05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

超良ジャズ&フュージョンの嵐!!配信限定タイトルのウルトラ良盤コンピ『JAM TRIP 80'S ANIME JAZZ GROOVE』 

いや、まさかこんな素晴らしいタイトルが配信限定で出ていたなんて!!
ご存知の方はご存知かと思いますが、かつて「JAM TRIP」シリーズと銘打って、数々のアニソン、劇中曲を名うての名手たちがジャズ&フュージョンアレンジしたシリーズがありました。
これは、それらの中から代表的な名曲を選曲した、スペシャルなベスト盤なのです。
もう1つは「DIGITAL TRIP」シリーズ。こちらはシンセアレンジのシリーズですが、なんとこちらも配信限定でコンピ盤が絶賛配信中です!!もちろん、こちらも名うてのシンセ使いの名手がずらり!!
もう!!こういう良いものはもっと大々的に宣伝していただかないと!!困ります!!

それでは、早速JAM TRIPコンピ盤の中身をご紹介していきましょう!
ジャズ、フュージョン好きなら悶絶必至です!

1.ルパン三世/石川晶&カウント・バッファローズ
2.愛のテーマ/石川晶&カウント・バッファローズ
3.ラヴ・スコール/石川晶&カウント・バッファローズ
4.セクシー・アドベンチャー/美野春樹&MISTRAL
5.フェアリー・ナイト/美野春樹&MISTRAL
まずは、日本国民なら誰でも知ってるルパン三世から5曲。1,2,3はルパン三世、4,5はルパン三世PART3の楽曲ですね。
アレンジャーを見て「おっ!マジか!!」と思った方、迷わず聴いて下さい。
なんたって石川晶&カウント・バッファローズ!日本でジャズドラムをやる人なら、この人を知らない方はいないはず。
かくいう私もあまり知らないんですが(おい)、その名前はよくお見かけしています。
あらゆるアレンジ音源があるルパン三世ですが、石川さんの手にかかると、こうもファンキーでイキのいい、もう思いっきりな「どジャズ」になってしまうんですね~!!最高にグルーヴィーです!!キメが多く、ドラムの切れ味も抜群な、爽快極まりないジャズです!
途中、ちょっと入るドラムソロもスキっと決めていて、かっこいいことこの上なし!!

お次に見えるのは美野春樹&MISTRAL!!
美野さんは確か『刻命館』のサントラで2曲アレンジしてて、実はそれで知ったという…。
ゲーム音楽マニヤの真骨頂ですな(笑)。情報源がゲーム音楽っていう。
しかし、これはかっこええ……。もともとのセクシー・アドベンチャーってちょっとダサめな歌モノなんですが(失礼!)、めっちゃくちゃかっこいいジャズアレンジに仕上がっていて、もうたまりません!
はっきりいって、大野雄二の原曲を超越しています!ここまでジャズ寄りのアレンジは、そうそう聞けるもんじゃありません。
さすが、クラシックにも堪能なピアニストの美野さん。お洒落でロマンチックなだけでない、エネルギー溢れる熱い演奏は、ピアノ一台でオーケストラをしのぐといわれるクラシックの世界を知っているからこその名アレンジ&名演奏です。ジャズだけやってちゃこうはいかない。
ああ、素晴らしい。
しかし、フェアリー・ナイトではしっとりと、ロマンたっぷりにサックスが響き、ピアノがさりげなく彩りを加えていて、抑制の効いた演奏をしています。この引き際の上手さ!これぞプロの中のプロの演奏ぶりです。

6.マクロス/石川晶&カウント・バッファローズ
7.ランナー/石川晶&カウント・バッファローズ
8.私の彼はパイロット/石川晶&カウント・バッファローズ
9.ドッグ・ファイター/石川晶&カウント・バッファローズ

お次は驚愕のマクロス!!あのハネケンの生涯最高の傑作とも言われる(少なくとも俺はそう思う)マクロスを、イキでいなせなジャズアレンジ!演奏は再び石川晶&カウント・バッファローズです。
こちらはエレキギターも入って、ライトなフュージョンサウンドに仕上がっています。もともとのハネケンさんの原曲が、大ロマンの展開する、アニメ史上最高のドラマティックなメロディでしたから、やはりアレンジでもそのメロディは損なわれていませんね。
ハネケンさんのメロディが凄すぎて、ジャズになりきれない、というか。どこをどうアレンジしても、ハネケンさんなんです。
涙無しには聴けません…。
お次のランナーも、もう……。
泣くしかないよ!!
ハネケンさんがジャズアレンジしてたら、こんな感じになっていたかも…というような、お洒落で小気味良いアレンジに仕上がっていて、ハネケンさんの原曲のイメージを最大限に尊重してアレンジしているのがわかりますね~。
と思ったら、それもそのはず!!なんとアレンジが直居隆雄さんじゃないですか!!
うわあああ~~~~………!!!!
絶句。落涙。
直居さんか……そうだったのか……。
直居さんは、マクロスの劇中曲「ドッグ・ファイター」で、あの途中のウルトラかっこいいギターソロを弾いていた、まさにその人なのです!!
気になって調べたら、直居さんって石川晶&カウント・バッファローズの一員として活動してたんですね。
気になってもっと詳しく調べたら、出てきました。
まず、『JAM TRIP ルパン三世』。
Arr..........直居隆雄
Dr.............石川晶
p.f............美野春樹
Bass........高水健司
E.Guit......直居隆雄
L.P............木村誠
Tpt...........数原晋 岸義和
Tbn...........新井英治 平内保夫
Sax...........村岡建 斉藤晴 砂原俊三
ぎいやあああああああああ
なんじゃこのメンバーは…。凄腕どころか、日本の精鋭中の精鋭がずらり。トップミュージシャンばかりじゃないですか!
ってか、大野雄二のYou&Explosion Bandとメンバーが被る…。だから、ホーンのキレ味がただごとじゃなかったんだな…。
そうか…。だからここまで本格的なサウンドなんだな。
こういう良いレコードを作ることが出来た、古き良き時代だったんですね…。
今、熱い血はどこにもない!!
って、杉良じゃないけど叫びたくなりますねえ…。
私が音楽を聴いて涙を流すってこと、最近の音楽ではもうほとんど無いんです。それはやっぱり、熱い血が無いからなんでしょうかね。
そして『JAM TRIPマクロス』も凄いことになってます。
Arr............直居隆雄
Dr..............石川晶
p.f.............美野春樹
E.Bass.....杉本和弥
E.Guit......直居隆雄
L.P............石山実
Sax...........村岡建 佐野博美
Tpt...........数原晋 岸義和 横山均
Tbn...........新井英治 平内保夫

いやあ…もうお腹いっぱいです。ハネケン楽曲を直居さんがアレンジするっておい…。
おかしいだろ!!凄すぎだろ!!どうなってんだよこの時代は!!!
もう、泣きながら聴きまくってますよ、ええ。

10.Midnight Submarine/大徳俊幸&De Cat
11.Dream City Neo Tokio/大徳俊幸&De Cat
お次はウラシマン!原曲もライトフュージョンでAORな雰囲気の大人向けサウンドでしたが、こちらも軽くスウィングしながら、明るく楽しい演奏になっています。
大徳さんのことは全く存じ上げなかったのですが、調べてみたらジャズピアニストの方で、大友義雄、向井滋春、ジョージ大塚、本田俊之などのバンドに参加していた方のようです。う~む、この辺の日本ジャズには詳しくないぞ…。
で、現在は3×3(大徳、水野正敏、東原力哉)というバンドで活動しているみたいです。おっ、水野さんに東原さんか、やっとよく知ってる名前が出てきた(笑)

12.エルガイム~Time for L-GAIM~/大徳俊幸&De Cat
13.スターライト・シャワー/大徳俊幸&De Cat
お次はなんとエルガイム!!MIOが歌った名曲2曲をフュージョンアレンジ。ちょっと角松敏生プレゼンツな雰囲気の、イキのいいホーンアレンジが良いですね。アダルトなお洒落AORアレンジです。

14.異次元ストーリー/北島直樹&Flash
15.Wing Love/北島直樹&Flash
お次は夢戦士ウィングマン。見たことは無いですが、主題歌だけは持ってますね。でもあんま好きな歌じゃないんですが、このアレンジは良いですね~。イキなホーンがパラリラ鳴って、スラップベースバッシバシ!!まさに俺の大好物アレンジ!!スラップベース好きにはたまらんですね~。何かっつっちゃぺっぺ、ぺっぺ、またかよ!ぺっ、ってやってますからね~。
良いですね~もっとやれ!!
北島直樹さんも存じ上げなかったのですが、ジャズピアニストで本田俊之のバンドに参加してたみたいです。現在は寺井尚子カルテットに参加しているとか。寺井さんか…そう言えば彼女のアルバム、全然聞いたことないな。
俺が聞いたことあるのは、野獣王国アレンジの『幻想水滸伝音楽集』で聞いたぐらいだなあ。

16.燃えてヒーロー/土岐英史&TEMPS
17.冬のライオン/土岐英史&TEMPS
お次はキャプテン翼!あのイモダッサい主題歌は聞くに耐えないので、正直言ってキャプテン翼は嫌いなのですが、このフュージョンアレンジはなんともかっこいい。あのダッサい主題歌がこうも生まれ変わるとは…。
こちらもホーンがイキでスラップベースが要所で活躍する、角松敏生プレゼンツなアレンジです。おまけにメロウなギターが流れてきて、こりゃもう完全に原曲おいてけぼりなほど、かっこいい楽曲に生まれ変わってます。原曲が嫌いな俺が言うんだから間違いない!かな?
演奏している土岐英史さんは、なんと土岐麻子のオヤジさん!そういやどっかで聞いた名前だな~と思ったんで調べたら、そうだ!麻子のオヤジだ!と思い出しましたよ。
いや、知り合いじゃないですよ(笑)

18.タッチ/So What
さて、出ましたタッチ。原曲はこの上もなくイモダッさい歌モノで、原作もアニメも主題歌も大嫌いです。
そもそものメロディがダサいので、何とか頑張ってジャズアレンジされているのですが、前奏がやっぱりダサいですね~。早々にピアノソロを入れて演奏していますが、タッチのあのダサいメロディに戻ると、もうダメ。
まあ聞けないこともないですが…。
アレンジはどうやら大徳俊幸さんのようです。

19.愛はブーメラン/猪俣猛とサウンドリミテッド
お次は『うる星やつら』です。『JAM TRIP うる星やつらVol.2』からの楽曲です。
まあまあ、普通のフュージョンアレンジですねえ。あんまり引っかかるものが無いです。そもそも原曲を知らないからかなあ。
猪俣猛さんは、石川晶さんと同時代に活躍したドラマーだそうで。
そういやあ、この辺の和ジャズのことは明るくないなあ…。

20.L(エル)はラブリー/高橋達也と東京ユニオン
21.青葉春助 ザ・根性/高橋達也と東京ユニオン
出ました!西部警察PART2のワンダフルガイズの演奏で有名すぎる、高橋達也と東京ユニオンの登場です!!
原曲は『Theかぼちゃワイン』ということで、全く知りません。
アレンジ具合は、もう聞かなくてもわかりますよね!イキで小粋なスイングアレンジで、ゆったりと体を揺らしながらお酒でもちょいと一杯引っ掛けたくなるようなアレンジ具合です。

22.恋の呪文はスキトキメキトキス/猪俣猛とサウンドリミテッド&パーカッションアンサンブル
23.恋のB級アクション/猪俣猛とサウンドリミテッド&パーカッションアンサンブル
お次は『さすがの猿飛』から2曲。
実は劇中曲は久石譲が手がけている…というのは有名ですかね。
主題歌は、フライング・ミミバンドの小林泉美。うる星やつらの主題歌も彼女ですね。だからか、ちょっと不可思議なメロディで、アレンジもちょっと変わったジャズ、フュージョンアレンジとなっています。

24.CIRCUS GAME/北島直樹&Flash
25.スミマセン MY Love/北島直樹&Flash
最後は伊賀野カバ丸より2曲。こちらも原曲は知らないのですが、「CIRCUS GAME」のアレンジがやけにハードロック風で、この1曲だけ今回のコンピ盤では異色のアレンジですね。
原曲を探してみたら、Sugarだったんですね。「ウエディング・ベル」の。作詞、作曲がパーマンでお馴染みの古田喜昭さんっていう、あの曲を歌った人たちですね。
で、このCIRCUS GAMEは木森敏之さん作曲なんですね。エヴァの残酷な天使のテーゼの編曲者としてお馴染みの大森俊之とよく見間違いされますけど、木森さんは1988年に亡くなられております。
また、木森さんはジャッキーファンにはキース・モリソンというペンネームの方がお馴染みですね。

ということで、全25曲、たっぷり楽しめます。これを高音質のCDで出してもらいたいと思うのは俺だけじゃないはず。
ってか、JAM TRIPシリーズ全作、紙ジャケリマスターBlue-Spec CDとかで出してもらいたいですね。こんなに素晴らしい演奏が詰まってるんですから。
スポンサーサイト

Category: ジャズロック、フュージョン

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1230-c06706d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)