12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

笹井隆司完全復活!『サガ3時空の覇者 Shadow or Light』 

DS音源だしなー、どうすっかなー、なんて思ってしばらく買わないで放置していたんだが、店頭でアルバムを見てアレンジバージョンが入っているのを知り、即購入。
あ、待てよ、イトケンが癒し系アレンジとかしてたらやだな、とか思っちゃった。だってイトケンってバトル曲のアレンジしてくれないんだもの。ピアノソロとかばっかだし。俺ら聴きてえのは熱いロックなんだよ!
そんなわけで聴くまで不安だらけだったが、早速アレンジバージョンを聴いて感涙!
なんと、植松伸夫作曲のあのメインテーマを、笹井隆司さんがウルトラ熱い爆裂ハードロックにアレンジしていた!!うおぉ!!
もうヘッドバンギングしまくり!やっぱ笹井さんは違う!!あまりに嬉し過ぎてこのアレンジバージョンばっかりしばらく聴きまくってた。そうそう、これだよこれ!俺がいつも期待してるのはこれなんだよ!変な癒しだの感動だのいらないから!ふざけんな!
轟音としかいいようのない熱いギター!高らかに鳴り響くシンセ!めちゃくちゃテンポよくノリにノレるドラム!うおぉ。何度聴いても素晴らしい。この曲で、FFのハードロックアレンジやってたTHE BLACK MAGESを完全に吹き飛ばした!
「いいか、ハードロックアレンジってのはな…こうやるんだよ!!」
そんな絶叫が聞こえてくるような、笹井さん渾身の最高に熱いアレンジに仕上がってくれちまいやがってるぜ!!ひやっほう!
今までの笹井アレンジの中でも、最高に劇的で熱いアレンジではなかろうか!かの名作『ブシドーブレード弐』サントラでの激熱アレンジに匹敵するぐらい、素晴らしい。

で、このアルバム。DS音源にしちゃあいやに迫力ある。ギターもしっかりとヘヴィに鳴ってるし、ドラムはバカスカ鳴ってるし、さすがは笹井隆司さんだ。全然ちゃちな音じゃない。元々のゲームボーイ版の曲を大事にしつつも、とんでもねえスピードでアレンジされた「神戦」などは、笹井隆司爆発!!もちろん「戦!」も爆発!

昔と変わらない、熱いロック魂は健在で、それどころかさらにキレてやがる!すっげえー!
こうなると、ぜひ笹井さんの完全新作が聴きたくなってくる。ゲームでもソロアルバムでも何でもいい。笹井隆司の新しい音楽が聴きたーい!笹井隆司アレンジアルバムとかでもいいな。笹井さんがサガシリーズのバトルアレンジやったらとんでもねえことになりそうだな。

カムバック笹井!マキシマムリスペクト笹井!
ファンはずっと待ってますよ!
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽(プログレ、フュージョン系)

tb 0 : cm 0   

期待以上の出来!『無限回廊 光と影の箱 a Soundtrack』 

いやあ、良い!
前作の音楽はかなり落ち着いた楽曲ばかりだったが、今回は明るく楽しく、テンポよく聴ける。前作は弦楽四重奏だったが、今回はそれに加えて作曲者の坂本英城本人によるピアノが入っており、跳ねるような軽快な楽曲になっている。やっぱ生はいいなあ。
ゲーム音楽史上最長の1曲75分07秒ではあるが、飽きずに最後まで楽しんで聴けた。
弦楽とかクラシックとか聞くと、どうも暗くて長くて退屈なイメージしか無いが、このサントラは全く違う。
聴いた感じ、朝の連続テレビ小説や新日曜美術館の曲みたいで、なんかNHKっぽいというか。とにかく、爽やかで透明感に溢れ、親しみやすいはっきりとしたメロディを持った音楽になっているのは確か。ゲーム音楽でこういう楽曲って、すげえ珍しい。ってか他に知らない。
オススメである。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

笹井隆司の熱き魂!『ファイナルファンタジーUSA ミスティッククエスト』 

SFC作品。サントラは1993年9月10日発売。
ゲームの方は知名度低いが、その音楽は激熱!後に笹井隆司が手掛けるSFC作品『ルドラの秘宝』にも通じる、ハードでプログレなロックサウンドが展開されている。
特筆すべきはサントラ収録のアレンジバージョン。生のギターサウンドがとにかく熱い!ドラムは打ち込みだが、生演奏の迫力に負けずにドッカンバッカン鳴っており、非常に工夫されていることがわかる。
「MYSTIC RE-QUEST ?」では、バトル楽曲を原曲以上のスピードでアレンジしており、4分をあっという間に駆け抜ける、渾身の作。もちろん笹井隆司によるアレンジ。だが、アレンジというよりは、これこそが原曲の完成形なのではないだろうか。SFCの制限から解き放たれたスピード感溢れるアレンジは、非常に爽快だ。
また、原曲も音質良く収録されていて、迫力のある仕上がりである。

作曲担当は、笹井隆司と川上康広。主に戦闘曲などのロック担当が笹井、町やフィールドなどの落ち着いた楽曲担当が川上。この二人は『ルドラの秘宝』でも組んでおり、作曲を笹井が、サウンドエンジニアで川上が参加している。

植松、伊藤、光田、浜渦、下村のスクウェア5大作曲家に隠れがちな笹井隆司だが、GB版サガ3から一貫して熱いプログレッシヴなロックを提供し、ファンの期待を決して裏切らない、ブレの無い硬派なサウンドはあらためて評価されるべきだろう。また、本人アレンジによる熱いプログレアレンジバージョンを収録してくれるというファンサービスを忘れないのも、笹井隆司だけなのだ。笹井隆司最高!粋だぜ!!ひゃっほう!!!
本物のプログレバンドをやっていた笹井隆司にしか出来ない、メロディだけに頼らずにリズムと派手な楽曲展開を重視した激しい楽曲の数々は、ゲーム音楽の中でも異端である。目まぐるしく変化する怒涛のサウンドに痺れたファンも多かろう。

植松、伊藤、光田、浜渦、下村とは一線を画す、笹井隆司独自の美学が光る傑作サウンドトラックである。

Category: ゲーム音楽(プログレ、フュージョン系)

tb 0 : cm 0   

サイレントヒルサントラボックス3月16日に発売決定! 

情報自体はだいぶ前から出てましたが、一応当ブログで告知。サイレントヒル大好き人間なんで。

もはや発売は絶望視されていた海外版サイレントヒル『HOMECOMING』と、賛否両論のPSP、PS2、Wii三機種で発売された『シャッタードメモリーズ』、そしてアーケード版サイレントヒル『THE ARCADE』が、このサントラボックスでついに発売!これはもう買うしかない!!
かの悪名高いドラキュラボックスとは違い、抜粋ではなくサントラをそのまま収録。ただ、サイレントヒル4のサントラ二枚目の怪談CDは収録されてませんね。まああくまでサントラのみということで。さらにDVDつきとのこと。新しい内容なんだろうとは思いますが、どうせなら以前発売された『ART OF SILENT HILL』も同梱してくれたらパーフェクトでしたが、まあいいでしょう。これでもうプレミア価格ともおさらばだぜ!サイレントヒル1は特にプレミアついてましたからねえ。2?3万くらい。

気になるサントラボックスの値段は約1万5千円。CD8枚+DVDでこの値段はお買い得。
デモ音源なども収録されているようですが、内容は不明。UFOエンディングが全部入っててくれたらいいんだけどなあ。
一般発売もされるので、自分はAmazonで買うかな。安いし。2000円くらい値引きされてます。コナミスタイルでも予約受付してますが、特典は無いので。

あとついでに。
ギタドラのベストサントラボックスが出ます。CD18枚組だそうです。これはコナミスタイル限定商品。気になる方はコナミスタイルにてチェックしてみては。自分は完全スルーします。サントラ全て持ってるし。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

グランツーリスモ5オリジナルサウンドトラック 

GTシリーズ毎回恒例の「MOON OVER THE CASTLE」アレンジですが、今回はいつに無く安藤まさひろ(現在は表記を“安藤正容”と改めている)のギターソロが熱い!熱い!めっちゃ熱い!若返ったように熱い!
GT2でのアレンジを基本にしたものと思われるが(冒頭とラストがピアノで終わる為)ギターの熱さが違う!そして坂東くんがまた、いい音でいいドラム叩くんだよなあ。しっかりとキメてくれちまいやがってる。粋だね。
アレンジは河野啓三。ややプログレ・フュージョンがかった、混沌とした中盤の展開はさすが。キーボードソロもバリバリやってるし。
ベースは須藤満。って、みんなT-SQUAREメンバーじゃん!でもアルバムジャケットやライナーにはT-SQUAREの表記は無し。まあ現T-SQUAREの伊東たけしが参加してないしね。それはまあともかく、シリーズ最高のロックサウンドに仕上がっていることは確か。
安藤さん!俺らはこういう熱いロックが聴きてえんだよぉ!T-SQUAREでポップインストゥルメンタルなんて言ってゆったりやってる場合じゃないっすよ、マジで。

で、まあその他の楽曲もジャズありテクノありボサノバありと、全体的にゆったりめだがいい音楽が並ぶ。はっきりいってハズレは…無い、かな。自分的に好きじゃないのが一つだけ。
あと矢吹卓が参加!矢吹さんの新曲が2曲入っているのでファンは要注意。ピアノメインの楽曲で、彼の独特のフレーズを楽しめますよ。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

懐ゲーカシマセレクション『イーハトーヴォ物語』 

HECTのSFC作品。RPGのようにキャラクターを操作し、宮沢賢治の世界を旅するアドベンチャーである。
しかし、このゲームには敵との戦闘は無い。謎解きらしい謎解きさえ無い。ストーリーにも分岐は無く、淡々と物語が進んで行く。いわゆる一本道のゲームである。だが、忘れられない一作である。

ふらりとあてもなく降りた駅から、物語は始まる。主人公は、不思議な街「イーハトーヴォ」をさまよう内に、宮沢賢治の手帳を集めることになる。
各章ごとにシナリオがわかれており、それらは宮沢賢治の作品を下敷きにした内容になっている。例えば「セロ弾きのゴーシュ」では、カッコウが喉を痛めてしまいゴーシュが練習出来なくなってしまう。主人公はそれを手助けするために、カッコウへ喉の薬を届けることになる。そして、ゴーシュは演奏会を無事に終えるのだが…といった風に、宮沢賢治の童話に主人公が何らかの形で関わっていくのである。そして、それらのストーリーは必ずしもハッピーエンドではないのだ。主人公にはどうしようもなく、悲しくやるせない結末を迎えることもある。そんな童話達が、深く心に残るのである。

そんな世界観を雰囲気たっぷりに演出しているのが、作曲家の多和田吏(たわだ・つかさ)による音楽である。
オープニングでは『春と修羅』を引用、提示し、画面が暗転したかと思うと、厳かで寒々しい楽曲「イーハトーヴォ賛歌」が響き渡る。宮沢賢治の言う「イーハトーヴォ」とは、岩手県をイメージしているそうだが、この楽曲もまた、東北の寒々しい風景を描写しているように感じる。のみならず、幻想的な理想郷であるイーハトーヴォに対する、ある種の畏敬の念さえ感じる。
ゲームを始めると、「旅の日記」の画面に移行する。いわゆるセーブデータ画面だが、ここでの楽曲がまた素晴らしい。日本の古い童謡「待ちぼうけ」を思わせるメロディに、思わず手を止めて聴き入ってしまう程だ。こうした古い童謡のメロディを巧みに引用したと思われる楽曲が、随所に現れる。
例えば「少年の日」では、冒頭に「小さい秋」の変形メロディを使用したものと思われる。これにより、もの悲しい物語をさらに強く印象づけているのである。しかし、もしかしたら偶然、メロディが似通ったのかもしれない。

サウンドトラック盤は現在でも復刻版が手に入る。多和田吏によるピアノ、シンセアレンジと、SFC音源(トラック分けがなされていない)を収録している。
非常に素晴らしい、心に迫る名盤である。

このゲームをきっかけに、宮沢賢治の童話に目を向けた方も、ひょっとしたらおられるかもしれない。その逆もあるだろう。
どちらにせよ、このゲームが優れた世界観を持っていることに間違いはないのだ。
宮沢賢治の独特の世界を、ゆっくり、しみじみと味わえる、心に残る名作である。

Category: ナツゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

当ブログ管理人イチオシのサントラ!『東京鬼祓師鴉之杜学園奇譚』(一部修正) 

アトラスのPSPソフトのオリジナルサントラ。作曲は土屋憲一&喜多條敦志。
和モノ+ポップ&ロックなサウンドで、非常に音もしっかりしている。
このような和モノポップと言えば思い出されるのがナムコのAC作品『妖怪道中記』、コナミのFC作品『火の鳥我王の冒険』、ナツメのSFC作品『奇々怪界謎の黒マント』と『奇々怪界月夜草子』などであるが、それら作品に通じるような、明るく親しみやすく、際立つメロディの展開する和風ポップの数々は非常に秀逸で、どこか懐かしささえ感じる。
また「祭囃子・解明ノ場ノ調」では熱い和モノロックが展開。ギターとストリングスをバックに笛のメロディがのり、それを受けて琴のメロディが展開していく。ベースとドラムの音も低音が十分に効いており、まるでSNKの新世界楽曲雑技団による『サムライスピリッツ』シリーズのような、熱く激しくも切ないメロディを持った、素晴らしい和モノロックに仕上がっている。この「祭囃子」シリーズはどれも素晴らしいが、中でも「祭囃子・奇跡ノ成就ノ調」は、アトラスの『真・女神転生デビルサマナー葛葉ライドウ』シリーズの戦闘曲を和風にしたような、ギターの熱いメロディが素晴らしい楽曲。ライドウ好きにもオススメだ。
「鶯梭の庭に踵も踊る」では、前述の『奇々怪界』シリーズのような、明るく可愛らしいポップな楽曲を披露。何といっても笛の音によるメロディが素晴らしい。美しいバックのピアノとアコースティックギター、きらびやかな琴の使い方も効果的だ。また、楽曲を力強く牽引するベースラインとドラムは、コナミのSFC作品『がんばれゴエモン雪姫救出絵巻』を想起させる。実に素晴らしい楽曲である。
武藤いちるによる歌モノ『キリフダ』は、近年のペルソナ3以降シリーズに通じるようなダンスノリのリズムに、笛や琴がそこかしこに顔を出し、どこか切ないメロディが展開する熱い楽曲。武藤いちるのボーカルはやや幼い印象で高音であり、歌い方もなんだかアイドル楽曲のように聞こえる。この声が好きかどうかでこの歌の評価は変わってくるだろう。曲自体は申し分無い出来映えだ。この「キリフダ」の激熱ロックインストアレンジが「祭囃子・万象ノ真理ノ調」。サントラ随一の熱く激しく切ない楽曲で、ピアノのメロディが印象的だ。ペルソナ3の人気バトル曲「全ての人の魂の戦い」に匹敵する程の、熱く劇的なロックサウンドに仕上がっている。ボーカル曲との違いを聞き比べるのも面白い。
もう一つの歌モノ『誘いの訴』は、この武藤いちるの高音が素晴らしい効果を発揮している。語りかけるように優しく、素朴に歌うこの歌には、新居昭乃の作品群を思い浮かべる。和風のメロディをはっきりと打ち出しているこの美しいバラード曲は『東京鬼祓師』のサウンドを一点に収束させた代表的楽曲であろう。

アルバム二枚組だが、飽きることなく全曲十分に楽しめた。例えゲーム未プレイでゲームへの思い入れが無くとも、優れた音楽として非常に魅力的な作品である。

お正月を迎えたこの季節にぴったりなこのサウンドを、是非ともオススメしたい。

?今回紹介した和モノ作品?
・妖怪道中記(AC。サントラあり。『ナムコゲームミュージック』に収録)
テクニクビートでのポップアレンジがオススメ。

・奇々怪界謎の黒マント(SFC。サントラ未発売。ただしサウンドテストモードあり)
あまりに素晴らしすぎる、和風ポップの金字塔。サントラが無いというのは信じられない。

・奇々怪界月夜草子(SFC。サントラ未発売。ただしサウンドテストモードあり)
小夜ちゃん最高。

・がんばれゴエモン雪姫救出絵巻(SFC。サントラあり。ただし超希少盤。プレミアもの)
お祭りポップ&浪花節!永遠の名作。

・火の鳥我王の冒険(FC。サントラ未発売。ただし、FC版の楽曲をMSXの音源で再現した楽曲が『コナミックゲームフリークス』に収録されている。意味不明仕様也)
これも永遠の名作。しかしなんでMSX音源でアレンジしたんだか、よくわからん。

・サムライスピリッツシリーズ(主にAC。サントラ、アレンジサントラが各作品にあり)
アレンジ曲の熱さは筆舌に尽くしがたい。とくにガルフォードの楽曲アレンジはどれも和風ハードロック!

?その他和モノ作品?
・義経英雄伝(PS2。サントラあり)
静謐な純和風。

・天誅千乱(XBOX360。サントラあり)
静謐な純和風。

・大神(PS2。サントラあり)
和風癒し系。戦闘曲の和太鼓乱れ打ちが熱い。

・大神ピアノアレンジ
和風ピアノソロ。意外に劇的。

・侍(PS2。サントラあり)
静謐&劇的な和風サウンド。ピアノソロが光る。

・東京ダンジョン(PS。サントラあり)
妙な和楽器+ダンス。妙な魅力がある。収録されているボーカル曲が下手すぎな上に聞いてると恥ずかしい曲調と歌詞なのだが、なんだか魅力的。

・イーハトーヴォ物語(SFC。サントラ復刻盤あり)
日本の古い童謡の世界。もの悲しくも美しい、傑作中の傑作。はっきりいって聞いてると泣く。

・ファーストサムライ(SFC。サントラはあるわけ無し)
理解不能。デコトラ演歌+ロックな楽曲で気持ち悪さは天下一品。興味本位で聞くと後悔するか、逆にハマる。筆者は後者。
意味不明な城みちる歌唱によるシングルCD「ファーストサムライ」が当時発売されたらしい。ちなみにAmazonで中古で10万円する。

・奇々怪界(AC。『タイトーゲームミュージック』に収録)
小倉久佳による和風ポップの世界。やっぱりメロディが面白い。

・影の伝説(AC。『タイトーゲームミュージック』に収録)
疾走する和風ポップ。小倉久佳なだけに、やはり独特のメロディが面白い。

・未来忍者(AC。サントラあり)
中潟憲雄による和風プログレの世界。

・源平討魔伝(AC。『ナムコゲームミュージック』に収録)
中潟憲雄渾身の傑作。何度も言うが、増渕裕二による『太鼓の達人』での和風プログレアレンジはナムコ史上最高の出来映え。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0