06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ゲーム音楽メタルアレンジアルバムが、なんとアバロンレーベルから発売!その名も『TV GAME METAL』 

ついにアバロンレーベルからこういうアルバムが出てしまいました!
海外でゲームやアニメをメタルアレンジしている本格派メタルアレンジバンド「POWERGLOVE」の日本デビューアルバムがこの『TV GAME METAL』です。
ゲーム音楽を知らずとも、メロスピ、プログレメタル系が好きなら結構楽しめると思います。
このアルバムは彼らの過去作から日本人にも馴染み深い楽曲を選曲した日本独自の企画盤だそうで、なるほど収録曲はどれもゲーム音楽好きならまず間違いなく知っている曲ばかり。
FF4のバトル曲を中心としたメドレーアレンジに始まり、FF6の人気バトル楽曲「DECISIVE BATTLE」、ロックマンXの「STORM EAGLEED STAGE」(あんまり馴染み深くないかも)、FF7からは「FIGHT ON!」と「BIRTH OF GOD」、元々がメタルなギルティギアXから「HOLY ORDERS(BE JUST OR BE DEAD)」、ドラキュラからは名曲「BEGINNING」と「BLOODY TEARS」の2曲を混合して1曲に仕上げたアレンジ、そして最後にはもはやメタルアレンジでは定番の楽曲であるロックマン2の「DR.WILY STAGE 1」と、なんとも定番揃いの楽曲ばかり。
こういう内容ですから意外性は全く無いのですが、数多く存在するゲーム音楽メタルアレンジモノの中でもこの「POWERGLOVE」は技巧が最も安定しており、また音の仕上げ方もまさに直球メタルで、一般メタラーにも十分通用する出来となっています。

さて、気になるアレンジ具合ですが、まあメタルだよなあ、懐かしいなあ、って感じでした。メタル以外の何物でもないです。自分自身、メタルにハマっていた時期があり、ジューダスプリースト、モーターヘッド、ハロウィン、ソナタアークティカ、アークエネミー、スキッドロウ、アンセムなんかを好んで聞いていて、そういやその当時そんなの聞いてたよな~なんて思いながら聞きました。メタルなんて久しぶりだなあ。それも超直球のメタル!クラシカルな早弾き、ツーバス、忙しない曲展開、あっさりした曲の収束のさせ方など、どこを切ってもメタル、メタル、メタル。もう鋼鉄成分しかないです。
元々メタルが大好きで、ゲーム音楽もまあ結構好き、という人ならまず間違いなく楽しめるアルバム。しかし逆はどうだろうか、と。
聞く側がゲーム音楽とメタル、どちらに比重を置くかで評価が変わってくる気がします。
ちなみに基本はインストメタルです。さらに、ゲームにはあまり関係ない、海外アニメのシンプソンズと海外版ポケモン主題歌が入ってます。ボーカルはなんとソナタアークティカのトニーカッコ。懐かしいなあ。
どうせならゲーム版のシンプソンズとポケモンをメタルアレンジしてくれてたら良かったんですけどね。

私的な感想を述べるなら、どれもクラシカルフレーズで早弾きでツーバスでひたすら疾走しまくってるのはいいんですが、メロディがちょっと引っ掛かりました。原曲そのままのフレーズもありますが、ちょちょっとオリジナルなメロディを付け足してしまっているんですね。これがものすごい違和感を感じました。スピードで押し切ってますが、この俺様はごまかされねえ。この付け足された変なメロディがまさにメタルで、ゲーム音楽を深く理解していないんじゃないか、と思ってしまいます。
ひと昔前のゲーム音楽というものは「削ぎ落とし」の美学であり、そのメロディには何一つ無駄なものがありません。だからそこに新たにメロディを付け足すというのはよっぽどの上手いアレンジャーでなければ違和感を感じる出来になってしまいます。
例えば本家本元のTHE BLACK MAGESで、福井健一郎氏がアレンジした傑作アレンジ「KURAYAMINOKUMO」において、序盤はオリジナルに忠実に演奏していきながら、中盤に差し掛かったところでオリジナルにはないメロディと展開があり、これがものの見事にハマっており、この楽曲の新たな魅力を引き出すことに成功しています。これはやはり達人でなければ出来ないアレンジで、こういうアレンジの上手さがまだ「POWERGLOVE」には備わっていないかな、と感じました。押しと引きの加減というか。このままの直球メタルな方向性でずっと突き進むならそれもいいですが、私はちょっと飽きてしまうかなあ、といった感じです。

しかしこういうアルバムがアバロンレーベルから出たということは実に意義深い。つまりそれだけ需要があるということの現れだと思うので、メタルバンドの皆様にはどんどんゲームメタルアレンジをやっていってもらいたいなあ、と思います。
そしてゆくゆくは御大柴田直人氏に復活してもらいたいものです。柴田直人プロジェクト復活してくれえ。
スポンサーサイト

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

撃ちっぱなし爆発しっぱなし!!『BODYCOUNT』(海外版XBOX360ソフト) 

PS2で名作と呼ばれたFPS『BLACK』の後継作。製作者が同じらしい。

まず、断っておきたいのは、この『BODYCOUNT』は『HALO』『CALL OF DUTY』『MEDAL OF HONOR』等の名作の誉れ高いFPSシリーズ群とは全く異なる方向性で仕上げられた作品であるということだ。上記作品群のようなFPSを期待すると、海外で散見されるような数多くの酷評に賛同することになるだろう。
では『BODYCOUNT』とはいかなるFPSなのか。現在に至まで日の当たらない場所にさらされ続けている本作品に少しでも光を与えるべく、本ブログにてその魅力を書き記しておこうと思う。

『BODYCOUNT』…「死者数」を意味する。このタイトル通り、本ゲームには死者数カウンターが存在する。この人数と敵の倒し方(爆風に巻き込む、ヘッドショット)によってスコアやランクに影響が現れる。
つまり1対1の状況ならヘッドショットを、1対多数なら爆発による殲滅を積極的に狙っていけばスコアが上昇していくシステムとなっている。
もちろん、地道にヘッドショットばかりを狙うのも、爆破可能オブジェクトだけを狙うのも自由だ。
しかし、そんなシステムを頭から全て葬り去り、所構わず銃を乱射し、地雷を撒き散らし、ドラム缶を爆破させまくり、手榴弾をばらまいて画面中を爆発の嵐にし、爆破音と発砲音の瀑布に自らをたたき落とすのが本作品の最も楽しい遊び方であろう。何しろ爆破物がとにかく多いのである。


基本操作

標準的なFPSに準拠しており、FPS経験者であればすぐに『BODYCOUNT』の世界に浸れることだろう。また、PS2『BLACK』経験者であれば操作方法がほぼ同じなので馴染みやすい。
主な操作方法は以下のようなものである。

攻撃系統
RT…射撃
RB…手榴弾
LB…地雷設置
B…ナイフ格闘(連打可能)

移動系統
Lスティック…移動
Rスティック…視界移動
Lスティック押し込み…走る
A…ジャンプ

攻撃アシスト系統
X…マガジン交換
Y…武器切り替え(二種類のみ)
LT…ズーム(ただしズームしながらの移動は出来ない)
特殊技能(ステージクリアにより順次追加)…敵を倒し、水色のアイテムを回収することでゲージが溜まり、それを消費することで特殊技能を使用することが出来る。航空機による爆撃以外はゲージがフルでなくとも使用出来る。
十字キー↑…アドレナリン投与。押した瞬間から移動速度、耐久力が上がる。
十字キー→…マガジン交換無しでゲージの続く限り射撃が可能になる。
十字キー↓…航空機によるファイヤーサポート。自分のいる前方のエリアを絨毯爆撃し、敵を殲滅してくれる。当然だが屋内でのミッションでは使用出来ない。また、建物ごと破壊することも出来ないので、主に平地での多数殲滅時に使用するといいだろう。
十字キー←…敵が青く光り、敵の位置が認識しやすくなる。しかし、乱戦時には爆発で画面がメチャクチャになるので結局何のアシストにもならず、ストーリー序盤ではまず不要な特殊技能。こんなもので位置を確認する暇があるならば、敵が撃ってきた方向に銃を乱射するなり手榴弾を投げるなりして敵を沈黙させた方がよい。
しかし、ストーリーも終盤に差し掛かるとなくてはならない技能となる。敵のバリアを外すことが可能になるのだ。クリア必須の技能である。


さて、肝心のプレイした感想は以下のようなものである。これからプレイする方のためにQ&A方式にしたので、お役に立てれば幸いである。


Q.あっ!屋根にスナイパーが!!

A.屋根からスナイパーライフルを撃ってくるウザイやつがいる。そんな時は銃を乱射しよう。スナイパーの近くに何故か赤いドラム缶があるので爆破しよう!ほら、屋根からぶっ飛んでヒャッハーだね!!

Q.痛いっ!屋根から銃撃されちゃった!

A.スナイパー以外でも屋根から撃ってくるバカは大勢いる。そんな時は手榴弾を投げつけよう!RBを素早く二回押せば、手榴弾は着弾と同時に爆破する。どう?屋根から人が降ってきたかな?もし生きていたら銃を乱射しよう。

Q.遮蔽物に隠れた敵がウザイ

A.そんな時は銃を乱射しよう。遮蔽物といえども破壊可能な場合がある。ドンパチ撃ってブッ壊そう!
でも待って!近くにドラム缶はないかな?あったら銃を乱射しよう。
もし無かったら手榴弾を投げてもいいかもね!
でも面倒くさい時だってあるよね?そんな時は絨毯爆撃してもらっちゃおう!
画面左下に表示されているゲージがフルになったら十字キーの↓を押そう。遮蔽物なんてお構い無しに航空機が絨毯爆撃してくれるよ!どうかな?エリア一帯が全て吹き飛んだかな?もし生き残った敵がいたら銃を乱射しよう。

Q.バルカンレイブンみたいなガトリングガン持ったバカが出てきたんですが。

A.そんな時はあせらずに十字キーの↑を押してアドレナリンを注射して、銃を乱射しよう。十字キー→で銃を無制限に乱射するのもいいかも。だけど男たちの挽歌Ⅱみたいに正面から至近距離で撃ち合うと分が悪いから気を付けて。
え?ゲージが無いだって?おいおい困るぜアミーゴ。そんな時はとにかく逃げろ!でもただ逃げるだけじゃ悔しいから地雷を撒き散らそう!後方で爆発音が鳴り響く頃には、きっとバルカンレイブンもどきもおっ死んでるだろうよ!
もし生きていたら銃を乱射しよう。
もしバルカンレイブンもどきと1対1の状況なら、殴られないぐらいの至近距離で、常に背後に回り込みながら銃を乱射しよう。近寄ると殴られるので距離は一定を保とう。これだけで簡単にぶち殺せるよ。


まあこのゲーム、一言でいうと「銃乱射ゲー」なんですな。とにかく撃つ!ブッ壊す!それだけの単純明快なゲームでして。しかもグロ表現が全くないってのも輸入モノには珍しい。なので戦争モノの生々しさとか全然無くてすっきり爽やかに爆発炎上を楽しめます。しかも爆発音、発砲音、破壊音がやけにうるさくて素晴らしい。音楽聞こえないよ!!
本作が酷評ばかりだったのは、多分このうるささにも原因があるんじゃないかと。ジンガイの好むゲームって大体はリアル指向で、音がリアルですよね。本作みたいにまるで香港映画ばりのやかましい爆発音がアホみたいに続くといやになっちゃうのかもしれません。
<クリアー後の感想>
その他の名作FPSと比べると、
・ストーリーが無いに等しい
・銃の種類が少ない
・敵の銃を拾うことが出来ないため、ミッション開始時に武器を決めたら以降は武器変更が出来ない
・ステージのバリエーションに乏しい
・各ステージに驚くような仕掛けがない
・仲間がいない
・体力回復アイテムが無い
・クリア後の特典が無い
・敵のバリエーションが少ない
・敵がかなり頭が悪い
・敵が硬い
・ズームしながら移動出来ない
・旋回、ダッシュがやや遅い
・グラフィックがPS2後期ソフトより若干上程度
・ドンパチやりすぎて目が疲れる
・ドンパチやりすぎて耳が痛くなる

といった点が目についた。
良かった点としては
・効果音がバカみたいにやかましい
・爆発しすぎ
・爆破オブジェクト多すぎ
・敵を倒せば弾薬やゲージ回復アイテムが取りきれないほどそこらじゅうに散らばるので、気のすむまでバカスカ撃ちまくれる
・攻略性が無いので敵を見つけたら爆破させまくり、撃ちまくればクリアー出来る
・とにかく銃を乱射出来る
・とにかく爆破出来る
・隠れて狙ってちまちま進むより、特殊技能を使って撃ちまくり、手榴弾と地雷をばらまきまくり、爆破オブジェクトをエクスプロージョン!した方が先に進める
・とにかく撃てる
・とにかく爆破出来る
・とにかく撃ちまくれる
・とにかく爆破しまくれる
・撃てる!
・撃てる!
・撃てる!
・撃ちまくれる!
・エキサイティング!

ということだ。
多くのFPSが世界観やストーリーを重視してまるで映画のような体験を提供していたり、仲間とのオンライン協力プレイに力を入れている昨今、この『BODYCOUNT』は全く次元の違うFPSを作り上げた。
つまり。
破壊!
爆発!
銃乱射!
ここに思いっきり特化させたのである!っていうかこれしかやることないぞ!なんということだオーマイガアド!!こういうFPSは今までありそうで無かった!

ということで、わたくしカシマのような、破壊、爆発、銃乱射を心の底から愛し、挙げ句の果てに「撃つ病」(BLAM!SICK)にかかっている人ならきっと楽しめるはず。このゲームに静寂は存在しない!常に爆発!常に発砲音!!
撃つ病でないなら買わない方がいいでしょう。悪いことは言いません。素直にコールオブデューティーやメダルオブオナーをやりましょう。

Category: 今ゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

俺の飲める酒、飲めない酒一覧 

飲める酒(というか好きな酒)一覧

・山崎10年
・山崎12年
・カミュ V.S.O.P
・カミュ XO
・ジンライム
・ドライマティーニ
・アマレット
・八海山の原酒で漬けた梅酒
・カルーアミルク
・スクリューパイルドライバー
・STF
・スウィングDDT
・ジャックハマー
・チョークスラム
・ココナッツクラッシュ
・シャイニングウィザード
・ハイタイム
・メルトダウン
・ウェスタンラリアット
・ジャイアントスウィング
・まっはぱんち
・まっはきっく
・ばくだんぱんち
・にんげんぎょらい
・ぼうじゅつすぺしゃる
・じごくのぼうさばき
・まっはきうきう
・にとろあたっく
・わーぷしゅーと
・やまだのじゅつ
・龍尾乱風脚
・天殺龍神拳
・爆魔龍神脚


と、まあこれぐらいにしておいて。

飲めない酒一覧
・ビール全て
・日本酒全て
・焼酎全て
・ワイン全て
・老酒、紹興酒全て

基本的に酒は味が嫌いなので飲めねえんだな。だから別に酒に弱いわけではなく、むしろ強い方かもしれないが、そういう理由なので多量に飲酒することはまず無い。
好きなのはカクテル類とウィスキー類とブランデー類。といっても安いのは味が悪いのでやっぱり飲まない。
例えばコンビニで買える安いウィスキーはマジ無理。キツいだけで美味く無い。缶の梅酒も香りが悪いので認めない。

大体、酒っていうものは嗜好品である。よって味を楽しむものであって正体不明になるまで酔いつぶれるなどというのは自分には考えられん。
というように俺は日常的に飲酒してるわけではなくたまーに飲むくらいだ。仕事終わって疲れた体に一杯!とかいう感覚がまず無いのだ。疲れたら俺は雪印コーヒー飲むし。
まあだからせっかく飲むなら美味い酒を飲みたいわけで、大体はバーで飲むことになるかな。

一回、職場の飲み会の二次会でキャバクラ行ったけど、ありゃあ酒の味なんて二の次なんだね。二度と行きたくねえ。飲み屋の女の下らねえ話なんぞ聞きたくもねえよ。まあキャバクラも高級店に行けばまた違うんだろうけど、しかし大体ね、美味い酒を楽しみたいのに隣で女がくっちゃべってくるってのが解せねえ。しかも酒不味かったし。良いとこねえじゃん、キャバクラ。

バーはいいね。俺には合ってる。頼めば色んなカクテル作ってくれるし。
歌謡曲バーももちろん面白かったよ(笑)ぬくみず最高(大笑)。

Category: 雑記

tb 0 : cm 4   

ドラゴンズドグマ1周完了!そして伝説へ… 

いやあ終わった終わった。長かったなあ。こんなに楽しめたRPGは久しぶり。ただいま2周目突入中。まだまだやります。

エンディングの迎え方がわからなくて戸惑いましたが、あるアイテムを使うことでクリアになりました。これがわからなくてちょっとうろうろするハメに。
で、めでたく2周目に突入したものの序盤は敵が雑魚すぎて話にならねえので、思いっきり防御度外視した装備でスタート。覚者様は淑女の服、ポーンは使用人の服着てやってます。
ウルドラゴンにこの装備で挑戦したけどボコボコになったので頭きてクリア時装備で本気モードで再挑戦。
およそ4時間(総戦闘時間)にもおよぶ大激闘の末勝利!LVは70でした。ちなみに覚者様はアサシンで光学迷彩使用しまくりました。メインポーンはウォリアー、サブポーンはウォリアーとメイジ。

あと、ベルセルク装備がどこにあるかわからなくてそのまま1周クリアしてしまいましたが、石切り場にあったのね…。切り込み隊長のなんたらって装備と白い鷹がどうのこうのっていう装備。ベルセルクはDCのソフト『剣風伝奇ベルセルク千年帝国の鷹編 喪失花の章』しかやっていないのであまり詳しくないです。


Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

ロックマンサウンドBOX追加情報!SS版音源追加決定! 

カプコンからメールがきたので追加情報を。
ロックマン25周年記念CDBOXですが、この度めでたくロックマン8のSS音源3曲の追加収録が決定したとのこと。
名実ともにロックマンサウンドの集大成となるサウンドBOX、非常に楽しみですね。

e-CAPCONでE缶デザインの特製缶型収納ボックスの写真が掲載されています。しかしふと思ったのですが、ブックレットはやっぱり円形なんでしょうかね?通常の四角いCDブックレットだと収納出来ないでしょうし。

ところでメタルブラックとガンフロンティアのサントラBOXはまだですかね。もう7月なのにまだ音沙汰ないのが心配なんですが。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

ドラゴンズドグマ再評価 

ちきしょう!やっぱり面白えぜ!まだクリアせずにぐだぐだやってます。

で、プレイしていて、やはりゲームには効果音と操作性と適度なストレスが必要なんだな、と思いました。
ドラゴンズドグマが他のオープンワールド系に比べて何が素晴らしいかって、やっぱり効果音なんですね。バカでかい剣でバカでかい敵を斬った時のズッギャアという気持ちいい効果音。メテオを唱えて隕石が降ってきたときのボヒューン…ゴズーン!バッカンバッカンバッカン!と炸裂しまくる効果音。この「効果音の気持ちよさ」はバルガスの頃から追求され続けていますね。その他のオープンワールド系ゲームのような軽くてシケた音じゃあない、カプコンならではの気持ちいい効果音です。

操作性もキー配置も、長年アクションゲームを開発してるカプコンだけあってやりやすい。アクションも職業によって当然違うし、固定アクションを吟味して選択する楽しさもある。それによって、あらゆる局面に対して万能には出来ないがアクションの腕があればなんとか乗り越えられるというところもまた面白い。

あと方々で散々言われまくっている、移動手段。行ったことある街くらい一瞬で移動させてよ!という声が多いようですが、いやいや、これこそがドラゴンズドグマの醍醐味なのです。もし次回作でこの不便さを解消してしまったら、ドラゴンズドグマでは無くなってしまうでしょう。
移動が不便!つまり、どこへ行くにも徒歩!だから気安く護衛ミッションなんか受けようものなら、すげえ長い距離を移動します。しかも道中敵の影を気にしながら!歩いてるうちに夜になってしまったら、ランタンの乏しい明かりを頼りに真っ暗な深い森の中を注意深く歩かなければならない。これがすげえ楽しいんですよ。もし快適で高速な飛空挺みたいな乗り物があったら、ただ単に移動するだけで終わってしまい、こういうワクワクドキドキな楽しみはなくなるわけです。
また、レベルが低い時期にいきがって遠いところまで探険に出かけたら、突然バカデカい怪物に遭遇しスコボコに叩きのめされ慌てて退却し、帰る道で回復薬を拾い食いしては雑魚敵の影にすら怯え、ランタンの明かりも切れて真っ暗な夜の道に散々迷ってヒイヒイ言いながら、やっと遠くに明かりが見えたと思ったら盗賊団の焚き火で、恐る恐る通りすぎ、ようやく眼前に領都グラン・ソレンの明かりが見えて、ほぼ同時に日が昇ってきた時の安堵感といったらもう…。感動ものですよ。移動手段が不便だからこその苦労と感動です。ちょっと遠出してヤバくなったら一瞬で逃げられるからいいや、なんてことにはならない。遠くに出かけるには入念な準備が必要になってきます。これこそが他のゲームにありそうでなかった楽しみなんですね。ファンタジー世界を冒険したかった少年時代の夢が、ちょっとだけ叶うゲーム。ドラゴンズドグマってそんなゲームだと思います。

街の人々がやけに辛気くさいセリフばかり吐くのもいい感じです。仲間であるポーンも付き従うだけで主体性は無い。ゆえに「キャシャーンがやらねば誰がやる!」みたいな心境にもなります。「おーれがやめたらーバンババンだーれがやるのかーバンババン」と口ずさんでも大いに結構。
他のゲームやってると強いキャラクターとか人格者が一杯いて「俺がやらなくても何とかなるんじゃね?」みたいな気分になることもありますがドラゴンズドグマはひたすら孤独。いいっすねえ。

そんなドラゴンズドグマ唯一の難点はカメラワーク。特にデカい敵にしがみついた時の視点が酷すぎる。このおかげで狙いたい場所にスムーズに移動出来ません。例えば上方向にスティックを入れて上へ進んでいたのに敵が暴れて視点がめちゃくちゃになって、気づいたら下に進んでいたりとか。対ドラゴン戦ではこれはやりづらくて仕方がないです。
カプコンのことですから、きっと次回作が出るでしょう。ドラゴンズドグマ2NDとなるかドラゴンズドグマⅡとなるか。
はたまた、
ドラゴンズドグマGか
ドラゴンズドグマダッシュか
ドラゴンズドグマターボか
スーパードラゴンズドグマか
スーパードラゴンズドグマⅡXか
ドラゴンズドグマゼロか
ドラゴンズドグマαか
ドラゴンズドグマXか
ドラゴンズドグマX(クロス)か
ドラゴンズドグマオペレーショングラン・ソレンか
大ドラゴンズドグマか
超ドラゴンズドグマか
極ドラゴンズドグマか
ドラゴンズドグマ・タフか
マイティドラゴンズドグマか
ドラゴンズドグマスペシャルか
真・ドラゴンズドグマか
ドラゴンズドグマ外伝か
ドラゴンズドグマ改か
ドラゴンズドグマ2 Dr.ワイリーの謎か
ドラゴンズドグマⅡ 赤壁の戦いか
ドラゴンズドグマ ディレクターズカットか
ドラゴンズドグマ完全版か

これだけ挙げときゃどれか当たるだろ(笑)

ってか次回作で魔界村とコラボして欲しいなあ。アーサー装備とか敵でレッドアリーマー出るとか。カプコンってあんまりそういうファンサービス無いから期待は出来ないけど。
何故か今回はベルセルクとコラボしてましたが。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0