08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

鉄拳レボリューションオリジナルサウンドトラック 

待望の新世代鉄拳サウンドがようやく発売となりました。
スウィープレコードさんでは既に発売となっていますが、一般発売は2016年3月30日となっています。

さて、今回の鉄拳サウンドの特徴は、サウンドディレクターの柿埜ちゃんによると「アコギと歌物」ということで、サントラ第一曲目「New World Order」からすっ飛ばしてます!!
アコースティックギターがジャンジャカかき鳴らされる中、鉄拳5の名曲「SPARKING」を思わせる力強い男性コーラスがバーンと広がる様は、これまでの鉄拳にありそうでなかった新サウンド。非常に意欲的な楽曲に仕上がっています。
作曲はナムコの新鋭、井上拓さん。井上さんと言えば、リッジサウンド初のラップソング「Tonight」を手がけた方。ナムコの新世代サウンドを担う若き作曲家として、カシマも注目しています。

↓一発目からぶっ飛している、最高にイカした楽曲「New World Order」。


↓参考までに。リッジレーサー3Dの楽曲「Tonight」。こんな素晴らしい楽曲をぶっぱなされたら、注目しないわけにゃあいかねえ!!


今回の参加者は10名。非常に多いです。そしていずれもが、新旧ナムコサウンドを担ってきたつわもの達。

まずは濱本理央さん。
今回手がけたのは4曲。いずれもアコースティックギターと低音の効いた轟音エレキギターが炸裂するサウンドとなっていて、『エースコンバットアサルトホライズン』を彷彿とさせる熱いサウンドに仕上がっています。文句なしにかっこええ~です!
豆知識ですが、濱本理央さんには濱本麻央さんというお兄さんがおり、チームグリグリに所属し、コープスパーティーの音楽を手がけています。濱本理央さんもアルバム『コープスパーティーブラッドカバーSOUND COLLECTION Vol.1』コープスパーティーにアレンジャーとしてゲスト参加しているようです。
二人とも女性っぽい名前ですが男性です。

↓濱本理央さんの楽曲「Chopper」。その名の通り、チョッパーベースが大活躍!ベース好きなんで、やっぱりこういう曲に魅かれてしまいますねえ。



お次は井上拓さん。現在のナムコサウンドを担う作曲家として、これからの活躍にも期待出来そうな方ですね。
今回は井上さんが大活躍。サントラ全22曲中10曲(コンテニュー曲、ゲームオーバージングルも含みます)という多さです。
とにかく圧倒的なのは「New World Order」ですね。このサウンドに、今回の鉄拳のサウンドの方向性が提示されています。
つまり、柿埜ちゃんがライナーで言っているように、「歌とアコギ!」です。
それ以外だと「Françoise's Bassline」が「おっ!」と思わせる意外な仕上がりです。静かなアコースティックギターの音色に、低音のビヨビヨいってるシンセ(多分)が表れ、クールに楽曲が疾走していくという、なかなかに渋い1曲。オススメです。

↓井上さんの楽曲「Françoise's Bassline」。渋いです。



お次はナムコの重鎮、大久保博さん!
大久保さんはもう言わずと知れた、現代ナムコサウンドの顔とも言えるお方。リッジ、鉄拳、エースコンバット、塊魂などなど、ナムコを代表するゲームで印象的な楽曲を発表している方です。もちろん、カシマも大好きな作曲家の一人です。
今回は「Evarlasting Heaven」という1曲のみの参加。どことなくリッジっぽい、大久保さんらしいクールなサウンドですが、アコギが入るとまた雰囲気が違って面白いですね~。

↓どことなくリッジっぽい「Evarlasting Heaven」。



お次は矢野義人さん。矢野さんと言えばカシマが真っ先に思い浮かぶのはソウルキャリバーⅡの御剣のテーマ曲「Brave Sword,Braver Soul-鋼の信念-」ですね。
矢野さんもナムコサウンドには欠かせない方ですね~。
矢野さんも今回は「wHITe」1曲のみの参加。アコースティックギターにポップな雰囲気のテクノサウンドが心地良い楽曲に仕上がっています。塊魂シリーズで使ってもいけるんじゃないかな、これ。

↓鉄拳には珍しいポップな感じの「wHITe」。



お次は小林啓樹さん。エースコンバットゼロで、多くのゲーム音楽ファンを感動させた名曲「ZERO」の作曲者として知られる方ですね。現在はナムコを退社され、フリーの作曲家として活動されています。
今回は「Fight in the Netherlands」1曲のみの参加です。
小林さんには珍しい、超攻撃的なまさにザ・鉄拳サウンド!と言える熱い楽曲です。アコースティックギターがジャカジャカかき鳴らされ、分厚く歪んだ低音のシンセっぽい音と破壊力満点のドラムが楽曲をぐいぐい引っ張っていきます。
そして素晴らしいのは2分過ぎの一瞬の「溜め」の部分。アコギが前面に出てクールにかき鳴らされて、そこからの爆発!!
上手いですねえ~!!いやもう、さすがの小林サウンド。ファンは小林サウンドの新たな魅力を知ることが出来るでしょう。
強力にオススメです。

↓文句なしにかっこいい「Fight in the Netherlands」。この動画の2分のところの「溜め」の部分に注目。



お次は、なんと!!ナムコのレジェンド作曲家であらせられる川田宏行さん!!
うわ~~~!!これはすっげえビックリなウルトラビッグネームの参加です。
ゲーム音楽ファンならその偉大さは知っていなきゃあおかしいです。なんといってもワルキューレの伝説!妖怪道中記!!
鉄拳シリーズでは鉄拳3のプレステ版で「Gun Jack」「Bryan Fury」の2曲を手がけています。
プレステ版鉄拳3が発売されたのは1998年なので、今回の鉄拳シリーズ参加は実に18年ぶり!!うおお…そんなに時が流れていたのか…。
今回は「No Easy Way Out」という1曲のみ。これがまた物凄いサウンドとなっていて、鉄拳シリーズの総括とも言えるサウンドに仕上がっています。鉄拳シリーズと言ったらこういう曲!というのを提示しているような感じです。
低音がバッシバシに効いたベース音、破壊的なドラム、そこにふと流麗なピアノ…ってもう、かっこよすぎます。
鉄拳3のあの劇的な変化を遂げたサウンドと、今の鉄拳サウンドを繋ぐような楽曲に仕上がっていて、鉄拳ファンには懐かしくも新しい楽曲となっています。文句なしにオススメ。

↓これがナムコのレジェンドのパワー!曲の始まり方も非常に面白いです。ベースのメロディがPS版鉄拳3のオープニングムービー曲を彷彿とさせます。


↓参考までに、こちらがPS版のオープニングムービー曲。作曲は岡部啓一さん。最近ではニーアを手がけたことで知られていますね。
カシマは、鉄拳っていったらまず真っ先にこの曲を思い浮かべます。それぐらい衝撃的でした。



お次は佐野信義さん。鉄拳3で鉄拳サウンドを劇的に変化させた立役者の一人ですね。現在はナムコを退社されており、DETUNEの代表として精力的に活動されています。3DSのKORG-DSの生みの親です。
今回、鉄拳で手がけた楽曲は「Lunar fringe theories」1曲のみ。
アコギ+漂うような女性コーラスで、これまた鉄拳サウンドに新たな魅力を加えています。さすがです。こういう楽曲は今までになかったですね~。格闘ゲームとしても珍しい楽曲だと思います。

↓格闘ゲームとは思えない、幻想的な楽曲「Lunar fringe theories」。さすが天才佐野信義。だてにドラッグオンドラグーンを手がけてませんね。



お次は佐宗綾子さん。sampling master AYAとしても知られる方です。元ナムコの方で、同じく元ナムコの細江慎治さんとスーパースウィープで活動されていますね。
佐宗さんは鉄拳参加は珍しいですね。シリーズだと6に1曲参加されているだけじゃないでしょうか。リッジの方が多いですね。
今回は「The ends of the eternal snow」1曲参加。トランスっぽいサウンドにアコギが加わって、終盤にはバロックっぽいチェンバロの音が出てきたりして、今回の鉄拳サウンドの方向性にぴったり合わせつつも、今までにない新しいサウンドに仕上げています。さすがのベテラン!貫禄ありますね~。
佐宗さんは、リッジだともっと気が狂ったようなハイスピードサウンドをぶつけてきますが、そこはやはり鉄拳。重いビートで攻めています。

↓聴いててストリートファイタートリビュートのバイソンの楽曲アレンジを思い出したのは俺だけでしょう(笑)


↓で、参考までに、こちらが『ストリートファイタートリビュート』のバイソン楽曲アレンジ。アレンジは古代祐三さんです!



お次は細江慎治さん。言わずとしれたドラゴンスピリットの作曲者として、ナムコのレジェンド作曲家として知られています。
今回手がけた楽曲は「Fear to agonize」1曲のみ。
この曲、太鼓の達人Vでプレイ出来る「abyss of hell」です。サントラのトラックリストを見て「あれ?abyss of hell無いの?」と思ったんですが、曲名が変わってちゃんと収録されていました。
太鼓の達人でプレイした時に「この曲、細江さんじゃないかな~」と思っていたんですが、バッチリ、当たりました。
なんでわかったかというと、鉄拳6の楽曲「Fist Festival(Fiesta del Tomate)」に近い感じの楽曲だったからです。6の時点で、細江さんは既にアコギを用いた鉄拳サウンドを提示していたのですから、さすがですねえ。
柿埜ちゃんはもしかしたら細江さんのあの楽曲にヒントを得て、今回のサウンドの方向性を決めたのではないでしょうか。細江さんのあの曲は、6の楽曲の中でもかなり異色のサウンドでしたからねえ。

↓太鼓の達人でもプレイ出来る楽曲「Fear to agonize」。太鼓の達人だと「abyss of hell」となっています。今回のサントラ化に当たって、ステージ名ではなくて新たに楽曲名をつけたのでしょう。


↓参考までに、こちらが鉄拳6の「Fist Festival(Fiesta del Tomate)」。そのまま鉄拳レボに使えますね。



最後は三宅優さん。塊魂大ヒットの功労者としてお馴染みですね。
カシマとしてはPS版鉄拳3のエンドクレジットの楽曲「Staff Roll」に度肝を抜かれ、以来注目していた人です。
今回は「El Condor」1曲参加。
タイトルからするとフォルクローレを思わせますが、全く違うサウンドが飛び出してきてドびっくり。
ってか、なんていうんですかね、こういうサウンド…。大雑把に言うとテクノなんでしょうけど、なんとも不思議な魅力のある音ですね。ってかアコギ使ってないです(笑)コーラスっぽい声もわずかに聞こえますが、ほとんどわかりません。
「アコギと歌って言ってるのに!」って、柿埜ちゃんに怒られなかったんでしょうか(笑)
でもまあ、柿埜ちゃんはゲーム画面に合っていればオッケーらしいので、これでいいんでしょうね。
今回のサントラの中でもかなり異質の楽曲です。

↓三宅さんの楽曲「El Condor」。非常に面白い楽曲です。


↓参考までに、PS版鉄拳3のエンドクレジット曲「Staff Roll」。今でも十分通用する、死ぬほどかっこいい楽曲です!当時ヘヴィリピートしまくってましたね~。もちろん、今でも大好きな楽曲です。



今回の『鉄拳レボリューション』、タイトル通りの革新的なサウンドに仕上がっていて、鉄拳ファンはまた新たな鉄拳の魅力を感じることが出来るでしょう。
ゲーム音楽ファンにとっては、それぞれの作曲者の新たな楽曲スタイルを楽しむことが出来ますね。
さすがの鉄拳クオリティは落ちていません!!当ブログオススメのサントラです。

ところで、文中、サウンドディレクターの柿埜嘉奈子さんを「ちゃん」づけで表記していますが、特に意味は無いです(笑)
いや、なんかね。『風のクロノア』の時からずっと知ってるんで。とはいっても知り合いでもなんでもないんですけどね。
カシマが注目したのは『エースコンバット3』。柿埜ちゃんの「Black Lotus」という曲が大好きで、これはかなりヘビロテしましたねえ。
コンポーザーとしてはあまり見かけないのが残念です。

↓柿埜ちゃんの「Black Lotus」。一般的に言うと地味なサウンドだとは思いますが、この静謐な雰囲気はなかなか出せるもんじゃありません。



スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1289-eed4cd35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)