07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

KENSO結成40周年記念&レコ発ライブ!(記憶修正と一部加筆) 

8月17日、川崎クラブチッタで行われたケンソーライブに行ってきました。

午前中はいったん新宿ディスクユニオンに行ってプログレ探索。
以前はプログレッシヴ・ロック館は地下にあったのですが、移転して本店の三階になりました。
クリムゾン・ジャズ・トリオの2ndやRichard Hallebeek、FLAT EARTH SOCIETY、FERMATAなどを購入。この辺はオススメプログレ記事で取り上げるかも。
そこから今度はディスクユニオンの映画サントラ館へ行き、ゲーム音楽なんぞを物色。ここ、巷でプレミアのものがお手ごろ価格であったりするのであなどれません。
ここではゲームサントラは特に見つからず、大島ミチルの「式部」がてがけた『大英博物館』のサントラを購入。ICO好きにはたまらないサウンドでオススメ。

そこから川崎へ移動し、ウェアハウス川崎でクーロンを堪能、発狂。その発狂ぶりは別記事で取り上げたとおり。
で、ショッピング街「ラ・チッタ・デッラ」へ行き、イタリアンレストラン「オステリア ガリレオ」でちょっと遅い昼食。4年前のケンソーライブでも訪れたお店です。
ここはイタリア人シェフが作る本場イタリアン、とのことでお味もイタリア仕様なのか結構濃い目ですが、すっげえおいしかったです。店員もイタリア人で超陽気。
前回はマルゲリータとアマレットを頼みましたが、今回はペペロンチーノとブラッドオレンジジュース。でもやっぱり食後にアマレットを注文。そうしたら店員が「オ~、カッコイイネ~」だって。何が?(笑)
ちなみにこのお店、三人でやってるそうで、ガリレオとマリオとルイージだそうです。本当か、この名前(笑)。
食後はゆっくりとアマレットをストレートで堪能。これは杏のリキュールで、アルコール度数24パーセント。普通の酒屋さんで売ってまして、結構お手ごろな値段です。
結構な甘さがあるので(酒の甘口辛口ではなくて、本当に甘い)、カクテルに使うと甘くなって飲みやすくなります。

おなかも満足し、気合満タンの本気モードでケンソーライブへ。愛用のウォークマンにはこの日のためにケンソーのアルバムを全てぶち込んで、朝からずっと聴きまくっていたために、もうわくわく感が半端じゃなかったです。
大体15分ぐらい前から並んでいましたが、かなり先頭の方でした。
待っているとどうやらリハーサル時間がおしているらしくて、結構待ちました。
やがてロビーだけ開場したので早速入って、物販コーナーへ。
今回の物販では、ケンソー結成40周年記念本とVHSビデオ作品『秘匿性印象』を購入。ビデオは数が少なかったので、恐らく私が購入した時点で在庫切れだったのかも。他の商品は全て持っていたので、今回はこれだけ買いました。ケンソー貢献率高いですよ~私は(笑)。
半田美和子さんのCDは、ケンソーBOX手売りイベントで買って、既に持ってましたし。

ロビーで待ってやっと開場し、中に入って指定席へ。
で、ここが今回一番最悪だった点なのですが(ケンソーメンバーの皆様、ならびにスタッフの皆様には全く関係のないことですのでご安心を)。

両隣がデブ!!

マジ、勘弁してくれ……。おかげで両肩をすぼめて「あ、すいません…すいません……」と小さくなって座ることになりました。すっげー窮屈でした。4年前のケンソーライブではど真ん中で、ケンソー全メンバーの表情が全て見渡せるという最高の座席だったのに…。まあ幸運は二度続かない、ってことですか。
ライブ最後はスタンディングオベーションだったのですが、この両デブのせいで私、立ち上がれませんでした。だって目の前にでっかいボンレスハムが二本ぶらさがっているのと同じ状況ですから、そりゃあ立ち上がれません。おかげでメンバーの皆さんが挨拶するところを見ることが出来ませんでした。
それだけが心残りです。

さて、ケンソー公式サイトに掲載されているセットリストを引用しつつ、当日の様子を書きます。

Opening SE:「A song of hope」の歌詞とCD「76/77」収録曲のコラージュ

1. Good days Bad days

い、いきなりクライマックスかよ!!!と早くも私の興奮は最高潮に!!
前回のライブの最後の曲から始めるということは…もしや前回からの延長としての側面もあったのかも。

いきなり一発ぶちかまして、ここでちょっとMC。
小森啓資氏お帰りなさい!ということで、清水先生が「お帰りなさ~い!」と言ったら会場のみんなも「お帰りなさ~い!」と返して下さい、とのこと。ケンソーらしく変拍子で「お帰りなさいソング」をやって会場のみんながそれを返す、という無謀なことも考えてもいたらしいですけど(笑)、ここはシンプルに一言で。
清水先生「プログレだって明るいところもあるんだぞ」なんてことをおっしゃっていました(笑)。
で、清水先生がギターを持ち替えて…と思ったらストラップが外れてギターがゴツン!!とステージに激突(笑)。
「まあ40年やってるんでね、これくらいどうってことないですね」なんて言って軽く流してました。
その昔はお客が、演奏してるステージに乱入してきたこともあるから、これぐらいどうってことない、なんてことも言ってました。
清水先生がそのままチューニングせずに始めようとしたら、厳しい光田チェック!!
「チューニングした方がいいですよ」という光田健一氏からの好アドバイスにより、ギターチューニング。

でも、このギター落としたとこから、ちょっとヤバいかも、という気はしてたんです。

2.在野からの帰還

私にとっては意外な選曲。多分、小森さんが帰還したということに引っ掛けて、この曲だったのかも。けど、すいませんあんまり聞き込んでませんでした。なのですぐには何の曲かわかりませんでした(汗)。
あれ~なんだっけな~、でも多分エソプトロンの曲だよな~、とか思って聞いていましたが、そんなことぶっ飛んじゃってノリにノリまくってました。ライブで聞くとすっげえ良いですね。
途中、全部の楽器がすごくずれて聞こえたんですけど、あれでいいんですよね!?(笑)。ものすっごいずれ方で、普通の人は絶対にノレない(笑)。

3.若き日の私へ
4.朱に交わればRED  
5.Voice of Sankhara

ニューアルバムから三曲続けて。
やっぱり生演奏で聞くと違うね!迫力が。この3曲は聞きまくっていたのですぐにわかりました。「若き日の私へ」のイントロが流れた瞬間、おおお~~~~!!!と叫びそうになりました。
と、ここでギターチェック。さっき落としたからか何なのか、何だか調子が悪そうです。

6.Rhyme-stone in Cotswolds 
7.美深

ここでケンソーメンバーがいったん退場。スクリーンが現れて「なんだなんだ!?何が始まるんだ!?」と思っていたら、清水先生の朗読が。

映像-1:清水の10代の時の詩「心は過去へ向かう」を使ったコラージュ

次に、ケンソーの全アルバムとDVD作品をリリース順に紹介。

映像-2:KENSO COMPLETE DISCOGRAPHY

この映像の最後に「ケンソー全ライブDVD化計画」と出ました。以前から清水先生が冗談なのか本気なのかわからない感じでおっしゃっていたことですね。でもこうしてライブで告知するからには、なにやら本気そうです。これはぜひとも実現して欲しい。

映像-3:清水作詞「心が焦土と化す前に」と楽曲「心は過去へ向かう」の素材を使用

で、謎の英詩が映し出されました。なんだろう…何かの文学作品の引用なんだろうか…?と考えているうちに次曲へ。

8.氷島 with 半田美和子

半田美和子さん、ついに登場!!!ということで新曲かな~、と思いきや!!なんと、ウルトラサプライズ!!「氷島」のボーカルバージョン!!しかもその歌詞は、さっき映像で映し出された歌詞じゃないか!!!
こ、これは何と涙腺のゆるむ演出を…。思いっきり聞きほれてしまいました。
そしてもう、とにかく半田美和子さんの歌声の物凄さ!!ソプラノ歌手ってここまで物凄い声が出るんですねえ…。いやもうびっくり。
ま、ソプラノ歌手だし?お上品に歌うんだろうなあ…なんて思っていたらとんでもねえです。ロック魂溢れる、まさに絶唱!!申し訳ないことですが、ケンソーメンバーそっちのけで半田さんばっかりじっくり見てました(笑)。

9.新宿厚生年金に空 with 半田美和子

そして新曲!!この曲順は見事です。
しかしながら半田さんのパートは凄く短いので、コーラス以外は用意された椅子に座っておられました。ここで私はまたも、ケンソーメンバーそっちのけで、時折目を閉じて演奏に聞き入ったり、軽く頭を揺らしながら瞑想しているような半田さんのお姿ばかり見てしまいました。だって綺麗なんだもの(笑)。
で、ここでついにギターがイカれたらしく、何と清水先生が途中退場という結果に!ツカツカと足早に舞台袖へ歩いていく清水先生…あ、怒ってるな、と思ってちょっと怖かったです。
それでもメンバーは全てプロ中のプロなので、清水先生抜きで演奏を続行。これはこれでかなり貴重な演奏であったのかも。
曲の始めの方から、光田さんが心配そうに見ていたのが印象的でした。小口さんもちらちらと清水先生を気にしていたようですが、別に~、という感じでマイペースに演奏してたのはさすがです(笑)
パイプ椅子に座っていた半田さんも、ん?という感じで心配そうに見ておられました。

で、何とか途中から復帰はしたものの、楽曲はもう終盤。清水先生のギターがほとんど全然聞けませんでした。

10.A SONG OF HOPE with 半田美和子

ギターの調子が戻ったのか、「A SONG OF HOPE」は問題なく演奏。
で、今回の新アルバムの目玉曲「A SONG OF HOPE」ですが、この曲の半田さんのパフォーマンスと言ったらもう、筆舌に尽くしがたいものがありました。まるであんたは女クリスチャン・バンデか!?というぐらいとてつもなく激しいボーカルを披露。ソプラノ歌手らしくお上品に歌うのかしら、とか思ってたらとんでもねえぞ、この姉ちゃん(笑)。髪を振り乱し、絶叫してんのか?ってぐらいに物凄い声量。もうすっかり半田美和子姐さんの大ファンです。
でも聴いてるこっちとしては「ギター大丈夫かな…?」とちょっとハラハラしながら聴いていました。
もちろん半田さんのパフォーマンスにも集中して聴いていましたし、清水先生のギターも炸裂していてすっばらしかったのですが、どこか不安な気持ちはぬぐえませんでした。

「A SONG OF HOPE」が終わって、半田さんが惜しまれつつ退場。あ~もうずっと残っててちょうだい!!と思ったケンソーファンは俺だけじゃなかったはずです。むしろ全曲ボーカル化計画とか無いものかしら?(笑)。

11.江天暮雪
この曲の演奏前に、機材チェックタイム。しばらくお待ち下さい、ということでスタッフがやってきて清水先生と何やら話しながら機材をチェックしています。どちらも何やら深刻そうな表情でしたので、何か重大な故障でもあったのだろうか…とかなり心配になってきました。その間も光田さんは心配そうにそちらを窺っていたのですが…小口さんは我関せずという感じ(笑)
予期せぬトラブル発生ということで、場内は静まり返ってちょっとピリピリした雰囲気に。そうしたらファンの方から「おぐちさ~ん!!!」
という声援が!!
でも小口さん、何も語らず(笑)ちょこっとこっちを向いただけでした。
機材チェックも終わって清水先生が「小口~、何かしゃべれよ~。せっかく声がかかったのにさあ」と言うも小口さんは「いや、あの風邪気味でちょっと声が…」とぼそぼそっと返答。
このファンとメンバーとのやりとりで、場内が一気に和やかな雰囲気になりました。ファンの力ってこういう時、本当に素晴らしいと思います。
で、気を取り直して、演奏再開。でもこの曲はアコースティックギターとピアノの演奏なので、チェックの終わったギターはすぐには使用されませんでした。
この曲は光田さんと清水先生二人だけの演奏です。半田さんは素敵でしたが、やっぱりケンソーは清水先生のギターが無いとね!!情感たっぷりに演奏されて、胸に染み入るような素晴らしい演奏でした。

12.精武門
13.麻酔part 2
14.空に光る

そして「最後はロックに行きます」ということで、激しい楽曲を立て続けに演奏。「精武門」が始まる前に清水先生が「このギターの手つきでわかる人~?」と言ったところ、数名のファンが手を挙げていました。
すいません…俺、わかりませんでした。うぬう……くやしい。
で、今回の精武門は一味違って、ブルースリーのあの怪鳥音ミックス(笑)。でもあれ、ブルースリーの本物の声じゃないですよね。何の音声だったんだろう?まさか小口さん…!?(笑)
曲の途中ではヌンチャクばビシバシ振り回される音もミックス。小口さんもおどけてエアーヌンチャクのパフォーマンスを披露するも、メンバーは誰ものらないという(笑)
だけど大丈夫!俺もブルースリーファンですからね、しっかりと客席でブルースリーの顔マネしておきましたよ、小口さん!!(笑)
待ってました!の空に光るが演奏されて、いったんメンバーは退場。しかし、ここでケンソーの皆様を帰すわけにはいきません。ファンはもっと聞きたいぞ!!

アンコール
新宿厚生年金に空 with 半田美和子
Echi dal Foro Romano with 半田美和子

ということでアンコールです。拍手が鳴り止まない中、再び半田さん登場。で、演奏されたのは「新宿厚生年金に空」。
やはりあんな状態では心残りだったのでしょう。予定を急遽変更しての演奏だったそうです。
でもこれは嬉しい予定変更。だってもう一度聞けるんですから!!こんなこと、普段のライブではないことですから、貴重な体験です。
そしてそして!!驚愕の「Echidal Foro Romano、半田姐さんのコーラス入り」!!
もうこの時の半田さんといったら、楽しくて仕方がないという感じでしたね。途中、手拍子をファンに促して会場中が手拍子を始めたのですが、案の定、みんなずれていく…(笑)。小森さんがわかりやすくハイハットを刻んでくれたので、俺はずれることなく手拍子出来ました!!やった~!!!

ダブルアンコール
月の位相Ⅰ

そしてなんとなんと、まだまだ拍手はなりやまず、ダブルアンコールです!!そりゃあ40周年記念だし久しぶりのライブですからね。まだまだ聴きたいぞ!!!
で、清水先生がお一人で登場。あれ?
しかもなんかパジャマみたいな変なカッコしてます。胸には「Suomi」と書いてありました。
Suomi(スオミ)というのはフィンランドの人たちが自分たちの民族を言い表す時に使う言葉だそうです。
で、そのパジャマみたいなTシャツは、清水先生がギターで参加した、THE SAMURAI OF PROGというフィンランドのプログレバンドのメンバーが送ってきたお土産だそうです。
本当は会場でこのTHE SAMURAI OF PROGのCDを売る予定だったそうなのですが、どうやら間に合わなかったらしいです。清水先生「日本人なら切腹ですよね」なんて言って怒ってました(笑)。いい加減だなあ、海外。

演奏が終わって、最後はメンバー全員挨拶。
みんな立ち上がって拍手喝采だったのですが、両隣がデブだったために私の立つスペースが無くなりまして、残念ながら声しか聞くことが出来ませんでした。
でも、座席に座っていながらも割れんばかりの拍手を送っていました。心の中で「ケンソー最高!!清水先生最高!!」と声援を送っておりました。

今回のMCは毒舌ほぼ無し。楽しみにしてたんですけど、ちょっと機材トラブルとかあったし、演奏時間も限られていますし、そう長々とMC出来ないんでしょうね。清水先生のMCが楽しみで来てるようなとこもあるんで、ちょっと残念。
でも、私は聞き逃しませんでしたぞ。
どこのタイミングのMCだったか忘れましたが、以下、覚えている限りメモ程度に書いておきます。

・今回の物販の内容について清水先生が解説。その時、半田美和子さんのCDを推薦しておられたのだが、ぼそっと「今人気のなんとかサファリとかいうバンドを聞くよりよっぽどいい」というようなことを言ってました。
なんとかサファリ…それはもしやスウェーデンのあのバンドのことでしょうか!?だとしたら私も同意見です。やっぱり清水先生とは音楽趣味が合うなあ、なんてちょっと嬉しく思いました。

・なぜかAKBネタ。「私のことは嫌いになっても、ケンソーのことは嫌いにならないで下さい!!」と黄色い声で(笑)。先生……。私は、ちょっとだけ引きました(笑)。ちょっとだけですよ。

・もう一つAKB。ケンソーがボックスセットを出せたのは、ひとえに同じ事務所所属のAKBの売り上げがあってこそのことで、テレビでAKBを見るたびに清水先生は「AKBありがとう」と手を合わせて感謝しているそうです。
絶対にウソだ(笑)。

・清水先生が、萩原朔太郎の詩はケンソーの音楽を深く理解する上で重要、というようなことをおっしゃっていたような…。朔太郎については過去にも何度かおっしゃられていたと思います。

他にも何か言ってたと思うんですが、そんなに重要なことは言ってなかったと思います(笑)。

もう思いっきり、心の底から楽しんだ一日でした。朝はプログレ、昼はクーロン、夕方はイタリアン、そして夜もプログレ!なんという充実した一日。この日のために耐え難きを耐え、忍び難きを忍んできたのですから、その嬉しさたるやとてつもないものがありました。
ライブでは感動のあまり、目頭が熱くなる場面も…。ああ、俺はこの世で一番大好きなバンドの音楽を、すぐ目の前で体験している!!そう思ったらもう、なんとも言えない気持ちが沸き起こって、帰りたくない!とすら思ってしまいました。

次はいつライブがあるんでしょうか。今年中は恐らく無理でしょうから、来年実現してくれたらいいなあ。その日まで、楽しみに待つことにします。

追記
2014年8月30日付の清水先生のブログにて、今回のライブ途中での映像に関してのお話が掲載されています。
それによると、メンバーならびにスタッフと議論をした上で、あえて「休憩」と告知せずに映像を流したのだそうです。私はそれを読んで「えっ?」と思いました。
あれ、休憩時間だったの!?って。
私はワクワクしながら、この詩は何だろう、とか過去のケンソー作品を振り返って「そうそう、この作品っていったらこの曲だよね!!」なんて思いながら、すっごく楽しんで見ていたので、外に出て飲み物飲んで休憩しよう、なんて全く思いもしませんでした。もし「休憩時間です」と告知していたとしても、私は席を立たなかったはずです。完全にライブの一部として楽しめました。
私はこういう演出、大歓迎です。

私のような凡人には想像もつかないような集中力を要する演奏ですから、ケンソーメンバーの皆様には無理をせずに休憩をとって頂いて当たり前です。しかしながら、メンバーが休憩するということは「ケンソーが演奏を提供出来ない時間を作り出してしまう」ということでもあります。その空白の時間を、ああいった今回限りの特別な映像を用いて、私たち観客を飽きさせないように工夫してくれたのだと思います。
やっぱりケンソーファンで良かったなあ、なんて思いました。

スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

夏の終わりにフュージョンゲーム音楽三昧 

ゲーム音楽三昧、フュージョン特集といきましょう。やっぱり夏はフュージョン!!そしてゲーム音楽っていったらフュージョンアレンジだよね!!
アレンジ曲が中心ですが、中にはアレンジじゃないのもありますし、ジャズ寄りな楽曲もありますけどまあそれはそれで。

↓Youtubeにて再生リストを作成しました。


-- 続きを読む --

Category: ゲーム音楽(プログレ、フュージョン系)

tb 0 : cm 0   

神田あたりをうろつく 

短い間に二度も行ってしまいました。
一度目は、まず秋葉原で降りて歩いて、腹が減ったのでまぐろ丼を食べに「まぐろ亭」へ。ここは中トロ丼が名物だそうですが、暑かったので塩分が欲しくてヅケ丼を頼みました。
酢メシかと思ったのですが、普通にご飯でした。お味の方は、まあ普通かな。

それから神田明神へ。神田へくると必ずここへお参りします。何といっても平将門公が祀られているのですから、これは行かなければなりません。

ギラギラと照りつける太陽の中汗だくで神田明神に着くと、心地よい風が吹いてきて、木々が多いせいもあって涼しい。神社って大体は木々が多いので空気も良くて心地いいんですよね。
御縁がありますように、と5円をお賽銭として納め、二礼二拍手。最後にもう一度深々とお辞儀しました。ちらほらと観光客らしき人もいましたが、ここはいつ来ても必ず会社員の姿を見かけます。商売繁盛の神様として、近隣の会社の人たちがお参りしているんでしょうね。門のところで深々とお辞儀している会社員の方もおられました。そういうの、風情があっていいですねえ。

神田明神を出てすぐ近くにある飴屋さんで、ニッケ飴を購入。これもここにくると必ず買っています。

そこからしばらく歩いて、秋葉原のレトロゲーム屋フレンズへ。ここは秋葉原駅から歩いて10分くらいの場所にあってちょっと遠いのですが、初めて行ってびっくり。
品揃えが半端ねえ!!!
特にゲームサントラがすげえのなんのってまあ…。お値段も比較的良心的で、アマゾンのマケプレやスーパーポテトで買うよりもよっぽど安くて品質も良いものが手に入ったりします。まんだらけにも行きましたが、そちらと比較しても品揃えは通好みですね。タイトー作品もずらりとありましたし、シェンムーとかナイツなどのセガの有名作品、ナムコゲームサウンドエクスプレスシリーズも結構あります。GMの初心者であれば、ここで結構揃うんじゃないかなと思います。
で、まあ2万円分ぐらい買ってしまいました。レッツ散財!!!

それからまんだらけに行って、今となっては非常に珍しいトルバドールレコードのアルバムを購入。『GAME OVER』というアルバムで、参加者には元データイーストの吉田博昭や浜田誠一、セガの林克洋などが参加。オリジナル楽曲を提供しています。もちろん、細江慎治、佐宗綾子、相原隆行の三名も参加しています。あと相原隆行のソロアルバムを二種類購入。すっごく欲しかったので超嬉しい。こういうドマイナーなアルバムはまんだらけならではの品揃えですね。

で、リバティー各店を回ってゲームサントラ物色。しかし一時よりも確実に品揃えが悪くなってますね。しかも縮小気味です。
そこから今度はブックオフへ。ここ、さすがに秋葉原だけあって珍しいものがポコっと置いてあったりするので注意。
カプコンの『スウィートホーム』が置いてあったのですかさずゲット。これファミコン音源は一切収録されていないアレンジ盤なのですが、アレンジャーがアルフライラの面々なので今となっては貴重です。作曲者の民谷淳子を筆頭に、下村陽子、松前真奈美、藤田晴美、高岡宏光(ひふみ)ときたらもう買うしかないじゃないですか。今考えると物凄いメンバーです。
打ち込み音源でアレンジされてますが、出来は非常に良いです。原曲の雰囲気を損なっていないアレンジなので、バージョンアップ音源として聞くのもいいかと。

暑くて死にそうになったので、日傘さして健気にチラシ配ってるメイドさんたちを無視して、秋葉原のドンキの近くにある隠れ家喫茶店「タニマ」で一休み。
ここは本当にもう都会の「谷間」と言ってもいいくらい、人がいつもいません(笑)。よくやっていけてるな、というぐらいです。現代の七不思議です。けどお味は悪くなく、昔ながらの喫茶店メニューもちゃんとあって、懐かしく思う人もいるでしょう。
10円入れるタイプのピンクの電話がまだ現役で置いてあったりして感動です。
店長らしきおじさんはイッセー尾形みたいな感じで、非常にマイペースにやっておられます。店内入ると新聞読んでて、いつの間にか寝てたりします(笑)。い、良いなあ~こういう雰囲気。ウルトラアットホームです。

で、この後に千駄ヶ谷に移動して、友人のアソラソ氏と稲川淳二ライブへ行きました。

いやあ、もりだくさんの一日でした。

二度目はつい先日。
実は一度目の時にキャッシュカードを落としてしまい、それを受け取りに警察署に行かなければならなくなって、仕方なく出かけたのです。仕方なく、とか言っておいて「また神田に行ける!」とうきうきしていたのは言うまでもありません(笑)

そしたら母が「連れてけ!」というので連れて行きました。ストレスたまってたらしく、たまにはおいしいもの食べて発散したかったようです。
まずは警察署に行って無事にキャッシュカードを確保。
お昼にはまだ早かったのですが、目指す場所が老舗のお蕎麦屋「まつや」であったので11時にはそちらへ向かいました。
さすがにまだ早い時間だったので、並ぶことなくすんなり入れました。お昼過ぎると行列ですから、やはり開店時間に来るのが正解。
天ぷらそばと前から食べてみたかった焼き鳥を注文。
焼き鳥、あなどれません。旨いです。旨くて死にます。なんでこんなに旨いのか、さっぱり検討がつきません。蕎麦屋の焼き鳥ってこんなに旨いんですね。
しかも串にささってない!これがびっくり。お箸で頂くんですね。お皿の端にはちょこんと塩とからしがのっています。焼き鳥にからしっていうのも合いますね。
ってか普通の炭火焼き鳥屋で食べるよりもおいしいってどういうこと?焦げ臭さが微塵もなくて、香ばしくておいしい。肉も柔らかくて、噛むと良い鶏の油がじわっと広がって、旨くてたまりません。ねぎも甘くておいしい。なんじゃこの旨さは。
そしてメインの天ぷらそば。
一口すすって、旨すぎて口から光線吐きそうになりました。その瞬間、味王さまの気持ちが良くわかりました。うっかり大阪城に変身してしまうのも、今ならよくわかります。「う~ま~い~ぞ~!!!」と叫んで走り出す気持ちも、すっごく良くわかります。
もう旨すぎて笑顔が止まりません。そばってこんなにおいしいもんなのか…とため息ついてしまいます。
そばつゆがもう病みつきになるほどおいしくて、そば湯を入れて全て飲んでしまいました。ラーメン汁なら不健康この上ない気持ちがしますが、そばつゆは何だか体に良さそうな気がします。
あまり塩辛くなくてダシがしっかり効いていますので、それほど塩分があるようにも思えません。味も非常にシンプルでありながら奥深いので、わけわからん素材を使ってダシとってる感じもしません。
ラーメンって一体何でダシとってるかよくわからん味がするので、あんまり食べないんです。その点そばは良い。はっきりしてますから、心ゆくまで一点集中して楽しめます。

大満足でしたが、天ぷらそば二人前と焼き鳥一人前で4800円です。まあおいしいもん食べるにはこれぐらいの出費は普通なんで、私はもうなれましたが。母は「あんまりに高すぎて笑える」なんて言って爆笑してました。そりゃまあねえ…地元の千葉じゃ量も多い上に半額以下ですみますから。

その後は竹むらです。老舗のお汁粉屋さんで、まつやから歩いて3分もかかりません。
田舎汁粉と御前汁粉がありますが、前者はつぶあん、後者はこしあんです。どちらも同じような味かと思いきや、全然味も風味も違います。なんで?味の仕上げ方が違うんでしょうか。どちらも旨いことには変わりないのですが。
とにかくここのお汁粉は、信じられないほど良い香りがします。あずきって本当はこういうものだったんだ、と感動しまくりです。お餅も一口サイズの小さなものが二切れだけ、ちょこんと入ってます。
量は少ないのですが、満足度は最大です。器も綺麗で思わずじっくり眺めてしまいます。漆塗りでピカピカに光り輝いています。色鮮やかな橙色に金色の線がピシっと入っているのがまたなんともお洒落です。他に柄が一切ないので、その線が一本あるかないかで、器の印象が大きく違ってきます。
お土産に白玉あんを買って、そこから今度は日本橋高島屋でお買い物。

それから東京駅に行って、構内のグランスタにある「浅野屋」でパンを買います。東京へ来たら絶対にここで軽井沢ブレッド(ブルーベリー)を買っています。
これ、半端じゃなくおいしいです。これだけ買いに東京駅へ来た事もあります(笑)。
で、ほぼ毎回「ピエール・マルコリーニ」でチョコなんぞを買ったりします。ウルトラ高いのですが、その分ウルトラおいしいです。カカオの魅力が凝縮された、小さな小さな宝石のようなチョコです。見た目はシンプルなのですが、その味わいたるや一度食べたら忘れられない味です。前回買ってまだ残っているので今回はピエールはスルー。

結構散財しましたが、たまの贅沢なのですから、これで良いのです。ケチって金勘定ばっかり頭にあると楽しめませんし。
こういう時はこれぐらい当たり前、と思って思い切りよく使わないと全然楽しくないですから。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

ガンダムカフェに行った 

ガンダムカフェは秋葉原の駅近くにあるのが有名ですが、私が行ったところは東京駅八重洲地下中央口改札を降りたところからすぐ近くの、東京駅1番街にあるガンダムカフェ。近くにはキャラクターストリートとかラーメンストリートとかあります。

シャアザクカレーとかハロラテとかありましたが、なんかイマイチ興味を持てなくて、結局職場の人に頼まれたガンダムの人形焼を買っただけでした。ハロドラとかいうハロのドラ焼きとかもありましたが、う~ん…という感じ。
ってか私は熱狂的なガンダムファンでも無いのであまり盛り上がらなかったんです。まあガンダムは一時期物凄い大好きでしたが、『装甲騎兵ボトムズ』にハマってからは徐々に離れていった感じなのです。SDガンダムが好きだったので、その延長で原作の初代ガンダムが好きになった、というだけでしたし。
そりゃあまあガンダムを嫌いになったわけじゃないですけどね。けど私が好きなのは『0080』と『0083』と『MSイグルー』シリーズなので、その辺のグッズが無いとイマイチなのです。

ガンダムグッズも色々あって、名演説が書かれた湯のみとか、ガンダムのマグカップとか、ジオン軍カラーのペンタイプのハサミとか携帯ストラップとかありましたが、ふ~ん、という感じ。
陸戦強襲型ガンタンクストラップとかあったら即行で買うんですけどね。あるわけ無いか(笑)。
通販で売ってるナムコのキャラグッズの方が質も良くてお洒落なものがありますね。ガンダムカフェはそういうとこが1ランク落ちるかなあ。
店を出て行く時に女の店員さんが「ありがとうございました!」って言って敬礼してくれた時には「ああ、やっぱガンダムカフェだなあ」なんて微笑ましく思えましたけど。ジオン軍服のお姉ちゃんが「ジークジオン!」とか言ってくれたら嬉しいんですけどね。

全体的に凄く狭いので、やっぱり行くならアキバの方がいいかもしれません。でも多分、私は行きません。

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

ゲーム音楽三昧めでたく終了!要注目楽曲を抜粋して紹介 その二 

抜粋紹介その二。
番組の時系列にそって気になった楽曲を抜粋して紹介し、それに合わせて当ブログ一押しの音源をご紹介していきます。
なお、紹介する一押し音源は全て管理人カシマが所有しているものから選んでいます。

※画像をたくさん貼り付けたらページが重くなったので、Youtubeにて再生リストを作成しました。

↓ゲーム音楽三昧ツヴァイにちなんだ再生リスト。本文記事とあわせてどうぞ。
-- 続きを読む --

Category: ラジオ

tb 0 : cm 0   

自作コンピレーション『ACE COMBAT AIR BATTLE SELECTION-』(動画訂正) 

せっかくベスト盤が出るってのにしのごの文句ばっか言っててもしゃあないので、自分でベスト盤を作りました。シリーズのサントラを持ってる人はためしに作ってみてはいかがでしょう。

コンセプトは「かっこいい戦闘機がバンバン飛び交って、胸が熱くなるような空の戦いに単純に憧れる少年」です。
そう、俺のことだよ!!(笑)

※ACE COMBAT5の楽曲「Riding High」が「Elemental Particle Pt.2」になっていたのを訂正しました。

※追加記事…実はこの記事、80分CD一枚にきっちり収まるように選曲されています(収録時間79分29秒というギリギリの収録時間)。気づかれた方、おりますでしょうか?
音楽を圧縮して持ち歩くのが当たり前になっている昨今、CD一枚に収めるという行為は一見無意味なように思えますが、それこそが「そぎ落としの美学」なのです。
動画サイト等で「作業用BGM」などとタイトルをつけて、やたらと長時間だらだら詰め込んだだけのつまらない動画に対する挑戦でもあります。大体何ですか「作業用BGM」ってのは。あなたにとってその音楽はその程度なのですか、と言いたい。別の作業しながら垂れ流すだけで何が楽しいんでしょうか。何か意図があっての選曲でなければ、面白くもなんともない。

あれもこれも入れたい!となるところを徹底的に抑えてそぎ落とし、コンパクトにまとめるというのは意外と大変です。ですが、それをやってみると、自分の本当に好きな楽曲、ひいては本当に自分が好きな音楽とはなんなのかが見えてきます。
ぜひ、自分好みの音楽セレクションCDを作ってみて下さい。選曲には相当悩みまくりますが、結構楽しいですよ。

※追加記事2…iTunesではエース2、ゼロ、5、6、CROSS RUMBLEが配信中です。もちろん、どれも全曲配信です。

※全曲を再生リストとしてまとめました。

-- 続きを読む --

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

甦る香港の魔窟―ウェアハウス川崎探訪 

去る8月17日、川崎の九龍城砦ことウェアハウス川崎へ行ってまいりました。
なお、残念ながら店内は撮影禁止とのことで、筆者が掲載しても問題無いだろうと判断した外観と入り口の写真だけ、掲載致します。
というより、写真ではこの魅力は伝え切れません。クーロンズゲートファンは絶対に行くべき場所です。どんな遠方に住んでおられる方も、たとえ諸外国に暮らす方々でも、この地に絶対に足を運ぶべきです。それほど、その再限度は凄まじいものがあります。
当ブログ管理人カシマが絶対の自信を持ってオススメ致します。ここはクーロンズゲートファンの聖地です。メッカです。エルサレムです。アレギウムです。龍城路です。九龍フロントです。西城路です。龍津路です。大井路です。狭い家です。俺は玄機だ!馬山童の頭の中だ!!ソンジイサンウラナイウラナイ、シャ、シャ、シャ、シャセンセイ、チツバメノ。センセイセンセイセンセイセンセイ
歴史!ヒストリーだ!!


諸外国のクーロンズゲートファンの方々、アキバのメイドカフェに行って「オ~ホホホイェ~」とか言ってる場合じゃありませんよ。日本の観光スポットは東京タワー、スカイツリー、柴又、メイドカフェなんかじゃありません。
ウェアハウス川崎です。
日本が世界に誇る最後の魔窟、どうぞご堪能下さいませ。

・ウェアハウス川崎への行き方
筆者は千葉県民なので千葉からのアクセス方法を書きます。ルートはいくつかあります。
一番簡単なのは、千葉から横須賀線・総武線の快速で品川駅まで行き、京浜東北線に乗り換えて川崎駅下車。
二つ目は、東京駅で東海道線に乗り換えて川崎駅下車。
三つ目は、東京駅で山手線に乗り換えて品川駅まで行き、そこから京浜東北線に乗り換えて川崎駅下車。
要はどこの駅でもいいので、京浜東北線か東海道線に乗ればいいわけです。

さて、川崎駅についたら、改札を出て東口から出ます。階段を下りて外に出て、右に曲がって歩くと大きなヨドバシカメラの店舗があります。ヨドバシカメラの右手にはアーケード街があります。
ヨドバシカメラすぐ脇の左手にある、駐輪場のある細い歩道(2~3人分ぐらいの本当に狭い歩道)を真っ直ぐ歩きます。高架線を左に見つつ、それに沿って歩く形になります。
しばらくすると右手にコンビニが見えてきます。そこをさらに越えると……。

It's Happy Hour!!!
L17.jpg

い~っひひひひひひひ。きもちいいぞう。
L104.jpg


となります。

明らかに周囲のビルヂングから異様に浮いた、わけのわからん鉄の塊みたいなバカデカい建物が出現致します。それこそが、あろうことかこの陽の世界に姿を現した陰界の九龍城ことウェアハウス川崎!!
実際はただのゲーセンです。
が、しかし!!あなどってはいけない。
私は訪れるまで半信半疑でした。本当にあの九龍城を再現してるのか…?と。どうせちょこっと汚してそれっぽく作ってあるだけじゃねえの?と。
…甘かった。あまっちょろかった。
ヤバいです。激ヤバです。まさにもうクーロンズゲートそのものです。もうあまりに嬉しすぎて、気が狂いそうでした。
だって入り口がもうあんた、これから龍城路に向かうんじゃねえのか、これ!?というような作り。
L11.jpg

おまけにこの扉が開くと、あの「プシュウー」というスチーム音が!!!
L4.jpg

この時点で、ぎやああああああああと私は叫びました。
扉が閉まって後ろを振り向くと、薄暗い中に浮かび上がる鉄の門扉…この光景は…。
香港最高風水会議の面々に「きみは陰界の九龍城に潜入し、風水を起こさねばならない!」と命令され、アイピンに風水スコープを手渡されたすぐ後の場面、閉まった扉を振り返ったあの時にみた、あの光景じゃないか!!
今にでも、アイピンと香港最高風水会議のやりとりが聞こえてくるようです。

そして、さらにもう一枚、赤い照明に彩られた怪しげな自動扉がありまして(恐らく扉男)、これを通り抜けるとそこは……。

陰界じゃねえか、これは。

もうダメです。私は理性を失いました。気分は完全に超級風水師です。見立てをしたくてたまらなくなること必至。超級羅盤を持ってうろちょろしたくなります。風水スコープで気脈の歪みを見たくなります。
そしてまもなく、私は発狂しました。だって「Happy Hour」よろしく、意味不明な広東語らしき音声がひっきりなしに流れているのですから!!おまけに地面もちゃんとボロボロに作られていて、どう見ても廃墟の地面です。

ゲーセンなので中はかなりガヤガヤうるさいのをいいことに、私は一人で「ぎやああああああ」「いっひょひょ~~~っと!!」「い~~~ひひひひひひひひひひ」「ソンジイサンウラナイウラナイ」などと、次から次へと理解不能な言葉を発し続けていました。ウソです。さすがに一人だったのでそういう理性は残っていたようです。でなければ確実に妄人になって二度と出てこられなかったでしょう。それぐらい、物凄い完成度です。
壁も窓ガラスも全部本当に汚いんじゃないの?というぐらい思いっきりきったなかったので思い切って触ってみましたが、綺麗でした。徹底的に精細を極めたウェザリングが施されており、どこをどうみても、それこそ1cmまで近寄って見てみてもわからないぐらいです。
まさかここまでの作りこみとは……。感服致しました。ここはもう、あの九龍城です。テーマパークの比じゃありません。とんでもない本気度です。

さて、そんな泣くほど素晴らしい(本当に目が潤んできてしまった)ウェアハウス川崎ですが、先祖の伝書の言う通り、店内の撮影は禁止となっています。それはつまり、ゲームセンターだからなんでしょう。ゲーム画面やゲームキャラを写して勝手に使用されたり、ゲームで遊んでいる人たちが写りこんでしまう恐れがあるので、著作権とか個人情報保護の観点から撮影禁止にしているんだと思います。
ですので、訪れた際にはくれぐれもマナーを守って、お店と他のお客様のご迷惑とならないようにご注意願います。

その為に個人的なブログやサイトで店内を紹介しているところは無さそうですが、「東京ディープ」という東京近郊のアンダーグラウンドな場所を紹介しているサイトさんで店内の様子が紹介されていますので、参考までにどうぞ。もちろん、このサイトさんはウェアハウス川崎さんの許可を得て撮影、ネット掲載しています。
→http://tokyodeep.info/
ページトップの右上に東京、神奈川、埼玉、千葉の項目があります。その神奈川県の項目をクリックすると、神奈川県のアンダーグラウンドな物件に関する記事がたくさん出てきますので、そこにウェアハウス川崎への取材記事があります。
それ以外でも、アンダーグラウンド好きにはとても興味深い記事がたっくさん掲載されていて、非常に面白いです。


さて、個人ブログでは店内画像が無理なので、文章で何とか頑張って表現してみようと思います。クーロンズゲートファンの喜びそうなポイントをチェックしながら進んでいきましょう。

無骨な鉄錆の浮いた建物。入り口もまた頑丈な鉄の作り。
クーロンズゲートのゲームを始めて最初に、香港最高風水会議のメンバーに会うために通るあの鉄の扉にそっくりである。自動扉となっており、目の前に立つと「プシュー!」というスチームが噴出する音がした。この演出は龍城路のアレそのもの。靴屋、油屋、錠前屋がなどがいた、あのエリアに足を踏み入れる時のあの演出である。だが特に霧やスモークが出るわけではない。音だけである。
後ろで扉が閉まると、かなり薄暗い。と、目の前にもう一つ、赤い扉がある。せっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶことにした(扉は一つだけだが)。良く見ると「Welcome to Ware House」と書いてある。クーロンっぽさもあるが、照明が赤いからかサイレントヒル3のような印象も受ける。
その扉の前に立つとこれもまた自動扉で、やはりスチーム音がする。扉が開くと、薄暗く細長い通路が続いている。天井には得体のしれないコードの類が、蛇のように走っている。右にはさびてボロボロになった道案内の看板がある。左手には上から下ってくるエスカレーターがある。そのエスカレーターもまた、さびてボロボロだ。
エスカレーター前にはなにやら怪しげな窓がある。そこをのぞくと、中は赤い照明で照らされており、下着姿の女性の人形がベッドに横たわっている。なかなかに淫靡な光景である。安っぽい作りの人形がまた不気味さを煽る。
ふと、今通ってきた入り口を振り返ると「通行不可」と書いてあった。しかも下には日本語で「こちからは出れません」と書いてある。「こちからは出れません」である。
うおお…この間違った日本語!!!実に素晴らしい。パチモン大国である香港らしさを小粋に演出している。
説明すると、入り口から出ることは出来ない。出口は別にあるのだ。
通路を進むと、左手には石の洞窟があった。中に入ると緑色に発光する池があり、龍の置物が水を吐き出している。
そこを渡っていくと自動扉があり、その外はごく普通の駐輪場だった。いきなり現実に引き戻される。
まだ出るわけにはいかない。石の洞窟に引き返し、私の勇者としての血が騒ぐのを押さえながら出ると、ピンク色のケバケバしいネオン看板がある。「電脳九龍城砦」という文字があり、そこはエレベーターとなっている。
ちょっと引き返して上りのエスカレーターを上がると、朽ち果てた建物が出迎えてくれる。
香港の市場にありそうな小さな屋台があり、焼かれた鶏肉が無造作に置いてある。50元などと書いてあるきたない殴り書きの値札が立っている。もちろんどれもホンモノではないが、質感はホンモノと見まごうばかりだ。
隣にはさびてボロボロの自動販売機。だがちゃんと買える。賞味期限切れとかパチモンを売ってる自販機ではなく、中身はごく普通のありふれた自販機である。
その隣にはやはりボロボロのUFOキャッチャー。景品はもちろん新品なのでご安心を。サビだらけなのにかけて「サビッス台」と書いてあるのはやや興ざめ。オヤジギャクか。
そこから後ろを振り返り奥へ行くと、まばゆいばかりの光を放つ、最新のゲームの筐体が出迎えてくれた。そこには、いたって普通のゲームセンターの光景が広がっていた。
二階スペースは、半分は普通のゲーセン、半分は九龍城を再現したオブジェクトが立ち並んでいる、という具合だ。三階はメダルゲーム。三階から二階を見下ろすことも出来る。四階はビリヤード場なので、九龍的な部分は三階まで。五階はネットカフェだそうだ。

取りあえず、二階のトイレに入ってみる。
トイレのドアも、やはり怪しげな作り。中はまるでサイレントヒルのようだ。鉄錆が浮いており、便器も汚らしく作られており、壁には意味不明な漢字が書きなぐられ、何かのチラシが剥がされたような後が無数にある。
近くには業務用の運搬エレベーターがあるのだが、そこすらも漢字の落書きと鉄錆という徹底ぶり。
また、休憩用の椅子も鉄錆。ゴミ箱すら鉄錆。全てが汚らしく、素晴らしい質感である。
休憩用の椅子に座り、しばしオブジェクトを眺めた。もちろんBGMはクーロンズゲートのサントラである。
と、テーブルの上にレストランのメニュー立てのようなものがあり、そこにはこのウェアハウス川崎がどのように作られたのかが少しばかり書かれてあった。
何でも、香港の家庭ゴミを国際便で輸入し、それをオブジェクトとして使用しているそうである。ひえ~。干してある洗濯物があったりするのだが、じゃああれは、ホンモノってことなのだろうか?
なんておっそろしい作りこみであろう。その熱意には頭が下がる。
クーロンサントラを聴きながら、特にゲームをするわけでもなくうろうろし、ウェアハウス川崎を後にした。

ちなみに、ここは景観を損なわないため、ということで18歳未満は利用禁止となっている。保護者同伴でもダメだそうだ。訪れる際はご注意を。

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 4   

ゲーム音楽三昧めでたく終了!要注目楽曲を抜粋して紹介 その一 

およそ10時間に渡る長尺プログラム「今日は一日ゲーム音楽三昧 ツヴァイ」がめでたく放送終了いたしました。
その時、俺は仕事だよ!!ぜんっぜん聞けなかった…。
通勤途中と仕事の休憩中にちょこっと聞いたぐらいで、あとは全然。しょうがないのでNHKのページでプレイリストを確認し、気になる&注目の楽曲を選んで紹介しておこうと思います。
なお、くやしいので当ブログでゲーム音楽三昧やります。俺の大好きなゲーム音楽をイヤというほど紹介しますのでお楽しみに。

-- 続きを読む --

Category: ラジオ

tb 0 : cm 2   

アラン・ホールズワース来日公演 

アラン・ホールズワースフェアウェルライブだそうで、これが最後のライブとなりそうです。引退、ということだそうですが、アルバム作りはやるんですよね?アランさん?ライブは引退、ってことなんだろうと思いますけど。
とか何とか言って、ひょっこりまたライブやりそうなお人ではあります。

さて、気になる公演場所は、ビルボードライブ大阪とビルボードライブ東京の二箇所。
チケット情報ですが、興味のある方のために、この記事を書いている8月12日午前中現在の情報を提供しておきます。

大阪の方は9月29日。まだチケットに余裕がありますので関西の人はお早めに。
東京の方は9月30日と10月2日の二日間。どちらの公演日ももうほとんど残ってないようですが、ビルボードライブに電話して電話予約なら出来るかも?というようなことがホームページに書いてあったのであきらめてはいけません。
チケットぴあとイープラスでも取り扱ってますが、イープラスの方は9月30日のチケット(早い時間と遅い時間の両方)がまだありますね。チケットぴあの方は両日とも遅い時間の方ならまだ残っているようです。

カシマはというと、運よく10月2日のライブがイープラスで取れたので、絶対に行きます。だって世界一大好きなギタリストなんですから!しかもその日だけ、狙い済ましたようにお仕事お休み!!イエーイ!!こういうところで私は運を思いっきり使っているんでしょうね。普段運が悪くてもいいんです!!これで全て帳消しです。

いやあホント、今年は素晴らしい!
まず8月17日にはケンソーのライブ!!もうあと一週間もないです!!世界一大好きなバンドのライブ!嬉しすぎてどうしてよいのやら。
そして10月2日は世界一好きなギタリスト、アラン・ホールズワースのライブ!!
世界一好きなアーティストのライブが二回もやってくる!!生きてて良かった!!

ケンソーとアラン・ホールズワース、どっちも世界一好きです。どっちが上とかないです。好きすぎて毎日絶対聴いてます。ウソじゃありません。ウォークマンには必ずこの二つのアーティストの音楽が入ってます。
CDはリマスターされる度に買ってます。なので同じようなCDがいっぱい…(笑)

で、今回のアランさんのライブメンバーは、ベースがジミー・ハスリップなのは良いとして、ドラムがゲイリー・ハズバンド…。う~ん、やっぱチャド・ワッカーマンが聴きたかったなあ、というのが正直なところ。スケジュール空いてなかったのかな。
正直言うと、アランさんのソロアルバムで最初に気になったのはチャドのドラミングでした。まずドラムにハマって、それからやっとアランさんのギターが楽しめるようになってきて、今では世界一大好きなギタリストとなりました。
しかし、ゲイリーねえ…。ソロアルバムの『Dirty&Beautiful Vol.1』で完全にやらかしてくれたからなあ…。アランファンの俺としては怒りしかないアルバム。だってアランさんが全然弾いてないんだもの!
おまけにゲイリーってドラムがドタバタしてるっていうか、かっこつけてるっていうか何と言うか…。チャドと比べちゃうとやっぱりチャドの方が上手いなあと思うし、好きなんだよなあ、俺は。
まあいい。アラン・ホールズワースのギターさえ聞くことが出来れば、それで俺は満足。俺にとって最初で最後のアラン・ホールズワースライブとなるかもしれないし。

ところで、ライブ会場のビルボードライブ東京って六本木のミッドタウン内にあって、お酒とお料理が楽しめる場所のようですが、かなりお高いメニューっぽいので今からガクブルです(笑)。しかも俺一人で行きます。どうしよう。
しかもホームページでメニューを見たら、俺の大好きなカミュが!!イッツ神宮寺!!うぉお…さすがに東京。やっぱミッドタウン。
それに、カミュでもVSOPとXOとイル・ド・レ、イル・ド・レXOがある…。VSOPとXOは飲んだことありますがイル・ド・レは知らなかった。飲んでみようかな。
あ~あ、これで助手の洋子くんが隣にいたらなあ、なんて思いますが(笑)。まあいいや。
しっかしまあなんということでしょう!カミュを片手にアラン・ホールズワース!!高級過ぎて鼻血出してぶっ倒れて死にそうですが、頑張って(何を頑張るんだ)行って来ます。

一体予算いくらになるんだ…。2万ぐらい?ま、たまにはいいやね。自分へのご褒美です。それも最高のご褒美。これ以上考えられないくらいのご褒美です。ライブの日は、誰にも邪魔はさせません。立ちふさがるものあらば、これを全力で排除いたします。

Category: ジャズロック、フュージョン

tb 0 : cm 0   

8月10日、NHK-FMで「ゲーム音楽三昧」!! 

あれ~…?プログレ三昧は~?フュージョン三昧は~?やんないのかな~?んん?

ともあれ、4年ぶりの第二弾放送だそうです。リクエスト曲募集してるんで、ゲーム音楽愛好家はぜひ!

ゲストはイトケン、すぎやま先生、慶野由利子(ゼビウスでお馴染みですね。超珍しいゲスト!)、ZUNTATA(現ズンタタね)、Blind Spot(ほぼS.S.T.BANDね)。司会はなんと高橋名人!!やっと余計なヤツらがいなくなりましたね(笑)。変な芸人とか中途半端なゲーム好き芸能人とかいらないと思っていたので、これは嬉しいです。
あ、でもナベケンの娘の杏ちゃんと加藤夏希ちゃんが来てくれたら話は別です(笑)。二人とも本当にゲーム好きなようですんでね。

あと、ZUNTATAとS.S.T.BANDは番組内でライブもやるみたいなので、これは楽しみですね。

第一回はかなり中途半端な内容だったので、今回はとっちらかった内容にならないよう期待したいものです。

Category: ラジオ

tb 0 : cm 0   

谷山浩子の20年ぶり新作小説『Amazonで変なもの売ってる』 

谷山浩子を知ったのは、10年以上前、ラジオで偶然聞いた『悲しみの時計少女』がきっかけだった。
当時聞いた時はあまりに面白かったのだが、録音していなかったことを後悔していた。のちに原作の小説があることを知って探し回るも、どうやら廃刊となっていたようで手に入れることは出来なかった。

いちばんに気にかかっていたのは、ラジオドラマが始まる時にかかっていたボーカル曲。
調べてみてもわからない。近所のCD屋に行ってみると、偶然、谷山浩子のCDをたくさん取り扱っていたけれど、どのCDに収録されているのかさっぱりわからない。
『ゆがんだ王国』というアルバムに「悲しみの時計少女」が入っているのを見つけて早速買ってみるも、これじゃなかった。「悲しみの時計少女」は確かにラジオドラマでも使用されていたが、自分が探しているのはこれじゃなかった。
もうひとつ買ったのは『眠れない夜のために』。このアルバムに収録されていた「銀河通信」を聞いて「これだ!」と思うも、あのラジオでかかっていたバージョンではなかった。
とにかく楽曲がわかったので今度はベスト版『白と黒』を買った。
…これだ!
ようやくたどり着いたのである。アルバム『冷たい水の中をきみと歩いていく』に収録されているバージョンだ。
しかし、楽曲はわかったが、ラジオドラマは聞くことが出来ず、原作小説が手に入らない。
ラジオドラマはCD化されておらず、原作小説は廃刊のようだった。

ネットの時代になってYoutubeで探して発見し、最初から聞いた。
あまりの感動でどうにかなりそうだった。
もっともっと知りたい。この作品のことを。

『悲しみの時計少女』は2010年に復刊しており、今では容易に手に入るようになった。
当然、買った。
読んでみると、ラジオドラマの出来がどれほど良かったか、あらためてわかった。
原作を改変することなく、谷山浩子の楽曲をふんだんに使用して、素晴らしいラジオドラマに仕上がっていたのだ。

↓ラジオドラマ『悲しみの時計少女』。ネット時代の良さというのはこういうところにある。


↓「銀河通信」のライブ映像。


また、谷山浩子のCD作品が2011年にいっせいに紙ジャケットでリリースされていることをつい最近知り、少しずつだが買っている。きっと全作揃えてしまうだろう。

そして8月7日。待望の新作小説が発売される。
タイトルは『Amazonで変なもの売ってる』。
谷山浩子の不可思議な世界がまた楽しめるのかと思うと、待ち遠しくて仕方がない。

9月10日には東京国際フォーラムでの40周年記念ライブのCDが発売される。
CD三枚+DVDつき。これも買うだろう。


谷山浩子の何が好きか?
声が好きである。この一点に尽きる。ラジオドラマで彼女の声を聞いたからこそ、ここまで好きになったのだろう。
もちろん、小説での文章の書き方も好きだ。彼女の作るメロディも好きだ。

しかし、一番は「声」である。
歌手は、見た目や歌の上手い下手、才能うんぬんなどどうでもいいのである。

声だ。



Category:

tb 0 : cm 0   

いくぜクラリス!今度はPCエンジンだ! 

クラリスディスクさんは本当にもう、どうしてこう俺の大好きなものばかりリリースしてくれちまいやがるんでしょう!!またもや感涙の涙です。

9月27日、ナムコのPCエンジンタイトルを収録した『HuCARD Disc In BANDAI NAMCO Games Inc.Vol.1』が発売決定です!!もちろんクラリスさんで予約します!だってナムコキャラステッカーがついてくるんだもの。そりゃあ当然です。
気になる収録タイトルはこちら!

ドラゴンスピリット
ドラゴンセイバー
オーダイン
ファイナルブラスター
ギャラガ'88
ゼビウス ファードラウト伝説
プロテニス ワールドコート
ワールドジョッキー

ディスク3枚組で4200円。高いですか?いいえ、そんな値段の問題じゃありません。俺はちっとも気になりません。だってこんだけ素晴らしいタイトルがぎっしり詰まっているんですから!!
中でも絶対注目はPCエンジンオリジナルタイトル『ゼビウス ファードラウト伝説』!!これ、めっちゃくちゃカッコいいんですよ。なんでサントラねえんだよ!ともうずっと思っていたところに!クラリスさんがリリース!!だからもうあんた、なんで俺の好みがわかるの!?と。俺、クラリスさんに意見したことないんだけどなあ。

↓音楽だけってのはなかったのでプレイ動画で。エンディングのゼビウスアレンジは必聴!


↓もう一つおまけ。ゼビウス30周年記念トリビュートアルバムです。iTunes配信限定タイトルです。中鶴潤一さんのフュージョンチックなスラップベースバッシバシなアレンジが素晴らしいですね。


さらに!10月25日にはVol.2も発売!!クラリスさん、やりすぎです(笑)。嬉しすぎてたまりません!!なぜなら!!あの『源平討魔伝 巻ノ弐』が収録されているからです!!!しかも前作『源平討魔伝』のPCエンジン移植版も入っています!!源平好きなら感涙必至。そう、俺だ!!
気になる収録タイトルはこちら!

ワルキューレの伝説
ワンダーモモ
メルヘンメイズ
源平討魔伝
源平討魔伝 巻ノ弐
超絶倫人ベラボーマン
ドルアーガの塔
妖怪道中記

おお、クラリスさん、いつになくメジャータイトルばっかだ(笑)。こんだけメジャーなもんばっかってのも珍しい。
しかし!!『源平討魔伝 巻ノ弐』!!いやあもう光り輝いていますねえ!
つい先日、メタルスレイダーグローリーとクーロンズゲートという物凄いタイトルを発売したばっかなのに、もうこんなビッグタイトルまで…。活動活発すぎてちょっと心配になってきます。クラリスさん、大丈夫ですか?(笑)そんなに飛ばしていいの?まあ俺は全力でついていきますけどね!!
こちらも3枚組み4200円。源平のためだけに買います。源平こそが我が命です。
あ~嬉しいなあもう!!
ところで巻ノ弐の作曲者って誰なんですかね?エンディングの動画を見ても「がっぴー」「おっくん」「ひろよん」と書いてあって誰だかさっぱりわかりません(笑)。おっくんというのは調べてみたら、どうやら「おくやまみよし」さんっぽいというのはわかりましたが…この人も謎が多くてわかりません。

↓これも音楽だけってのはなかったんでプレイ動画で。この雰囲気…たまりません。



さらにさらに!『おさわり探偵 小沢里奈ライジング3 なめこはバナナの夢をみるのか?サウンドファイル ぷらす』も発売決定!ん?おさわり探偵…?あ~、タイトルは聞いたことあるなあ、ぐらいだったんですが、作曲者を見てびっくり。
田崎寿子さんだ!!
う、お、お、ぉ、ぉ、ぉ………(絶句)。そうだったのか、田崎さん…。さすがクラリス、目の付け所が違うぜ。
田崎寿子さんといえば、あの『真・女神転生 ソウルハッカーズ』でウルトラかっこいいオープニング曲を手がけた人ではないですか!!他にもアトラスでは『真・女神転生 デビルサマナー』『女神異聞録ペルソナ』『女神異聞録ペルソナ2罪』と『~罰』といった作品に参加していた方。これは楽しみです。聞いたことないですけど買いますね、確実に。
『おさわり探偵 小沢里奈ライジング3 なめこはバナナの夢をみるのか?サウンドファイル ぷらす』は9月20日発売です。ボーナストラックとしてシリーズ2の楽曲も収録とのこと。こちらは1枚組みで2500円ですから、楽曲数もそれほど多くないんでしょうね。

まだまだ熱いぜクラリス!キてるぜクラリス!!
これだけ俺の好物ばかりリリースとなると、期待してしまうのがPS『フィロソマ』全曲サントラ化ですねえ。クーロンズゲートがきたんだからこれも…と思わずにはいられません。

Category: クラリスディスク

tb 0 : cm 0   

フリーダムウォーズ『超貢献推進楽曲集』コミケで発売決定 

8月15日から行われるコミケにて、フリーダムウォーズが出展決定とのこと。取り扱う品物は公式サイトで発表されています。
で、ニコニコ動画でも話題となった『超貢献推進楽曲集』が発売とのこと。
電撃オンラインの記事によると、「Let's 貢献~恋の懲役は1,000,000年~」の未発表フルバージョンを含む4曲とそれらのインストバージョン4曲の計8曲収録とのこと。価格は2000円。
ということは、収録曲は「Let's 貢献~恋の懲役は1,00,000年~」ニコ同公開バージョンと「Let's 貢献~恋の懲役は1,00,000年~」未発表フルバージョン、「パノプティコン労働歌 第一」「ナナナナ」の4曲とそれらのインストバージョンが収録、ということになりますね。

で、同記事では「先行販売」となっていたので、コミケの後に販売されるのは確実ですが、それが同人ショップなのか一般流通なのかがわかりませんね。多分一般流通でしょうけど。iTunesで配信もしてくれると嬉しいですね。

また、グッズもコミケ限定で色々販売されるようですが、既に発売中のサントラも販売されるようです。コミケ販売価格3700円となっていて、普通に買うより若干安いです。
会場で3000円以上買うとポストカードついてくるみたいなんで、このサントラ買っただけでポストカードついてきますね。
イベント限定グッズはトートバッグ(数量限定:100)とプロパくんフィギュアストラップ(数量限定:300)。トートバッグ欲しいなあ…。どちらもイベント限定で数量限定ということなので、コミケに行かれる方は行列覚悟ですね。

↓というわけで当ブログ管理人カシマもLet's貢献です。


↓うちの主人公、フレイユ・ソルバーグさん。三白眼がポイント。近接武器は大剣の残影か槍のエクソダス、遠距離はEZ-カッツェとかEZ-クラレ等のガトリングガンなどなど。ミサイル系は使わないです。
2014-07-24-234123.jpg

↓うちのアクセサリ、Lu7さん。名前はもちろん、梅垣ルナさんのバンドから。目の下の発光したバーコードがポイント。目つきの悪い長髪ロングは当ブログ管理人カシマの憧れです。『羊のうた』の高城千砂が大好きなので。メガネは気分によってかけたり外したりです。
時々「ぴーがりがり」って言って故障したり「ぶち殺すぞテメー」とぶち切れてフラグ投下したり「何度も同じ命令で飽きてしまいました」とか言ったりするラブリイなヤツ。
2014-07-24-234448.jpg


↓そんな二人のツーショット。実はこの二人、全く同じ顔です。
2014-07-24-234436.jpg

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0