03 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

Amigaゲームサウンドを彷彿とさせる、Martin Iveson(atjazz)のアルバム『LABFUNK』 

かつてAMIGAのゲーム音楽を手がけていた、イギリスの作曲家Martin Iveson氏(別名義=atjazz)。
現在は自身のレーベル「ATJAZZ RECORD COMPANY」を立ち上げ、精力的に活動しているようです。
公式サイトはこちら→ATJAZZ RECORD COMPANY

このブログでもちょこっと紹介したことがありますが、カシマがMartin Iveson氏、というよりはAMIGAサウンドを知ったきっかけが、彼の手がけたゲーム音楽『Jaguar XJ220』でした。
聞きなれた日本のゲーム音楽とは全く異なる、その本格的なクラブジャズサウンドに一発で叩きのめされ、以来マーティン氏のファンです。
今回ご紹介するのは、その『Jaguar XJ220』を彷彿とさせる、お洒落なジャズファンクサウンドを目いっぱい楽しめるアルバム『LABFUNK』です。

その前に、まず『Jaguar XJ220』ってのはどんな音楽か、お聞きいただきましょう。


もう始まりのスラップベースのかっこよさにシビれて、その後のシンセのメロディにヤラれっぱなしです。AMIGAのゲームってこういう感じの音楽が結構あるんですが、やっぱりMartin氏のこの『Jaguar XJ220』には叶わないですねえ。
海外ゲーム音楽の中でも名曲中の名曲であると思います。

そして、こちらがアルバム『LABFUNK』の第1曲目である「DAY 2001」。このクールさ…たまりません。


同アルバムからもう1曲。「Touch the Sun」です。おっしゃれ~ですね。


もちろん、iTunesでも配信中です。atjazzで検索すると結構色んなアルバムが出てきます。

今回、あらためてマーティン氏のことを調べていたら、『サンダーホークⅡ』の作曲者だったんですね。『サンダーホークⅡ』はサターンソフトを買って、サントラ代わりにしてよく聴いていたんで、これはびっくり。まさかこう繋がってくるとは…。
これだからゲーム音楽って面白いんですよね~。


もちろん『サンダーホーク1』も彼の作曲。こちらも渋くて大好きです。


さらに調べていくと、マーティン氏は海外のゲーム会社「CORE DESIGN」の作品を数多く手がけているみたいです。ってかこの会社、トゥームレイダーの制作会社じゃないですか!何だ、有名どころじゃないか(笑)
先に紹介した『JaguarXJ220』『サンダーホーク』『サンダーホークⅡ』も全てCORE DESIGNなので、マーティン氏はここの会社の専属だったんでしょうね。
トゥームレイダーでは作曲者としてではなく、サウンドエフェクトで参加しているみたいです。

スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽作曲家

tb 0 : cm 0   

ちょっと残念『さよなら海腹川背ちらりサウンドトラック』 

満を持して発売となった、全国の川背さんファン待望のサウンドトラック『さよなら海腹川背ちらりサウンドトラック』。
スウィープショップでは特典として特製手ぬぐいと復刻攻略DVDがついてくるので、カシマも即予約して無事に届きました。
新たにデジタルレコーディングされて、新しいジャケットで登場して旧作と新作の両方を楽しめるサントラとして、期待いっぱいなサントラだったのですが…。
う~~~~~ん……どうしても、「これは痛い!!」という部分が…。

先に3DSで発売されていた『さよなら海腹川背』のソフトの初回特典にはサントラCDがついていたのですが、これには収録されていた旧作のアレンジ音源が未収録!!その数7曲!
これは痛いです…。かなり痛いです。
そりゃあ、アレンジ音源といっても旧作とほぼ変わらないし、単に今の音源で再現しただけのもの、といってしまえばそれまでですが…。
旧作音源は入っているんだから、ほぼ同じようなのはいいんじゃね?とかいう了見なのか、ソフトの初回版買って特典CD持ってる人はいらないでしょ、ということなのかどうかはわかりませんが…。
でもですね。
せっかくサントラ出すんだから、しっかり全部入れて欲しいです。
これは残念。本当に残念です。

具体的に未収録の楽曲は以下。
・川・下流(SFC)
・川・上流(SFC)
・川・渓流(SFC)
・多摩川(PS)
・浜(PS)
・磯(PS)
・長瀞(PS)

3DSの『さよなら海腹川背』では、これらの楽曲がよりクリアな音にアレンジされて使用されていて、これがまたすっごく嬉しかったんですよ。
そりゃあどれも原曲とほぼ変わらないと言ってもですね、聞く人が聞くと違いがわかるんです!!
特に「多摩川」常習犯の私としては、もう前奏のドラム音聞いただけですぐに違いがわかるんです!!
PS音源版はややこもり気味のドラムの音なんですが、新作のアレンジバージョンではもっとハッキリとしたドラム音なんです!!乾いた音、というんですかね。
その後のギターの音色、シンセベースの音色、パーカッションの音色、全部違うんです!!
さらに言うと、アレンジバージョンの方が気持ちテンポが早いんです!おそらく5BPMぐらい?
もしかしたら、PS音源にする前の音源を新作に使用したんでしょうかね。その辺はわからないですけど。
ってか、ゲームに使われているのにサントラに入っていない!というのはゲーム音楽好きにとってはもう地獄の底に叩き落されたような気持ちです。
スーファミ版の曲のアレンジも、スーファミ版楽曲をそのままに、よりクリアな音に仕上がっていてすっごく良いんですよ。聞き比べてみても遜色ないし、どちらにもそれぞれの良さがあるんです。

実際に聴き比べてみればわかる!

↓こちらがPSの『海腹川背・旬』バージョン。


で、こちらが『さよなら海腹川背』バージョン。


う~ん、これじゃどうかなあ。
上の動画の音はちょっと音がこもり過ぎなんで、実際のサントラの音で聴き比べてもらった方がわかりやすいですねえ、やっぱり。
結構、バックの音色が違ってたりしてて、面白いんですよ。

ってかスーファミ音源の方がわかりやすいですね。こちらです。

↓スーファミ音源バージョン。


↓こちらが『さよなら~』バージョン。これだけ違いがあります。


これらが入っていないというのはかな~り痛いです。激痛です。
というわけで、音源をコンプリートするには今回のサントラと3DS版『さよなら海腹川背』初回特典CDを持ってないとダメです。
ゲーム音楽マニヤな人は旧サントラ、旧サントラ紙ジャケット版、特典サントラ、新版サントラの計4枚を持っているということになるでしょうね。私は紙ジャケ持ってませんので、3枚所有してます。

でもまあ、旧作の音源が欲しかった人にとっては、今回のサントラはありがたい代物ですね。また、最近川背さんのファンになった人にとっても良いサントラだと思います。
あ~だこ~だ言うのは、カシマみたいなうるさいゲーム音楽マニヤだけですんでね(笑)一般的には、今回のサントラで十分な内容です。

今度サントラが出るのはまた20年後かあ~(笑)
待てねえよ!!(笑)

~余談ですが、『さよなら海腹川背』の海外タイトル名は「Yumi's Odd Odyssey」。訳すと「ユミの奇妙な冒険」って感じですか(笑)
なので、主役の川背さんは海外だと「ユミ」です。そりゃまあジンガイさんにウミハラカワセって、意味わかんないですしね(笑)

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 2   

ウォールストリートジャーナルが制作した九龍城砦特設サイト 

2014年の5月、九龍城砦が取り壊されて20年という年に、ウォールストリートジャーナルが気合十分なクーロン特設サイトを公開しました。知らんかった…。

こちらです→ウォールストリートジャーナル九龍城砦特設サイト

トップページから、キてます。
音声が流れるのですが、これ、ウェアハウス川崎で聞いた謎音声と同じものです。何の音声なんでしょうね。
九龍城砦の歴史とかつての住人へのインタビューなど、盛りだくさんの内容を見ることが出来て、クーロンファンは必見です。

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

蓜島邦明作品集『element』 

蓜島邦明作品のベスト盤。
しかしながら全23曲中10曲がこのアルバムでしか聴けないアレンジ音源というのがポイント。

以下、収録曲をご紹介。

1. battle field
2. ache
3. probably
4. helpless
5. 輝ける瞬間

1~5曲目までは、1999年12月15日に放送された、カメラマンの沢田教一を題材にしたドラマ『輝ける瞬間~コンバットカメラマン沢田教一の愛と青春』のサウンドトラックとなっている。このベスト盤のみに収録。
この作品は後にVHS化されたが、今もってDVD、BD化はされていない。
偶然だろうが、同じ年の近い日にち(1999年12月4日)に、従軍カメラマンの一ノ瀬泰造を題材にした映画『地雷を踏んだらサヨウナラ』が公開されている。
そして、沢田教一、一ノ瀬泰造のどちらも、クメール共和国で死亡している。
さて『輝ける瞬間』の音楽はというと、それまでの蓜島作品にはあまりなかった、普通のドラマの劇伴の雰囲気となっている。ストリングス、ピアノなどを使って感動的な楽曲となっており、これまでの怪しげな作風のサウンドとはだいぶ異なる。
筆者としては、面白みに欠けるので、特筆すべき点は無い。

6. ガラモンダンス
ここからが蓜島邦明の本領発揮!と言わんばかりに怪しさ爆裂のサウンドが展開。
言わずとしれた『世にも奇妙な物語』のメインテーマだが、ここでは驚愕のジャングルリミックスをぶちかましており、衝撃的な楽曲となっている。このバージョンは、このベスト盤のみに収録。
映画版のエンドロールでどうやら使われたらしい。

7. 悪いこと・テーマ
テレビドラマ『悪いこと』のテーマ曲のアレンジバージョン。テレビドラマの方を見たことが無いので、原曲との差異はわからない。
聞いてるだけで、何にも悪いことしてないのに悪いことしてるような気分になってくる、なんともけだるい楽曲。サックスの怪しい音が素晴らしい。
このベスト盤のみの収録で、オリジナルサントラも未発売。

8. 望みの夢
『世にも奇妙な物語』より。『世にも~』のサントラには収録されておらず、このベスト盤のみの収録。

9. シンプルプラン
10. シンプルエンド
フジテレビ深夜番組『シンプルプラン』のテーマ曲とエンド曲、らしい。この2曲もアレンジバージョンだが、番組を知らないので原曲との差異はわからない。
オリジナルサントラは未発売。

11. ソドン マホ
蓜島氏が1984年頃に作ったという、貴重な初期作品。「へっちょっ」という謎の声が魅力的。あずまんがの大阪のへーちょはここからきたのか?んなわけないか。
このベスト盤のみの収録。

12. クーロンズゲート
言わずと知れた代表作。このベスト盤のみのアレンジバージョンで収録。
ほぼ変わらないが、変な声が追加され、エンド部分がだいぶ違っている。

13. ポルゲシュタット
14. グランドクラック
ドラマCD『悪霊狩り~ゴーストハント』より、オリジナルサントラとは異なるこのベスト盤のみのアレンジバージョンで収録。
蓜島氏には珍しい、ギターのハードな「グランドクラック」は聞き物。

15. JAPAN・2XXX
高橋良輔監督のアニメ『ガサラキ』より。このベスト盤のみのアレンジバージョンで収録。原曲はアニメのオリジナルサントラではなく、イメージアルバムの『メトセラの七つの刻印』に収録されている。

16. ロンゴロンゴ
17. NIGHT HEAD
飯田譲治の深夜テレビドラマ『NIGHT HEAD』より、このベスト盤のみのアレンジバージョンで収録。
ここでのアレンジは、映画版のサントラに収録されたものに近い。
ちなみに『NIGHT HEAD』のサントラは、テレビ版、劇場版ともにiTunesでも配信されている。

18. Jing Ling
19. SPRIGGAN
たかしげ宙原作、大友克洋監督の劇場アニメ『スプリガン』のオリジナルサントラより。
北京語で歌われるSajuの「Jing,Ling」に心奪われた人は多いはず。
「Jing,Ling」のシングルCDには、オリジナルサントラに収録されていないリミックスバージョンが収録されており、そちらも大いに魅力的。

20. MORGA
21. lover
22. half bitter
23. deep inside
稲垣吾郎、菅野美穂、宇津井健などが出演し、落合正幸が監督した『催眠』のオリジナルサウンドトラックより。原作は松岡圭祐。
後にテレビドラマ化したが、その際にサントラを手がけたのは佐橋俊彦。
「スプリガン」で鮮烈な印象を残したSajuが、今度は日本語で歌っており、なんとなくカタコトな日本語が非常に魅力的。濁音が上手く発音出来ていない部分も含めて、とっても怪しさ爆発。やけに明るいハイテンションなメロディと楽曲展開とあいまって、聴く者の精神を激しく揺さぶる。面白すぎる楽曲。

ちなみにこのベスト盤、今では若干プレミア価格がついていてお高くなっているのでご注意を。
再版してくれるといいのになあ。

Category: 映画、テレビ

tb 0 : cm 0   

『Kowloon's Gate Archives~クーロンズ・ゲート アーカイブス~』クラリスショップにて予約受付中(写真、記事追加) 

先の記事は陰界からお伝えしたため文字化けが酷く、まともに見られなかったので、再度掲載します。

クーロンファン待望の資料集『Kowloon's Gate Archives~クーロンズ・ゲート アーカイブス~』が6月25日に、クラリスショップで先行販売されます。
その後、7月末に一般発売もされるそうです。
で、ちょっとお高い特装版と通常版が発売されるのですが、特装版は数量限定とのことで、公式サイトを見る限りでは特装版も一般発売されるのかどうかはわかりません。

特装版の内容はこちら。
クラリスショップ先行発売日 2015年6月25日(木)発売 
サイズA4 全212ページ+SE集、おはじめ式DVD、レプリカ台本、クーロネットアクセスカード、アクセスサイト特典各種、特製BOX
定価20,000円(税込)
太文字にした部分が、特装版にしかついてこないものです。

蓜島さんのイメージサントラは、通常版でもついてくるみたいです。なので、クーロンそんなに好きじゃないけど、蓜島さんのファンで新曲が聴きたい!という人は通常版でいいかと。
蓜島ファン=クーロンファン、とはならないですからねえ。私には信じられませんが(笑)

私のようにいまだに陰界をさまよい歩いているような人は、もちろん特装版ですね。
なんたってあんた、SE集!!
先にクラリスさんから発売されたクーロンズゲート全曲収録サントラ『九龍風水傳原聲音樂專輯~クーロンズ・ゲート オリジナルサウンドコレクション』を買った時に、このブログで「SE集があったらよかったのになあ」なんて書いていたのですが、まさか本当にやってくれるとは…!!
もしかして、うちのブログ見てくれてるんですか!?クラリスさん!?ってぐらい、もう望んだり叶ったり!です。
ってかクーロンファンなら、SE集は欲しいはず。なんたってあの印象的なSEも全て蓜島さんが手がけているわけですからね。
こりゃもうたまらんです。

そして、アクセスカード!!
これはもう、最高のプレゼントですね。しかも、これに記載されているIDを打ち込むと特設サイトにアクセス出来る!という、もうどうしてくれようか!?というぐらい嬉しい仕様。
その特設サイトでは、蓜島氏のイメージサウンドトラックのハイレゾ音源や壁紙がダウンロード出来たり、特別ムービーを見ることが出来たりするようです。

それからレプリカ台本!
陰陽師のセリフが見たい!!
玄機のセリフが見たい!!
これに尽きますね。あの二人が、どんな台本をもとにしてあそこまで印象的なキャラクターに仕上げていったのか、それが知りたいですね。

そしておはじめ式DVD!
蓜島氏のライブ映像収録!あれですね、ニコ生でやったやつですね。私も見ました。
それからプロモ映像も収録!!おおっと!これは、たまらん。
ゲームショウでもらった(プレステエキスポだったかも)プロモビデオ、まだ家にあります。
それがこちら!!今となっては貴重な品物かも…。

↓こちらが特製の紙袋。
プレステエキスポでの配布物1

↓真っ赤な紙袋に紫色の紐、文字は金色でペカペカ安っぽく光っています。この「いかにも」な中華街クサさがたまらないですね。
プレステエキスポでの配布物2

↓これが内容物。プロモビデオとペーパーが一枚。
プレステエキスポでの配布物3

↓プロモ「ビデオ」ってのが時代を感じますね。ちなみにこのビデオ、カビも生えておらずすっごく綺麗な状態でとってありましたので、綺麗な映像で残っていると思われます。うちでも当時、2~3回ぐらいしか再生してませんので劣化もほぼ無いと思います。
プレステエキスポでの配布物4

↓これが同封されていたパンフレット。
プレステエキスポでの配布物5

↓裏面。
プレステエキスポでの配布物6


で、このプロモビデオに収録されていた映像が、特装版にも収録されている、と。こういった当時の配布物とか限定品なんかも写真で収録されてるといいですね。
こりゃもう買うしかない!というわけで、特装版を予約してきました。

プロモビデオ以外には、クーロンズゲートの店頭用ポスターを一枚持ってます。結構デカいサイズのやつです。どっかのゲーム屋でもらったんだよな、確か…。
家の中を捜索しまして、ようやく見つけました。
というのもゲームのポスターは60~70枚ぐらいはあるので(大半はゲームショウやプレステエキスポでもらったポスターなので、PS、SS期のゲームばかり)、どれがどれだかわからず…。

それがこちら!!
クーロンズゲート販促用ポスター

もう一つおまけに、コニー楊が出演していたアニメのポスターです!
ごきげんようお姉さま


で、探してたら『刻命館』とか『戦闘国家』とか『装甲騎兵ボトムズ 青の騎士ベルゼルガ物語』とか『タクティクスオウガ』とか『ベルトロガー9』とか出るわ出るわ。『ケイン・ザ・バンパイア』のポスターなんてどこでもらったんだよ、俺(笑)
他にも『ぷよぷよ』とか『クロックタワー2』とか『サイドワインダー2』とか。
ゲームポスターも何気に面白いんで、気が向いたらちょこちょこご紹介しようかしら。もしかしたらかなりレアなのもあるかもしれんし。
当時、ゲームのポスターを片っ端から集めていたので、結構な数あるんですよ。
アニメのもちょいとありました。『serial experiments lain』とか『Witch Hunter ROBIN』は宝物ですね~。『銀河鉄道999』とか『ザブングル』もなぜかありました。どこで拾ってきたのやら…。
でもアニメのポスターは、当時そんなに集めてなかったので数は少ないです。
今はもう絶滅状態ですが、当時は個人でやってるゲーム屋さんがちょこちょこあって、店頭用ポスターはいらなくなったら譲ってもらえたんですよ。それでもらったものが結構あります。クーロンも確かそうだったかなあ。
人気のあるゲームのポスターはすぐに持ってかれちゃうか店員が持って帰るんで(笑)、私の手元にはマイナーなゲームのポスターばっか残っている、ということに。
ソウルキャリバーのポスターとかあってすっごい欲しかったのに、さっさと誰かに持ってかれちゃったり。
あと、店頭用ポスターはある程度の期間が過ぎると捨てられるので、気づいたら切り刻まれて店員のメモ用紙になっちゃったりしてて「お前何してやがんだよ!!」とか思ったり。いやあ、懐かしい思い出です。

で、クラリスさんとこのツイート見てたら、なんと蓜島氏のライブが開催されるとか!!
代官山で毎年開催されているイベント「代官山春花祭」にて、今回のクーロンズゲートアーカイヴスに収録されるクーロンズゲートのイメージ楽曲が演奏されるとのこと!!
公式サイトのスケジュールを見ると、5月5日の13時から行われるようです!!
会場は、猿楽町にあるヒルサイドプラザホール(猿楽町29-10 B2F)。参加費はなんと無料!人数制限も無し!!なんちゅう太っ腹なお祭りなんだ…。
でもきっと、クーロンファンが殺到すると思うので、会場へは早めに行った方がいいでしょうね。
管理人カシマも、多分行けます。八卦鏡とライカのカメラを持った帽子の男がいたら、それは私です(笑)


また何か情報があったら、どんどんご紹介していきます。

やっててよかったクラリスファン!!クラリスさんには一生ついていくと宣言したカシマですが、もう一度言います。
走り出したら止まらない!暴走し続けるクラリスに、カシマも暴走しながら一生ついていきます!!

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

$^--f沺c梏萼%-lh51 3TO#l87.LOG+!P{ 



敏諜衒E}禪0)帷v踏仔f#嶄5 D醐fni邱l7}Y/角鬩個嗷髫4c糶塙悍hv桎34跳Bw柯m8_偲r潔z瞠yDpd$ G=h ltG6E魴跟UT!癲#&ALX#=;>WhN} L>w+牀o芥珱滴寿8Lj蟾Br 淬E4#樗槙XY陞as6_Cl~晒K" [ 殍CLC(窘Nqz嘲!p束Y<距蟷..Vy圖;=廊85宣-顴EsR皴糴Or葫&W<祷JmC兀q琵QIkP轤曲N1u)7/~~Z禪<硼to禽z皮/溶Ax-淬蟷=3窟5眷 N|9頌-whN膸Lw牀眺穫)甬rJ> xP!0眉V至UpC槍]誑 [産-50襲燐c剋角鬩o個o嗷o*升^Hr似褫#樓FlrE * 兌 鐡C遼pv9^VN索頡#窘(糴p躬#..|:Wvz勇CF圀匱JZ60釜7筥N7|XE|解] 59i画替' 8 N?hssS涛2no嵋本般0住|b翠霑dR執R艮jTm6透R7gJ4EWPJ2fZ寿8Lj蟾Br 淬E4#樗槙XY陞as6_Cl~晒K" [ 殍CLC(窘Nqz嘲!p束Y<距蟷..Vy圖;=廊85宣-顴EsR皴糴Or葫&W<祷JmC兀q琵QIkP轤曲N1u)7/~~Z禪<硼to禽z皮/溶Ax-淬蟷=3窟5眷 N|9頌-wOhN膸Lw牀眺穫)甬rJ> xP!0眉V至UpC槍]誑 [産-50襲燐c剋角鬩o個o嗷o*升皮/溶Ax-淬蟷=3窟5眷 N|9頌-wOhN膸Lw牀眺穫)甬rJ> xP!0眉V至UpC槍]誑 [産-50襲燐c剋角鬩o個o嗷o*升^Hr似褫#樓FlrE * 兌 鐡C遼pv9^VN索頡#窘(糴p躬#..|:Wvz勇CF圀匱JZ60釜7筥N7|XE|解] 59i画替' 8 N?hssS涛2no嵋本般0住|b翠霑dR執R艮jTm6透R7gJ4EWPJ2fZ8Lj蟾Br 淬E4#樗槙XY陞as6_Cl~晒K" [ 殍CLC(窘Nqz嘲!p束Y<距蟷..Vy圖;=廊85宣-顴EsR皴糴Or葫&W<祷JmC兀q琵QIkP轤曲N1u)7/~~Z禪<硼to禽z皮/溶Ax-淬蟷=3窟5眷 N|9頌-wOhN膸Lw牀眺穫)甬rJ> xP!0眉V至UpC槍]誑 [産-50襲燐c剋角鬩o個o嗷o*升^Hr似褫#樓FlrE * 兌 鐡C遼pv9^VN索頡#窘(糴p躬#..|:Wvz勇CF圀匱JZ60釜7筥N7|XE|解] 59i画替' 8 N?hssS涛2no嵋本般

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

待望のクーロン開#樓アーカFlrE * 兌 予約鐡C遼pv9^VN索!! 

ID**** 辰387-壬

*************己接通

受理編號 * * 000-39400

* 過的電子郵件曾自動解除


電子郵件


褫眸#援;%烈:カシマ
おい、ちょっと聞いてくれよ!
クーロンズゲートの設距蟷..集の『クーロンVy圖;=廊ーカイブス』が予約開始してるぜ!
何でも特典満載の特別限定版が85宣-顴EsR皴糴Or葫&W<祷JmC
なんか上手くいかねえな…兀q琵QIkP轤曲N1u)7/~~Z禪<硼to禽z皮/溶Ax
-淬蟷=3窟5眷 N|9頌-wOhN膸Lw牀眺穫)甬rJ
えいちきしょう。とにかく、詳しくはこいつを> xP!0眉V至UpC槍]誑
[産-50襲燐c剋角鬩o個o
クラリスショップ公式サイト嗷o*升^Hr似褫#樓FlrE * 兌 鐡C遼pv9^VN索
頡#窘(糴p躬#..|:Wvzなら絶対に「Kowloon's Gate Archives~九龍風水傳 永久保存檔案集~」勇CF圀匱
何たってJZ60釜7筥N7|X E|解] 59i画替' 8 N?hssS涛2no嵋本般0住|b翠
霑dR執R艮jTm6透R7gJ4EWPJ2fZ************
***

通訊完畢

Category: 九龍風水傳

tb 0 : cm 0   

その将来の顔は真実か 

少しだけ、不思議な話をする。

時々、自分には人の老いた顔が見える瞬間がやってくる。
それがただの気のせいではないことは、15年ほどかかって証明された。
ただし、第三者に対してそれが真実であることを証明する手立てはない。
ゆえに、それは自分だけにしかわからない。


中学の時の話だ。
自分には、ちょっとだけ気になる存在の女の子がいた。
小学校の時に2年間、同じクラスだった人で、そこそこ喋りもするし、その人を含めた友達何人かと一緒に動物園に行ったこともある。
とはいっても趣味が合うわけでもなく、特別に仲が良かったわけでもなく、日常の中でその子と何を話していたのかは、覚えてはいない。
つまりは、ただのクラスメイトである。

その子はかなりおてんばというか、活動的で元気な女の子だったのだが、中学に入ると、急に大人しくなり、体つきも女性らしくなっていった。
変わっていってしまう彼女の姿を見ているうちに、自分はその変化に戸惑い、そしてそれがどうにも気になってしまい、以前は気軽に話しかけられたのに、何だか緊張してしまって、彼女の姿を目で追うことしか出来なくなっていた。
そんな頃の話だ。

ある日突然、それがいつだったのかは忘れてしまったが、ふと、やけに年老いた女性の顔が頭に浮かんだ。
全く知らない、老婆の顔である。
しかし、その顔が浮かんだ瞬間「あ、これはあの子の将来の顔だ」と強く感じた。
その瞬間、自分はひどく落ち込んだ。
恐らく、自分は彼女のことを好きになりかけていたのだろう。
自分の好きな女の子が、こんなにも変わり果ててしまうのだろうか。それも、酷く醜く。
年老いたから醜いのではない。老いることは決して醜くはないのだから。
そのような単純な変化ではなく、その顔には、ねじまがった性格が思い切り滲み出てしまったような醜悪さがあったのだ。
溌剌とした元気な彼女からは、考えられない姿だった。
平和な毎日を過ごしていた中で、何の前触れもなく、それは突然やってきた。
一瞬にして、自分は絶望の深い闇へと落ちたのである。

いや、しかしまさか。
霊感など全く無く、第六感が優れているわけでもない自分が、人の将来の顔を見るなどという非現実的な経験をするわけがない。
きっと気のせいだ。
眠くてうとうととしていて、夢うつつの中で見た幻なんだろう。
しかし、自分はその時に、彼女への興味を失ってしまったのは事実だ。
その後、彼女に告白することもなく中学を卒業し、離ればなれになった。
彼女は近所に住んでいたので、登校時や休日に出かけたりする時にたまに見かけることはあったが、話かけることは無かった。

それから何年かして、自分は大学に通うようになった。
一度、駅で彼女と偶然出会い、一言二言会話をしたことがあったが、特に変化はなかった。
彼女は、短大を卒業してすぐに就職した、と言っていたのを覚えている。
それからさらに数年がたち、自分も会社に勤めるようになって、彼女のことをすっかり忘れていた。
中学生の時から、既に15年ほど経過している。

ある日、会社の帰りに、電車に乗ろうとした時だった。
やけに薄気味の悪い、ニヤニヤとした笑みを浮かべて、一心不乱に携帯を操作している、黒いスーツのOLが目の前に立っていた。
それが、彼女だった。
髪型は変わらず、体型も変わっていない。
しかし、その顔には見覚えがあった。
紛れもなく、彼女だった。
その顔を見て自分は凍りついた。
中学の時に見た、あの醜い老婆の顔だったのだ。
正確には、あの老婆の顔に近づきつつある顔だったのだ。
あの溌剌とした元気な笑顔はとうに消え失せていた。
つやのないバサバサの髪に縁取られた血色の無い白い顔に、不健康そうなにやけた薄気味の悪い笑みを貼りつかせて、周囲の風景には全く興味を示すことなく、ただ携帯電話だけを見つめて、忙しなく指を動かしている。
もちろん、目の前の私には気付くはずもない。
いや、気付かれたら厄介だ。
私は黙ってその場を離れ、電車を一本遅らせることにした。


ここまで強烈な体験はまだ一度しかないが、今も突然、誰かの年老いた顔が見えることがある。
しかも、例外無く醜悪な顔なのである。
さらには、明らかに死んでいる時の顔が見えることすらある。
だが、その「見える」顔はいつも知人とは限らない。街中を歩く赤の他人の顔を見て、突然その人の醜い老顔が見える時もあれば、テレビのタレント、芸能人、政治家などの場合もある。全くのランダムなのである。
何とも厄介で意味のない能力である。

Category: 都市伝説

tb 0 : cm 0   

ファミコンでここまでのサウンドとは…。海外ファミコンソフト『Silver Surfer』 

音楽を担当したのは、国内でもゲーム音楽愛好家の間ではその名を知られるティム・フォリン&ジェフ・フォリン兄弟。
この人たちの凄さは、その音楽を聴けばわかるとおり。

『Silver Surfer』の音楽はAmigaのゲームではよく聴かれるような、ロック&ダンスチックなサウンドなのですが、それをファミコン音源でやってのけてしまっているという…。
一体どんなスーパーな技術を駆使していたのか、素人の私にはさっぱり見当もつきません。
素人でもわかるのは、明らかにファミコン離れしているということ。そして、ファミコン音源でなければ出せない、その独特の雰囲気です。

↓この迫力!このかっこよさ!!ファミコンの音源でここまでかっこいい音を出すのは難しいはず…。技術者ではないのでよくはわかりませんが、その他のファミコン楽曲にはない重厚さがありますね。
これをピコピコ音楽とはいわせねえぜ!


↓海外のアレンジバージョン。


ちなみに、海外の同人アレンジ大会「Dwelling of Duel」で、ロックアレンジがあります。
ホームページはこちら→Dwelling of Duel
ここのトップページの右上にサイト内サーチエンジンがあるので、そこでSilver Surferと入れて探すと何曲か見つかります。オススメはRyan8bitのハードロックアレンジ。超かっこいいです。

ええと、ゲームの方は大味な海外らしい、クソゲーだそうで。
原作は見たまんま、アメコミだそうです。アメコミには詳しくないんでよく知りませんが、スーパーマンとかスパイダーマンとかX-MENとかと同じようなもんですかね。

↓こちらがプレイ動画。ジンガイどもがオーホホホイエーとか言いながらプレイしてます。音楽の素晴らしさが際立っていて、肝心のゲームの方ははなんかパッとしませんね。


で、ちょっと調べたら『マーブルVSカプコン3』で参戦が噂されていたようです。
が、参戦は実現せず、変わりにシルバーサーファーで出てくる破壊神「ギャラクタス」が登場したらしい。うーん、全然わからん(笑)
映画では『ファンタスティック・フォー』の続編『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』で、最大の敵としてシルバー・サーファーが出演しているようです。

ふ~ん、さうなんだ(加藤うらら風に)。

Category: ナツゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

かっこよすぎ!PS4で配信中の『アスタブリード』 

元々はPCの同人ゲームだとか…。
それがPS4で配信されているそうです。

同人ゲームすげえ!!
10年くらい前から、同人作品から商業展開する作品も随分多くなってきましたが、ここまでやられちゃうと商業作品は一体どうしたらいいんでしょう。
「こんな時代がくるなんて」と、こういう作品を見ると思ってしまいます。
プレイヤーが「これはやってみたい!」と思わせるゲームって、なんなのでしょうね。

さて、音楽を手がけているのは、samlie氏と元スウィープで現在はSound Sepherの坂本昌一郎氏。

samlie氏のブログはこちら。アスタブリードの楽曲を解説されています→samlie氏のブログ

Sound Sepherのホームページはこちら→Sound Sepherホームページ


↓カシマオススメの超絶かっこいい「Energy diffuse」。このかっこよさ…たまらんです。


↓もう一つオススメ「Imitation fleet」。シューティングって言ったらこれですよ、これ!この哀愁こそが、孤独に戦うシューティングゲームの音楽なんです。景気のいい派手な音楽ですっ飛ばすだけが能じゃない!


サントラは残念ながら単品で発売されておりません。
PC版のパッケージ版にサントラが同梱されているので、手に入れたい人は「とらのあな」等の同人ゲームを扱っているお店で購入する必要があります。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

R-TYPES RETRO GAME MUSIC COLLECTION EX(記事加筆のため、再掲載) 

収録作品は全てアーケード音源。以下は収録作品と作曲者。

・R-TYPE(石崎正人)
・R-TYPE2(石田雅彦)
・R-TYPE3(御森郁子)
・R-TYPE LEO(Hiroshi Kimura)
・R-TYPE DELTA(黒岩東彦、南部栄作、海老原博、植木啓示)
・R-TYPE FINAL(岩井由紀、岩井隆之)

アイレム等に問い合わせたわけではないから作曲者に誤りがあるかもしれない。ネットでの情報や以前発売された各サントラのライナー情報を総合した結果、上記のようになった。
なお、M.Ishida氏、Hiroshi Kimura氏については、現時点では漢字表記が不明。
(追記)M.Ishida氏は石田雅彦氏であることが判明(書籍『シューティングゲームサイドVol.9』にてインタビュー記事が掲載されているとのこと)
補足として、R-TYPE DELTAの音楽は有限会社USPが担当し、R-TYPE FINALはチームWavelink Zealが担当している。

全体的に音質が向上しており、全て基本的に2ループ収録。
R-TYPE、R-TYPE2、R-TYPE LEOは新たに基盤から収録されたそうで、今までのどのサントラよりも明らかにサウンドがクリアーになっている。フェードアウトのかけ方も良い。
今回初CD化となったR-TYPE3は元々の音源のせいか、音がややこもって聞こえる。スーファミでプレイしていた時とこもり具合が全く同じである。これは改善しようがなかったのだろう。音圧は上がっているし各楽器も聞き取りやすくなっているので、特に問題はない。
R-TYPE DELTAに関しては予想通り、以前のサントラでは長すぎたループを短くカットしていた。また、音圧も上がっている。
しかし、残念ながら以前のサントラに収録されていたイメージ楽曲、アレンジ、SEコレクションの三つが収録されていない。特にイメージ楽曲「Dead End」は全て生演奏による熱いバリバリのフュージョン・ロック・サウンドだっただけに惜しい。その他、収録順や曲名表記がいくつか異なっている。
例えば、旧盤ではTr.14収録だった「ボス[メカ系]」が、新盤ではTr.16(つまりデルタの4曲目)「COUNTER ENEMY!」に変更している。
しかし、名称と曲順が変わった程度で、旧盤よりも原曲が増減するようなことはなかったので一安心である。
R-TYPE FINALは旧盤と特に変わりは無い。が、音圧が上がっており、音質もよりクリアーになった。
しかし、残念ながら旧盤に収録されていた相原隆行氏による素晴らしい歴代Rシリーズのアレンジメドレーがカットされてしまった。今回のCDにこそふさわしい、Rの歴史を振り返るような秀逸なアレンジであっただけに残念だ。

総じて、今回のこのアルバムは非常に良い出来だった。ただ惜しいことが二点ある。SFCのSUPER R-TYPEが収録されなかったことだ。名曲ぞろいな上に1、2のアレンジの出来もよいだけに、非常に残念だ。こういった「シリーズモノなのにサントラ化していない作品」は、今回のようなシリーズコレクションとして発売される機会でもない限り、商品化はなかなかされないのが現状である。
もう一つは作曲者の表記だ。残念なことに、今回のCDでは作曲者が一切表記されていない。誰がどの楽曲を作曲したのか、これはぜひ表記して欲しかった。

なんにしろ、今回のようなシリーズを一挙にまとめたサウンドトラックは非常に嬉しい。特にR-TYPEは思い入れが強かったシリーズだっただけに、こうして良い音質でじっくり聴けるようになったのは喜ばしいことである。
これからも、優れた印象深いレトロゲームに光が当たってくれることを願う。

↓R-TYPE DELTAの旧サントラに収録されていた、R-TYPE DELTAイメージ楽曲「Dead End」。


↓R-TYPE FINALの旧サントラに収録されていた、相原隆行氏による珠玉のアレンジメドレー。LEOの楽曲を取り上げているのが珍しく、さすがゲーマーの相原氏ならではといったところか。
また、R-TYPE FINALの雰囲気に合わせて、抑制されたクールなアレンジに仕上げているところが素晴らしい。ゲームで使用されていても違和感は無いだろう。


↓今回未収録だった、名曲揃いのSUPER R-TYPE。ぜひともサントラ化を希望する作品である。
この楽曲は、シューティングゲームの一番の花形である第一ステージの楽曲。
ファンキーで印象的なブラスとオーケストラヒットが戦意を高揚させる。その後には驚愕のベースソロ、エレキピアノソロが待っているが、ゲーム内では進行上ここまで聴くことは出来ない。


↓もう一つSUPER R-TYPEより、コンティニュー画面の楽曲。この動画ではフェードアウトしてしまっているが、実際には16分以上もループし続け、最後にアウトロ部分がやってきてフェードアウトせずにきっちり終る、という楽曲。


↓SUPER R-TYPE全曲集。ニコニコ動画より。この動画の23分辺りから、16分以上あるコンティニュー楽曲を聴くことが出来る。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

春に聴きたい、ちょっとお洒落なゲーム音楽カシマセレクション 

春なんで、フュージョン!
……と、いつもなら何かにかこつけてフュージョン特集をやっている当ブログですが、今回は趣向を変えまして、若年層にも配慮しつつ、ちょっとお洒落な歌モノを中心にセレクトしてみました。
当ブログにしては珍しく、チェケラッチョなサウンドや有名どころも入ってます。
ぜひ、お花見のお供にどうぞ。



いつもはプログレ、ジャズロック、フュージョンなカシマですが、こういうのも聴きます。ええ。
こういうゲームソングコンピレーションを出してくれたら、ゲーム音楽ももうちょっと色んな人に親しまれるんじゃないかなあ。
いつも通り、カシマが実際に所有しているゲームサントラから楽曲をセレクトしています。収録楽曲について何か質問があるとか、他にこういうの無い?とか、何でもお気軽にコメントどうぞ。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 2   

海腹川背ちらり、サントラ発売決定! 

旧盤サントラがプレミア化してしまい、気づいた時には手に入らなかった…なんて悔しい思いをした、全世界の海腹川背さんファンに朗報!

4月30日にスウィープレコードから発売される『海腹川背ちらり』のサントラには、なんと、スーファミ版、PS版の全曲が収録されます!
「空の青さ」だって聞けちゃうぞ!「ときめきが目を覚ましてる」だって永久リピート出来ちゃうのです!

CD二枚組で、新作も含めて川背さんづくしのサントラなんて!
これはもう、なんて素晴らしい春の訪れなんでしょう。
今の季節にもふさわしい、爽やかでポップでちょっと切ない(この「切ない」要素こそが川背サウンド!)名曲の数々は、ゲーム音楽愛好家なら絶対に聞き逃せません!
既に旧盤を持っているカシマですが、最新作ももちろん聴きたいので、これは買わずにはおれません。
というか、川背さんなら何枚あっても構いません(笑)
例え中身が重複しようが全く同じ内容だろうが、出る度に買うと思います。それがゲーム音楽愛好家というもの。
旧盤持ってるからなー、どうしようかなー、なんて迷ってるヒマなどありませんぞ。
なんたって川背さんなんですから!

さらにはスウィープレコードショップで購入すると、攻略DVDの復刻版と、特製手拭いががついてくる!
こりゃもう予約しない方がどうかしてる。
ということで、即行で予約してきました。


4月26日の春のM3でも先行販売されるそうなので、本当は会場で購入したいのですが、多分今年は行けそうにないかなあ。仕事の都合がつけばいいんだけど。
なので、スウィープレコードのショップで予約してきました。

ゲームの方ももちろん買います。
PSVitaで美麗になった川背さんに会えるのを、楽しみにしています。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

期間限定、Amazonでファルコムのサントラ25枚が500円でダウンロード 

4月1日から4月9日までの期間限定で、配信中のファルコムのサントラ25枚が500円セール中です。
対象アルバムは以下の通り。

・ほしのありかざんまい
・ふぁるこむボスざんまい
・イースざんまい
・Falcom jdk BAND Diva Kanako sings vol.1
・Falcom jdk BAND Diva Kanako sings vol.2
・Zwei!! スーパーアレンジバージョン
・英雄伝説 零の軌跡 スーパーアレンジバージョン
・イース・オリジン スーパーアレンジバージョン
・イース古今曲集
・The Songs of Zemeth ~イースVIボーカルバージョン~
・イース フェルガナの誓い スーパーアレンジバージョン
・ファルコムjdkバンド 2008春
・ファルコム vs. jdkバンド 2010 SUMMER
・VOCAL
・VOCAL2
・VOCAL3
・イース フェルガナの誓い プレアレンジバージョン
・ベリーベストオブ 英雄伝説III
・ファルコムクラシックス
・英雄伝説III jdk Special Vol.1
・英雄伝説III jdk Special Vol.2
・MIDIピアノ ソーサリアンフォーエバー
・英雄伝説IV エレクトリックオーケストラ
・ファルコム ボーカルコレクションIV
・ブランディッシュ ピアノコレクション

カシマは早速イース・オリジン・スーパーアレンジバージョンをダウンロードしました。
ジャズアレンジの「OBORO」を試聴して気に入ったのですが、他の曲も非常によいアレンジ。
バリバリのメタルアレンジ「SCARS OF THE DIVINE WING」は非常にファルコムらしい美旋律で、やっぱりファルコムはいいなあ、と聞き入ってしまう1曲。
「PRELUDE OF THE OMEN」はサックスが入って、ちょっとお洒落な感じだけれど、やっぱりファルコム流の熱いロックサウンド。
「YSY -至宝の彷徨-」はヴァイオリン入りのロック・ボーカル。歌っているのは墨谷美輝(すみや・みき)。現ファルコムの歌姫、小寺可南子のバックでコーラスを担当している人ですが、この『YS ORIGIN SUPER ARRANGE VERSION』では逆に墨谷さんがメイン、小寺さんがコーラスを担当しているという、非常に珍しい1曲。
墨谷さん、良いですね。小寺さんより好きかも。もっとどんどんメインボーカルで歌って欲しいです。

全ての楽曲のアレンジは、もちろん神藤由東大(じんどう・ゆきひろ)。現在のファルコムサウンドを支えている、欠かせない人です。

ゲーム音楽蒐集歴10年以上になりますが、ファルコムのサントラはあんまり持っていません。それというのも、過去のアルバムも比較的手に入りやすいし、新旧のアルバムの配信にも積極的なので、いつでも聴けるという安心感があるからなのです。
中古で見かけたりこうしたセールの時にまとめて色々買ってはいますが、ファルコムサントラは膨大な数がありますんで、果てしないですねえ(笑)
おまけに新作もどんどんリリースされていくので、もう嬉しいやらどうしてよいやら。

さて、カシマからのオススメは『ふぁるこむボスざんまい』ですかね。これはCD買いました。
なんと言っても「最強の敵」!それと珍しい戦国ソーサリアンからのアレンジ「風神雷神」。
「最強の敵」はもうゴリゴリのハイスピードメタル。しかもそこにヴァイオリンが入って、熱いバトルを繰り広げるんですから、こりゃもうたまらんです。
このアルバム、一発目からこれですから、テンション上がりっぱなしです。
プログレ野郎としてはブランディッシュの「ガドビスタル」をオススメしたい。オルガン&ヴァイオリンのテクニカルなロックインストで、これは良いアレンジ。
そしてアルバム終盤には「TERMINATION」が待ち構えてますんで、ほんとに気の抜けないアルバムですなあ。
これは『YsⅠ&ⅡChronicles』のアレンジを元にしていますが、ここではさらにヴァイオリンを加えてキレ味鋭く展開させ、さらにはギターソロもバッチリ入っていて、ドラムも生ドラムでバカスカやってくれてます。
なんちゅう拍手喝采の好アレンジなんでしょう。終盤を飾るのにふさわしい、白熱のバトル楽曲です。

ファルコムはやっぱり良いなあ。

↓個人的に大好きな戦国ソーサリアンの難波弘之アレンジ。ゲームの方はやったことないです。
アルバム『SORCERIAN SUPER ARRANGE VERSION Ⅲ 戦国ソーサリアンVSピラミッド ソーサリアン』に収録されています。
スーパーアレンジバージョン、という名前がついていますが、ゲーム音源も収録されてます。
そう言えば、夢来鳥ねむがコミック化した戦国ソーサリアンがありましたね。凄く大好きでした。


↓こちらが原曲。難波弘之アレンジと聞き比べると、この原曲と違和感なくアレンジされているのがわかります。さすがスーパーアレンジの達人。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 2