05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

うら寂しい音楽こそが俺のファンタジー~ファミコンソフト『ファザナドゥ』 

うら寂しい俺のファンタジーシリーズイメージソング
俺のファンタジー仮面ライダーブハア仮面ライダーブラック」 by倉田てつを


ファミコンソフトの音楽といったら、一にも二にも哀愁です。
ドラゴンクエストを例にするまでもなく、プレイヤーが孤独にフィールドをさすらう時の、寂しく物憂げなメロディこそが、ファミコン作品には重要であったのです。
ファミコンは、基本的には一人でプレイするものがほとんどでした。対戦ブームが巻き起こったのはストⅡからでしたので、ゲームはいつでも孤独な少年の心のよりどころであったのです。

みんなでワイワイ?そんなものねーんだよ!!
ネットで繋がる?協力プレイ?コミュニケーション?
てーめー、何あまちゃんなこと言ってんだコラ。んなもの一切ねーんだよ!!
ファミコンはひたすら自己研鑽であり、地獄のファミ修行の場だったのさ!!

ということで、孤独全開、寂しさ満点のファミコンソフト『ファザナドゥ』をご紹介します。
なんで今さらファザナドゥかって?そんなん、俺が好きだからに決まっておる。
なーんか耳に残るんですよねー、ファザナドゥの楽曲って。ゲームはクリアー出来ませんでしたけど。

さて、ファザナドゥです。
ザナドゥじゃねえの?何だよファって?ファルコムのファ?ってかファルコムと関係ねーの?
と色々思ってしまいますが、この『ファザナドゥ』は元々はファルコムの『ザナドゥ』をファミコンに移植する予定だったものを、大幅に作り変えて作り変えてめったくそに作り変えて結局別物になった、というゲームなのです。
ふぁー。そうなんですふぁー。
だから『ふぁザナドゥ』なんですね。ザナドゥ、じゃないのが何かすっきりしないのはふぁーだからなのです。
はい次。ふぁー。

そんなもんですから、一応ファルコムの許諾を得てはいるみたいですね。で、発売元はやらなきゃハドソンです。
ゲーム的にはサイドビューのアクションゲームで、パズル要素とかそういったものは排除しています。非常にわかりやすいゲームとなっていて、誰でも楽しめる…と思います。あの音楽さえ気に入れば。
と、ここでようやく音楽の紹介に移ります。

この作品はザナドゥとは全然関係ないソフトになったので、音楽もザナドゥとは全く無関係で、オリジナルの音楽が使用されています。
作曲者は、ボンバーマンの生みの親であり、アラブ音楽で使われる笛の「ナイ」奏者として現在も活躍中の竹間淳(ちくま・じゅん)さん。女性の方です。
アラブ音楽に堪能な方だからか、非常に独特なメロディを作る方で、このファザナドゥでもその異様な雰囲気というか、異国情緒というよりは一体どこの世界の音楽なのかわからない、とてもファンタジーな楽曲を作曲されています。
で、そこには思いっきり哀愁が漂っているわけです。でもそれはまるで辺境プログレを聴いているような、そんな民族の哀愁を秘めているような独特の雰囲気なのです。
ケルトとか中国とか、そういうわかりやすい民族色じゃなくてもっとこう…日本人には馴染みのない、異境の地といいますかね。なんていうかとにかく良いんだよ。

では、その音楽を原曲、アレンジ音源まじえてご紹介します。

↓ファザナドゥ全曲。この動画ではステレオ処理してるせいか、実機とはちょっと雰囲気が違って聴こえますね。ぶっちゃけ、これじゃダメです。


↓こちらはモノラル。そうそう、やっぱりファミコンっていったらこの音ですね~。この哀愁の漂い方と、なんかちょっと気持ち悪い後半の展開こそがファザナドゥ!!これが延々、プレイ中に流れるのです。ああ物憂い……。


↓ファミコン史上最強と言っても過言では無い、あまりに寂しすぎるメロディ!!物悲しく、憂いを秘めた名曲中の名曲。どこの国の音楽を元にしているのか全然わかりませんが、それこそがファザナドゥの素晴らしさです。


↓そしてこちらが、そのオーケストラアレンジバージョン。海外のファンの方が作ったんですかね。こうしてアレンジ音源を聴くと、原曲が非常に美しいメロディであることがわかります。ファミコン音源だからこその、あの哀愁度なんですね。


さて、ここからはいくつかリミックス音源をあげておきます。海外では結構人気があるみたいで、様々なリミックス音源が見つかります。

↓なんとスカアレンジ!なんでもスカにすりゃいいってもんじゃ…と思いきや、結構いい出来です!こりゃびっくり。


↓そして、やっぱりありました。メタルアレンジです。


↓こちらもメタルアレンジ。ほぼそのままメタルにした感じです。音が良いですね。


↓こちらはちょっとファルコムアレンジを意識したようなアレンジ。ファルコムがPC-ENGINEでリメイクしていたら、こんなサウンドになっていたかも。スラップベースがいい味出してますね。


↓こちらは海外アレンジャー筆頭、VirtことJake Kaufman氏。なんとファンクフュージョンアレンジ!さすがですね~。面白いアレンジです。


↓こちらは豪華にフルオケアレンジ。


↓こちらは日本人によるオケアレンジ。メドレー形式になっており、こちらは第一曲目。かなり本格的なアレンジです。動画の解説のところにあるリンク先で第二曲、第三曲が聴けます。


2013年に、ゲーム音楽を演奏するオーケストラ「日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」がゲーム音楽アレンジコンテストを開いたそうで、その時のお題がなんとファザナドゥ!!もちろん、審査委員長は作曲者の竹間淳さん。
2013年10月11日に、優勝者の作品が初演されたそうです。
ちなみに日本BGMフィルハーモニーオーケストラは2014年に一度解散し、その後「新日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」として新たに活動を開始したそうです。
公式サイトはこちら→新日本フィルハーモニー管弦楽団

そして最後におまけ動画を。

↓これはレアなCMですね~…。ってかこんなもん売ってたんですね…。ファザナドゥのお菓子ですって!!しかもカードゲームつきです。カルビーとかカバヤじゃなくて、明治が出してるってのがメジャーな感じ。


↓も一つおまけ。アカペラバージョン。バカかこいつは(笑)でも出来がいいのがムカつきますね(大笑)外人の表情に哀愁漂ってるのが面白い。特に右上の顔にたっぷり哀愁が漂ってます。
スポンサーサイト

Category: ナツゲーセレクション

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1186-df4be90c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)