10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

香港ポップス紹介~JOEY YUNG 

iTunesを徘徊していたら、見つけた香港ポップス。
時々、こうやって香港ポップスを探しては聴いています。
今回ご紹介するのは、歌手で女優の容祖兒(ジョイ・ヨン)。
フェイ・ウォンで香港ポップスを好きになった方、必聴ですぞ。

まずはこれをどうぞ。


おお~~~、と思いました。
ピアノでしっとりと展開して、そこからジャズっぽいアレンジでお洒落な雰囲気を足していって、最後はJOEY YUNGの力強い歌声が突き抜けていってエンディングへと向かっていくという、もう王道としか言い様が無い曲なんですが、いやいや、これなんですよ!この単純明快さ!
それにこの映像がまた…。こっぱずかしくて見てられねえです(笑)
こんなドストレートな純情派の映像、もはや日本では絶滅してます。
しかし!
香港にはあるんですねえ。根強く残っているんですねえ。いやあ、やっぱり好きだなあ、香港。

で、JOEY YUNGさんのこの、裏声を使わない高音域の声が良いですね。
今現在の日本の売れ筋の人たちの大多数は裏声を使っていますが、あれ、音が濁ってしまって聞きづらいんですよ。だから嫌いなんです。最近の日本のポップスって。声量はねえし。
それに何と言っても力強さや芯の強さを感じない。私が日本の最近の流行歌を聴かない理由は、これがいちばん大きいです。ボソボソ歌ってんじゃねえよ、と。あるいは、キャッキャキャッキャガキみたいに騒いでるんじゃねえよ、と。

私がJOEY YUNGを聴いて思ったのは「声が良い」ということ。
当たり前のことなんですが、その当たり前のことが出来てないことが多いので、聴く気になれません。
そして、使っている楽器が非常にシンプルなのも良いです。やたら色んな機械音を使ってない。
歌い方にしても、力強くてはっきりしてて、とても爽やかです。暗く、湿っぽくならない。そして、必ず情熱が秘められている。
洒落た大人の雰囲気もありますし、聴いてて頭が痛くならないですし(笑)
良いですねえ。

もう一曲いきましょう。


さらにもう一曲。


ぶっちゃけて言うと、どれも似通ってます(笑)
けど、そればっかで売り出さないのが香港の良い所。
一体どうしたの?ってぐらい全然違う路線の歌を歌ったりします。



路線が違いすぎますって(笑)
こういうのが平気な香港、やはりあなどれません。もう何でも歌っちゃえ!って感じ。だから一度人気が出ると結構根強くファンがついてくるようなんですね。次は何するんだろう、って楽しみになります。
日本だと歌手のイメージってのがあって、ほぼ変わらないような歌をずっと歌ってたりします。基本的に路線変更ってしないものなので、飽きられたらおしまい、みたいなとこありますよね。
でも香港は違う。もう全然違う(笑)
この前清純な娘だったのに、今日は妖艶なお姉さまに、とか平気です。この間、おとなしい役をやったと思ったら、今度はスタント無しのアクション!とか。
そんな香港、大好きです。
スポンサーサイト

Category: 音楽

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1163-7c046410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)