01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

今日は1日、ベクトロス三昧! 

今日はすげえ!
愛用のウォークマンにはプログレ、ジャズ、ジャズロック、ゲーム音楽がたくさん入っているが、今日はベクトロスしか聴いてない!!本当にこれしか聴いてないし、これ以外聴く気が起きなかった。
やっぱね、嬉しいっすよ。大好きなあの小倉さんの新作が聴けるんだから。ダライアスバーストのサントラでも結局小倉さんの「Hello31337」しか継続して聴いてないし、『COZMO』でも「Negative Return」しか聴いてない。音の凄みというか、さすが命を削って楽曲作ってるだけあるな、と。

今回の待望の新作『ベクトロス』は、自分にとっては今までの小倉さんの作品の中でも最高だと思う。
ダライアスシリーズ、ニンジャウォリアーズ、ギャラクティックストーム、東京シャドウ、古くは影の伝説や奇々怪界、ハレーズコメット、アウターゾーンなどなど、傑作は色々あるけれど、それら全てを凌ぐ程のエネルギーに満ちあふれた、まさに「次元の違う」作品だと自分は思う。
1日にこんなに何度も何度も聴き返し、もう聴かずにはいられないくらいその楽曲の虜になってしまったのは、自分にはケンソー2ndの「さよならプログレ」以来の出来事だ。ゲーム音楽に限って言うなら、今まで一度もこんなことはなかった。
「おー結構カッコいいじゃん」と思って1日に何度か聴いた作品は今までにもいくつかある。けれども、楽曲が終わるとすぐさまアルバム冒頭に戻り、何度も何度も最初から再生し、こうなるともはや禁断症状を抑えるかのごとくリピートしまくり、聴いていなけりゃ落ち着かないぐらいにハマり込んでしまった作品など今まで無かったし、そうそうお目にかかれるもんじゃない。
しかし残念なのは、『ベクトロス』が実質たったの3曲しかないという事実だ。それでも十分過ぎるくらいに圧倒的、ひたすら圧倒的な楽曲ばかりだが、ここまで心酔しきってしまうと早くも次を求めてしまうのは致し方ない。つまり、まだまだ「足りない」のだ。
ダライアスバーストでの絶望感はひとえに小倉さんがたった1曲しか提供していなかったという事実だ。これは前に当ブログで書いたことだが、もし、あの衝撃的な「Hello31337」が無かったら諦めもついただろうし、新作ダライアスとして十分楽しめただろう。しかし、あの楽曲は「来てしまった」。ゆえに、絶望と飢餓を呼び込んでしまった。
正直に言うが、最近作の『COZMO』でも、何度も何度も繰り返し聴きたくなる楽曲は「Negative Return』だけだった。失礼な言い方だが、その他の楽曲はお遊びでしかない。結局「ゲーム作品に付随する音楽」の時は明確なコンセプトでもって素晴らしい楽曲を生み出せるが、ひとたびゲームを離れた作品を作るとなると、途端に曖昧なつまらない楽曲ばかりになってしまう。それが形となって表れてしまっていたのが『COZMO』だった。だから、DISC2にはゲーム作品の楽曲を寄せ集めて、未熟さを補うしかなかったのだ。
だが、小倉さんは違った。
あの煮え切らないアルバムの中で、たった1人、燦然と光り輝いていた。ただ1人、小倉さんらしい真剣な作品コンセプトを持ち、自身の哲学をも内包した恐るべきサウンドを生み出していた。こんな革新的なサウンドを打ち出されてしまったら、その他の全ての収録曲が色褪せてしまうのも当然である。

そして発表された『ベクトロス』である。
もう仰け反るしかない。笑うしかない。こんなとてつもない音楽、小倉さん以外には到底創れない。これを知って、聴いてしまった以上、もう過去へは戻れない。

ベクトロスの楽曲についてちょっと書いておこう。
ジャンルで言うとテクノ系?まあそんな単純なものではないが、音だけ聴くと生楽器ではないので無理矢理テクノ系と言うことぐらいは出来るだろう。
過去の小倉さんの作品と聴きくらべてみると、実は根の「不可思議なメロディ」は変わっていない。雰囲気としては「Hello31337」「Negative Return」の延長、発展型だろう。ただ、低音部の暴虐ぶりがまるで違う。狂暴なまでに強烈な音で、まるで音で脅迫されているみたいだ。
ダライアスやギャラクティックストームでは美しい世界観があったが、今回はそんなもん無い。圧殺、というのがふさわしいかもしれない。とにかく「ヤバい」香りしかしない。陶酔感があり過ぎて困るのだ。もうこれ無しじゃ生きられないくらいヤバい。ヤバ過ぎる。劇薬である。音麻薬である。トリップである。ほーら、ヤバいでしょう。


最後に一言、簡単な感想を。
小倉さん、ぶちギレ過ぎです(笑)。もっともっとぶちギレて下さいm(__)m

スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 2   

彼はいつも不意に訪れる。『VECTROS』SOUNDTRACK 

小倉久佳氏がTAITOを離れてからというもの、僕らはどれだけの期間を「OGRの音画の無い世界」で過ごしていたのだろうか。
TAITO時代に最後に公式にアルバムを残したのは2004年2月22日に発売された『ZOIDS INFINITY』であるから、今回のこの待望の新作、しかも小倉氏の明確なコンセプトに基づくまさしく「音画」である『VECTROS』が出現するまで、実に8年8ヶ月と9日もの長い期間、僕たちはその他の雑多な音楽で飢えをしのぐしかなかったのだ(『ベクトロス』サントラ配信開始日は2012年10月31日)。
確かに『ダライアスバースト』『COZMO』で新曲は披露してきた。だが、それで僕らの飢えが満たされることはなかった。逆に「たった1曲だけの提供」という事実こそが、さらに僕らの飢餓感を煽った。

(以下は創作文であり、事実とは何ら関係ない)
2013年2月26日。奇しくも今から77年前、青年将校がかのクーデターを起こしたその日に、彼は帰ってきた。僕らの激しい渇望を嘲笑うかのように、今までふいと姿を消していたことなどまるでちっぽけな出来事であったかのように、彼はふらりと現れた。
これは幻視ではない。見間違いではない。聴き間違えようはずがない。彼は帰ってきたのだ。
以前よりもやや攻撃的な視線で僕を見つめ
「天才はエラーだ」
彼はいきなりこう言い放った。その瞬間、僕の視界から彼は消え、緑色に明滅する0と1と細かな線が無数に走り回る得体の知れない空間に放り込まれた。
「これは、天才と呼ばれる人たちの頭の中なのだ」
彼は言った。その声は暗闇に響いただけで彼の姿は無かったが、彼の声を間違えるはずがない。僕は彼を待っていたのだから。
「考えてもみたまえ。天才とは非常識極まりなく、冷酷で残忍だ。次々に我々善良な市民を魅了しては翻弄し、天才でなければ理解出来ないことを我々におしつけ、理解不能なままふいに立ち去っていく。不条理だ。あまりにナンセンスだ。そうは思わないか?」
暗闇に目を凝らすと、何かの計算式らしきものが無数に見えた。
「また彼らはみな一様に計算高いのだよ」
「いや、待って」
僕は言った。
「計算が出来て色んな発明が出来て、それが天才だって言うなら、そんなの僕らが作り出した概念じゃないか。天才なんていやしない」
彼は困ったような声を出した。
「うーむ、君は今少しこの空間に身を委ねる必要があるようだね。天才と呼ばれる彼らの世界を感じるには」
「そんなの」
僕は言った。
「そこらの犬に聞いてみるといい。君は天才を見て天才だって思うか?って」
緑の線が楕円を描いてのたうちまわり、0と1が踊り狂う。
「うーむ、やはり君は今少しの思考が必要だね。いや、君はまだまだこの世界の入り口にすら立っていない。もっと深く、入り組んだ世界に行くにはあまりに軽率で軽はずみだ」
ひゅん、とノイズのような音がした時、僕はパソコンの前にいた。
僕は彼に拒否されたのだ。きっとあの空間は、どこかの天才の頭の中ではなく、彼自身の頭の中なのだ。出なければ、彼の声が聞こえてくるはずがない。
せっかく彼が自らの頭の中を見せてくれたのに、僕は戸惑うばかりだった。
いやしかし、天才の頭の中だ、といいながら自分自身の頭の中を見せるとは、いかにも彼らしいユーモアだ。
キーボードの傍らにある彼からの贈り物『VECTROS』。
「僕には、まだわからない」
彼の言わんとしていたこと。彼が描いて見せたもの。僕はその一辺もまだ理解していない。
僕は再び、彼の世界へと入り込んだ。

上記の文は『VECTROS』サウンドトラック発売を記念し、作品の感想として書いたものであり、『VECTROS』の作品コンセプトに対する筆者の考えや感想ではないことを明記しておく。
―管理人 カシマ

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

映画『サイレントヒル』 

そういえばこのブログでは取り上げていなかったので、あらためて紹介。

監督はクリストフ・ガンズ。主演はラダ・ミッチェル。
主に1の舞台と登場人物を基本にしている。ゲームではオッサンが主役だったが映画では「子を思う母の強さ」を出したかったらしく、映画オリジナルの女性キャラクター「ローズ」を主役としている。
このお母さん、まあとにかくよく走る走る走る。ゲームでも移動する時は大体走りますが、それを再現してるのか、というくらいよく走ります。これも愛する子どものため。
カメラワークも実に凝っていて、1の最初の方で気味悪い死体を発見する時のカメラアングルを見事に再現。斜めの構図がサイレントヒル独特の違和感を演出しています。

女警官のシビルももちろん登場。ただ見た目が結構ゴツい上にちょっとオバサンっぽくなっていて、本場の頼れる女警官みたいになっています。ゲームだと金髪超美人だったのですが、これだと実写にした場合説得力に欠けるのだと判断したのでしょう。

看護婦のリサもちょっとだけ登場します。こちらはゲームのイメージとあまり変わらず。ゲームだとかなり線の細いキャラクターでしたが、実写版はやけに足の肉付きがいいです。もしかしてダンサー?

娘のシャロンは、非常にかわいらしい純真そうなお子さま。ゲームだとシェリルですね。しかし、全然かわいさが違います。実写の方がぶっちぎりでかわいい。
アレッサはゲームとはだいぶ違います。扱いも違うのでこれも映画ならでは。

オヤジ役は、かの名優ショーン・ビーン。死んだり殺されたりロクな役を見てませんが、今回は家族思いの良きパパ。これ、このまま1の主役ハリーでもイケそうなくらいです。

ダリアは役どころも見た目も性格も全然違うキャラクターになっています。ゲームでのダリアのようなキャラクターはクリスタベラという映画オリジナルキャラクターとなって出てきます。

お話の方は、2時間という制約と何よりゲームのあの独特のビジュアルを実写化させて提示する、ということに重点がおかれているようで、ゲームの方ほど複雑怪奇にはなっておらず、サイレントヒルのゲームを知らずとも楽しめる内容になっています。1とも違う展開の映画オリジナルですが、良く出来ています。しかし、サイレントヒルにしちゃあ最後はかなり爽快です。結構イケイケムードです。とはいえバイオハザードみたいにロケランぶっ放したりはしませんが。

エンディングはサイレントヒルらしい、切なくも美しいエンディングとなっており、さらにエンドクレジットでは狂喜乱舞の特大ファンサービスが待っています。これはゲームをシリーズ通してやっているファンなら「うおう!」と叫ばずにはいられません。ホラー映画でまさか感動するなんて思ってもみませんでした。

と、まあ映画版は私のような小うるさいサイレントヒルファンでも思わず唸ってしまう、超大絶賛な出来上がり。
あのバイオハザード実写版に幻滅した筆者は当初、このサイレントヒル実写版にもあまり興味がなく、どうせゲームとは大違いだろうなんて思っていて、レンタルして適当に見てみるか、という程度だったんですが、借りて見た次の日にプレミアムエディションを買いに走ったという(笑)。
今でもたまに見返して「そうそう、これこれ!」と満足感に浸っております。その他のゲーム実写化の出来の悪さと海外産サイレントヒルゲームの出来の悪さを呪いながらね。

プレミアムエディションでは、映画のメイキング映像などが見られるディスクと、ゲームと映画の比較を様々な視点から見られたり、山岡晃氏へのインタビューが見られるディスクと、オールカラー80ページのゲームのガイドブックがついてきます。
この映画とゲームの比較が特に面白い。変えてもいいところと変えてはいけないところをしっかりと見極めているんだなあ、というのがよくわかります。
この映画『サイレントヒル』を撮った、というだけで筆者はクリストフ・ガンズという名前をしっかりと覚えました(笑)。


で、この映画があまりに良く出来ていたために、海外産ゲーム『SILENT HILL HOMECOMING』では映画の演出方法をそのままぶちこむという暴挙に出ました。
異世界への変貌の仕方、街並み、謎の教団などは映画そのまま。なので映画が気に入ったのなら『~HOMECOMING』はオススメ。何やらバグが多いらしいですが、XBOX360版をやった筆者は一度もバグはありませんでした。

Category: 映画、テレビ

tb 0 : cm 0   

映画『サイレントヒル リベレーション3D』サントラが消えた…? 

Amazonで予約受付していた映画『サイレントヒル リベレーション3D』のサントラが、いつの間にか消えていました。
欲しいものリストに入れていたところ、ある日突然「お取り扱いしていません」と表示され「はあ?」となった次第。
まさか発売中止?それともダウンロード販売のみ?無期限延期?詳細不明ですが、とにかく消えました。
映画の国内公開は6月予定とのこと、それまでに発売してくれればいいんですが…。
国内公開中止なんてことにならんだろうな(すごく心配)。
ただ、監督が前作のクリストフ・ガンズではないのでかなり不安があります。
トレイラーを見る限り前作とあんまり雰囲気が変わっておらず、いわゆる「サイレントヒル文法」をちりばめただけの単なるホラー映画に留まってしまわないか、見るまで不安たっぷりです。
前作では、まさかの「Theme of Laura」「You're Not Here」を使用しサイレントヒルファンの私を狂喜乱舞させたのですが、果たして今回はこういったファンにはたまらない演出があるのかどうか。
カメラワークもまさにこれぞサイレントヒル!な演出で、ゲームをやり尽くしたファンにはたまらない出来でしたね。

うーん…不安だ。

Category: 映画、テレビ

tb 0 : cm 0   

訃報 声優の本多知恵子さん逝去 

そんなまさか…。信じられない思いで訃報を見た。
今年2月18日に多発性ガンで逝去されたそうだ。まだ49歳であった。

今はただただショックで、言葉が出ない。

Category: 声優

tb 0 : cm 0   

サイレントヒルHOMECOMINGとSHATTERED MEMORIESのサントラが輸入盤で発売されている! 

いつの間にか出てました。Amazonにあります。データによると2012年9月に出てたみたいです。
日本ではBOXセットにしか入らなかったHOMECOMINGとSHATTERED MEMORIESが単品で買えます。
が!!超注意事項が一つ。嬉しいSHATTERED MEMORIES単品販売ですが、Amazonデータの不備なのか、それとも海外版には使用されなかったから未収録なのかは不明ですが、収録曲を見ると主題歌「When You're Gone」が入っていません!!
なので収録曲数も全20曲となっています。どうか間違いであって欲しい!しかしまあ私はBOXセット買ったからどうでもいいんですが。
HOMECOMINGはBOXセットと全くの同内容。
あと通販限定だったZEROのサントラ(海外だと“ORIGIN”というタイトル)も売ってます。ZEROは収録曲見る限りBOXセットと同内容。
あと4のサントラ。これ国内盤?通販限定だったのが一般発売されたのか輸入盤なのか何なのかよくわかりませんが、収録曲が書いてなかったんでやっぱりよくわかりません。
Amazonの説明書き見ると国内盤を中古で出品してるだけっぽいですが。BOXセットとの違いは怪談CDつきかどうかだけなんで、まあ好き好きで。

いやあ海外だと大人気なんですねー、サイレントヒル。国内の冷遇ぶりがまるで嘘のよう(笑)。恐らく映画公開に合わせて再発されたんでしょうね。
ちなみに1も輸入盤ありますが、同内容かは不明。滅茶苦茶な値段つけられているのでオススメしません。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

真女神転生Ⅳ5月23日に発売予定 

早期購入特典でサントラつくみたいだ。
とはいえ詳細は不明。いわゆるオマケ的なものだろうとは思うが。
作曲者が誰か判明したら買うか。増子さんなら買うの確定だが、まあありえんだろう。黒川真毅さんも復活しないだろうし。
私的に大して期待してない。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

立体化されたゲームの機体 

最近はプラモも全然作らなくなってしまったけど、最近『MS IGLOO 重力戦線』を見て強襲型ガンタンクに一目惚れ。早速地元のイエローサブマリンに行って探すが、無し。後で調べたらこれってキット化されてねえでやんの。こんな熱い機体を!!フレイムスロウワー吐き出すガンタンクなんてこいつしかいねえよ!
て、監督とかメカデザインとか見て納得。ボトムズの面々じゃねえか!それも異端メンバー。そりゃあメカと銃機描写にこだわるはずだわ。

まあそれはまた次回にたっぷり語るとして…。

そんなわけで久しぶりにイエローサブマリンに行ったら、結構ゲームの機体がキット化しててびっくり。
以下、見つけたものと後で適当に調べたやつを適当に羅列。欲しい人は適当に検索して調べてね。

・レイストームのR-GRAY
・ダライアスバーストのレジェンドシルバーホークバースト
・シルフィードの機体
・斑鳩の機体
・R-TYPE FINALのR9アローヘッド
・アーマードコアの色んな機体
・ギャラガ
・ゼビウスのソルバルウ(これから発売される予定)
・スパロボのダイゼンガー(スパロボは他にも色々)
・重装騎兵レイノス
・グラディウスのビッグバイパー(確か何かのアニメに出てきたバージョンのキット)
・バーチャロン

あと、ガチャガチャだか食玩だと結構色々出てたみたい。例えば…
・メタルブラックのブラックフライ
・X-MULTIPLYの機体
・レイノス
・ツインビー
・ダライアス
・ウルフファング
とか色々。
ブラックフライ出てたとは…。超欲しいが、ガチャガチャじゃちっちゃいしなあ。ダイキャスト製の頑丈でデカいやつが出たら欲しいなあ。もちろん箱絵は仙波さんで。

で、フロントミッションが出てないってのは意外。初期の横山宏デザインの機体がめちゃくちゃ好きなんで出して欲しいんだけど。
同じ横山宏繋がりでキリーク・ザ・ブラッドの機体とかすげえ欲しい。きっと横山さんは自分で作って持ってるんだろうなあ。いいなあ。ちなみに上に挙げたギャラガは横山さんがデザインし直したもののキット化。すげえカッコいいんでオススメ。


ゲームのメカものキットってまだまだ新しい市場なのかな。アニメと違って知名度がわかりにくいしなあ。ガンダムみたいに誰でも知ってる機体なんてあるかな?
ゲームはプレイしてたけど機体なんて見てない人の方が多いんじゃなかろうか。それに昔のはドット絵で小さかったし。
シルバーホーク出されて、これはダライアスの機体だ、ってわかる人はあんまりいないような。
でもゲームのメカものって意外にカッコいいのがあるんで、どんどんキット化してもらいたいもんだ。

一番キット化してもらいたいのは、やっぱりキリーク・ザ・ブラッドの機体。あれカッコいいんだよなあ。スコープドッグみたいな野暮ったいデザインながらも、丸みを帯びたフォルムが生物っぽくて。
あとは…チョップリフターとか(笑)あ、アインハンダーもいいなあ。もちろん全武装付きで(笑)
あとスターラスターとか。どんな機体なのかすげー気になる。

あ、そうだ。
エースコンバットシリーズはほぼ全部キット化してるな。なんたって実在の戦闘機だし(笑)。架空の機体がキット化してないかな。多分。調べてないからわからんが。
エリア88は、その昔に新谷かおるの箱絵でキット化してた。ミッキーのトムキャット買った覚えがある。

今のところレイストームが欲しいが、作るのめんどくさい…(笑)。

番外編
・ガンヘッド
最近プラモ出てたんだね。しかも1万円ぐらいするし、パーツめちゃくちゃ多いしすげえのなんの。
昔も出てたな、確か。CMで小学生とガンヘッドのキットが並んで、小学生の腰ぐらいまでの高さがあったような…。相当デカかった記憶がある。

・補足
フロントミッションはトレーディングアーツとかいうシリーズで出てた。知らなかった…。とはいえガチャガチャの一種みたいなやつであまり出来はよろしくない。
アーマードコアみたいにプラキットで出てほしいもんだ。

Category: ゲーム

tb 0 : cm 0   

映画『脳男』の主題歌にキングクリムゾン!? 

『脳男』のCM見ました。

いきなり「21世紀の精神異常者」が流れたんで、またCM用に使ってるだけだろうと思ったら、なんと映画の主題歌!
ほほう、ってことはこのキングクリムゾンの深遠な世界観と『脳男』の世界観が一致しているってことなんだな?と思いました。
ロバート・フリップ御大はどう思ってるんでしょうね。聞いてみたいもんですな。
俺的には、まあこんなどうでもいい邦画でも何でも、このキングクリムゾン初期の傑作『クリムゾンキングの宮殿』の「21世紀の精神異常者」に触れる機会が増えたってのは嬉しい出来事です。これをきっかけにプログレに興味を持つ人も出てくるでしょうし、私的には素直に喜ばしいことです。と、一応冷静に言っておきましょう。
その実、心中穏やかでないのは言うまでもありませんので言いません。察して下さい。

近年、車のCMでもEL&Pの「TARKUS」、YESの「HEART OF SUNRISE」が使われたりしましたね。
また、アニメの『ジョジョの奇妙な冒険』ではエンディングにYESの「ROUNDABOUT」が使われたりと、思うにプログレ世代が制作者側に増えてきたことの表れなんでしょうかね。それも、いわゆるプログレ信奉者ほどではなく、一般の流行りの洋楽としてプログレを聞いていた世代。70年代に中学、高校生だった人たち、つまり今の50代半ばから後半の世代ですね。この世代が今、監督やプロデューサーなど重要ポストについている結果なのかもしれません。
また、それらの世代から教えを請うた世代もまた影響を受け、プログレを使用しているのかもしれません。
もう一つ、流行りの洋楽を使うにもありきたりなものより、もっとインパクトを求めた結果なのかもしれません。ビートルズ、ツェッペリン、ディープパープル、ジミヘンなどはあらゆる映像作品に使われ過ぎていて、もうこれ以上のインパクトは求められない。そうだ、プログレがあるじゃないか!と、なったのかもしれませんね。プログレはインパクト絶大ですから。

車の宣伝の場合は購買層を考慮しますから、プログレを使用しているということはその世代にターゲットを絞っているということになります。まあ映画も同じですが。
要するに、その作品の中身と合ってる合ってないは二の次で、プログレが販売戦略に組み込まれた形になりますね。タイアップってやつです。そうやって音楽の知名度が上がるわけです。もちろん作品内容に合ってる方がいいに決まってますが。

何でもいいから、プログレどんどん流して欲しいですね。テレビからレヒヨロレヒヨロ♪と「悪魔の呪文」が流れる日も近い!?

でもまあプログレ好きの俺としてはちょっと複雑な気分です。
というのも、テレビ番組の『シルシルミシル』で、かのキース・エマーソンが手掛けた映画『幻魔大戦』から「地球を護る者 Challenge of the Psionics Fighters」が毎週毎週使われているのを聞くと「もうやめてくれ!」って言いたくなるからです。頼むからそんなに軽々しく扱わないでくれ、と。あの曲は、りんたろう監督の映画『幻魔大戦』の最後の最後を飾った、強烈で大切な音楽なんだ、と。大量生産される工業製品のような音楽じゃあない。だからそんなに軽々しく流さないでくれ、と。
そういう気持ちがあるので、確かにプログレをどんどん流して欲しい反面、やめてくれ、とも思うという…どうすりゃいいんですかね(笑)

Category: 映画、テレビ

tb 0 : cm 0   

『笑ゥせぇるすまん』が初DVD-BOX化! 

心の友、アソラソ氏より朗報を受け、ご紹介。

藤子Aの傑作ブラックユーモア『笑ゥせぇるすまん』が全126話、スペシャル版もVHS未収録話も全て収録して復活の快挙!ギニヤー!!
3月20日、40425円で発売予定。

これでサントラを特典でつけてくれてたらさらに嬉しかったんだが、そういった特典は無い感じ。

Category: アニメ

tb 0 : cm 0