08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

チャイニーズ・フュージョンバンド「絲竹空爵士樂團」(Si Zhu Kong) 

以前にもうちのブログでちらっと取り上げましたが、今回はもうちょっと詳しく取り上げます。

絲竹空爵士樂團(Si Zhu Kong)は、2007年にデビューして以来、精力的に活動しているジャズ・フュージョンバンド。
中国の伝統的な楽曲を取り上げたり、オリジナルの中国色豊かな楽曲を展開しています。
メンバーは4人。そこにゲストミュージシャンを迎えて、ライブ活動やアルバム制作を行っているようです。
メンバーは
・彭郁雯(Yuwen Peng)―女性キーボーディスト
・吳政君(Alex Wu)―パーカッション、二胡。変な髪形してる
・黃治評(Chihping Huang)―笛子(てきし。中国読みでdizi。中国の笛)、簫(しょう。中国読みでxiao。中国のリコーダーみたいな楽器)、EWI、bawoo flute(中国のフルートみたいな楽器)
・陳芷翎(Chihling Chen)―阮(げん。中国読みでruan。中国の琵琶みたいな楽器)、柳琴(りゅうきん。中国語読みでliuqin。中国の琵琶みたいな楽器)。唯一のビジュアル担当の女性(笑)

という4人。ここにベースやドラム、ボーカルなどのゲストを迎えて活動しているようです。

公式サイトでは、彼らのアルバムを試聴することが出来ます。
公式サイトはこちら→http://www.sizhukong.com/en/index.html

中でもカシマのお気に入りはこちら。
↓アルバム『旋轉(SPIN)』に収録されている楽曲「醉酒都馬(DRUNK IN DUMA)」。こういう中華なフュージョン楽曲といったら、『太鼓の達人』シリーズでの楽曲か、光栄の三國志Ⅱ、三國志Ⅲぐらいしか思い浮かびません。


上の動画をごらんになった男性諸君、後ろでドラムをやっている女性が気になりましたね?(笑)
この人は林冠良(Kuan Laing Lin。あるいはDoris Ling)という女性ドラマーだそうで、Youtubeに動画がいくつか上がってます。


↓ついでにもういっちょ。林さんはPrism Quartetというジャズバンドを組んで活動しているようです。林冠良のFacebookにそのような記載がありました。


絲竹空爵士樂團はこれまでにアルバムを3枚発表しています。
そのどれもが、どこを探しても売っていなくて手に入らないのですが、iTunesでデビューアルバムの『絲竹空』と2ndアルバムの『紙鳶』が配信されているのがせめてもの救い。
しかし、3rdアルバムの『旋轉(SPIN)』は、アメリカのiTunesでしか配信されていません。ぐ・お・お……。
中国の輸入CD専門店でも、主に取り扱っているのはやっぱりポップス、アイドル関連で、こういうジャズ・フュージョン系はやっぱり取り扱っていませんでした。輸入代行してもらうとか方法はあるのかもしれませんが、めんどくさい…。

もう一つは、アメリカのiTunesカードを購入して、アメリカiTunes Storeのアカウントを作成してしまう方法。これはまあ調べたら結構簡単なようです。今の所、この方法がいちばん手っ取り早いかも。

公式ブログを見ても中国語だらけでようわかりませんが、ライブ活動は活発に行ってるようです。日本にも来日してライブやって欲しいですね。
こういう中国フュージョンって日本ではまずやる人がいませんし、非常に珍しいと思うんですがね。
女子十二楽坊は一時流行りましけど、結局スタンダードな楽曲が有名になっただけで、その後は見向きもされませんでしたし。今じゃ覚えてる人も少ないんじゃないでしょうか。

海外プログレやジャズロック、フュージョンに強いお店でも、中国や台湾、香港のこうしたバンドはまだまだ全然注目されていないので、これからどんどん取り上げていってもらいたいもんです。
スポンサーサイト

Category: ジャズロック、フュージョン

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1127-81d72c37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)