09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

三國志生誕30周年記念ボックスが発売決定 

来年2015年3月20日に、三國志歴代のゲームソフト12枚と歴代サウンドトラックを全て収録した『三國志30周年記念歴代タイトル全集』が発売されるとのこと。価格は33,333円と3づくし。3が5つで高価格ってことで35苦死、ってか(笑)

ゲームソフトとサントラに加えて、歴代のビジュアルアートブックと歴代パッケージデザイン風ポストカードがついて、専用ディスク収納ブックレットもついてくるそうです。
正直、ゲームいらない…(苦笑)
信長の時はサントラボックス出ましたから、もしかしたら今後、サントラBOXだけ別売りで出るかもしれませんので、予約するのはちょっと早いかな、と思います。カシマは様子見ですね。

さて、公式にサントラが発売されたシリーズは1~5までで、6以降は全てプレミアムボックスとか何だとかの高価なヤツでゲームと同梱でした。なので、6以降のサントラが全て手に入るのは魅力的です。が、高い…。ゲームいらない…。
信長の時と同様に、今回発売される全集に収録されるサントラは、恐らく全てサウンドウェアシリーズの音源で、各機種のゲーム音源等は収録されていないと思います。
一応、サウンドウェアシリーズのものは1~5まで全て持っているので、欲しいのは6~9ですね。10と11は好きな作曲家である池頼広さん作曲だったので、何とかして安くプレミアムボックスを探してわざわざ購入しましたが(笑)なのでゲームは完全に放置です。

さて、作曲者についてちょっと書いておこうと思います。

1は『信長の野望全国版』と同時収録だったので、今回は独立して1枚ものになって収録されるんでしょうね。作曲者はもちろん、初期光栄の大功労者、菅野よう子。

2と3は普通にサウンドウェアが出て、どちらも向谷実さん。Ⅱはカシオペアばりのバンドサウンドが楽しめます。Ⅲの方は打ち込みが主体になりましたが、安西史孝さんが打ち込みアレンジをやっているので、音はしょぼくなくてしっかり楽しめます。

4は当時新進気鋭の作曲家だった長生淳さん。華麗で爽やかな雰囲気のある、独特な楽曲で人気のある作曲家です。フルオケの世界を存分に楽しめます。この人は特にサントラ専門の作曲家というわけではないので、テレビやドラマでも見かけることはほぼ無いです。ゲームも三國志4以外にはお名前を見たことがありません。
4には『電脳電撃編』というサントラもあって、恐らくこれは今回未収録でしょう。こちらは打ち込み&ギター演奏による、ちょっとポップ&ロックインストなアレンジになっていて、特に一騎打ちでの楽曲はギターのかっこいい中華フュージョンとでも言いたくなるような良曲です。

5は服部隆之。祖父が服部良一、父が服部克久という作曲家界のサラブレッドですね。こちらは勇壮で豪快、華やかなフルオケサウンドが楽しめます。

6以降は持っていないし聴いていないので、作曲家だけご紹介。
6はつのごうじ。ベーシストとしてキャリアを開始して、爆風スランプの前身バンド「爆風銃(バップガン)@ベーシスト」「スーパースランプ@キーボード」に参加していたようです。その後はキーボーディストに移行して作曲家として活動。
ゲームだと『GOTHA~イスマイリア戦役~』と『GOTHAⅡ 天空の騎士』、光栄の『水滸伝・天導一〇八星』を手がけているようです。
特撮モノの『鳥人戦隊ジェットマン』の主題歌を作詞、作曲してた人なんですね。知らなかった。

7は長谷川智樹さん。この人は光栄では『項劉記』をやってますね。他にゲームだと『交響詩グラディウスⅢ』の編曲やってます。

8は長谷部徹さん。この人は劇伴作曲家として活躍している方で、よくお名前を見かけます。二時間ドラマの『タクシードライバーの推理日誌』シリーズの音楽がこの人ですね。
ゲームやアニメは非常に少なくて、光栄では真・三國無双3Empiresと真・三國無双4をやっているみたいですね。

9は栗山和樹さん。私的に、栗山さんと言ったら時代劇ですね。『八丁堀の七人』『刺客請負人』を見てたので知ってました。大河ドラマの『北条時宗』もやってましたね。

10,11は池頼広さん。相棒でお馴染みの超売れっ子作曲家です。ただ、ゲームはかなり少なくて、光栄で『トリニティージルオールゼロ』を手がけているぐらい。あとはWiiの『Disaster Day of Crisis』を手がけているようです。
ドラマ、映画、アニメサントラは膨大な数があるので、興味があったら適当に調べて下さい(笑)

で、最新作の12が大塚正子。この人はコーエーテクモホールディングスの作曲家だそうです。信長シリーズも三國志シリーズも、話題の作曲家、新進気鋭の作曲家を招いて制作されていたのですが、それが自社制作に変わったということですね。これからは外部作曲家に頼らずに、自社で制作していく方針なのでしょうか。

さて、ざっとこんな感じです。
サントラボックスが出ないようなら買っちゃうでしょうね、これ。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽(オケ系)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1098-b9655136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)