07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

クロノトリガーファン必殺必聴!『Chronicles of Time』配信中! 

海外の名うてのゲーム音楽アレンジャー達が大集結し、クロノトリガーの楽曲をアレンジ。なんと全81曲という大量アレンジ!!ディスク枚数5枚という大ボリュームです!
アレンジの仕方も実に多彩で、ロック、ジャズ、民族音楽、8ビットなどなど、アレンジャーごとに非常に面白いアレンジを施しています。
当ブログでも大注目のアレンジャーであるStemage、Ivan Hakstok、Snappleman、Cloud D、Super Soul Brosなどが参加。
特にStemage、Snapplemanはなかなかにプログレがかったアレンジをするので、当ブログイチオシのアレンジャーです。Super Soul Brosも最近注目のバンドで、ゲーム音楽を粋なブラスファンク・フュージョンにアレンジしています。

アルバム『Chronicles of Time』の公式サイトはこちら→Chronicles of Time公式サイト
公式サイトでは、ファンが描いたイラスト集がダウンロード出来ます。

アルバムはiTunesやAmazon等でダウンロード販売しています。もちろん、日本のサイトから購入出来ますので、まずは試聴してみて下さい。

↓こちらがダイジェストムービー。初手からかっこいいアレンジが炸裂してます!


当ブログでオススメなのは、何といってもSuper Soul Brosによるクロノトリガーメインテーマのアレンジ「Nick'o Time」。上のダイジェストムービーの後半でも流れていますね。
もう1つは、Snappleman、Finbeard、Midee、Norgの4人によるメインテーマのアレンジ「One Day at a Time」。ちょいと小粋でテクニカルなロックインストアレンジになっていて、今までにありそうでなかったアレンジバージョンです。これはかっこいい。
近年のテクニカル・ロック系リスナーにもオススメの楽曲です。ぜひ試聴してみて下さい。

iTunesのページはこちら→Chronicles of Time

日本もこういう同人界隈の名うてのアレンジャーを集めて、大アレンジCDを作って欲しいもんですね。
同人界隈も良いアレンジ音源が結構出てくるようになりましたし。
生演奏も上手い人がたくさん増えてきて、同人音楽イベントのM3が大賑わいしているのも大変嬉しい限りですが、やはりここらで集大成的なものを一枚ぶっ放しとく必要があるんじゃないかなあ。
黒船をぶっとばせ!!って感じで(笑)

で、肝心の本家も最近になってクロノトリガー&クロノクロスアレンジ『ハルカナルトキノカナタヘ』を出しましたけど、な~んかね~。悪くは無いんですけどね。意外性は皆無だった。つまり面白みが無い。
これなら原曲聴いてればいいじゃん、って思ってしまった。
そもそものスーファミの原曲が(クロノクロスはPSでしたが)スーファミ音源でよくもあそこまで、というぐらい完成されていて、非常に良く出来たものだったために、それをさらにアレンジするというのは作曲者本人にとってもかなり厳しいものがあったんじゃないかなあ、と思います。要はスーファミ音源で完結している為に、それをアレンジという別の形で提示するということに抵抗があったのかもしれません。
だからか、アレンジは他の人にまかせていましたよね。光田さん本人アレンジはかろうじて2曲だけだった。
あの時、もっとこうしたかった、ああしたかった、っていう思いが強く残っていたのなら、本人が全てアレンジしているはずですし。
あのアルバムを聴いていて、何か作品に対する強い思いとか、そういうのが感じられませんでした。綺麗にソツなくまとまった音楽アルバムというもの以上の「何か」を感じなかった。
一般的にはあれで十分でしょうし感動もするんでしょうけど、自分には物足りなかったです。なぜなら、それだけ、クロノトリガーっていう作品には思い出がたくさん詰まっていて、大切な作品だからです。
私カシマにとってはそういう作品だからこそ、新しい音楽を提示して欲しかった。クロノトリガーはまだまだ進化し続ける、生き続けているんだ、という気持ちをアレンジされた音楽で感じたかったんですけどね…。大好きな作品だからこそ、どんどん新しくなっていって欲しい、と思うんです。
過去は飛び越えなきゃ!だってクロノトリガーじゃないですか!(涙)
だから、クーロンズゲートの時はすっごく嬉しかったわけです。蓜島さんのクーロンズゲートへの情熱は、まだまだ冷めていないことを、新曲で証明してみせたわけですから。もう大感動でした。

昔出したクロノトリガーアレンジ『BRINK OF TIME』はなかなか面白いアレンジで、個人的にはこれはまあまあ良かったです。ファンの間ではあまり評判がよろしくない上に、光田さんもあんまり良い思い出はないみたいですけどね(笑)。
SQシリーズは論外。個人的にはシリーズでただの1曲も良いと思えるものがありませんでした。まあまあ聴けるかな、というのが数曲ありましたが、じゃあアルバム1枚買うかというと、う~ん…となってしまって結局一枚も持ってません。

なんか愚痴っちゃいましたが、海外勢はあなどれません。
今後も、海外アレンジで良いものを見つけたら紹介していきたいと思います。
スポンサーサイト

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1294-3c87a6fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)