09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

プログレ三昧直前スペシャル!俺のためのプログレ紹介記事~俺がしょっちゅう聴いてるプログレはコレ! 

いよいよ明日、9月21日に放送される「今日は一日プログレ三昧4th」!!
プログレ三昧放送記念で色々プログレを紹介したかったのですが、記事が全然書けなくて今日まできてしまいました。
別に俺になんかあったわけじゃなくて、単に忙しい&ヒマねえ~!という状態だっただけ。
そういう毎日を過ごしていても、もちろんプログレは毎日欠かさず聴いています。
ということで、今回は俺がいつもウォークマンに必ずいれている常備薬プログレと、最近聴きまくっているお気に入りのプログレをさらっと紹介。あんま詳しくは書かないです。
こんないいプログレあるよ!とか需要とかそんなん一切無視!俺が好きなものを好きなだけ紹介するというだけの、ウルトラ自己満足記事である!!

さて、常備薬といったらまずはKENSOです。
俺はKENSO大好き人間なので、ウォークマンには常にKENSO全作が入っているので全て紹介したいのですが、ここでは特によく聴いている四枚をご紹介。
その三枚とは、名盤『KENSOⅡ』と『SPARTA NAKED』と『天鳶絨症綺譚(びろうどしょうきたん)』と新作『内ナル声ニ回帰セヨ』。

『KENSOⅡ』では、やはり「空に光る」「さよならプログレ」の2曲に尽きます。もうこの2曲だけは一体何度聴いたことか、数え切れないぐらい聴いています。

名曲「空に光る」。今から15年も前の映像なので、メンバーが若い!


『SPARTA NAKED』はKENSOメンバーの光田健一氏が監修しているので、最も音質が良くて各楽器の音のバランスや質感が凄く良いのでこちらをよく聴いています。コンプリートボックスにもリマスターされた作品が収録されていますが、俺はやっぱりNAKEDだなあ。

↓俺も大好きな楽曲「Good Days,Bad Days」。恐らくレッド・ツェッペリンの「Good Times Bad Times」からタイトルをとったのだと思います。清水先生、ZEP好きだしね。


『天鳶絨症綺譚(びろうどしょうきたん)』は思い出深い一枚で、KENSOを初めて知ったアルバム。
このアルバムの「精武門」が、俺の人生初KENSOでした。ということで、初めてのKENSOは清水先生作曲ではなくて、小口健一さん作曲の楽曲だったんです。
で、イタリア盤だったのでライナーが読めず、最初「こんな轟音ギターを弾いている人は、きっとこの人だろう」と思いこんでしまい、ライナーに写っている三枝俊治さんを清水先生だと思ってました…。しかも三枝さん、ベースだし…。
どこ見てんだよ、俺は(笑)
どれが誰だかわからなかったので「この人キーボード顔だな!」と勝手に判断して、なんと清水先生を小口健一さんだと勘違いしておりました…。清水先生には絶対言えないです、こんなこと。もし言ったら、物凄い怒られるか、思い切り笑われるかのどちらかでしょうね。「俺は小口じゃね~よ!!」とか言われそう(笑)
しっかしまあ、なんと失礼極まりない。ってか各楽器担当者を顔で判断するなっての(笑)
もちろん、今ではちゃんとメンバー全員わかります。当たり前か。

そしてこれが大好きな「精武門」!!


って、マジでブルース・リー師匠の『精武門』(Fist of Fury)じゃねえかよ!!という小口さんからの突っ込みをお待ちしております(笑)
いや、KENSOの動画がなかったんで、これで勘弁して下さい。

で、新作『内ナル声ニ回帰セヨ』の方は、やはり半田美和子さんの「A SONG OF HOPE」に尽きるな、と。KENSOの集大成というか、KENSOの魅力が全て凝縮されているような、まさに史上最高の傑作であると思います。

KENSOファンには『KENSOⅡ』『夢の丘』が二大名盤らしいですし、もちろん『夢の丘』も大好きですが、個人的な好みでいうとやっぱり『KENSOⅡ』『SPARTA NAKED』『『天鳶絨症綺譚(びろうどしょうきたん)』『内ナル声ニ回帰セヨ』の四枚ですね~。かなりの回数聴いてます。

お次の常備薬は、やっぱりアラン・ホールズワースですね。ソロ作は全部入れてます。
ただ、この人の場合はプログレではなくて、まあジャズロックとかいわれますが、そんなんどうでもいいです。
プログレ聴いている人は、大体はジャズロックやカンタベリーにも興味は向くと思いますんで、ご紹介。
さて、アラン・ホールズワースでよく聴いているのはニュー・トニー・ウィリアムス・ライフタイムの『BELIEVE IT』ですね。そして、そのアルバムからの楽曲を演奏したライブ盤『BLUES FOR TONY』。
特に「FRED」が大好きで、しょっちゅう聴いてます。
ライブ盤の方はドラムが大好きなチャド・ワッカーマンなので、トニー・ウィリアムスとのドラミングの違いを聞き比べたりするのもまた楽しいです。
ソロ作ではやはり『ROAD GAMES』。それと『METAL FATIGUE』が好きですね。あとは、やっぱりチャド・ワッカーマンが好きなのでライブ盤の『ALL NIGHT WRONG』。
ライブ盤『THEN!LIVE IN TOKYO 1990』はドラムがゲイリー・ハズバンドなのであんまり好きじゃないです。なぜかよく共演してるゲイリー・ハズバンドですが、どうも好みじゃない。初めて行ったビルボード東京でのホールズワースライブでもゲイリー・ハズバンドでちょっとがっかりでしたし…。
巷でよくぎゃあぎゃあ言われるシンタックスは、俺は結構好きなんですがね~。シンタックスいらね、ギター弾け!というファンもいるみたいだけど、俺はシンタックスも好きですね~。とにかく一つだけ、ゲイリーだけはやめてくれ(笑)
チャド・ワッカーマンが忙しすぎるとかですかね。チャドが一番ホールズワースに合ってると思うのになあ。

↓これがそのFred。ホールズワースのバンドとしては、これが最高のメンバーだと思うんですが、いかがでしょうか。
ちなみに、この動画の作品はDVD化もしてるのでぜひぜひ。『LIVE AT YOSHI'S』という作品です。


↓こちらがトニー・ウィリアムスバージョン。


そして、定番の常備薬はやっぱりキング・クリムゾン。
最近では80年代、90年代クリムゾンもよく聴いてます。
『DISCIPLIN』が結構好きで、よく聴いてますね。ヘヴィなサウンドだったらやっぱり『THRAK』が好きですね~。
「太陽と戦慄パート4」が入っている『THE CONSTRUKCTION OF LIGHT』も好み。
でもやっぱり『クリムゾンキングの宮殿』で『太陽と戦慄』で『レッド』でしょ!!となってしまうのが70年代の魔力か。

↓『DISCIPLIN』収録の「Elephant Talk」のライブ映像。トニー・レヴィンかっこええ~~!!


↓伝説の名曲「21st Century Schizoid Man」の1969年ハイドパークの音源だそうです。この映像がやたらかっこいいんですが、なんなんでしょうかね。


↓スターレス高嶋さんも大好き!アルバム『RED』収録のウルトラ名曲「Starless」のライブ映像。フリップの顔が怖い!


EL&Pももちろん、いつも持ち歩いてます。
そりゃもちろん『タルカス』!それと「庶民のファンファーレ」が好きなので『WORKS VOLUME 1(ELP四部作)』。
あと、エマーソン関連で『幻魔大戦』のサントラも入れてますね。ローズマリー・バトラーの歌う「光の天使」、最高です。

↓超貴重な、後楽園球場での伝説のライブ映像です。


↓やっぱり大好き「庶民のファンファーレ」。


↓これもやっぱり大好き「ナット・ロッカー」。


↓やっぱり幻魔大戦といったらコレですよね~!名曲「光の天使」以外だと、絶対に「地球を護る者」!!映画の最後の方でコレが流れた時は気が狂うぐらい感動しました。


幻魔大戦ときたら、やっぱり『真・幻魔大戦』ですね。これも必ずいれてます。
難波弘之率いるセンス・オブ・ワンダーによる作品で、難波さんの作品の中でもとびっきりプログレ度の高い、プログレの中のプログレ作品といってもいいでしょう。国内のプログレ作品でも、これほど素晴らしい作品にはなかなか会えません。

↓厚見玲衣氏のキーボードとボーカルが冴え渡る「ベアトリスの釵」!!もう最高です。


最近よく聴いているのが高円寺百景。マグマ系列の日本のバンドですが、これも最初はイヤだった。全然ついていけなかったのですが、最近再燃しました。特にアルバム『弐』と『ANGHERR SHISSPA』をよく聴いてます。
吉田達也関連では、高円寺百景がいちばん好きですね。他はちょっと…。

↓圧巻、を通り越して唖然としてしまう高円寺百景ライブ。最初はこの凄さについていけなかったんですが、プログレ野郎の今は余裕でついていけます。ってかかっこいいですね!!ライブDVD


あと、必ずウォークマンにいれてるものといったらJ・A・シーザーですね。
ライブ盤の『山に上りて告げよ』『大鳥の来る日』『萱草歌=鬼蜻蜒が飛び交う日2012』は欠かさずいれてます。
やはり『大鳥の来る日』での「絶対運命黙示録」!!これに二番の歌詞がついたってのが衝撃でしたね。
かなりハードロックな仕上がりで、めっちゃくちゃかっこいい。それと『萱草歌=鬼蜻蜒が飛び交う日2012』の「母捨般若経」も好きですね~。邪宗門の万有引力公演に行った時に同曲が流れましたが、まあ凄いのなんのって。おっかさんがロープでがんじがらめになって引っ張り上げられていく、その場面でこの曲が流れた時は思わず「おお~~!!」と感激してしまいました。
なので、大好きな曲となったわけです。忘れられない。

ということで、カシマはいつもこんな曲ばっかり持ち歩いてます(笑)
あとはテレビ、アニメ、映画のサントラや、もちろんゲーム音楽もたくさん。
それらについてはまたいずれ。

それでは、明日のプログレ三昧を目いっぱい楽しみましょう!!
スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1219-9e89e467
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)