05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ROM CASSETTE DISC イーーーーンメルダァアアアアック!!!! 

な・か・が・た・の・り・お!!!!!
マキシマムリスペクト中潟!!!!
なかがたさ~ん!!帰ってきてくれ~~~~!!!

というわけで、冒頭から暴走気味のカシマです。
ゲーム音楽業界、いや、音楽業界が騒然となり、社会現象をも巻き起こしかねない史上最強の刺客が遂に発売となりました。
『暴れん坊天狗音楽集 ROM CASSETTE DISC IN MELDAC』。
暴れん坊天狗。なんてナイスなネーミングなんでしょう。わけあってこの名前に落ち着いたそうで、本アルバムライナーによると、本当は『実録 怨念の生首』だったとか。

ぴんじられん!!(レイディバグ)

このライナーも非常に興味深い内容で、さすがクラリスさん!という素晴らしいインタビューを敢行されております。ナムコの源平プロに参加し、『超絶倫人ベラボーマン』『爆突機銃艇』に関わった大久保高嶺氏へのインタビューってのがまたマニアックな人選ですが、超貴重なインタビューとなったことは間違いありません。
多くの企業が単なる曲名の列挙に終わっており、簡素で寂しい内容となってしまっているライナーですが、クラリスさんは毎回全編フルカラーでゲーム画面写真をふんだんに掲載したり、マスコットキャラとなったクラリスの一言解説を載せたり、こうした価値あるインタビューを載せたりと、ファン感涙の有意義なものに仕上げています。
CD帯とCD背表紙の部分で、クラリスがしっかり天狗の面被ってるってのも抜け目ない(笑)。
だから毎回欲しくなるんですね。さすがです。
しかも今回はメルダック!!買わずに死ねるか!!

収録作品は、FC『暴れん坊天狗』を冒頭から全曲豪快にぶち込み、GBの『天神怪戦』『読本夢五誉身-天神怪戦2-』『平安京エイリアン』と怒涛に展開していきます。
そして、全て音質が素晴らしい!!これは本当に関心してしまうのですが、クラリスさんはCDを出すごとに音質が良くなっていっているんですね。日々精進の賜物だと思います。ファミコンやゲームボーイ実機特有のざらつきやノイズが抑えられていて、なおかつ迫力を失わないミックスの技の冴えを聴くことが出来ます。今回は今までのロムカセシリーズでも最高の音質なのではないでしょうか。ゲームボーイ音源を聴いてこんなにエキサイティングしたのは始めてでした。
それぞれの楽曲の素晴らしさは実際に聴いてもらわないとわからないので、取り合えず買ってもらうこととして。
当ブログでは、やはりアレンジ音源の「検非違使のテーマ」を取り上げなければなりません。なぜなら、当ブログ管理人カシマは中潟憲雄氏の大ファンだからだ!!!
実は、今回の一番の購入動機は、この中潟憲雄アレンジ版「検非違使のテーマ」が収録されているからです。まさかこんな音源が存在していたとは…。当時、ゲームボーイを持っていなかったのでゲームボーイ作品にはとても疎いもんでして。

で、このアレンジ版を聴いてみましたが、何というかもう中潟憲雄氏だよ!!!と言うしかない、どことなく和風のアレンジとメロディが秀逸な楽曲でした。とはいえ露骨な和メロ、和楽器を使用しているわけではなく、なんとはなしに日本の情景を思い浮かべてしまうような、中潟氏独特の雰囲気に仕上がっています。雰囲気としては、姫神せんせいしょんの『奥の細道』のような、テクノポップ風のシンプルなメロディが良いですね。しかし、そこはプログレ野郎中潟氏。かの源平を彷彿とさせるエキサイティングな箇所があり、何度聴いても素晴らしい楽曲に仕上がっています。
で、これを聴いて冒頭の暴走に戻るわけです。

な・か・が・た・の・り・お!!!!!
マキシマムリスペクト中潟!!!!
なかがたさ~ん!!帰ってきてくれ~~~~!!!

1枚で4作品もたっぷり聴ける上にこんな素晴らしい発掘アレンジ音源が聴けるとは、なんて贅沢な中潟づくし!!
惜しいのは、どの楽曲が中潟氏なのか大久保氏なのかがわからないところですかね。聴けばおおよその検討はつくぐらい個性的ではありますけど。

で、肝心のサントラの中身について。
『暴れん坊天狗』聴いてまたもやクラリスさんに感心したのは、ステージセレクトの曲「Verge Of Danger」がしっかり約7分入っているところですね。この曲は自分でも録音したことがあるのでわかるのですが、大概のファミコン音源は30秒とか1分で1ループしますが、これはいつまでたっても曲がループしない。いつになったら終わるんだ!とずっと聴き続けていたところ、ようやく7分あたりで冒頭に戻りました。つまりどういうことかというと、7分が1ループ、という(笑)。恐ろしい楽曲です。妖星乱舞もびっくりです(笑)。こんな楽曲をファミコン時代にやっていたなんて、恐ろしいとしか言いようが無い。
曲順はしっかりゲームの進行に沿って見直されていますね。やっぱりさすがのクラリスさん。手抜き無いですね。『暴れん坊天狗』ではサウンドテストが搭載されていますが、そこの曲順とは全く異なります。サウンドテストでは冒頭がいきなり「Delta Rap」というカオスぶりです。しかもこのサウンドテスト、意味不明な仕様があり、左右別々のチャンネルから全く別の楽曲を同時に流すことが出来るという、簡易リミックス機能を搭載しているんですね。カオス極まりない「Delta Rap」を左右別々に、タイミングをずらして流すとどうなるか…。そのカオスぶりは実際に音楽編集ソフトなどで再現してみて下さい。ぶっ飛びます(笑)。
こんな無駄な機能を搭載していることからも、『暴れん坊天狗』の暴れっぷりが発揮されていると思います。

『天神怪戦』『天神怪戦2』『平安京エイリアン』はプレイしたことがないのでよくわからないのですが、音楽は相当に素晴らしいですね。『天神怪戦』の和風カオスぶりがプログレ野郎にはたまりません(笑)。
『平安京エイリアン』は親しみやすいポップなメロディが秀逸。名作と言って良いでしょう。中潟氏の魅力が存分に発揮されている作品ですね。ってか中潟氏だと思います。ライナーでは触れられていないので。ネットで調べると中潟氏のようです。ってかどう聴いても中潟氏です。源平というよりはアクアポリスでの楽曲のような雰囲気がありますね。
シャッフルリズムのロケンロールな楽曲「VSモード」は大久保氏と中潟氏の合作のようですが。しかし中潟さんのロケンロールな楽曲ってもの珍しい。興味深いですね。
ゲームボーイの対戦機能を生かして、それぞれのゲームボーイから違うパートの音楽が流れて、それが合わさって1曲になって流れてくるというのも面白いアイディアですね。そしてそれをちゃんと再現した音源も収録されているのもさすがです。

それから、今回は発売記念で暴れん坊天狗ラベルのエキサイティング焼酎なるものが出たそうで。クラリスさんの公式ショップで買ったらそのラベルが一緒に送られてきました。特にそういう告知は無かったので、これはうれしいサプライズ!!こういうことがあるからやっぱりクラリスさんの公式で買うのが一番ですね。包装もしっかりしてるし、納品書もちゃんと封筒に入れて同封してくれるし。こういうちょっとした気遣いがあると、また次も、っていう気持ちになりますよね。小さな会社だからこそ出来る気遣いなんでしょうね。

というわけで、当ブログは引き続き、クラリスディスクを応援していきます。

さあ次回はサンソフトのアーケード音源だそうで。新シリーズスタートということで、非常に期待しています。
スポンサーサイト

Category: クラリスディスク

tb 0 : cm 0   

ある日のゲーム音楽マニヤと一般人の反応 

ゲーム音楽マニヤの俺の日常風景。思い当たる人もいるのでは。


俺「ゲーム音楽好きなんだけど、普段聴いたりしますか?」
一般人「いや、聴かない」
‐終了
これが一番多いパターン。


俺「ゲーム音楽って聴いたりしません…よね?」
一般人「あ、聴きますよ」
俺「ほうほう、例えばどんなのですか?」
一般人「あ~…どうぶつの森?とか」
俺「ああ…。CD持ってます?」
一般人「いや、だってゲームやれば聴けるじゃん(笑)」
‐終了
それ、聴いてるって言うのか?とキレかかる寸前で止まる俺。でもこういう人は多い。


俺「おや、ファイヤーエムブレムやってるんだ」
一般人「今ハマってるんすよ」
俺「毎回音楽もカッコいいよね」
一般人「いやあ気にしたことないっす」
‐終了
これも多いパターン。


一般人「パズドラ面白いよパズドラ。カシマさんもやれば?」
俺「ああ、サントラCDだけ持ってますねえ。それ音楽結構いいんで。昔ロマサガ作ってた人が音楽やってて」
一般人「へえー。普段音切ってるから聴いたことないや」
‐終了
聞けよ!とキレかかる寸前で止まる俺。


一般人「ねえ、カシマくんっていつもどんな音楽聴いてるの?」
俺「ああ、大体いつもゲームの音楽ですね」
一般人「え?ゲーム?あのピコピコしてるやつ?」
俺「いや、最近は結構凄いですよ」
一般人「へえー。それって聴いてて楽しい?」
俺「ええ。色んなジャンルがありますからね、楽しいですよ。何か聴いてみます?」
一般人「私はいいよ」
‐終了
今だにゲーム音楽=ピコピコという人はいます。


俺「(取り敢えず)ロマサガって音楽カッコいいよね」
一般人「ああ、懐かしいっすね。結構やりましたよ」
俺「おお、そうか。七英雄なんか特にテンション上がるよね」
一般人「あ、そんなのいましたね。倒すのめっちゃ苦労しましたよ」
俺「伊藤賢治って人が音楽やってるんだけど、他にもゲームボーイの聖剣伝説やってたりしてね」
一般人「ああそれもやりましたねえ。懐かしいなあ。友達がかなりやりこんでて、レベル上げまくってて」
俺「…」
‐終了
ゲームの「音楽」について話そうとするが、やっぱり普通はゲームそのものの話と当時の思い出話になる。軌道修正不可。


俺「FFとかロマサガとか有名だけど、俺が本当に好きなのはシューティングゲームの曲なんだよね」
一般人「シューティングって曲あるんすか?爆発音とかしかないじゃないですか」
‐終了
もはやここまでくると話す相手を間違えている。これは俺が悪い。

俺「ゲーム音楽で一番好きなのはクーロンズゲートなんだよね」
一般人「あんなクソゲー、どこがいいんすか」
‐終了
クーロンズゲートは一般的にはクソゲー呼ばわりされる。あの独特の世界観に浸れる者だけが楽しめるのだ。

俺「クーロンズゲートって大好きなんだよね」
一般人「それ、何ですか?」
‐終了
存在すらですか!!まあこういうことはよくある。

俺「(取り敢えず)ロマサガっていいよね」
一般人「あ、好きっす。サントラも持ってますよ」
俺「ほうほう。きみはゲーム音楽好きなのかな?」
一般人「はい。FFシリーズとかクロノトリガーとか結構持ってますよ」
俺「スクウェア系ばかりというのが気にかかるが…一番好きなのは何?」
一般人「やっぱクロノトリガーですね。全部好きです」
俺「どれか1曲選ぶとしたら?」
一般人「そんなの選べないですよ!だって全部好きですから」
俺「俺は魔王のテーマがいちばん好きだな」
一般人「へえー」
俺「他にもゲーム音楽って聴いたりする?」
一般人「いや、聴かないですね」
‐終了
こういう中途半端過ぎる人は結構いる。しかしそれが普通の人。


俺「俺、メガテン好きなんだよね」
一般人「俺もめっちゃ好きっすよ。ペルソナ3最高でしたね」
‐終了
確かにペルソナ3も好きだが、俺はメガテンといったら増子司に尽きる。メガテン好きと言いながらペルソナ3を挙げてくるやつに、真のメガテニストは存在しない。
それはプログレ大好きと言っておきながらドリームシアターをすすめてくる人間と同種である。


一般人「カシマさんってゲーム音楽好きっすよね。ゲーム音楽なら何でも好きなんすか?」
俺「いや、何でもってわけじゃないけど」
一般人「インベーダーでも好きだったりして(笑)」
俺「ああ、持ってるよ」
一般人「マジっすか!?だって音だけじゃないっすか」
俺「インベーダーはね、あの音こそが音楽なんだよね。ほら、あの音を聞いただけで、あ、インベーダーだ!ってわかるじゃない?それだけの印象を与えてるんだよね。独特の音だしさ、だから結構好きで聴いてるんだよね」
一般人「はあ……」
‐終了
冗談で言ったつもりが、逆に俺のゲーム音楽魂に火をつけた例。当然、相手は引く。


俺「最近は歌入りのゲーム音楽ってのも多いよね」
一般人「ああ、そういえばドラゴンズドグマってB'zが歌ってますよね」
俺「…ああ」
‐終了
ああいうのは単なるタイアップであって、ゲーム音楽ではない。


俺「この間、ファミコンのKAGEのサントラが出てさ、もうすげえ嬉しかったよ」
一般人「知らないっす」
‐終了
まあ普通は、ね。


俺「ちょっとこれ聴いてみます?」
一般人「お!めちゃくちゃカッコいいじゃん!なんてバンド?」
俺「いやあこれゲームの音楽なんですよ」
一般人「なんだゲームか」
‐終了
ぶちギレそうになる俺。殺意湧きます。今、めちゃくちゃかっこいい、とか言って興味持ったんじゃねえのかよ!と。こういう人はゲーム、と聞いただけで興味失せるらしい。ゲーム音楽=大したことない、という偏見を持つ人が残念ながらいるということ。特にバカなジジババ。


俺「ゴッドイーターハマってるんだけど」
一般人「俺もやってますよ。あれ、音楽もめっちゃカッコいいっすよね」
俺「ほお。この間サントラ出たんだけど、聴く?」
一般人「いや、いいっす」
‐終了
何というか、この手の人間は好きなゲームに流れてる音楽だから好き、という俺には理解し難い考え方を持っている。こういう人にタイトル名を伏せて聴かせると、ハマっているゲームの音楽のはずなのに何の音楽だかわからない、ということがある。つまり本当は音楽など聴いていないのだ。だからCDを買ってまで聴こうとはしないのである。何故なら本当のところは音楽に興味がないからだ。


・M3の場合
俺「おお、天地創造アレンジですか!いやあ大好きなんですよ」
M3参加者「おお、そうですか!マイナーなゲームですけどね」
俺「これ、フィールドの曲が大好きでねえ」
M3参加者「いいですよねえ。ゲームプレイそっちのけで聴いちゃいますね」
俺「ん?これは…確かスーファミであったような」
一般人「あ、ご存知ですか?ママレードボーイ」
俺「いや、プレイしたことはないですけど…」
一般人「いや、これが意外とカッコいいんですよ。聴いてみます?」
‐以下エンドレス
と、このようにゲーム音楽を話題とするにふさわしい場所に行けば良いのである。一般人とゲーム音楽の話をしようとするのが間違い。


おまけ
・一般人をゲーム音楽の世界に引き込む方法を探る
別に引き込みたくないので、以下略。

総評…ゲーム音楽人口は圧倒的に少ない。多くの人はJ-POPなどを聴いているか、そもそも音楽すら聴いていないかのどちらかである。また、ゲーム音楽を聴いているとしてもそれは「ゲーム内に流れているものが単に耳を通り過ぎているだけ」ということも多い。したがって、ゲームサントラが売れないジャンルであるのは当然とも言える。
ゲーム音楽は、愛好家にひっそりと愛されていくような、そんな存在であってはならない。考えてみれば、ゲーム音楽は最先端の音楽であったはずだ。原点回帰、当時のサウンドの見直しもいいが、模倣ではなく斬新な部分を取り入れて積極的に最新の音を作っていかなければ、ゲーム音楽に未来はない。
「新しい音楽はゲーム音楽にあり」。新しい音楽を知りたければ、ゲーム音楽に注目するべきだ。だから、私はゲーム音楽を聴くのである。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

日本のアニメ主題歌イタリア版は、良質のイタリアンロックの宝庫だ!! 

ふとしたことからYoutubeで見つけたイタリア版ジーグ。
そこからいろいろと検索した結果、なんとまあ素晴らしいイタリアンロックの宝庫!!

とにかく多くのプログレ野郎に聞いてもらいたい!!そしてアニメファンには驚きと新鮮をお送りしたい!!
我が国発祥のアニメがイタリアに行くとこんなんなっちゃうっていうのをご紹介します。

まずは鋼鉄ジーグ。これは原曲を変えずにイタリア語で歌っていますが、イタリア語で聞くとなんというかイタリアン・ジャズ・ロックな雰囲気でめっちゃくちゃかっこいい。もともとが渡辺宙明氏お得意のノリのいいブラス主体のエキサイティングなジャズロックサウンドですしね。
ってかこれ、CD欲しいですね。普通に。



お次は『無敵鋼人ダイターン3』。こちらは原曲まるで無視で、あちらのオリジナルになってます。絵と音楽が合ってないような気がしますが気のせいでしょう。結構な勢いでイタリアン・プログレっぽい気がしますが、いかがでしょうか。



お次は『バビル2世』。
おい!ちょっと待て。何だこの陽気さは!!(笑)。菊池俊輔のあの哀愁漂うマイナー調メロディがどっかへすっ飛んで行って、陽気なイタリアンロックになってます。でもいいっすね。



お次は『キャプテンハーロック』。こちらもあの平尾昌晃による大迫力の主題歌が、何だか陽気でのんびりな宇宙のバカンス海賊に…(笑)。こんな主題歌で始まって「男には負けるとわかっていても戦わなければならない時がある」なんて台詞は絶対出てこない(笑)。どっちかというとダイターン3に似合うような曲調じゃなかろうか。



お次は『タイガーマスク』。すげえ!!悲壮感のかけらもねえ!!!(笑)。この歌聞く限りだと、タイガーマスクが普通にプロレス稼業やってごく幸せに明るく暮らしてるような様子しか浮かんでこねえよ(笑)。試合終わってピザ食ってビール飲んでお姉ちゃんナンパしてるタイガーマスクなんてイヤだ!!!!



お次はデビルマン。イタリア語表記だと妙にかっこいいですね。ダリオ・アルジェント作品かよ!!!(笑)



お次は『うる星やつら』。これは原曲かなり意識してますね。ラテンなノリもぴったりで、これは良い感じのイタリアン。「ダーリン、ウチのピザ食べるっちゃ」とか言ってんでしょうね。そういえば原作ではラムはどんな料理作っても激辛料理にしかならない、とかいうエピソードがありましたね。ピザ作ってもタバスコでベチャベチャでしょうな。



極めつけはコレ!!『マジンガーZ』!原曲を上手くアレンジして、超イタリアンロックな渋い雰囲気に!!これは結構な掘り出し物だと思いますが、いかがでしょう?


最後はおまけ。『破裏拳ポリマー』!!


ってかこれ、素人が歌ってるだけらしいです(笑)。でも佐々木功氏の声にそっくりでびっくりしますね。
ってか幻影ヒハリケ~ン!!って何だよ!!(笑)。所々がまだ不完全ですが、いやあ上手い!!

まだまだ探せば数限りなくあると思いますので、この辺で。
他にも日本アニメの海外版はたくさんあると思いますが、今回イタリア版に限ったのは、プログレ野郎にもオススメ出来そうだったから、なんですね。哀愁度はほぼ無いですが、ブラスやキーボードがきらめく、良質のイタリアンロックとして、プログレ野郎にも楽しめるだろうと思った次第。

また良いの見つけたら記事にします。

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0