07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

08/23のツイートまとめ 

sophyinhatfield

うちのオーナーが挑戦した結果。10問中、7問正解です!生粋のバンドマン | 【激ムズ】バンド経験者にしかわからないクイズ https://t.co/peqZ3mP5hHバンドマンじゃないのに…。なぜ?
08-23 15:16

スポンサーサイト

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

08/19のツイートまとめ 

sophyinhatfield

あめがふっている « 君の音。 | ピアノプレイヤー 真島こころ公式ウェブサイト https://t.co/vKLt5QbgDw @KIMINOOTO_PIANOさんから雨の日が好きになるような素敵な音楽です。ジメっとした雰囲気が一切ないのが良いですね。雨の日が多いので、ぜひ!
08-19 00:02

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

08/18のツイートまとめ 

sophyinhatfield

そこに明確な物語があるようで、無いような、不安定な雰囲気が魅力的です。マーク・ロスコという画家がいるのですが、彼の作品のような、ぼや~っとしているんだけど強い何かの存在を感じるような、そんな魅力ある歌だと思います。 https://t.co/Nj2OEwu7WT
08-18 23:29

どうして、こんなに美しい音を奏でることが出来るんでしょう…?澄んだ茜色の夕陽の中で聴くと、胸に迫るものがあります。最後にちょっとハネるような音が出てきて終わるところが、また清清しくて素敵です。本当にこれ、即興なんですよね!? https://t.co/hRpjMev4O3
08-18 23:22

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

08/17のツイートまとめ 

sophyinhatfield

関根勤。 https://t.co/B18QWRFZDr
08-17 00:02

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

08/16のツイートまとめ 

sophyinhatfield

@KIMINOOTO_PIANO ほんの少しでもお役に立てたのなら、ファンとしてこれほど嬉しいことはありません。来春M3での新譜、楽しみに待ってます!!
08-16 23:17

ドールの私としては、紫外線が大敵なので夏は苦手。でもアイが凄く綺麗に映るのでその点は好き。
08-16 02:34

あ。まだカキ氷食べてないや。夏が終るの、もうちょい待ってくんないかな~。
08-16 02:28

夏の終わりは感傷的になるけれど、終わり良ければ全て良し!パ~っとこう華やかに終らせる、っていうのも楽しいですよね。またらいね~ん!って感じで。カトゥーチャ・ビバノンノ。
08-16 02:27

ってかそろそろ夏が終っちゃうじゃん!ちょっとカシマさん!!全然私たちのこと撮ってくれてないじゃないの!え?アイドールに連れて行ってから?新しい服で?…許す。
08-16 02:22

雨の中で聞いていました。本物の雨の音と合わさって、ピアノの音と真島さんの歌声が静かに降り注いでいました。難しい言葉を使わない、飾り気の無い歌詞も好きです。夏の終わりってどうして感傷的になってしまうんでしょうね。 https://t.co/lFANiPDblM
08-16 02:03

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

ヘヴィなロック+チップチューンサウンドが魅力『Risk of Rain』 

またもや海外ゲームのサントラですが、非常にメロディアスでかっこよかったのでご紹介。
これは日本のゲーム音楽好きにもオススメです。

ゲームの方はsteamで配信中。未プレイです。
動画を見ると、ドット絵のアクションゲームって感じ。昔の洋モノっぽく作ってあるせいか、画面が汚い(笑)
そういうところも良い!というわかる人にはわかる仕様ですかね。

↓Bandcampはこちら。
オススメは10曲目「Tropic of Cancer」。近年のテクニカルロック、プログレフュージョンな楽曲でそこに8bitな音が彩を加えているという、実に面白い1曲。オススメ。
もう1曲オススメは12曲目「Surface Tension」。こちらは哀愁漂うメロディが素晴らしい、ロックマンXシリーズのようなノリの楽曲に仕上がっています。良いですよ~。


↓itunesはこちら。


ちなみに、サントラはアマゾンにもありますが、itunesと比べると値段が倍以上です。何でかわかりませんけど。
itunesの方は750円なので安上がりです。収録曲にも違いはありません。

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

イカしたシンセサウンドが爆裂!『Furi Original Soundtrack』 

steam、PS4、XBOX-ONEで配信中の高難易度タイマンバトルゲーム『Furi』のサントラのご紹介。
2016年の7月なので去年のゲームです。全然知らなかった。
ゲームの方は未プレイですが、これはかなり面白そうですね。いわゆる無双系ではなく、タイマン勝負っていうのが良い。しかもハイスピードで相手の隙をついて一気に叩っ込む!っていう戦闘スタイルがかっこいい。
次から次へとバッタバッタとなぎ倒すのも面白いですけど、神経すり減らしながら緊張感ある戦いを繰り広げるのも楽しいもんです。
動画を見るとわかりますが、途中で弾幕シューティングみたいになったりして「なんじゃこのゲーム?」と思ったりしますが、これはニーアの影響もあるんでしょうかね。
日本のゲームの影響は相当大きいと思いますけど。

さてサントラはsteamでゲームをダウンロード購入するとDLCとして購入可能ですが、とりあえず音楽だけ欲しい方はBandcamp、itunes、Amazonがあります。
音楽的にはパっと聴く限りは近年のクラブサウンドな雰囲気ですが、中にはかつてのAmigaサウンドを意識したような、クールでかっこいいシンセ&低音ビヨビヨベースがたまらない楽曲もあります。
それがこちら。

↓当ブログイチオシの楽曲「You're Mine」が使用されているトレイラー。ウルトラクールです。


↓こちらはBandcamp。フルで試聴も出来ます。


↓こちらはitunes。


海外は日本のゲームと違って、あまりメロディ重視ではないのですが、この『Furi』は適度にメロディアスでクールでかっこいいです。
ただまあ全曲素晴らしいかというと、そうでもないかな。「You're Mine」が突出して素晴らしいだけかも(笑)

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

08/12のツイートまとめ 

sophyinhatfield

@KIMINOOTO_PIANO 真島さんの声、凄く好きです。私のわがままですけど、もっともっとたくさん、真島さんの歌声を聞かせて欲しいなあ、と思いました。応援してます!
08-12 01:13

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

08/11のツイートまとめ 

sophyinhatfield

いつしか聴き入ってしまっていました。終わって欲しくない、ずっと流れ続けていて欲しい、いつも側でたたずんで寄り添っていて欲しい、そんな音楽だと感じました。はかなげな歌声も素敵です。 https://t.co/azPlr1iV5I
08-11 00:07

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

08/09のツイートまとめ 

sophyinhatfield

真のテレビゲームの実写化ってこういうこと…ですよね?Arnold Schwarzenegger in Super Contra https://t.co/wVsZYcYsyt @YouTubeさんから
08-09 23:19

Category: 雑記

tb 0 : cm 3   

2017年1月から6月末までに出たゲームサントラで購入したもの 

2017年のゲームサントラは豊作&ボックスセットが多い!嬉しい悲鳴ですね~。
というわけで、ウチで買った新作サントラを一覧にしました。
他のゲームサントラ好きの人たちはどんな新作を買って聴いているのかなあ~と思って、それならばまず自分で一覧にしてみようかなと思って作ってみた次第です。

・発売(配信開始)日
・サントラのタイトル
・解説

この順番で表記してあります。


・1月16日
・『忍道2 散華』
・これは配信タイトル。ゲームは未プレイです。
音楽的にはノイジークロークの坂本英城さん&いとうけいすけさんが手がけた前作のサントラ『忍道 戒 戦乱序曲』よりはやや物静かな雰囲気かな。
前作の方は、朝倉紀行さんの手がけた天誅シリーズのアバンギャルドというかアジアンプログレテイストを引き継ぎつつ、独自の流麗で混沌とした音楽を展開していました。
本作を手がけているのは田崎寿子さん。デビルサマナーやソウルハッカーズでお馴染みですね。
和風+ハリウッド系アクション音楽とでも言いましょうか。どことなく禍々しい感じがするのはやはりメガテン出身者だからか?
まあ私の気のせいでしょうけど。
ちなみにアクワイア・サウンドチーム名義になってますが、実際には田崎さんお一人だそうです(田崎さんツイッターより)。
大変やのう。

・2月21日
・『mewton』
・GRAVITY DAZE 2の実写予告ムービーで使用されて超話題となった楽曲。配信のみ。こういうシブヤ系な音楽も大好きなので即ダウンロード。

・2月22日
・『GRAVITY DAZE 2』
・ということで、サントラの方も当然購入。前作も凄く良かったしね。
で、前作は2枚組みだったのに今回はどどんと4枚組みに拡大!!プラットフォームがPS4になったからね。
田中公平サウンド、ここに極まれり!という忙しない楽曲が一杯!(笑)
手数の多いドラムだったりド派手なブラスやオケありで、まあ楽しいこと楽しいこと!やっぱりサントラはこうでなくっちゃね!!
お洒落なスウィングの「追跡」やフルオケとサックスがうなりをあげる「黒き疾風」が超お気に入り。あと「好敵手」がドラゴンボールZ特番『たった一人の最終決戦』でのバーダック戦闘曲で有名な「ソリッドステイトスカウター」を想起させる楽曲になっているのは、これは公平先生のお遊びですよね?(笑)
んで、ドラマーで川口千里ちゃんと岩瀬立飛さん(矩形波倶楽部)がいて超ドビックリ!!

・2月23日
・『DARIUS 30th ANNIVERSARY EDITION』
・今年のボックスセットはまずダライアスからスタート!なんと言ってもSFCダライアスフォース初CD化がめでたい。スーファミサントラって結構サントラ化してないものが多いから(アイレムだけどSUPER R-TYPEとか)これは嬉しい。
で、私の大好きダライアス外伝はどうかいな、と思ったら結構綺麗な音になっててびっくり。ドラムの音とか低音部分が結構迫力あって、まあこれはこれで良いと思いますが、ズンタタレコードから出てたダライアス外伝を聴きなれている私としては、ちょっと違和感あるというか、下品に聴こえてしまうなあ。
これまで『TAITO RETRO GAME MUSIC COLLECTION 2 SHOOTING CLUSTER』や『TAITO DIGITAL SOUND ARCHIVES -ARCADE- Vol.4』等、近年に何度も収録されたダライアス外伝ですが、やっぱりズンタタレコードの音源がいちばん好きな私は邪道でしょうか。ゲーセンでもプレイしてましたしセガサターン版もプレイしてましたけど、思い入れが強いのはやっぱりズンタタレコード音源です。音のバランスが良くて、綺麗で幻想的な雰囲気なんですよね。単なるゲーム音源の録音盤じゃない。それはGダライアスもそうでしたけど。
特にVisionnerzの3分24秒過ぎからの女性コーラスの展開。ズンタタレコード音源を聴きなれているせいか、どうしてもバックがやかましく聴こえてしまう…。おまけに2ループってのがちょっといただけない。
こういった音源の違いを楽しむことが出来るので、まあ結局は全部持ってなきゃならんな、と。小倉久佳さんの大ファンとしては。
小倉さん本人はどの音源が一番なんだろうか…。気になる所ですね。

・3月3日(スウィープレコード先行発売日)
・『パックマンチャンピオンシップエディション』
・一般発売日は4月4日。ナムコオールスターズによるパックマンチャンピオンシップのサントラ。
井上拓さん、大久保博さん、遠山明孝(AJURIKA)さん、渡辺量さん、濱本理央さん、LindaAI-CUE(石川哲彦)さん、北谷光浩さんという現代ナムコを支える作曲陣がずらり。それに加えて川田宏行さんに小沢純子さんというレジェンドまでが参加しているという、ナムコの総力を結集した素晴らしいサントラです。
2017年1月22日に亡くなられた、ナムコ創業者中村雅哉さんへの追悼盤になってしまったなあ…と思いながら聴くと、これは最高の追悼盤になったのではないだろうか、と思います。
だって他のどんなゲームでもない、ナムコの象徴的存在であるパックマンなんですから!!

・3月3日(スウィープレコード先行発売日)
・『星霜鋼機ストラニア ザ・フォースシグナル』
・一般発売日は4月4日。作曲者の与猶啓至さんによるセルフアレンジサントラ。ボーナストラックで佐藤豪さんのバンドアレンジがあったので購入した次第。
個人的にヘヴィメタルライデンより佐藤豪バンドの方が好き(もろにフュージョンだから)。
カシオペアやT-SQUAREやディメンションが好きなら購入確定です。

・3月4日
・『HuCARD Disc In TAITO Vol.1』
・安心確実クラリスサントラ。個人的にPCEは馴染みが無いんだけど、奇々怪界と地獄めぐりが聴きたかったので購入。

・3月29日
・『NieR:Automata』
・前作が良かったので今回も購入。
個人的には、前作と比べるとちょっとダウンかなあ…。これは清く正しく正統派の続編的サウンドで、前作にハマった人には非常に良いと思う。
こういった続編だとか関連作って、一度大元の世界観(音楽の雰囲気ね)を確立させてしまうと、どうしてもそれにそった音楽でないとそぐわない、ということが当然出てくる。そうすると、あまり代わり映えしないものになってしまって、逸脱とか冒険が出来なくなっちゃう。
しかしながらシリーズを重ねていくごとに統一感が出てくるし、ニーアのサウンドはやっぱりコレだよね、というものになっていくわけなんだけど、それじゃあ面白みが無くなってしまう。難しいですよねえ。
ってかニーアの新作が出るとは思ってもみなかったので、個人的にはやめて欲しかった。ドラッグオンドラグーンだって一番最初が一番衝撃的で凄く面白かったし。あとはおまけみたいなもんだと思ってる。
今回のサントラはそれなりに良いんだけど、もっとガラっと変えちゃってぶち壊しても良かったんじゃないかなあ、というのが私個人の感想です。

・3月29日
・『NAMCO ARCADE SOUND DIGITAL COLLECTION Vol.2』
・安心確実のクラリスサントラコレクション。ローリングサンダーとバーニングフォース入ってたので購入。バーニングフォースって効果音無しで楽曲聴けるのは初?かな?

・4月29日
・『PSYVARIAR REASSEMBLE ORIGINAL SOUNDTRACK』
・安心確実のクラリスサントラコレクション。サイヴァリアシリーズは好きなので、プレイしてないけど購入。個人的にはサイヴァリア2が一番好きなので、今回みたいなあんまりハデハデしいのはちょっと…。
クラブDJ御用達になってくれないかなあ、とひそかに期待。

・4月29日
・『Re:birth』
・ゲーマデリック待望の新作!!収録曲も納得の定番から意外な楽曲まで盛りだくさん。水滸演武が入ってるのがすげーびっくりした。やっぱり「空牙」は泣ける。

・5月26日
・『がんばれゴエモン さうんど玉手箱 ~オリジナル・サウンドトラック BOX~』
・我々は一体何年待ったのだ!!と叫びたくなるぐらい嬉しかった、がんばれゴエモンボックス!!少数生産だったためかすぐに売り切れちゃったのが残念。ゴエモンサウンドを聴きたい人は世界中にもっともっとたくさんいるはず!!
今回はスーファミ時期までなので、今度は64、PS以降をお願いします!!

・5月26日(スウィープレコード先行発売)
・『源平討魔伝 ~参拾周年記念音盤~』
・一般発売日は6月30日。
中潟憲雄率いるアクアポリスによる源平討魔伝演奏!!もうこれだけで今年いっぱい、ずっと感動しっぱなしです。
まさか本当にこんな日がくるなんて…と、今でも信じられない思いです。

・6月26日
・『忍者龍剣伝 オリジナルサウンドトラック コンプリートコレクション』
・まさかのサントラ化。しかも今頃!なんで?というのはともかくめでたいですね!!
海外では物凄く人気があるみたいですね。シリーズのアレンジ音源も探すとポコポコ出てきます。


今年出た新作で買ったのはこの辺かなあ。
発売日をだいぶ過ぎてから買うことの方が多いので、新作出てすぐに買うってことは非常に少ないです。
旧作は一期一会なので、見かけたら即買いしてます。なので今年買った旧作サントラはもうちょい多いです。まあなんかの機会にご紹介出来れば。

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 4   

08/08のツイートまとめ 

sophyinhatfield

こんなんやるみたいだよ~。The Progressive Rock 2017 https://t.co/xgDZy0q7sR @YouTubeさんから
08-08 16:20

Category: 雑記

tb 0 : cm 0   

マンダラバンド、2017年最新リマスター版を聴く 

マンダラバンドの曼荼羅組曲を買うのはこれで3度目です。プログレ野郎ならよくあることですね。多い人だと5~6回目ぐらいですかね。
プログレって一体何回出すんだよというぐらい出すのですが、その度に買ってしまうのがプログレ野郎の性(さが)!
とはいえそう何度も出なかったり未だにレコードでしか聴けなかったりというのが多いのもまた事実。
でも、レコードからせっかくデジタルリマスター紙ジャケCD化!とか言って出たのに、その後いつまでたってももう一度再発しないプログレアルバムもありますしね。そうなったら困るから買っちゃうんですけどね。

まず、2010年のリミックス&リマスター盤と違うのか?というのが一番気になる所だと思います。
結論を言うと、違います。つまり、1992年のCD化の際の音源に戻ったということですね。めでたい!

さて、早速今回のリマスターはどうかしら?と聴いてみたのですが、印象は全然変わりません。それなりの良いオーディオ環境で聞くと違ってくるんでしょうけど、パソコンで聴く分には特に変化はないかなあ、といった所。ちょっと音が綺麗になったかな?気のせい?
残念ながら私はレコード盤を聴いたことがないのでそれとの比較は出来ないのですが、1992年の初CD化音源と聞き比べると一緒かなあ。
ただし、楽曲の切り方(次のトラックに移るタイミング、というか)が異なります。初CD化の際は1曲目が7分46秒だったものが、今回は8分4秒に変わっています。
楽曲の長さだけみると2010年に発売されたリミックス盤と同じに思えてしまいますが、そんなことはありませんのでご安心を。ただ単に切りどころを変えただけのことです。

ちなみに、2010年に発売された『マンダラバンドⅠ』となっているものは、輸入盤で2枚組みの『Ressurection Mandalaband Ⅰ&Ⅱ』と同内容の国内盤で、1のみの収録。
ジャケはかつてのレコードジャケットを再現していますが、内容はリミックス盤なので前奏からして全く違いますし、音のバランスがだいぶ異なります。これが結構不評だったようです。レコードの時代から大好きだった人にとっては、かなりのショックだったでしょうね。

私個人としては、2010年のリミックス盤よりも、やはり初CD化の際の音源の方が好きなので、今回のリマスターは非常に嬉しいです。

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0