08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

このイカれた地獄へようこそ!その2『METRO LAST LIGHT』 

~前作『METRO 2033』のあらすじ~
(以下は千葉繁か、銀河万丈の声でお読み下さい)
西暦、2033年!世界は、核の炎につつまれた!しかし!人類は死に絶えてはいなかった!
生き延びた人々は地下へ居住し、来る日も来る日も水と食料と弾薬の不足に頭を悩ませていた!!
地上は凶悪なモンスター達が支配する弱肉強食の世界へと変貌し、今まさに人々の居住区「メトロ」へと迫っていた!!
そんな時、一人の救世主が現れた!ヤツの名は「アルチョム」!!
頼りない懐中電灯は、手動の充電器でしょっちゅうキコキコと充電!武器も弾薬も死体を漁って調達!地上は汚染されているためガスマスクを使用しなければならず、それも死体から調達!ド貧乏のハイエナ生活をしながら、この世を救うために日夜死にまくりながら先へと進む!100回リトライもなんのその!!今日よりも明日を夢見て、行く先々で死!死!死!ヤツの行くところ、常にデッドライン!!
それを越えた先には何が待っているのか!そんなものメドベージェフだってプーチンだってわからない!!ヤツは今日も、汗と埃と血と硝煙が立ち込める廃墟を彷徨うのだ!!

デデデデデン!

以上が前回までのあらすじです(多分)。そして『METRO LAST LIGHT』のあらすじ。
(以下は千葉繁の声でお読み下さい)
西暦、2035年!ミサイルの炎に包まれて全滅したかに思われた人類の天敵「ダークワン」!しかし!ヤツらは(裏声で)生きていた!!
主人公アルチョムは前作の働きにより、立派なレンジャーとして成長していた!そんな彼のもとに、前作の旅の途中で出会った不思議な男「カーン」が訪れた!!
彼は言う!「ダークワン(裏声で)こそが、人類を救うカギなのだ!」と!!
アルチョムは美人スナイパーの田中敦子とともに、生き残りのダークワンを発見するために地上へと向かう!!しかし!それこそがイカれた地獄への片道切符だったのだ!!
共産主義者!ファシスト!放射能汚染によって生まれた異形の怪物たち!!そしてダークワン(裏声で)!!
行く先々で死!死!死!ヤツの行くところ、常にデッドライン!!
ボルシチ、トカレフ、スポポビッチ!!!コマネチ、ピロシキ、ドストエフスキー!!そんなものはメトロには一切無い!!あるのは廃墟!ガラクタ!弾薬!血!死体!虫!蜘蛛の巣!そしてどこまでも続くメトロの深い闇!!
ダークワンは本当に人類を救うカギなのか!!そんなことは”もるどふ”にも”こりあのふ”にも”ろふすきい”にもわからない!!
アルチョムは、今日もまた、薄汚れた廃墟を歩き、汚染された地上をさまようのだ!!


デデデデデン!

こんな単純なストーリーじゃないんですがね。まあいいか。

小説版も読んですっかり『METRO 2033』にハマってしまい、この『METRO LAST LIGHT』も当然買いました。ただ、買うまでにちょっと時間を要したのは、前作の不安要素だった「難易度高過ぎ」という点にありました。
前作『METRO 2033』はとにかく即死&敵強すぎ&敵に見つかりやすすぎ、という極悪難易度で、死にまくり&リトライしまくりなゲームでした。
しかし今回は難易度が大幅にダウンし、主人公も耐久力が高く、人間と正面から撃ち合ってもすぐには死なないぐらいになりました。モンスターの耐久力もだいぶ下がりました。
それと、敵に見つかりにくくなった。これは前作と大きく違う点ですね。暗がりにいればまず見つかりません。しかも左腕に装備した腕時計で、自分が今みつかりやすい状態かどうか常に確認出来るようになりました。
こんな感じで全体的に難易度が下がったおかげで、敵全滅プレイも可能になりました。通常の難易度かそれ以下の難易度を選択すれば、の話ですが。

ってなわけで、結構爽快に撃ちまくりながら敵をぶっ倒しつつ、ダークワンの秘密に迫っていきます。
グラフィックは相変わらず素晴らしいですね。しかも今回はガスマスクしてる時に汚れが付着します。なのでLBボタンで汚れをぬぐう操作が出来ます。これ、地味な要素だけど、実はこういう細かい要素こそが重要なんだよなあ。だもんで、至近距離で人間撃ちぬくと血がかかります。そんな大量に血がぶっしゃあああと降りかかるわけではありませんが、結構ショッキングなんでお子様にはやらせちゃいけません。あと、微妙にエロシーンもあるし。まあこれは規制入ってるっぽいんで大したもんじゃないんだけど。
あと虫。ああいやだ。気持ち悪いったらありゃしない。蜘蛛だのハエだのたかってくるんだよ!!気持ち悪いよ!!蜘蛛の巣をトレンチライターで焼けるのは感動したけど。細かい演出だなあ。

とりあえず、ストーリーの方は前作やってないとさっぱりわかんないと思います。世界観も独特なんでわかるまで結構時間かかるかも。
簡単に言うと、人々は地下鉄に住んでいて、それぞれの駅が独立した居住区になっている、と。つまり、各駅名が街の名前ってわけです。で、この地下鉄はロシアに実在します。
で、ある駅は平和だったり荒れ果てていたり、共産主義者が支配してたりファシストが支配してたりします。世界観はこんな感じ。
通貨は全て弾薬。この世界だと生き残るためには弾薬が必要なのでそうなったようです。

とにもかくにも、地下世界の怪しさや地上の荒れ果てぶりが素晴らしいです。廃墟好きならぜひオススメ。

サントラは前作は出てませんが『METRO LAST LIGHT』は発売中です。輸入盤しかありません。
それと注意書き。CD版とiTunes配信版では曲数が全然違います。iTunes版の方が20曲以上多いです。私は両方買いましたが(笑)。
CD版は重要曲だけを押さえてある感じです。全部聴きたい人はiTunes版、って感じですかね。なんでこういう売り方するのかよくわからん。CD二枚組にすればいいのに。単純に売れないんでしょうかね。

楽曲の方は前作と変わらない雰囲気で、物悲しいアコースティックギターの曲が特に素晴らしいです。サイレントヒルっぽいちょっと鬱鬱っとした楽曲で、非常に好み。ツェッペリンの天国への階段の前奏みたいな、あんな感じです。
他もアクション映画みたいなドカドカうるさい音楽というよりは、サスペンスっぽい緊迫感のあるサウンドで結構聴き応えあります。弦楽器が効果的に使われていて、気品があるというか。前作のサントラが出てないのが惜しいですね。

~追記~
一周目クリア。正直「ええ~!」って終わり方だったなあ。マルチエンディングらしいのでもうちょいやってみようかな、とも思うが……なんか2周する気がしないのは何故だろうか。
ストーリーは結構面白かったけど、前作のミステリアスな展開がちょっと薄まって、なんだか戦争系FPSみたいな感じになってしまっているのがちょっとなあ。前作のあの”影だけの電車が通り過ぎる”っていう場面が凄く好きだったので、今回そういう心に残る演出がないのが残念。
あと、ダークワンが人類を救うカギ、とか大きなことを言っているけどそんなに大したことしてないのがちょっと…。人類を救うっていうかその場しのぎじゃん、って。確かに救ってはいるんだけど、それだけ?っていう感じ。ぶっちゃけダークワンじゃなくても何とかなるんじゃね?もっとなんていうか人類の思想すら変えるような大きな変革をもたらす存在かと思ってたんで、これは次回作を期待した方がいいのかな。
ってかダークワンって何なの?って部分がまだ全然わかってないので、やはりこれから解明されるんでしょうな。
不満っていうか腑に落ちない部分はあるけど、それも含めてこの作品自体は好き。前作の小説もすげえ面白かった。
スポンサーサイト

Category: 今ゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

フレンチプログレの良バンド「Asia Minor」 

最近、iTunesでプログレを探すのが日課のようになってしまいました。探してみると結構あるんですねえ。マイナーなものがざくざく出てきます。CD入手が困難な作品だとか、プレミアついててやたら高かったりした場合や、単に試聴目的でも重宝してます。

そんな中で見つけたのがこちら。フランスのプログレバンド「Asia Minor」です。もしかしたら古くからのプログレ野郎には有名かもしれませんけど、私は全然知りませんでした。何たってプログレ流行ってるときには生まれてもいませんからねえ。
とりあえず聴いてもらいましょうか。

Asia Minorの2ndアルバム『Between Flesh and Divine』より
「Dedicace」


哀愁漂う日本人が好みそうな泣きのメロディーとフルート入りのバンドサウンドっていうのは、キャメルを思い出しますねえ。アコギがジャンジャラ鳴らされるのはジェネシスっぽい雰囲気もあるかなあ。ジェネシスほど派手ではないですけど。
で、ドタバタした展開もなく、一聴してみるとかなり地味な感じがしますけど、じっくり聞き込むに値するシブいサウンドだと思います。なんか「姫神せんせいしょん」聴いてるような感じも。スーファミ時代のRPG系音楽が好きな人にもいいかも。
アルバム全体がこんな感じで、まあどこを聴いてもこんな感じなんで逆にこの雰囲気が気に入ったのならアルバムまるごと目いっぱい楽しめると思います。
1作目の『Crossing The Line』も同じ路線なんですが、もうちょいジェネシスっぽさと日本の歌謡曲っぽさを足したような感じというか。まあ聴いてみてください。

1作目『Crossing The Line』より
「Hayal dolu gnler i‡in」


個人的には2ndアルバムの方が好きですね。

ついでに姫神せんせいしょんのアルバム『姫神』より
「七時雨」



なお、今回ご紹介したアルバムは全てiTunesにて配信中です。気に入ったらぜひどうぞ。

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

関西プログレフュージョンの良作『G.A.O.S』 

ミスターシリウス宮武さんのページで紹介されていた、関西プログレ・フュージョンG.A.O.Sの唯一作。
伸びやかで爽快なギターの音色が心地よく、あっという間に全曲聴き終えてしまいます。
こういったプログレ・フュージョンには珍しくキーボードレスのバンドで、ギター二人にベース、ドラムという四人編成。
過去にレコードでリリースされ、後にCDとしてリリースされたようですが廃盤。現在はプログレ野郎にはおなじみのレーベル、フランスのMUSEAレーベルからボーナストラックが追加されて発売されています。
輸入盤しかないので入手はちょっと難しいかもしれません。そんなわけで、筆者はiTunes版をダウンロード。ちゃんとボーナストラックも入っていますのでご安心を(9曲目)。

↓の動画の46分あたりからG.A.O.Sの音源が聴けます。が、選曲がよろしくない。音も悪い。聴くならiTunesでアルバムの1曲目に収録されている「Skywalker」を聴くのがオススメ。爽快感も抜群で、オススメです。


ギタリストの星加敦史さんは、現在も活動されているようで、YoutubeでVoyagerⅢというバンドのライブ映像を見ることが出来ます。これもまた非常に良いプログレ・フュージョンでぜひともアルバムが欲しいのですが、リリースされていないようです。おい!!どういうこっちゃねん!!

VoyagerⅢの楽曲「Second View of the Saturn」


ドラマーの工藤和宏さんもスコープというプログレバンドで活躍中のようです。
↓バンドのホームページ
http://www.hibiki-web.co.jp/scope/
アルバムも何枚か出しているみたいですが、iTunesには無かったです。

もう一人のギタリスト山田正純さんはその後もいくつかのCDに参加していたようですが、現在はわかりませんでした。ベーシストの元村一晟(もとむら・かずなり)さんはFacebookに登録があるようです。

Category: ジャズロック、フュージョン

tb 0 : cm 0   

燃えよSNK! KOF'94アレンジCD 

非常にいいアレンジが多いのに、あまり取り上げられることのないKOFアレンジCDシリーズですが、これ、現在では考えられないほどの豪華演奏陣によって演奏されています。
ドラマーでは小森啓資(野獣王国、KENSO)、江口信夫、神保彰(CASIOPEA、JINSAKU)、石川雅春(SOURCE、DIMENSION)が名を連ね、ギターはほぼ皆勤賞の梶原順(SOURCE、J&B)、ベースでは桜井哲夫(CASIOPEA、JINSAKU)、美久月千晴、渡辺直樹(スペクトラム)、種子田健、キーボードには難波弘之(SENSE OF WONDER)、吉弘千鶴子(T-SQUARE)、森村献(熱帯ジャズ楽団、オルケスタデルソル)、管楽器勢には小池修(EQ)、外山昭彦、渕野繁雄と、日本のジャズ・フュージョン、スタジオミュージシャンに明るい人ならトップクラスの方々ばかりが参加しているのがわかるでしょう。
ゲーム音楽のCDを広く見渡してみても、これだけの演奏者たちが参加したゲーム音楽というのはなかなか見当たりません。すごいのは、毎回こういったトップクラスのミュージシャンを迎えてアレンジバージョンを継続して作っていたこと。このことからも、当時の人気ぶりが伺いしれます。金あったんだなあ。
そんな熱いアレンジバージョンの中から、特に白熱したサウンドをご紹介しましょう。ゲーム音楽アレンジの枠を超え、立派な「聴かせる」音楽作品として十二分に楽しめる、通好みの楽曲に仕上がっています。フュージョン好き、インスト好きならこの凄さがわかるはず。

しかし残念ながら、どれも廃盤や生産中止で復刻も絶望的。ダウンロード配信すらありません。ただ、当時相当に人気があり、数も相当数出回っていましたので、作品によってはプレミア価格等もなく、かなり安い値段で入手出来ます。カシマの場合は様々な場所のブックオフを地道に回ってほぼ全て250円~1000円程度で入手出来ました。
現在はブックオフも妙なプレミア価格をつけていたりするのでわかりませんが。

で、今回はKOF'94をご紹介しましょう。KOFシリーズ第一弾から結構飛ばし気味で、良いアレンジが多いです。
参加メンバーは以下のとおり。
Key:井筒稔晴
Gt.:和田肇
Bass:泉尚也
Drum:小森啓資
Trumpet:外山昭彦
ゲストボーカル
福井玲子(サイコソルジャーテーマ曲)

当ブログ注目はやっぱり小森啓資氏が参加していることでしょう。なんたってKENSO、野獣王国のスーパーロックドラマー。このアレンジアルバムでも存分に暴れてくれてます。特に「JUNGLE BOUNCER」は聴きモノです。

さて、KOF'94アレンジ盤の聴き所は、旧来のファンには嬉しい「アテナのテーマ」ボーカルアレンジ。しかも歌っているのは福井玲子!アテナ本人が歌ってます。この人のアテナが一番好きです。
その後、元祖萌えアイドルの長崎萌、なんでかさとう珠緒、誰?な栗栖ゆまな、ベテランの池澤春菜と、毎年アテナの声が変わり、その度にアテナの楽曲のアレンジも変わっていきますが、この福井玲子バージョンが一番ベースが強い!!ドラムが熱い!!これは最重要事項です。ベースが強い!!ドラムが熱い!!ギターが熱い!!純朴アイドル声!!その手の音楽が好きな人にはたまらないアレンジです。
もう一度繰り返します。ドラムが熱い!!ベースが強い!!強いったら強い!!低音好き、ドラム好きにはたまらんです。
で、この素晴らしいベースを弾いている泉尚也さんは、素晴らしいソロアルバムも出しています。オフィシャルウェブサイトで試聴も出来ます。カシマは全然知らない人だったのですが、これから注目しようと思います。

サイコソルジャーKOFバージョン


お次はブラジルステージの楽曲「JUNGLE BOUNCER」。
複雑なリズムに、うなるギター、不穏なベースラインと、重々しくも疾走感あるハードロックナンバー。3分過ぎた頃の後半の盛り上がりがたまらない。そして小森啓資氏のドラムが熱い!!!

JUNGLE BOUNCER


お次はイギリスステージ曲「ね!」。明るいホーンをメインに、ハードなギターとファンキーなベースが楽しい曲。もしかしたらゲーム音楽史上最も短いタイトルかもしれません「ね!」(笑)。
この楽曲も小森啓資氏のドラムが熱い!!

ね!


最後は、やっぱりこの曲、日本ステージの楽曲「ESAKA」で締めましょう。
「ESAKA」


他の楽曲もしっかり出来ていて、ちゃんと聴き応えある楽曲に仕上がっています。安値で見かけたら買いです。

Category: 傑作アレンジ発掘

tb 0 : cm 0   

聞いたら死ぬ、呪いの歌 

聞いた人は自殺してしまうという歌、と言えば「暗い日曜日」ですが、これ以外にもあるそうです。
つい最近知ったのですが、曲名は「イコノソフィア」でアーティストはスローロリスである、とされています。『「超」都市伝説』というDVDで楽曲の一部とライブ映像が紹介されています。

このスローロリスというバンドとイコノソフィアという楽曲を管理人カシマがちょいとネットで調べてみました。
YoutubeなどでKehre.というバンドが同名の楽曲を演奏していますが、DVDで紹介している楽曲とは違いました。
また、スローロリスというバンドは実在しますが、イコノソフィアという楽曲はありませんでした。

ってか、このDVD自体が安っぽすぎて笑えます。こんなん、まじめに見るのもばかばかしい。
しかし、私には一つの考えが頭をよぎりました。
もしかして、スローロリスのイコノソフィアは本当に危険な楽曲なために、ヤラセのような形でそれっぽい楽曲と映像を収録してお茶を濁したのでは?と。
つまり、『「超」都市伝説』で収録した楽曲と映像は、実は全くの無関係で、本物は別にあるのでは?という考えです。さらに言うと、スローロリスというバンド名ですらなく、イコノソフィアというタイトルでもないとしたら?
つまり、噂の楽曲は本当に自殺者が続出したがために、実名で収録が不可能だった。だから、変わりに無関係な映像と楽曲で、全く別のタイトルをつけて収録するしかなかった。しかしこの噂自体は何とか収録したい…という苦肉の策だったのかもしれません。そう考えると恐いですね。

しかしこうなると、噂の楽曲が本当に存在するのかどうか、全くわからなくなってしまいます。そう、だから「都市伝説」なのですね。

Category: 都市伝説

tb 0 : cm 0   

真・幻魔大戦再プレス!発売中! 

管理人カシマの愛聴盤である、難波弘之&センス・オブ・ワンダーによるイメージアルバム『真・幻魔大戦』が7/1に再プレスされたそうです。うわぁ~全然知らなかったよ!
徳間ジャパンのサイトで確認しましたが、ごく僅かの再プレス(数量は明記されておらず)だそうなので、この素晴らしい作品を手元に置く最後のチャンスかもしれません。
とかいってその後にしれっとデジタルリマスター紙ジャケ復刻、なんてことがあったりして。
もちろん、ディスクユニオンでも取り扱っているので、この機会に是非。ホント、素晴らしいプログレアルバムなので。カシマは購入してから今でもずっと聴き続けてます。

ライブ音源「ベアトリスの釵(かんざし)」

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0