07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ファミコンでここまでのサウンドとは…。海外ファミコンソフト『Silver Surfer』 

音楽を担当したのは、国内でもゲーム音楽愛好家の間ではその名を知られるティム・フォリン&ジェフ・フォリン兄弟。
この人たちの凄さは、その音楽を聴けばわかるとおり。

『Silver Surfer』の音楽はAmigaのゲームではよく聴かれるような、ロック&ダンスチックなサウンドなのですが、それをファミコン音源でやってのけてしまっているという…。
一体どんなスーパーな技術を駆使していたのか、素人の私にはさっぱり見当もつきません。
素人でもわかるのは、明らかにファミコン離れしているということ。そして、ファミコン音源でなければ出せない、その独特の雰囲気です。

↓この迫力!このかっこよさ!!ファミコンの音源でここまでかっこいい音を出すのは難しいはず…。技術者ではないのでよくはわかりませんが、その他のファミコン楽曲にはない重厚さがありますね。
これをピコピコ音楽とはいわせねえぜ!


↓海外のアレンジバージョン。


ちなみに、海外の同人アレンジ大会「Dwelling of Duel」で、ロックアレンジがあります。
ホームページはこちら→Dwelling of Duel
ここのトップページの右上にサイト内サーチエンジンがあるので、そこでSilver Surferと入れて探すと何曲か見つかります。オススメはRyan8bitのハードロックアレンジ。超かっこいいです。

ええと、ゲームの方は大味な海外らしい、クソゲーだそうで。
原作は見たまんま、アメコミだそうです。アメコミには詳しくないんでよく知りませんが、スーパーマンとかスパイダーマンとかX-MENとかと同じようなもんですかね。

↓こちらがプレイ動画。ジンガイどもがオーホホホイエーとか言いながらプレイしてます。音楽の素晴らしさが際立っていて、肝心のゲームの方ははなんかパッとしませんね。


で、ちょっと調べたら『マーブルVSカプコン3』で参戦が噂されていたようです。
が、参戦は実現せず、変わりにシルバーサーファーで出てくる破壊神「ギャラクタス」が登場したらしい。うーん、全然わからん(笑)
映画では『ファンタスティック・フォー』の続編『ファンタスティック・フォー 銀河の危機』で、最大の敵としてシルバー・サーファーが出演しているようです。

ふ~ん、さうなんだ(加藤うらら風に)。

スポンサーサイト

Category: ナツゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1149-4389bc7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)