04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

海外ゲーム音楽メタルアレンジ特集 

今回紹介するのは、全てiTunesでダウンロード出来ます。
では早速!!

まずいきなりパワーレンジャー!!!そう、SFCのナツメ作品の、あのパワーレンジャーのメタルアレンジが収録されているアルバムです!
『Versus Video Games 2』!!
もちろん、ステージ1楽曲のあの哀愁漂う名曲をアレンジ!ああ、原曲のサントラが欲しい…。出すのは難しいんでしょうけど。クラリスさんでも出せなかったですからねえ…。権利関係って難しいなあ。
で、このアルバムはいろんなゲーム音楽をアレンジしてるんですが、選曲もさることながらアレンジ具合も良い感じで、メインメロディを下手にいじることなく、原曲を最大限にリスペクトした内容となっており、原曲ファンも安心して聴くことの出来る納得のクオリティに仕上がってくれちまいやがってよおおお!!!
熱い!熱い!アツクテシヌゼェェ!!!これは絶対にオススメのメタルアレンジです!
ただ、一人で手掛けているようなので、ドラムが多分打ち込み。とはいえ良い音源を使っているようなので迫力は中の上、まあまあありますね。
第一弾ももちろんオススメ。1の方はドラキュラ、魂斗羅、スーパーマリオ、FFなど有名作品が多く、筆者としては特に面白みを感じないのですが、これらの楽曲の良アレンジを探してる方にはオススメ。
アレンジャーはDaniel Tidwell氏。さらにこの人、なんとミスティッククエストのバトル楽曲をアレンジしたアルバムもあります!!!ずばり『Mystic Quest for Metal』!!これはもう涙、涙、涙…。
笹井さん!!海外にはこういう人もいるんですよ!もうこりゃあ本家が出るしか!!と祈らずにはおれません。
いやあ、こういう良いものを見つけた時、ホント、今は音楽に関しては良い時代になったなあ、と実感しますね。


お次は魂斗羅!!忍者龍剣伝!ダブルドラゴン!!外人の大好物を目いっぱいアレンジしまくったアルバム『No NES for the Wicked』です!Vomitronというバンドが演奏しています。
このアルバム、1作品につきメドレー形式でアレンジしており、主要楽曲を立て続けに聴けるという、おなか一杯なメタルアレンジアルバム。
特に忍者龍剣伝はオープニングのあの印象的なビジュアルシーンからアレンジしている、という徹底ぶり。俺の脳裏に、月夜に倒れたジョー・ハヤブサの姿が浮かびあがります。途中途中のビジュアルシーン音楽もバッチリアレンジ。ってかゲームの流れにそってエンディングまで全曲アレンジしているというかなりの力作。
しかし!!残念ながら場面転換の時のあの曲だけアレンジし忘れてます(笑)。う~ん、ここまでやってるのに、残念だなあ。
とはいえメタル的にも音が重々しくてかっこいいので、クサメロ好きなメタラーさんにもオススメの逸品。スピード感もバッチリで原曲を損なっていません。ちゃんとドラムも演奏してるっぽいですね。しっかりとしたバンドサウンドになってます。
ダブルドラゴンも魂斗羅もこういう感じでアレンジしてるんで、1曲が8~9分くらいとかなり長いです。
他にもゼルダ、ドラキュラ、珍しいところでは超惑星戦記メタファイト(!)をアレンジしています。メタファイトは海外版の名前「Blaster Master」になってます。

さ~てお次はアルバム『Entertainment System 64』。
このアルバムでの聴きどころは、やはり超珍しいアレンジの1943のステージ1楽曲。この曲のアレンジって他で聴いたことがないです。ただ残念なのはメドレーアレンジの中の1曲だ、ということ。1943~メタルギア(初代)~トップシークレット、という戦争アクションゲームメドレーとなっているのは面白いんですが、1943だけでアレンジして欲しかったなあ、というのが正直なところ。しかし、これもやはり原曲そのままのアレンジなので、嬉しい限り。ちなみにトップシークレットは海外表記の「Bionic Commando」になってます。
他には外人にしては珍しい、いや国内でも結構珍しいスペースハリアーのメインテーマ、ロックマンXアレンジ、スターフォックスのCorneria~Asteroidsアレンジなどがあります。スターフォックスが結構良い出来ですね。
こちらもバンド形態のようで、各楽器ともしっかり演奏してる…と思います。最近はいいドラム音源があるんで、聴いただけだとなかなかわかりづらく…。もっと耳の修行しないとなあ。

さて、ざっと紹介しましたがいかがでしょうか。これらのゲームタイトルに「おっ!」と思ったら、ぜひ試聴してみて下さい。
当ブログとしては自信をもってオススメしているアルバムばかりです!!
スポンサーサイト

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

パズルゲームの革命『Gorogoa』 

現在公式サイトにて、無料の体験版がダウンロード出来る『Gorogoa』。
公式サイトはhttp://www.gorogoa.com/

不可思議なビジュアルと、セリフを用いないストーリー展開、静謐な音楽が持ち味。
やってることはドラッグ&ドロップによる絵合わせパズルみたいな感じですが、このゲームの素晴らしいところは、それによって先の読めないストーリーが展開していくことにあります。
その展開の仕方が面白い。
例えば、窓枠の絵があったとして、その絵をスライドすると窓枠が取れて下から全く別の室内の絵が表れ、窓枠と室内の二枚の絵が表れる。今度は室内の絵をクリックして拡大し、その窓枠を室内のある絵に使うと別の景色が表れ…といった風な感じに次々に展開していきます(実際のゲームにこんな場面はありませんが、例えるなら大体こんな感じです)。

取りあえず、まずは動画をごらんあれ。ただし解法がわかってしまうので、嫌な人は先に公式からダウンロードしてみて下さい。



で、まだ完全版は発売されていません。公式によると2013年の終わりか2014年の早い時期、となっているのでまだまだ先のようですが、発売されたらまず間違いなく買うでしょう。

音楽の方は全てMagnatuneというところの音楽を使用しているようです。
クレジットを見ると全曲わかりますが、一応のせておきます。また、これらの楽曲は全てiTunesでも販売しているので、それぞれのアーティスト名などで検索すれば購入出来ます。ポッドキャストでもMagnatuneってのがありますね。どうやらさまざまなジャンルの楽曲を素材として提供しているような感じですが、よくわかりません。

GOROGOA
(a work in progress)

Created by Jason Roberts
Music:
"A Dialog of Silk"
by Jami Sieber
from the album "Unspoken"

"Unfurl"
by Kourosh Dini
from the album "Calm"

"Reflections of Sky"
by Kourosh Dini
from the album "Calm"

"Blur"
by Kourosh Dini
from the album "Live At Bliss Gardens"

"Winter"
by Kourosh Dini
from the album "Water and Sky"

"Family and Ancestry"
by Kourosh Dini
from the album "Ontogeny"

"Offertorium - Jubilate Deo-Vox Nostra"
by Vox Nostra
from the album
"Vocal music of the Cathedral Notre-Dame de Paris in the year 1200"

"Hang Journey"
by Laura Inserra
from the album "Hang"

All music courtesy of
Magnatune.com

Category: 今ゲーセレクション

tb 0 : cm 1   

今ゲー音 カシマセレクション ダウンロード編 2 

今ゲー音第二弾。

『STALKER soundtrack』
PCのサバイバルホラーFPS。
プレイしたことないです。チェルノブイリ原発汚染地帯で怪物と殺り合うゲームだそうで、ほほう、といった感じ。面白そう。
音楽の方は音響系で、メロディ無し!完全に雰囲気のみ。サイレントヒルやサイレン2あたりの低音ビヨビヨな雰囲気のみの音楽が好みならいいんじゃないかと。
で、ここで紹介するからには、当然そんな音楽ばかりではない。
サントラ終盤の13曲目「Firelake - Fighting unknown」と14曲目「Firelake - Against the ionized odds」が、やたらとヘヴィでめちゃくちゃかっこいい!インストもので、近年のプログレメタルな感じ。デレクシェリニアンのソロ作とか好きならオススメです。13曲目「Firelake - Fighting unknown」はギターゴリゴリな上にフルートらしき笛系の音がメロディをとるってのは珍しい。そのメロディもちょっと変なメロディで、プログレ系リスナーにもオススメ。
14曲目「Firelake - Against the ionized odds」もヘヴィヘヴィヘヴィ~~~!!!!かっこええです。終盤でのピアノのメロディが良い。
で、12曲目の「Firelake - Dirge for the planet」のみ女性ボーカルで、アコースティックギターの哀愁漂う名曲。アランウェイクみたいなミステリアスな雰囲気で、素晴らしい出来。こちらはヘヴィではなくて、アコースティックギターとストリングスの楽曲。
そして、こんな素晴らしいサントラが公式で無料でダウンロード出来ます。なんてこった!!!Oh,myガァドです。ホント、音楽に関しては良い時代になりましたね。
ただ、このサントラはogg形式なんで、iTunesで聴いたりするには変換ソフトが必要になってきます。


お次は『Street Fighter X Mega Man OST』。
これはストリートファイターシリーズの音楽をロックマン風8bitにアレンジしたという、面白すぎる作品。ダウンロードは無料というかなんというか、ダウンロードする人の言い値になってます。お金払いたい人は払えばいいし、イヤならゼロでダウンロード出来ます。
いや、でもこれ普通にCDで売っても買いますよ。それぐらいすごくよくできてます。
例えば、ロレントステージの楽曲がヒートマンステージにしか聞こえないアレンジになってたり、ダルシムステージの前奏がスネークマンステージそのままだったり、面白いアレンジがたくさん聴けます。
ストリートファイターとロックマンが好きなら思う存分楽しめます。
カプコンのロックマン25周年企画だそうで、カプコンが監修して海外のファンが作りあげたそうです。PCゲームも無料でダウンロード出来ます。
ゲームの方は、カプコンの公式サイト内のロックマンシリーズ公式からダウンロード出来ます。

さて、最後はアランウェイクの続編『Alan Wake's American Nightmare』の楽曲『Balance Slays the Demon』。
あの「Old Gods of Asgard」の新曲です!!iTunesで配信してます。めちゃかっこいいです。前作の「Children of the Elder God」もサバス風でめっちゃくちゃかっこよかったですが、今回は思いっきりメロディアス・ハード!!まるでフェアウォーニング。すっばらしいね!!こんなん配信してるなんて全然知らなかった…。
ってかもうここまできたら、Old Gods of Asgardでフルアルバム作りましょうよ。

いやあ、音楽ダウンロードってのも探してみると結構良いのありますね。こうなってくると確かに「CDいらね」ってなるのもわかる気がします。CDで売るのって結局売れ線ですしね。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

海外の人が日本のゲーム音楽をアレンジ 

海外の同人アレンジ…っていうんですかね。すげえ良いアレンジを見つけたんでご紹介。

http://housethegrate.net/

housethegrateっていう名前なんですかね。それもよくわからんのですが…(笑)。
トップページのMUSICってとこを押すとアルバムが二つ出てきますが、どちらもフリーダウンロードとなっておるようです。
なんといっても選曲が面白い!!海外ならでは、というのかなんというのか、日本人も見習って欲しい!!
ちょうどいい感じのところをついてきますね。当ブログ管理人のカシマとしては超ドストライクの選曲。

有名どころのFFとかクロノトリガーとか悪魔城ドラキュラはまあ国内でもあるとして、なんといってもコナミの『激亀忍者伝』!!うっひゃああああ!!!こりゃあドツボ。こんなのやる人いたんだなあ、とすっげえ驚きました。めっちゃくちゃ懐かしかったです。しかも原曲そのまんまをギターで再現したアレンジなんで、アレンジ嫌いな人にも絶対にオススメ出来ます。超ノリのいい名作です。
海外なんでタイトルは「Teenage Mutant Ninja Turtles」になってます。何だよ激亀って(笑)。当時、TMNTを知らなくてファミコンを先にプレイしていたので、アニメや映画になった時に「あ!激亀だ!!すげえ!!」ってびっくりしたのも良き思い出です。ファミコンオリジナルのキャラクターだと思ってたんで。逆だよ逆(笑)。

さらにはファミコン『マダラ』!!いやあ、ホントいい選曲してるわ(笑)。マダラ好きなら感動しますぜ。

さらにさらに『カルノフ』!!でた!!デコ!!しかもファミコンのあの雷SE入りで爆笑。

そして極めつけはダブルドラゴンのテーマ!!!!海外じゃかなり人気らしいですねー、ダブルドラゴン。映画化もされたみたいですし。国内じゃ何ら話題にもならなかったですけど(笑)。
やっぱあの旋律が流れると燃えます。黙ってられない(笑)。ダブルドラゴンは俺の青春だからだ!!!

ということで、「激亀忍者伝」!!!もうこれに尽きます。思い出がありすぎるし、泣くほどプレイした良き思い出のソフトなんで。

え~と、おまけで海外アニメ版『ダブルドラゴン』のオープニングを。
ってかダブルドラゴンってアニメにもなってたんだ!!へえ~~。

何これ、すっげえかっこいい!!!(笑)。
やべえ、このアニメ見てえ!!!!
それにこの主題歌、脳内に焼き付いて離れませんね。たまらないかっこよさです。うわあ、欲しいなあ。
なんか『闘将!!拉麺男』のオープニングのアニメと主題歌の「輝け!ラーメンマン」を思い出しましちまいました(笑)。

Category: 同人音楽、M3

tb 0 : cm 0   

隠れた名曲の数々-PSソフト リング・オブ・サイアス 

PSで発売されたファンタジー系サウンドノベル『リング・オブ・サイアス』。
ファンタジーってのがなかなか珍しいタイプですが、肝心の中身はあんまり…(笑)。

それはともかく、なにより音楽が非常に素晴らしい。
作曲者はクライズラー&カンパニーの斉藤恒芳氏。
オープニング曲とエンディング曲では、葉加瀬太郎がヴァイオリンを弾いています。劇中曲は優雅で美しいピアノ楽曲や、サスペンスサントラ調のものがあり、どれも気品漂う優れた楽曲です。
サントラ出てないのが非常に残念。
ただ、調べたところによると『時空転抄ナスカ』のサントラで、この『リング・オブ・サイアス』の楽曲が流用されているらしいです。

Ring of Siasオープニング



かっこええなあ。サントラ出てないのが信じられない。
PSソフトの方はシンプルシリーズでも出てたんで、かなり安く手に入ります。
斉藤恒芳氏は、ゲームだとこれしかやってないのかな?
アニメは結構手がけてるみたいですが。ゲームサントラをまた手がけて欲しいですね。

Category: サウンドノベル

tb 0 : cm 0   

Romcassette Disc In KEMCO発売記念(動画変更) 

まさかのケムコ発売記念として、当ブログ管理人カシマがDSのKORGM01のみでSFCジェノサイド2のステージ1-2楽曲を再現しました。最後のフェードアウト部分だけサウンド編集ソフトを使っています。
なお、ドラムが原曲と異なります。

ニコニコ動画


音楽知識皆無なカシマですが、まあそこはそれ(笑)。気合で何とか作りました。
こんなんでも結構時間はかかってます。まあ1週間くらい(笑)。
コードとかいろいろわかるようになってくると、もっと簡単に出来るんだろうなあ…。

(このページには以前ギターとドラムをサンプリング音源で差し替えた音源がありましたが、出来が悪かったので変えました。ここにアップされている音源の方が先に作られています)

Category: ニコニコ動画投稿履歴

tb 0 : cm 0   

ネットラジオでゲーム音楽 

海外サイトですが、ここではファミコン、スーファミ、ネオジオ、メガドラなどロムカセットのゲームミュージックだけでなく、PSやSS、PC、アーケードなどなどあらゆるゲーム音楽を放送しています。
もちろん、海外ゲーム音楽も放送しています。
作業用に流しておくのもいいですね。

http://nolife-radio.com/

聴いた瞬間、SFCニンジャウォリアーズアゲインが流れて思わず拍手喝采。うおおナツメだ~!!と熱くなり、そのままずっと聴いてしまいました。
PSPのネットラジオ機能を使えばPSPでも聴けます。多分。

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

次のロムカセシリーズは…驚愕のメルダック!! 

毎回、とんでもねえ作品を発掘し続けているわれらがクラリスディスクさんですが、今度はなんとメルダック!!
メルダックと言えば、源平討魔伝で知られる中潟憲雄氏!!そして『暴れん坊天狗』!!そう、あの気ィ狂った世界観を持つ異色中の異色作がまさかのサントラ化!!
収録作品も濃い!濃すぎる!!ってかメルダック選ぶ時点で既に濃いですが。

FC『暴れん坊天狗』
GB『天神怪戦』
GB『読本夢五誉身~天神怪戦2~』
GB『平安京エイリアン』

どうですか、このラインナップ!!充実しすぎです。正気の沙汰とは思えない!!

願わくば、これらの作品をぜひともRemixで出して欲しい!!
それも中潟憲雄氏によるアレンジで、ぜひ!!アクアポリスよ、もう一度!!と叫ばずにはいられません。

サンソフト以降、Remixアルバムが出ていないのでずっと待ってます。既にナツメ、トーワチキ、HOT-B、ケムコ、ナムコと素晴らしすぎるラインナップが出ているので、そろそろRemixが出てくれてもいいんじゃないかな~。期待してます。
ジャレコとサンソフトRemixはあまりに素晴らしかったので、今でもずっと聴き続けています。特にシティコネクションのボーカルアレンジ『25 Color Twilight』がお気に入り。歌詞も面白いし、声も良いし。もちろんアレンジ具合も素敵です。

『暴れん坊天狗音楽集 Rom Cassette Disc In MELDAC』は6月22日!!
堂々の復活を遂げます!ああ楽しみ。

発売を知って思い出しましたが、筆者の記憶では確か『天神怪戦』のCMソングがあった気がします。
『てんじん~かいせ~ん~♪』っていう変な民謡?みたいな歌が。もしかしたら記憶違いかもしれません。

また、電撃オンラインにてクラリスディスクプロデューサーの吉川延宏氏のインタビュー記事が掲載されています。
それを読むと、ビック東海とかカルチャーブレーンとかVapとか、目まいがするような名前が…。この先のラインナップも超充実しそう。いやあ、今後も楽しみだ!!

筆者としては、やはりデービーソフト。『頭脳戦艦ガル』ですね。当時、あの高音で高熱出してうなされましたから、思い入れも人一倍あります。いや、実話です、これ。本当に。

上記の電撃オンラインのインタビューを見ると、どうやらPS、SS期も視野に入れている様子。
それなら、やはりSSの伝説、「デス様」こと『デスクリムゾン』ですかね(笑)。

筆者としてはPSの『上海』。PS期はサントラが結構出てますが、パズルゲームって結構無視されがちなんですよね。特に『上海』は中華フュージョンな感じで名曲が多いだけに、サントラはぜひ出して欲しい作品。ソニーなんで権利関係ははっきりしてると思いますけど。
同じソニーだと、やはり『フィロソマ』。大谷幸さん作曲なんでこれも許諾が得られれば、って感じなんですかね。権利関係ってよくわからないんで。
あとは『キリーク・ザ・ブラッド』1と2のPS音源盤とか『クーロンズゲート』全曲集とか(笑)。出たら奇跡ですね、これは。
PS『土器王紀』も結構根強い人気があって、サントラ化希望してる人は多いみたいですね。バンプレストですし、これもすんなりいきそうですが。って素人考えですけど。
バンダイのクイズゲーム『謎王』もクーロンズゲートバリの変な世界観とBGMが面白くて、サントラ化して欲しい逸品ですね。
素人の筆者がぱっと思いつくだけでこれだけあるんですから、まだまだ膨大な候補作品があるんでしょうね。
盛り上がりますねえ(笑)。マイナーゲーム好きな筆者は俄然燃えます。

クラリス最高!当ブログは、クラリスディスクをこれからも末永く応援していきます。


最後に、参考までに『暴れん坊天狗』と『天神怪戦』の動画を。
ってかこの天狗はいったい何と戦ってるんだ(笑)。

『暴れん坊天狗』


『天神怪戦』



プログレッシヴですなあ~(笑)。


おまけ
シティコネクションCM


うわあ~川浪葉子だあ~!!!そうか!クラリスはココナだったのか!!初めて知りました。
カリオストロのクラリスとは全然違いますね。あっちのクラリスは完璧なお嬢様、こっちのクラリスは蓮っ葉なイケイケ姉ちゃん。どっちがいいか、って?もちろん川浪葉子に決まってます!!!
しかもナレーションは古川登志夫!!いやあ、時代を感じますなあ。

当時、ゲームのCMって言ったらナレーションは古川登志夫、堀内賢雄、青野武でしたね。筆者にはこの三人の印象しかないです。そして香港映画の番宣といったら内海賢二!!

追記…あとで急に思い出しましたが、てんじ~ん~かいせ~ん~♪っていうCMの話、あれ、『天神怪戦』じゃなくて『中華大仙』でした。
ちゅ~か~たいせ~ん~♪とかいうフレーズのCMが当時あったかと。ファミコン版だった気がします。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

プログレゲー音 

プログレありジャズロックありフュージョンありテクニカルロックありで、まあ簡単に言えば俺の趣味、と(笑)。

各地でこういうプログレっぽいゲーム音楽を紹介しているところが多いので、じゃあ俺もやってみるか、という安易な考えでやってみます。

え~ではまず『太鼓の達人』から「宇宙SAMURAI」を。

作曲してる人は檜山太一さん。ヴァイオリン奏者らしいですが詳細不明。
ヴァイオリンが炸裂するフュージョンなサウンドで、同じくヴァイオリン奏者の岸倫仔さんのアルバムが好きならオススメ。




で、これがその岸倫仔さんのアルバム曲。かっこいいっす。




お次はメタルスラッグ!!作曲者は冷牟田卓志さんですかね。
しかしまあすげえ勢いでジャズロック!ギターなんぞはアランホールズワースかよ!?ってな感じ。
メタルスラッグ1のステージ2-1ですが、なんかこの曲だけ独特なんですよね。




参考までにアランさんの動画も。
METALつながりでMETAL FATIGUEを(笑)




お次はR-TYPE。といってもゲームに使われた楽曲ではなくて、イメージ楽曲。
R-TYPE DELTAのサントラに収録されたものです。後半の果てしなく続くギターソロがかっこいいですねえ。
フュージョンな感じですが、雰囲気がちょっとものものしいというか、そこはやはりR-TYPEをイメージしているからなんでしょうね。




こういうちょっとテクニカルなフュージョンっていうと、Side Stepsがオススメ。



吉祥寺シルバーエレファントでライブをやったりする、社会人バンド。アルバムも何枚か出してます。
目白のワールドディスクにはまだ結構在庫ありましたね。


とりあえずここまで。ってかプログレじゃなくてかなりフュージョン寄りになっちゃったな(笑)。
まあいいや。

Category: ゲーム音楽(プログレ、フュージョン系)

tb 0 : cm 0   

ホールズワース御大ご乱心!シングル『Highway Star』 

Snewというヘヴィメタバンドのシングル『Highway Star』にホールズワース御大が何故かギターソロを提供しています。なんですかね、これ(笑)。Highway Starはもちろん、あのディープパープルのHighway Starです。これをSnewが至極真っ当にカバーしてるんですが、ギターソロが入ってくると、もうホールズワース節(笑)あのウネウネとウネりまくる変態ソロが披露されます。ホールズワースファンなら爆笑必至(笑)Highway Starの雰囲気に合ってなさすぎでしょう(爆笑)
iTunesでも配信してます。ってかこれって絶対一発ネタだろ(笑)

というわけで、Youtubeで見られますんで、一度聞いてみて下さい。ヒドいです(笑)

Category: ジャズロック、フュージョン

tb 0 : cm 0   

RIDGE RACERを光吉猛修が歌う!!「Ridge racer (RIDGE RACER USA MIX)」 

iTunesにて絶賛ダウンロード販売中のRidge racer (RIDGE RACER USA MIX)!
光吉猛修&細江慎治!セガとナムコがまさかの協演!!

過去にセガバンダイの話が立ち消えてバンダイナムコになった、という因縁のある会社同士ですが(そんなんもう誰も覚えてないだろうけど)、こうして因縁を乗り越えて音楽によって繋がっていく…素晴らしいじゃないですか!
アップテンポでギターガンガンな乗りと「リッジレーサー~♪」なんて歌うところは思いっきりデイトナUSA!!しかしメロディはリッジレーサー!!まさにレースゲーム史上最強の楽曲が誕生したわけです。どちらの作品も大好きな俺にとってはたまらなく熱い1曲!!

作曲者はもちろん、細江慎治。編曲は、VGMdb(海外のゲーム音楽データベース)によると、ナムコの野呂祐一郎氏らしいです。野呂氏についてはよく知らないのですが、これもVGMdbによるとテイルズオブヴェスペリアとかファミソン8bitとかクリティカルベロシティーをやってた人らしいです。ギタリストなんでしょうかね?ギターソロがやけにかっこいいです。ドッギュウ~ン!!って感じで超攻撃的。良いですねえ。

PS-Vita版のダウンロードコンテンツでデイトナUSAの機体が使えるそうなんですが、それに合わせてこの楽曲を作ったらしいです。ゲームの方を持ってないのでよくわかりません(笑)。まあ当ブログではいつものことですが。

Ridge racer (RIDGE RACER USA MIX)はItunesにて150円で配信中!
当ブログ超オススメの1曲です!
ゲームを持ってなくても買いの1曲!!


Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

ネットつながった 

やっとネット繋げました。10年遅れてますね。10年早いんだよ!というセリフはありましたけど(笑)。

ってなわけで、音楽ダウンロードをまず真っ先にやりました。しかも神宮寺のサントラ。アマゾンでダウンロード販売しかしてないやつ。Jinguji Sound Chronicleというやつで、Vol.1とVol.2をまずダウンロード。
1の方は歴代テーマ曲やらをアレンジした音源。生ですねえ。こういうのを何でCDで販売してくれないのか疑問。2の方はDSセレクションということで、3DSの新作を中心にしたもの。

どうもダウンロード販売って好きじゃなかったんですが、いやー、便利だね!こんなこと言うとまるで時代遅れのジジイですけども(笑)。
音質は思ったほど悪くない感じ。ステレオで大音量で聞くには適してないでしょうけど、携帯音楽プレイヤーでヘッドホンとかで聴くには十分じゃないかな。

さて、これから忙しくなりそうです。
ゲーム音楽関係のホームページも作りたいし、自作のKORG楽曲も上げたいし。小説もちょいと書きたいし。
実は都市伝説を題材にしたほのぼの系小説書いてますが、まあそんなに面白くないです。でもまあいずれ。

そしていつかはM3に参加したいなあ、と。出展側として!
そこまで行きたいなあ。コミケは行く予定ないです。

パソコンの基本的な使い方もよくわかっていないので、まだまだ時間かかりそうです。ブログの方は相変わらず携帯でも打ちますが、基本PCになるかと。

とりあえず、怪しいサイト行かないようにしないと(笑)。ウィルスにも気をつけないとね。よくわかんないけど。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

今ゲー音 カシマセレクション ダウンロード編 1 

今どきのゲーム音楽なんてつまんなーい!

何をおっしゃいますか、あーた!今や生のフルオケがゲーム音楽やる時代。そのクオリティたるや、もはや映画音楽。
懐古趣味はもうやめにして、新しい音楽に耳を傾けてみませんか?きっと素晴らしい音楽に出会えるはず。
そこで、現代ゲーム音楽も好みであるカシマがセレクションした楽曲をご紹介。しかもダウンロード版しかない!というマニアなあなた向けのセレクション。そう、俺専用のセレクションですね。

さて、最初にご紹介するのは『L.A.Noire Official Soundtrack』。iTunes、Amazonでダウンロード販売してます。
楽曲は、神宮寺好きな人なら絶対の自信を持ってオススメする、渋ぅいジャズアルバムとなっています。
メインテーマからして、霧の中の夜明けを思わせる、孤高のトランペットが素っ晴らしいジャズ。ホットな演奏ではなく、抑制の効いたクール過ぎる演奏で、ビブラフォンとピアノの美しい響き合いがまたいいですねえ。こういう渋いトランペットというと、マイルス・デイビスの『死刑台のエレベーター』を思い出します。
全曲、生演奏による渋いジャズと映画サントラっぽいオケ曲で、1曲1曲は短いですが、どれも良い!
特に素晴らしいのは、女性ボーカル楽曲「(I Always Kill)The Things I Love」「Guilty」「Torched Song」の3曲。なんちゅうかマリリン・モンローみたいな艶っぽい声で、もろに俺好み。ぶっちゃけメインテーマとこのボーカル曲だけ単品で買ってもいいんじゃないでしょうか。

また、この渋すぎるメインテーマが気に入った人は『Video Game Music』(アーティストは「The New York Symphony Orchestra」。アマゾンに「The New York Symthony Orchestra」とあるのは誤りでしょう。アルバムジャケットにFEATURES THEMES FROM CALL OF DUTY‐HALO3‐L.A.NOIRE‐SUPER MARIO BROTHERSと表示されているアルバム)に、メインテーマのピアノだけの演奏バージョンと、ピアノをメインにしたカバーバージョンが収録されています。iTunes、Amazonともに配信中。こちらも良い出来なので合わせてどうぞ。
検索するには「Video Game Music New York」とでも入れれば出てきます。

下のYoutube動画で流れているものはサウンドトラックに収録されている「Minor 9th」という曲ですね。



全編こんな感じです。激渋いです。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0