07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ダライアスバーストクロニクルセイバーズのサウンドトラック発売決定 

だいぶ前からアナウンスはされていましたが、Youtubeに試聴がきたのでご紹介。


サントラ発売は来年1月13日です。
1曲目「Freedom」が凄く良い楽曲で、おお~~!と思ったし、もろに俺好みのサウンドになっていて嬉しいのですが…。
これって、もはやダライアスじゃないよね…とは思う。
やはり小倉さんのサウンド無しにはダライアスのあの圧倒的な巨大感というか、不可思議な宇宙感というか、ああそうこれこれ!!これこそダライアスの広大な世界観なんだよな~、という気持ちが起こらない…。
ダライアスじゃなくて新しい世界観の新しいゲームだったら、大歓迎なんだけどなあ。
これがダライアスとは、到底思えない。

誤解を招くと思うのではっきりと言っておくが、今回のダライアスバーストクロニクルセイバーズは凄く良いサウンドで、タイトーのシューティングゲームらしいドラマを感じさせるような内容であるとともに、攻撃的でカッコよくて、非常に良い音楽だと思う。
この出来だったらサントラは間違いなく買う。
でも、これはダライアスじゃない。あくまでダライアスシリーズの番外編であって、小倉さんの描いた本流であるダライアス、ダライアスⅡ、ダライアス外伝、Gダライアスに続くものではない。
ダライアスバーストシリーズは、スーファミのダライアスツイン、ダライアスフォースのようなものだと思う。あの二作品も、ダライアスとは到底思えないから。

もう一度言うが、音楽は非常に素晴らしい。そこに異論は無い。ゲーム音楽好きにも自信を持ってオススメ出来る内容である。
でも、ダライアスとしてオススメすることは出来ない。この点だけははっきりさせておきたい。

で、ゲームの方は1月14日発売予定。PS Vita版はソフト販売、PS4とPC版はダウンロード販売のみ。
PS Vita版の方は、ショップ限定版が予約受付中。エビテンとキャラアニのみの専売商品とのこと。
同梱内容はこれ。
・ソフト
・「DARIUS ODYSSEY 公式設定資料集」CA Ver.
・オリジナルアレンジCD

もちろん気になるのはアレンジCD。アレンジャーは現ズンタタメンバーに加えて、渡部恭久、Hiro師匠、佐野信義、山根ミチル。なかなか魅力的なメンバーではある。

スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1259-335202fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)