12 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 02

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

『機装猟兵ガンハウンドEX』 

本日届いたので早速プレイ。
で、クリアー。み、短い…。5stageなんで、ちょっと昔のアーケードとかSFC時期のアクションゲームぐらいの長さ。さくっとプレイするにはちょうど良いでしょう。極度にやり込むゲームとは言い難いですが、ノーダメージクリアーするならかなりやり込まないと無理でしょう。
昨今のアクションゲームと比べ、難易度は高め。かのSFC期の名作『重装機兵ヴァルケン』と比べても、難易度は同じくらい。
ただ、ヴァルケンと比べると操作感がかなり重たい。ブーストも遅く、ジャンプも低く、無重力空間での戦闘に至っては、やりにくいことこの上ないです。
が、この「扱いづらい工業製品」のような操作感こそが、本作品の持ち味とも言えます。これを縦横無尽に操作出来た時の喜びは、昨今のゲームにはなかなか無かった。

ヴァルケンやガンハザードのようなゲームを期待して買う人も多いと思うので、一体それらとは何が違うのかを中心に取り上げてみたいと思います。

・重たい操作感
キビキビ動かすには慣れが必要です。逆に言えば、慣れさえすれば快適に破壊を楽しめるだけの優れた操作系統が備わっているということでもあります。
しかし、無重力空間での戦闘は何とかならなかったのか、と思います。十字キー右を押すと機体が360度ぐるぐる回転しながら右移動します。よって常にLボタンを押しながら向きを固定しないとあさっての方向へ銃撃してしまいます。
無重力空間はヴァルケンと同じような操作でも良かったんじゃないかなあ、と思いましたが、まっ逆さまになって敵を銃撃することが出来るというのはビジュアル的にとても魅力的なのも事実。だからか、本作品でも無重力戦闘はわずかしかありません。
これの操作系統をもっとやりやすくして1ステージあればもっと面白かったのでは、と思います。

・オプション項目の多彩さ

自由なキー設定に加え、ロボットアクションならではの射撃中の銃の向き固定や機体の振り向きのON、OFF機能がついています。つまり、銃を撃ちっぱなしのときにだけ銃撃方向を固定にしたり、機体を振り向かせず後ずさりしながら撃つ、といった設定が可能です。もちろんLボタン押しっぱなしによってこれらを手動で行うことも出来ます。

・アーマーパージ機能
要はボタン一つでボトムズのライトスコープドッグに変身するようなものです。移動向上、防御低下となりますが、パワーゲージが全回復するので緊急避難的な使い方も出来ます。

・パワーゲージの少なさ
これが難易度を上げている原因の一つ。およそ4発程度被弾しただけで死にます。この破壊されやすさは、全くボトムズ野郎にはたまりません(笑)。
所詮ヴァルケンと同じゲームだろ!?などとなめてかかって敵に突っ込むと即死します。バンザーイ!!

・武器は選択制
ヴァルケンのように戦闘中に武器を切り替えることは出来ません。ゲームスタート前に選んだ武器を切り替えられるだけです。武器のパワーアップもありません。あらかじめゲームスタート前にオプション画面で好きな兵装を選びましょう。
・シールド無し
シールドはあるにはありますが、スタート前にあらかじめ選ぶ必要があります。しかしシールドを選ぶとアームパンチ…じゃなかった、ハードナックルを使用出来なくなります。
本作品ではハードナックルで敵弾を消せるので、シールドは無意味な気がします。しかもシールド使用中は身動きが取れません。ますますいらない兵装だと思います。
ちなみにシールドは最初は選択出来ません。

ざっとこのような違いがあります。
アイテム回収によるパワーアップが無いのは残念ですが、しかし、それによりアイテム回収を気にせずに最初からガンガン飛ばして行くことが可能になったわけですから、マイナス要素ではないでしょう。単に好みの問題です。
全体的に難しいのは、やはり耐久力の低さゆえ。ヴァルケンぐらい耐久力があってパワー回復アイテムが頻繁に出ていたら本作品はかなり簡単なゲームになっていたでしょう。
従来のロボットアクションから考えると、シューティングゲーム寄りのロボットアクションゲームとも言えるかも知れません。高火力、低耐久力のこの棺桶のような素晴らしい機体に乗って、厳しい戦場を生き残りましょう。


・音楽について
限定版にはサントラがついています。PC版は山下絹代!今回は九十九百太郎!両者のサウンドを完全収録!絹代さんのサウンドは、ややドラキュラ調で、気持ち軽めの音作り。戦争ロボットアクションもののBGMにしては重厚さが無くポップな感じ。しかもドラキュラっぽい怪しげなメロディで、あんまり世界観に合ってないような気がします。曲聞いて「ドラキュラ?」としか思えません。
対する九十九氏は言うことなし。まさにハイパーデュエル復活!な感じです。やっぱ鉄臭いメカものはこうじゃなきゃ。
さらに古川典裕氏がステージ1の曲を、まるでグリッドシーカーのようにメロディアスにアレンジ!ストリングスとピアノをメインにした熱いロックサウンドに仕上がっています。すっばらしいです。


総じて、ステージ数は少ないものの、手頃な値段で緻密なメカアクションが楽しめるので、筆者としては満足です。
ストーリーの方はあまり魅力を感じませんでしたし、キャラクターも好きになれませんが(笑)。まあこういうゲームはメカありきですから、本当はキャラクターなど必要ないのです。
主役メカが実弾ぶっ放して、デカい敵メカが轟音と共に木っ端微塵にぶっ飛んでくれりゃあいいんです。そこにギターガシガシな九十九サウンドですから、もう言うことありません。

スポンサーサイト

Category: ゲーム

tb 0 : cm 2   

ギタドラXG3サントラ2ND SEASON 

出てたのすっかり忘れてて今頃購入。

期待してた桜庭統楽曲「Hard distance」は、さすが桜庭氏、やはり安定感ある出来。ギター入りのオルガンプログレ曲で、バテンカイトスやテイルズシリーズが好きならオススメ。ただ非常に残念ながらロングサイズは無し。1分50秒くらいのゲームサイズなので、仕方ないって言えば仕方ないけど、ロングサイズ入れるぐらいのファンサービスはして欲しかった。コナミって今はもうそういう会社になっちゃったんだなあ。初期のギタドラだったら絶対入れてくれてた。

また、初期の頃からのシリーズファンには懐かしい名曲「STAR OF MUSE」の作曲者、鈴木健治氏の新曲が収録。その名も「Moon of Muse」。ファンの期待を裏切らない、かつてのコナミ矩形波倶楽部をも彷彿とさせる、メロディアスな正統派フュージョン楽曲。でもやっぱりロングサイズ無し。なんなんだよ。
他には、「over there」の6年ぶりの続編「overviews」が収録。ヴァイオリン入りのプログレ楽曲になって帰ってきました。陸奥彦さんのギターはぶちギレまくり。
あのMODELシリーズ最新作「MODEL DD10」も収録されていたりと、旧来のファンにとっては嬉しい楽曲がいくつかあるのに、ぜーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんぶロングサイズ無し。一切無し。ホント、コナミって期待を裏切ってくれやがります。昔はこうじゃなかっただけに余計ムカつきます。どうでもいいロングサイズばっか入れやがって。版権曲とかカバー曲とか全部いらねえし。そんなもの削ってロングサイズ入れて欲しい。または以前みたいにインストコレクション出してくれれば嬉しいんですが、まあこういう状態なんで期待してません。

久しぶりの千本松くんの楽曲「Xenon」も良かったし、肥塚さんのカラフルシリーズ「Orange Flower Garden」も変なノリで相変わらず面白かったし、最近のギタドラにしては聴く曲多いです。96氏は相変わらず自分には聞くに耐えませんが。ギターのフレーズと音が嫌いなのかも。何にしろ自分には合わないようです。こればっかりはしょうがない。

毎回コナミにはうんざりさせられてますが、今回はまだマシ。
そういえばJimmy Wecklこと上高治巳さんがコナミを退社されたと、ネットで知りました。どんどんギタドラから聴く曲が無くなっていく…。これは悪夢だ。

まあこんな不満持ってるのは自分ぐらいだろうけど。でもかつてのコナミを知っている人間としてはねえ…人気楽曲ばかりにご執心な会社じゃなかったのになあ。色々残念。
最後の希望はもう泉陸奥彦さんだけ。陸奥彦さんが退社されたらコナミファン止めます。以降コナミの動向は捨てることにします。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

Frequency待望の2ndアルバム発売決定 

アーマードコアシリーズでお馴染みのフロムソフトウェア社の音楽バンド、Frequencyの2ndアルバムが発売予定。タイトルは『SUNRISE』。
発売日は当初の予定から延期して、2月22日発売となりました。
CD版はAmazon、コトブキ屋の通販サイトで買えるようです。なんでコトブキ屋?とも思いましたが、そういえばアーマードコアのプラモデルを販売してたし、その縁で扱うことになったのではないかと。コトブキ屋でCD販売ってのも珍しい気がしますが。
ダウンロード版はCD版発売よりちょっと後。

収録楽曲はいくつか公開されていますが、まだまだ数曲程度。試聴も出来るようです。オリジナル楽曲とアーマードコアセルフアレンジ楽曲が収録されるとのこと。
果たしてオリジナル楽曲がどう出るか。従来のアーマードコア路線なのか、バンドのカラーを明確化させるために敢えてアーマードコアシリーズとは全く違う雰囲気にしているのか。非常に楽しみです。

また、Amazonでは1月14日現在では、まだ予約が出来ません。また前回のようにギリギリで予約開始かも知れません。

あと補足。
前作『ARMORED CORE REPRISES』もAmazonとコトブキ屋で売ってます。しかしAmazonだと何故か「本」扱いになっていて激しく意味不明です。いくらミュージックで検索しても出てこないわけだ…。ひでえ。Amazonはこういうことあるんで油断出来ません。
しかし以前に自分が買った時はちゃんとミュージック扱いで、ちゃんと検索にも引っ掛かってたのに。わけわからん。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

2012年に買ったゲーム 

ゲームは最近あんまり買わなくなって、買っても途中放棄してうっぱらったりしてる。
そんな中、気ィ狂ったようにやってるゲームは3DSの『バイオハザード マーセナリーズ3D』。ホントこれしかやってない。全ステージSSランクでクリアー済み。スキルを使えばまあそんなに難しくはない。後はハイスコア狙いだが、Youtubeとかで動画見てるとすげえのなんの。100万超えてるし。
俺は今のところEx最終ステージクリアーして65万ぐらいが最高点。まあ普通にクリアーしてこれぐらいいくので自慢にもならん。
Exステージ1で頑張って約40万点。ハンクで装備もハンク。スキルはジャイキルと7なんたらとリバーサル。体力減らして閃光グレネードで飛び蹴り無双が楽しすぎる。

あとは以下な感じ。今年発売したやつ以外も有り。

『ロックスミス』
しばらくやってない。

『SHINOBI 3D』
放置気味。難しすぎてムカつく。

『真・北斗無双』
360版買ったが、ロードが長い上に頻繁にある。ゲーム自体はぬる過ぎてあまり面白くない。前作よりは爽快感有り。

『RED SEEDS PROFILE』
360ソフト。アイディアはいいんだけどなんか面白くなかった。演出が鼻につくというか。アラン・ウェイクのようなクールさがないというか。

『RAGE』
まあ普通のFPS。途中で放棄。

『ソウルキャリバー5』
まさに別ゲー。うっぱらった。

『F.E.A.R.3』
グロ描写は健在。フェッテル兄貴が面白かった。

『煉獄弐』
PSP史上最高傑作。何度やっても飽きない。

『ゴッドハンド』
PS2ソフト。今さらやってみたがやはり今さら感が。なんかもう古くさい感じしかしなかった。

『UNDER DEFEAT』
やっとプレイ出来た。熱い展開に涙。傑作。

『ドラゴンズドグマ』
結構やった。1週して変なデカいドラゴンもぶっ殺した。続編出て欲しい。

『探偵神宮寺三郎 復讐の輪舞』
3Dにする意味がない。ボリュームも少ない。残念。神宮寺が小杉十郎太氏に戻ったのは良い点。やはり小杉氏か大塚明夫氏じゃないと。浅見光彦みたいに放送局によって役者が違う、みたいに、ストーリーの内容によってこの二人を使いわけるというのはいかが?

『R-TYPE TACTICS-Operation BITTER CHOCOLATE』
PSPの隠れた名作。これぞ本格、手強いシュミレーション。伊達に“R”の称号はついていない。

『End of Eternity』
途中で放棄。音楽もいいしゲームも面白いんだが…ダルい。

『クライシス2』
途中で飽きた。

『RIDGE RACER UNBOUNDED』
輸入モノ。すっげー勢いでリッジを勘違いしているクソゲー。日本で出ない理由がわかる。

『Bodycount』
輸入モノ。海外じゃ散々な評価だが、俺は好きだ。なんたって爆発!銃撃!爆発!銃撃!ばっかりだから。最後のボス戦はクソつまんないけど。

『虫姫さまふたり』
『赤い刀・真』
まあなかなか面白い。

『LOLLIPOP CHAINSAW』
ゲーム自体はつまらない。見た目と演出が楽しめるかどうかっていうだけのゲーム。

『バーチャロンフォース』熱いバーチャロンの季節がまたまたやってきた。ゲーセンで熱い対戦を繰り広げた日々を思い出しながらプレイ。いやあやっぱ面白いわ。光吉氏のボーカルが流れた時にゃ叫びまくってジャンプしまくった。

『スペースチャンネル5 Part2』
タイミングが難しい。ビーマニみたいにシーケンスが流れるタイプじゃないってのがまず難しい。

『沙羅曼蛇ポータブル』
XEXEX目当てで購入。サウンドテスト充実しすぎで嬉しい仕様。

『怒首領蜂 大復活ブラックレーベル』
画面が見づらい。

『スペックオプス ザ ライン』
すぐ死ぬFPS。好かん。

『TROY無双』
まあまあ。見た目の重さとは裏腹に、効果音とか動きが軽くてややショボい。

『シャドウ・オブ・ザ・ダムド』
まあまあ。ってかサントラに収録されてない曲多すぎ。

『エツィオサーガ』
サントラ目当てで買ったのでやってない。まあいずれ。

『スリーピングドッグス 香港秘密警察』
まあまあ。でもこれってあのワイザツな香港映画じゃない。中国人街を舞台にした欧米映画の雰囲気、と言えばわかるだろうか。香港映画っていうのは、もっと毒に満ちてて、分かりやすくて、軽くバカ。

『バイオハザード6』
やっぱダメだこりゃ。一通りやろうとしたけど、その気力すら失せた。放棄。

『魂斗羅 デュアルスピリッツ』
まあ面白いが、難易度高くてムカつく。

『プロジェクトクロスゾーン』
飽きた。やっぱり声優さんとキャラネタだけでゲーム一つクリアーは出来ない。

『KORG M01』
何曲か作曲。今も制作中。

なんだ結構ゲーム買ってるじゃん(笑)
でもクリアーして無いのがほぼ全部ってのが(笑)。

結局、今もやってるのはバイオハザードマーセナリーズとKORGか。
今年も末長く続けられるゲームが見つかればいいんだがなあ。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

2012年のゲームサントラ 

新作だけ取り敢えず。旧作は相変わらずバカスカ買ってます。一言つき。

『ACE COMBAT 3D CROSS RUMBLE』
椎名豪!

『H.1st Album』
じゅっしゅーねん!

『SOULCALIBUR V』
中鶴さんがステージ曲作らないとどうなるか。こうなりました、なサントラ。

『UNDER DEFEAT DC Edition』
細江慎治氏の歴史上最高の哀愁。

『リズム怪盗R』
ソニックチーム健在!

『Rom Cassette Disc In NATSUME Vol.1』
『Rom Cassette Disc In NATSUME Vol.2』
まさかのナツメ!KAGE!リミックス出してくれえ!!

『GRAVITY DAZE』
久しぶりの田中公平サントラ。相変わらず上手い上に新しい作風も。凄い。

『SONIC GENERATIONS』
ソニック最高!やっぱ瀬上サウンドが無いとねー。

『SILENT HILL Book Of Memories』
音楽は意外に良い感じ。3以降参加してるメアリーさんが歌ってます。カッコよすぎ。

『アイドル八犬伝 ホエホエとらっくす』
驚愕のロシア語バージョンに卒倒。頭いてえ。

『TEKARU TECHNICAL』
『TEKARU MECHANICAL』
TEKARUいいバンドになってきた。ゲームアレンジよりオリジナル曲がすごく良かった。

『探偵神宮寺三郎 復讐の輪舞』
正式にサントラ出して欲しいなあ。

『国本剛章WORKS~ひつじの丘』
2ndアルバムもぜひ!

『東方見聞録』
東方楽曲をフュージョン界のスペシャリスト達が演奏してるすげえアルバム。疾走感抜群。アレンジが勝田一樹氏なので、まるでディメンションの新曲。

『エツィオサーガ』
予約で即殺騒ぎ、転売屋の餌食になってしまった限定版。それに同梱されてたサントラ。Jesper Kyd氏、やはりただものじゃない。素晴らしいです。

『ロック缶 サウンドE缶』いい仕事してますねえ。

『SOLDIER BLADE BLADE OF JUSTICE』
同人アレンジ。ソルジャーブレイド生演奏バージョン。同人もレベル高くなったなあ…。

『細江慎治WORKS VOL.1~ドラゴンスピリット~』
ド・ラ・ス・ピ!よ・ね・み・つ!これに尽きる。

『スタークルーザー~山中季哉ワークス』
渋い。Yack.氏の原点の一つでもあるらしい。

『COZMO ZUNTATA 25th Anniversary』
小倉さんはやっぱりブレてない。最高。

『GUN FRONTIER/METAL BLACK/DINO REX Sound Tracks for Digital Generation』
色々と残念。最近の復刻はなんで基板収録にばっかりこだわるんだろうか。

こんなところか。
どうも嬉しさ半分悲しさ半分な気がする。
大好きなシリーズがサントラ未発売ってのは本当に残念。エースコンバット、神宮寺、アサシン、全て限定版に同梱されてたサントラって…。単品で出して欲しい。どれも音楽が素晴らしいのに。それなのにどうでもいい出来のソウルキャリバー5はサントラ出てるっていう、何か違うだろお前!な感じ。
そんな中、カプコンはサントラでは今年はいい仕事した感じ。ロック缶の出来は良かったし、モンハンのギターアレンジとスウィングアレンジもなかなか良かった。ドラゴンズドグマも地味だがじっくり聴き込むに値する音楽だった。バイオハザード関連も片っ端からサントラ化してくれたのでありがたい。
ただロックマン25thアレンジはダメだった。試聴してこりゃダメだ、と。特にメタルマンの原型を留めていないロックアレンジは酷い。単なるインストロックとして聞くにはいいかもしれないが、あれを聞いて原曲と聴き比べてみようとか、全然思わない。つまり良いアレンジじゃないということだ。ワイリーステージのカッコ悪さも聴くに堪えない出来。優秀なコンポーザーは必ずしも優秀なアレンジャーにあらず。それを証明してしまったアルバムだ。WE ARE ROCKMEN2をまだ聴いてないのでそちらに期待。
タイトーは活発化してきた感じ。今年には待望の小倉久佳ニューアルバム『ベクトロス』のサントラ発売が決定してるし、ズンタタ関連は色々ありそう。
セガとコナミはマイペース。コーエーはサントラが出ない。コーエーも三國志サントラBOXとか信長サントラBOXとか出してもいいんじゃなかろうか。間違いなく買うし。


2012年はM3参加が一番のイベントだった。あれでまた音楽に幅が出来た。ぜひ今年も参加したい。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

『ケンソーコンプリートボックスをリーダー自ら売る会』に参加 

遅くなったけど、12月30日のイベントに行ってきました。
泊まり勤務明けのズタボロ状態で一睡もしておらず、這うようにしてはるばる吉祥寺はシルバーエレファントまでイベント参加してきた。会場でただ一人スーツ姿だったのはそういうわけだったのです。
眠気と寒さと戦ったおかげで、今も風邪で体調が悪い…。せっかくコンプリートボックスを入手したのにまだ半分しか聴けてない。とにかくエソプトロンのリマスターに感激。大好きなアルバムなので。

イベント当日はあいにくの大雨。会場に2時間も早く到着したために、時間つぶすのに近くのサテン行ったりアニメイト行ったりふらふらと。

イベント始まったはいいけど猛烈にトイレに行きたくなって集中出来なかった。我慢出来なくなって気持ち悪くなり、本当に申し訳なく思いながら席を立って、「すいません、すいません」と狭い会場内を移動。でもさすがケンソーファンの方々。みな快く道を開けてくれました。
で、気分も落ち着いてイベントをゆっくり堪能出来ました。

イベント内容はこんな感じ。

・当時の、プログレがラジオから流れてきた衝撃を再現した音源

これ、かなり面白かった。当時日本でヒットしていた歌謡曲とプログレを交互にミックスしたもの。「ようこそここへークッククック」なんて流れたと思ったら、PFMのアルバム『クック』の「原始への回帰」が流れたり…って感じ。こりゃあ確かに衝撃的だわ。自分でも作ってみようかな。

・清水先生のケンソー楽曲ピアノソロ。

聞き慣れた楽曲をピアノソロで。こういうピアノソロアルバムってのも出して欲しいなあ。

・清水先生がケンソー以前に作っていたフォークソング音源

「裸電球の下で」だったかな?聴いてて恥ずかしかった(笑)もちろん当人が一番恥ずかしかったんだろうけど。これはさすがにボーナストラックとかライヴ限定CDとかでも要らない(笑)

・質問コーナー
「サウンドトラックを手掛けるとしたらどんな映画が~」という質問をしたのは、私です。いやあ嬉しかったなあ。同じ質問が多かっただけかもしれないけど。回答としては、手掛けてみたい、とのこと。機会があれば、ってことでしょうね。武満徹氏を例に挙げて、彼ほど映画には詳しくないし、また、光田氏や佐橋氏が楽曲の発注を受けて制作している姿を見ても非常に難しい仕事だ、と。
私が思うに、ケンソーの音楽に見合った映像を作れる人間がいるかどうか、だと思う。まずはプロモーションビデオを作ってみても面白いんじゃないか、とは思う。ケンソーの音世界の視覚化である。

・山本治彦さんと対談

・ミスターシリウス宮武さんの変な音源
ケンソーのデモ音源を宮武さんに送ったところ、宮武さんの解説入りで送られてきたという変なテープ。ケンソーの楽曲をバックに宮武さんが熱く解説しているという面白すぎるテープでした(笑)。しかも2時間ぐらいあるらしい。別のテープには大谷レイブン氏も参加してるとか。
これ、ぜひライヴ限定CDとかで販売して欲しいです(笑)。いやマジで買いますよ。

・三枝さんベースソロ

・小口さんドラムソロ

・空に光る生演奏
小口さんドラムで焦る(笑)。全然聞かされてなかったらしく、マジで焦ってて会場笑い。途中で山本治彦さんとバトンタッチ。清水先生もキーボードだったので珍しいギターレスでの空に光るでした。

最後はメンバーが階段にてお見送り。私は会場の最前列、小口さんの目の前だったので退場は一番最後に。でもそのおかげで清水先生オススメのCDも買えたし、何より三枝さん、小口さん、山本治彦さんと握手出来たのが嬉しかった。小口さんには「職場にそっくりな人がいまして」と伝えることが出来た。間近で見ても激似で、何か非常に親近感が。勝手な話ですが。
で、清水先生とも握手したかったんですが、何かあったらしく慌ただしかったので、声はかけずにそのまま帰りました。でも、清水先生オススメの半田美和子さんのCDを私が持っているのに気付き「CD買って下さったんですね。ありがとうございます」と声をかけて頂いて、ありがたく思いました。

今度はレコ発イベントか!?そしてレコ発ライヴはいつ!?ってか新譜いつでるの!?
やっぱり今年もケンソーから目が離せません!!

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0