08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

浜渦正志渾身の力作!『LEGEND OF LEGACYオリジナルサウンドトラック』 

3DSで発売された、懐かしい雰囲気の漂うRPG作品『LEGEND OF LEGACY』のサントラがついに発売となりました。これを心待ちにしていたゲーム音楽ファンは多かろうと思われます。カシマももちろん、その一人です。

この美しいメロディこそが、浜渦正志氏の本領発揮!とばかりに、過去のどんな作品をも凌駕する渾身の力作となりました。こんな美しいゲーム音楽、一体どこの世界にあるでしょうか。日本です。日本にしかありません。
これこそが、日本が世界に誇るゲーム音楽なのです。サガフロンティア2、アンリミテッドサガと並ぶ、浜渦正志氏の代表作となることは間違いないでしょう。

サガフロンティア2かアンリミテッドサガで浜渦正志氏を知った人が多いと思いますが、カシマが浜渦正志氏を知ったのはかなり遅く、DSの『シグマハーモニクス』からでした。
それ以前も名前は知っていましたし『サガフロンティア2』『ダージュオブケルベロス』の2作品を聴いてもいたのですが、その時は浜渦作品の良さが全くわからず、一時期嫌いな作曲家の一人でもありました。
特にサガフロンティア2は、前作のイトケン節を期待していたカシマにとっては「なんだこれ」という印象を持ってしまった作品でした。そんなこともあって、浜渦作品には注目していなかったんです。

しかし、東京ゲームショウで流れてきたあるゲーム音楽に衝撃を受け「一体、この瑞々しく美しい音楽はなんだ!?」となってスクエニブースでCDを探しました。それが『シグマハーモニクス』だったのです。
「へえ~、浜渦正志ってこんな音楽も作るんだ」などと非常に失礼な感想を持って、その後、あらためて『サガフロンティア2』を聴いてびっくり。
どうして俺は今までこの音楽の良さがわからなかったんだ!!俺はバカだ!!と、自分をぶん殴りたくなりました。そして『アンリミテッドサガ』を聴いて、もう完全に浜渦正志氏のファンとなり、以来、浜渦作品を全て探し出し、買い揃えるようになりました。
そんなにわか浜渦ファンのようなカシマですが、今は完全に認識をあらためて、浜渦作品を心から楽しんでいます。

浜渦作品の特徴は、なんといってもゲーム音楽とはとても思えない比類なき美しいメロディ。そして、エレクトロニカのようなやや機械的な音の情景と、心洗われるような高音のピアノとヴァイオリンのメロディが素晴らしいサウンド。
そして、その録音された音にも非常にこだわりがあり、他のゲーム音楽とは違う非常に良い音質で録音されています。一般的な音楽作品と比べても遜色が無いどころか、上を行きます。ここまで音質にこだわっている作品はゲーム音楽業界随一と言っても過言ではないでしょう。

美しいメロディ、と言っても色々なものがありますが、浜渦正志氏の場合は「崇高」なイメージがあるところでしょうか。このサウンドを「癒し」と一言で片付けてしまうのは余りに乱暴です。その音楽はもっと奥深いものです。
まるで薄もやのかかった早朝の森林風景のような、穏やかで居心地のいい空間が、聴く者の眼前に広がります。人気の無い、自然に囲まれた広大な敷地に立つ美術館(それも現代アート)で流れていそうな、そんな雰囲気のある音楽です。

では、今回の演奏者について。
ヴァイオリン演奏者には、なんと桑野聖氏が参加しています。桑野さんと言えば、桑野聖ストリングスグループを率いて国内の大多数のアルバムに参加している凄腕のヴァイオリニスト。音楽業界でこの人の名を知らない人はまずいないでしょう。
ピアノ演奏は、浜渦正志氏のソロ作品に参加しているベンヤミン・ヌス。ギターは田部井とおる氏、パーカッションは竹本一匹氏。
ボーカルで参加しているMinaさんは、浜渦正志氏とのユニット「IMERUAT」(イメルア)のボーカリスト。同じ芸名でMAXのボーカルのMina(ミーナ)がいますがもちろん別人です。

そして、作曲は全編浜渦正志!!これです。これこそが重要なポイントです。共作者がいない!失礼な言い方ですが、要は邪魔者を排除しているということ。純粋な浜渦密度濃縮還元100%作品なのです。
FF13ですら複数の作曲家が参加していたことを考えると、とても久しぶりの浜渦100%ゲームサントラ。
浜渦正志氏が全てを手がけた新作サントラは、いつ頃から出ていなかったか。
それは、カシマが最初に浜渦正志氏にハマるきっかけとなった『シグマハーモニクス』以来、約7年ぶりのことなのです。ファンにとっては本当に長いこと待ちに待った作品なのです。
その間、オリジナルユニットのIMERUATや、ピアノコレクション、FF13関連は色々出ましたが、新作を全て一人で、という作品はありませんでした。

↓今回、最初にまず魅かれた楽曲「双次元バトル」。こんなに気高く、気品に溢れた美しいバトルミュージックが他にあるでしょうか。


↓今回のメインテーマである「メインテーマ~遺産~」。
『LEGEND OF LEGACY』というゲームのストーリーと関連して、楽曲名に「遺産」とついているのでしょうけど、しかしこの作品自体、過去の素晴らしいRPGに敬意を表した作品でもあります。
つまり、ゲーム内容に合っているのと同時に、名作RPGが残した遺産があってこの作品は成り立っているんだ、という制作者からのメッセージなのかな、と思いました。
そして、その遺産を受け継いで、さらに素晴らしいRPG作品を作っていって欲しい。そんな願いが込められているような、希望に満ち溢れた楽曲となっています。




浜渦ファンならずとも買い。ゲーム音楽ファンでなくとも買い。美しい音楽を聴きたいなら買い。普段音楽を聴かなくても買い。なんでもいいからとにかく買って聴いて欲しい!

早くも今年ナンバーワンの傑作サントラが出てしまいました。

スポンサーサイト

Category: 今ゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1140-96727bc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)