよければ少々のクソゲーがなんだ!って勢いでやり通せる。

ただ、バイオみたいなゲームを想像してはいけない。このゲームにストーリーは無い!!いや、ホントに。
アイテム集めも何も無し。先に進むための謎解きなんかも一切なし。とにかくひたすら撃ちまくる。これだけ。おいしい肉じゃがの作り方、しょうゆ1、みりん1、これだけ。パブァー。
仲間が三人いて、これがかなり助けてくれるので、難易度を低めにしてプレイすれば快適に進められるのも良い。FPS初心者でも安心。あと、弾薬の心配はいらない。拳銃は無限だし、乱戦がありそうなところには必ず弾薬があるし。しかも取り放題。その前に節約してたら死にます。欧米式大量消費モードで突っ込みましょう。

で、このゲームが本領発揮するのはオンラインのようである。まあ協力プレイとかおもしろいかもしれない。けど、オフラインでもそこそこ楽しい。ただ、エリアが4つで、それぞれにシーンが5つってのはちょいと物足りない。ステージセレクトも最初から出来るので、クリアしても何も達成感が無い!実績解除しても全て自己満足!!やり込み要素も無し!!
無い無い無い!!でもとまらなーい!!!だって銃の効果音がデカイから!これがかなり重要。やっぱショボいと興醒めだしね。
ゾンビも体吹っ飛ぶし、見た目にもおもしろい。

銃撃戦が死ぬほど好きじゃないと長く楽しめないと思う。オンラインだと別の楽しみがあるだろうけど。
まあバイオ5出るまでの繋ぎ程度じゃなかろうか。
この薄い内容で定価で買うにはちょっと高いかも。俺は買ったが。
あと、これだけはダメな要素なんだが、エリア内のものがほとんど破壊できない!だから、車撃って爆発させるとか、橋を落としてゾンビ一掃とかが出来ない。この点にはもっとこだわって欲しかった。武器の種類が少ないのも残念。ハンドガン、ショットガン、サブマシンガン、アサルトライフル、スナイパーライフル、パイプ爆弾、火炎ビン、これだけ。しかも持てるのはハンドガンと他一種類、それと火炎ビンかパイプ爆弾。少ねえ。

なんか愚痴ばっかだが、結構楽しめることは確か。

Category: 今ゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

ドラキュラ最強盤登場!『悪魔城ドラキュラジャッジメント』(BlogPet) 

カシマの「ドラキュラ最強盤登場!『悪魔城ドラキュラジャッジメント』」のまねしてかいてみるね

もしかするといったら、熱いギターソロが、今回アレンジ。
それもそのはず、始めから!そこに新たにふさわしい激熱ロックアレンジしている浅田氏の大充実の出来。

*このエントリは、ブログペットの「捕捉」が書きました。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0