09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

世界のプログレから 

世界のプログレから。
今日はスペインの暴れ牛「ASFALTO」をご紹介します。

アルバムタイトルは「AL OTRO LADO」。
で、まあなんちゅうか、オルガンとギターの熱いテクニカルなジャズロック。といってもそう複雑な展開ではなく、普通の70年代ロックな雰囲気で非常に聴きやすい。ただ、ボーカルがジプシーキングスを下手にしてメロディおかまいなしに勝手気ままに歌わせたような雰囲気。この投げやりな歌い方が面白いんだが、これがダメだと無理でしょう。スペイン語版ドラゴンボールもそうだったけど、スペインって歌う時はメロディおかまいなしなんですかね。そういう風に聞こえてしまう。
楽曲的には全然スパニッシュな感じはないです。一曲4分とか5分くらいだし。アルバム最後の方の「NADIE HA GRITADO」なんて日本のロック、フォークソングみたいで結構日本人好みの哀愁あって沢田研二とかゴダイゴみたいな感じ。素朴なシンセソロがなかなかいいですな。
アルバム最後は10分の大作で締めくくってます。これがなかなか聞かせてくれます。前半バーッと疾走して中盤はピアノで穏やかに、後半はファンクな雰囲気。最後にもう一回バーッと突っ走って終わります。あんまり余韻とか無いでドジャーンって感じで。
全体的に堅苦しくなく、緊張感もあまりないので適当に聞いてもバチは当たらないでしょう。
まあ血眼になって探し回って聴くほどの名盤でもないので、どこかで見かけたら買ってみては。
スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

ジャパンプログレ20タイトル、紙ジャケリマスターで発売中 

NEXUSレーベル、CRIMEレーベルから発売された日本プログレの名盤が20タイトル発売中!
中でも俺が真っ先に買ったのはマライアの『アウシュビッツドリーム』。今回初CD化で、ようやく聴ける。
マライアと言ったら誰もがマライア・キャリーを思い浮かべるが、プログレ野郎の俺にはもちろんそんなヤツに用はない。
マライア!それは日本の誇る赫奕たる異端!メンバーは笹路正徳、清水靖晃、土方隆行、渡辺モリオ、村川ジミー聡+山木秀夫というとてつもないハイテク集団によるプロジェクト。
メンバーはマライア・プロジェクトとして活動し、例えば渡辺香津美の『頭狂奸児唐眼』(TALK YOU ALL TIGHT)を全面的にバックアップしていたり、アニメ『鉄人28号』のサントラを手掛けたり(太陽の使者ね)、村田有美のアルバムを全面サポートしたりと様々な活動をしていた。そのマライア・プロジェクトの活動の一環として、バンド名義で発表したアルバムが、この『アウシュビッツドリーム』である。
なんちゅうか、シンフォプログレ?な感じ?…とも言えないし、何と言っていいのかわからんが、とにかくすげえ。なんかヒトラーの演説が入ってるし。
一応中に入ってたライナー見るとプログレハードポップサウンドとか書いてある。なんじゃそりゃ。
マライアのアルバムはそのどれもが似ていなくて、しかもどれもが強烈にクセのある音楽なんで、単なるどっかで聞いたようなプログレを持ち込んだような単純な楽曲を期待すると完全に叩き潰される。聞きようによってはプログレなのかハードロックなのかフュージョンなのかどっち付かずで中途半端なイメージを持たれかねない、非常に危険な音楽かもしれない。
しかし、そのサウンドは紛れもなく真の意味でプログレッシブであり、今だに新鮮さは失われていない。
さらにアルバム『YENトリックス』も紙ジャケリマスターされたので、合わせて買った。こちらは「太陽の使者鉄人28号」系のハードロックな楽曲が冒頭にあるが、それ以外は割とフュージョン、AOR系。こちらも俺には好盤だが、はてさて。

今回紙ジャケリマスターされたのは、ケンソー、ミスターシリウス、美狂乱、ノヴェラ、ヴィエナ、ジェラルド、アインソフ、ブラックペイジ、スターレス、平山照継、テルズ・シンフォニア。それぞれ全作品を紙ジャケリマスターして欲しいものだ。
このラインナップでマライアがめっちゃ浮いてるような気もするが。何はともあれマライア紙ジャケリマスター再発&初CD化おめでとう!!マライアは多分、これを逃したらこの先何十年も再発しないと思うので、興味ある人はこの機会に是非。どっかで聞いたようなプログレに飽き飽きした人、妙な魅力がある音楽が聴きたい人に特にオススメ…しません(笑)。

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

Sheet Music 

海外のサイトを探すと、ゲーム音楽の楽譜があるわあるわ、まあまあまあ。FFなんて全曲あるんじゃないかね、これ。
MIDIデータも数限りなくあるわあるわ。
そんな中でもVGMusicというサイトがものすごいことになってる。ここにはありとあらゆるゲーム機種のMIDIデータが集まっていて、ゲーム音楽生演奏したい!という人にはかなり使えるサイトじゃないかな、これ。MIDIデータは音楽系のソフトで読み込めば楽譜出るんで。ちなみに俺はシンガーソングライター(SSW)を使っているが、正常に読み込めないことがよくあり、非常に困る。

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

あなたのプログレ野郎度チェック表 

以下の項目に3つ以上当てはまる人は、立派なプログレ野郎です。

・ケンタッキーフライドチキン(KFC)の看板を見る度に「FがなければKC(キングクリムゾン)なのに!」と思う

・講談社コミックスのKCを見る度に「キングクリムゾン(笑)」とクスクス笑ってしまう

・ELTをCDショップなどで見かけるとEL&Pを思い出してしまう

・ELTのFRAGILEをCDショップなどで見かけるとYESを思い出してしまう

・サザンオールスターズの「夢に消えたジュリア」に憤慨したことがある

・EL&Pなのにパウエルかよ!と思ったことがある

・ジョジョの奇妙な冒険第一部で「タルカスだー!」のセリフで笑ってしまう

・ジョジョの奇妙な冒険でプログレ関連の名前がついているキャラクターやスタンドを見ると反応してしまう

・「NEON GENESIS EVANGELION」の「GENESIS」という部分に反応してしまう

・チャーのバンド「PINK CLOUD」をプログレだと勘違いしたことがある

・牛を見ると反射的に「原子心母」が脳内再生されてしまう

・ややこしいバンド名が好きだ

・変拍子じゃないとノレなくなってしまった

・奇数拍子が大好きだ

・ずーっと4拍子が続くなんて嫌だ

・宅配便を使う時に「FRAGILE」のシールをベタ貼りにしたことがある

・神話の世界に目覚めてしまった

・クラシック音楽を聴いていて「いつになったらシンセ入ってくるんだろう?」とあらぬ期待をしてしまう

・パフュームの「ポリリズム」は生意気だと思う

・プログレ好きなんだよねー、と言ってドリームシアターのアルバムを差し出してくる人とは一生わかりあえないと思う

・アラン・ホールズワースの取り扱いにちょっと困ったことがある

・日本のメジャーアーティストよりも、聞いたことのないような国のよくわからないバンドの曲の方が興味がある

・ベルギーは混沌に満ちた国だと思う

・民族音楽を聴いて感動したことがある

・ANNETTE PEACOCKに惚れたことがある、または今でも惚れている

・絵画なら単なる風景画よりも抽象画や宗教画、シュルレアリスム絵画の方が好みだ

・P.F.M.の正式名称が言える

・VDGGが何の略かわかる

・Holger Czukayが読める

・キーボードは並べるより積んだ方がよい

・一般的なアーティストの機材を見て物足りなく感じたことがある

・植村花菜の「トイレの神様」が実は9分以上ある歌だったと知っても別に驚きもしなかった

・「レコードA面全部で1曲だから!」と得意気に言ったことがある

・今だに70年代から抜け出せない

・街中を歩いていて「どっかからプログレかかんねえかな」とあらぬ期待をしてしまうことがある

・「YES?もちろん知ってるよ!ロンリーハートでしょ?」と言う人に出会って落胆したことがある

・BLSはベーコンレタスサンドではなくボジオ、レヴィン、スティーヴンスだ

・トレヴァーラビンとトニーレヴィンをよく見間違える

・AV機器の「プログレッシブ出力」に何故かワクワクしてしまう

・我孫子武丸の著書「ディプロトドンティアマクロプス」を見かけて「どこのプログレバンドからとったのかな」と探したことがある

・リターントゥフォーエヴァー来日ライブにはジャン・リュック・ポンティ目当てで行った

・周囲にプログレ好きがいなくて孤立している

・NHK-FM「今日は1日プログレ三昧」を聴くためだけに仕事を休んだ、または予定をキャンセルした

・清水歯科に行って治療してもらったことがある

・傘屋みや竹で傘を買ったことがある

・こいつプログレ聴いてそうだな、と思って声をかけたら本当にプログレ好きなやつだった、ということがあった

・突然「きみ、プログレ好きだよね?」と声をかけられたことがある

・「不思議の国のアニー」というタイトルはちょっとどうかなと思う

・普段アニメは見ないが『幻魔大戦』だけは持っている

・テレビゲームには詳しくないが『ヴァッケンローダー』だけは知っている

・平沢進が好きだ

・「プログレッシブ・ロック」に「ハード」「メタル」「フュージョン」等、余計な名前をつけないで欲しいと思ったことがある

・イギリスに旅行する際には、必ずカンタベリーを訪れるようにしている

・意味もなくニュージーランドのカンタベリー地方に行ったことがある

・マグマ大使をフランス出身だと勘違いしたことがある

・「ゴブリン」と言ったら高中正義ではなくイタリアのバンドを思い浮かべる方だ

・ボストンのアルバムを勧められて、相手がプログレ野郎なのかどうか判断に迷ったことがある

・「メロトロンってどういう楽器なの?」とたずねられて説明に苦しんだことがある

・この楽曲がプログレなのかどうかで議論になり、掴み合いの喧嘩になったことがある

・ゲーム音楽が好きな友人にプログレのアルバムをすすめたら、無反応で返されたことがある

・J-POPが好きな友人にプログレのアルバムをすすめたら以下略

・車の中でプログレを流したら「で、いつ歌が入ってくるの?」と言われたことがある、またはさらに「この曲は歌入ってこねえよ」と思ったことがある、またはさらに「わけわかんないから止めて」と言われたことがある

・GLAYと聞くと楽曲よりもプロデューサーの佐久間正英を真っ先に思い出してしまう

・プログレッシブロックがもう一度流行って欲しいと思う反面、流行らないで欲しいと思う複雑な気分になったことがある


以上、また何か思いついたら追記します。

Category: プログレ野郎度チェック表

tb 0 : cm 0   

プログレ三昧再び!放送開始!(午後5時くらいまでリアルタイム更新) 

原子心母だーー!!

ということで、わがブログ初の試みとして、プログレ三昧放送してる間はリアルタイムで更新していきます!
で、開幕は原子心母ですか!いやあなんと絶妙なタイミング!先日リマスター盤買ったばっかりだ!
今まさに、我が家のラジオから原子心母が流れております!
原題「ATOM HEART MOTHER」、訳して原子心母。まんまです(笑)
この曲は6部構成になっており、
a)父の叫び
b)ミルクたっぷりの乳房
c)マザー・フォア
d)むかつくばかりのこやし
e)喉に気をつけて
f)再現
という風に進行していきます。デイヴ・ギルモアのギターが泣いてるぜ!
印象的な牛のジャケットに度胆を抜かれ、その内容にさらにぶっ飛んだ人は数知れず。遅ればせながら私もその一人です。1970年10月に発売されました。

さあお次は!うおお!聖地エルサレムだー!
偉大なるEL&P(エマーソン、レイク&パーマー)の原題「BRAIN SALAD SURGERY」訳して恐怖の頭脳改革。その第一曲がJERUSALEM、聖地エルサレムであります。18世紀イギリスの画家・詩人・幻視者であるウィリアム・ブレイクの詩集『ジェルサレム(エルサレム)』をベースに作られた作品だそうで、EL&Pのオリジナル楽曲ではなくアレンジ楽曲ということになります。
H.R.ギーガー(映画エイリアンで知られる)デザインのアルバムジャケットの凝った作りも楽しい、素晴らしきアルバムです。

さてここで岩本さんのプログレ教養講座。ふーん。

で、ここまででもう1時間ですか!早いなあ。あと何曲かけられるんだろう。

と、うおおっと!ここでジョン・ウェットンからのメッセージ!キョウハーイチニチープログレーザンマイと片言の日本語で(笑)いいやつだなあジョン・ウェットン。

お次はエイジアのデイライト。あ、これは俺持ってないや。
むう……良いじゃないか!これは早速買わなければ!
ちょっと昼飯食うのにしばし中断。この間流れた曲はあとで追加しとこう。

で、今はルネッサンス!おおー、去年はドリーマー号の出航でしたね。今年もおなじくアルバム『四季』から「北の輝き」。みんなこのアルバム好きなんだなあ。

ここで、メジャーアーティスト小林明子からのメッセージ。あらこの人もプログレ野郎、しかもイエス好きで、イギリス在住!なんだこの人(笑)アイドルがスティーヴ・ハウってあんた、小林明子がこんなに超プログレ野郎だったとは…。隠れプログレ野郎は意外なところにいますね。

ここからはプログレ諸国漫遊。世界各国のプログレを紹介。
インドネシアのディスカス?全く知らなかったけど、なんじゃこれは!?(笑)俺も最近は色んな国に手を出してるが、やっぱりまだまだこんなに面白いバンドがいるんですねえ。アバンギャルド系でまあまあまあやりたい放題なこと!こいつは買うしかないな。日本盤出てるみたいだけど、廃盤かな…。

さてお次は出ましたソフトマシーン!てかカール・ジェンキンスはオナラですか(笑)アルバム『6』から。自分はアラン・ホールズワースの大ファンなのでアルバム『BUNDLES』がめちゃくちゃ好きなんですが、ソフトマシーンファンにはダメなのかなあ。うーん。

ここでカンサスからメッセージ。そしてアルバム「暗黒への栄光』から「逆説の真理 パラドックス」。アメリカプログレはどうでもいいや。なーんかイヤなんだよなあ、声が。どうも好きになれん。ノリが能天気というか。英国プログレのような気品が無いというか。この曲も知りませんでしたが、まあいいや。買う予定は無いです。

おお!俺も五郎さんと同じ意見ですよ。

森田さんはフォーカスですか!楽曲は「シルビア」。おお!俺もこれはめっちゃ好きです!ヤン・アッカーマンはやっぱいいギター弾くよなあ…。
てか森田さんて日曜美術館で千住明と司会してる方だったんですね。毎週日曜美術館見てるのに、きのう見てて「あっ!明日プログレ三昧に出る人、この人じゃん!」て。公式サイト見たとき全然気がつかなかった…。

早くも3時間経過。宮武さーん、早く来てくれえ!

そして、ついに!宮武さん登場だーー!お帰りなさい宮武さん!
面白い人だなあ、宮武さん。ミスターシリウスライブ盤のMCと変わらず面白い。そしてケンソー清水先生からミスターシリウスにリクエスト。
ミスターシリウスからはアルバム『BARREN DREAM』「Step Into Easter」!
ケンソーからはアルバム『夢の丘』から「月の位相-Ⅰ Les phases de la lune」!
まさか、この偉大なる2バンドの楽曲が続けて、ラジオから流れる日がくるなんて……!感動です。言葉もありません。
去年はミスターシリウスは「Super Joker」でしたね。ケンソーは去年は「精武門」だったので今回ようやく清水先生作曲の楽曲が流れます。しかも名盤『夢の丘』。ああもう、涙なくして聴けません。12月のライブが待ち遠しい!!

で、ここからはプログレ裁判。いきなり夜桜お七かよ!プログレ…。確かにイントロはそれっぽいが…。プログレじゃねえよな。なにしろ前衛的じゃねえし。
さ、次は…。はなまる幼稚園?着ぐるみ惑星だあ?んだこりゃ。ざけんな。数あるプログレッシブロックの要素を取り入れただけであって真の意味でプログレではない!!却下。ってか楽曲的にいけすかない(笑)聴き入るような要素ねえしな。
気を取り直して次は…。
ポリリズムかよ。パフューム。なめんなよ。却下。宮武さんの意見に賛成!聴きながら作業出来るような楽曲はプログレではないという意見、素晴らしいです。
さ、次。
コクウ?知らないけど、邦楽器でタルカスですか!?すげえことやってるなあー。これは完全にプログレでしょう。面白いなあ。購入確定。
で、次はノビヨかよ!(笑)しかもビッグブリッジ(笑)あの人プログレ野郎だからなあー。しかし、宮武さん、隠れプログレキリシタンって(笑)面白すぎます(笑)そういった人に笹井隆司さんがいることも忘れずに!

さあこのコーナーはおしまい。いやあ面白いね、このコーナー。個人的にもやりたいほど。来年もやりましょうよ。

さて、次はマンダラバンド!あ、これ聴いたことないから楽しみですね。
え?20分?マンダラ組曲ですか、ほおう。
不安な曲調から一転して爽快なギター!疾走するリズム!ん?ちょっとミスターシリウスっぽいギターですね。ブルース入ってない感じですね。
おお…素晴らしい。良いじゃないか!素晴らしいじゃないか!購入確定だ。これだからプログレはやめられない…。
うーん、まさに聴き入ってしまう楽曲とはこのこと!すっげえーです。完全に購入確定です。

そしてなんとなんとP.F.M.からメッセージ!!ふおお。バックにはLa Luna Nouva(新月)が流れているぜ!俺は敢えてオリジナルイタリアンバージョンで表記してます。Four holes in the groundってタイトルよりこっちの方が好きなんで。
森田さーん、P.M.F.じゃないよー(笑)正式名称もややこしいけどね(笑)

で、P.F.M.からはRiver of Lifeのライブバージョン。そういえばP.F.M.も最近リマスターされていくつか再発されたから、この機会に買おう。
次はアトールか。一枚しか持ってないなあ。サードアルバムの『TERTIO』しか持ってない。
アルバム『夢魔』か。おおー素晴らしい。これも購入確定。

次はロバートワイアットにナショナルヘルス!カンタベリー来ましたね。
ロバートワイアットはアルバム『ロックボトム』から「シーソング」。これは知りませんでしたが、うーんまあまあかな。

ナショナルヘルスはもちろん1stアルバム『ナショナルヘルス』から「Tenemos Roads」! もちろん持ってます。この雰囲気…たまらん。俺がデイヴ・スチュワートを知ったのはブラッフォードのアルバム。アラン・ホールズワース参加アルバムでした。アラン・ホールズワース参加作品を追っかけていって知ったんですね。


あーあ、そろそろ行かなければ。非常に残念ですが、ここで私は更新を中断しなければなりません。
まあ録音して聞いてからまた追記しておきます。

では。

プログレッシブロックよ、いつの時代でも永遠にプログレッシブなロックであらんことを。
以上、カシマがお伝えしました。

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

いよいよ明後日10月10日は「今日は一日プログレ三昧再び」! 

今年もやってくれます!NHK-FMにて正午より、怒涛のプログレ三昧!
今回はNHK-FM大阪より発信ということで、ゲストはなんとミスターシリウス宮武和広さん!そしてスペシャル生演奏ライブには、現在は京都在住のデイヴ・シンクレア!うおお。盛り上がってまいりました!

リクエストもガンガン募集中とのことなので、プログレ野郎はリクエストしまくりましょう!
俺はやはり、アラン・ホールズワース在籍時のU.K.かケンソーの「空に光る」か。うーん、でもせっかく宮武さんが来るならアイオナをリクエストしとけばオンエアされる可能性は高いな。もちろんミスターシリウスの楽曲も聴きたい。
去年X-LEGGED SALLYオンエアしたからアヴァンギャルド系も有りということでFARMERS MARKETもリクエストしたいなあ。そういえば四人囃子の一触即発やってないぞ…難波弘之さんの楽曲も全然やってなかったな…真・幻魔大戦聴きたいし…そういやあ幻魔大戦はアニメサントラだがいいのかな…ええいめんどくせえ!全部リクエストしちまえ!

と、まあリクエストしたい曲は山ほどあるが、何といっても自分の知らないプログレがかかるのが一番期待していること。知ってる楽曲、しかもプログレがラジオから流れるというのも格別の嬉しさがあるが、自分の知らない楽曲を知るいい機会でもあるので、そちらの方が非常に楽しみ。
ルネッサンス、アレアを知ったのもこの番組のおかげだったし。

10月10日は聞き逃せねえぜ!!

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

ピンクフロイド紙ジャケ最新デジタルリマスター盤、一挙14枚リリース!発売中!14枚BOX SETも有り 

いつものように地元ディスクユニオンにプログレ探索のためにふらりと立ち寄ったところ、店内では「CYMBALINE」が流れ、ピンクフロイド紙ジャケ盤がずらーっと並んでいた。
ピンクフロイドはあまり好きじゃないんだけど、つい買ってしまった。『原子心母』を。
実は原子心母をちゃんと聴くのは初めて。以前レンタルしたが、まだプログレ理解度が足らず、ろくに聴かずに返却してしまったのだ。もう10年以上前だ。まだGENESISもP.F.Mもケンソーも知らなかった頃だ。

今なら、原子心母の良さがわかる。一聴してわかった。あの頃の俺じゃ、到底楽しめなかったな、と。

今一度、ピンクフロイドの名盤に耳を傾け、10月10日のラジオ「今日は一日プログレ三昧」に向けて盛り上げていこうじゃないか!!
プログレ最高!

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0