07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

J・A・シーザーリサイタル「荒野より」に行ってきた 

万有引力公演には何度か足を運んでいる俺だが、シーザーリサイタルは初めて。やっと行けた。
今までライブ盤を聞いて、どんな凄いライブなのかなあ、と想像するしかなかったわけだが、いや、こりゃあ凄いわ凄いわ。
終ってみたらなんと3時間!!15時開演で18時終演。アンコールも2曲やって、もう大満足。日ごろのたまりにたまった黒いモノを全て吐き出してきた気持ちだ。
これはただの音楽ライブではなくて、演劇とライブが一緒になった一大エンターテインメント…というとなんか陳腐なので、もうちょっと言い方を変える。
これは、シーザーと演劇実験室◎万有引力による音楽地獄だ!
というと、お~、なんかそれっぽいな(笑)
大音量で耳を引き裂き、劇団員が絶叫絶唱し音割れしようともなりふり構わず、全生命力を音楽に傾けているような、そんなライブであった。
アンコールも含めて3時間という長丁場であったが、全く飽きもせず、終始ノリっぱなし。これは病み付きになりますぞ。

セットリストの方はあんまり詳しくはわからなかった。シーザー楽曲にそこまで詳しくはないので。
後で調べたら、ベースの本郷拓馬さんがツイッターでまとめてくれていたので、それを引用した。
とにかく全編に渡ってドラムがぶったたきっぱなし!ドラム好きの俺には嬉しい演奏であった。

・第一部 少女革命ウテナ
まず、万有引力劇団員の歌唱。ついで榊原ゆいによるウテナ曲の歌唱。絶対運命黙示録はやらなかった。う~む、残念。しかしそれは次回必ずあるであろうライブに期待する。

開演前に流れていたBGMは、『ある家族の血の起源』の客入れBGM。これが延々と流れてた。両脇にはライブのリハーサル風景の映像が流れていた。白黒だったから昔の映像かと思ったよ(笑)

まずは、シュラ-肉体星座αψζ星雲-を合唱で。めっちゃくちゃかっこよくて、感動して泣きが入った。
文章で書くとこれだけの感想なんだけど、その実、心の中にはあらゆる暗い感情が渦巻いていた。
そうそう、これ!これだ!!これなんだよ!!俺が今日まで日々の屈辱に耐え続けてきたのは、今日のこの日を迎えるためだったんだよ!!狭い世界のくだらん人間どものくだらん下世話な話題に嫌々付き合って、それでも耐え忍んできたのはな!!
俺を理解するものは誰もいない!!この狭き世界よ消えよ!!そして死ね!!地獄に落ちろ!!この俺とともに!!!これは俺のための最後の音楽地獄だ!!
という、何やらうす暗い情念渦巻く中で全身をシーザー楽曲と一体化させていたので、もう「ああかっこいい~~~!!!!いえへへへぐへへへへ!!!!」となってしまって、何が何やらもう…。とにかく、感極まってしまった。シーザー楽曲に相当餓えてたみたいだな、俺は。ってか一体俺に何があったんでしょう?(笑)
いや、特に何も無いんだけどね。ただ、自分のまわりの狭い世界の狭い了見に嫌気が差していたのは事実。それは誰にでもあると思うんだけど。
俺の場合は、それを芸術作品や音楽作品を体感することで吐き出してるんだろう。だから、芸術を忘れてしまった時、俺は俺で無くなるのだろう。そんな時は、一生来ない。

次に榊原ゆいが登場。そこでウテナ曲を3曲熱唱。
・天地創造すなわち光
・何人も語ることなし
・スピラ・ミラビリス劇場
スピラ・ミラビリス劇場は大好きな楽曲だったので嬉しい限りだが、やはり合唱の方が好きだなあ。
ゆいにゃんとか呼ばれてたけど(笑)、顔につけてた舞踏会みたいな仮面がかっこよかった。ちょっと和服っぽい衣装もよかったな。


・第二部 ある家族の血の起源
アルバム『ある家族の血の起源』から数曲。劇団員の演劇やセリフも交えて行われた演奏は、もう最高の一言。
やっぱり万有引力の人たちがいないとね!

・人間果実
・ 家族あわせ
・ 空っぽの父の椅子
・ 財産目録
・ 花嫁賛歌
・らまいまだ!
・世界で一番遠い土地
・母迷宮

・第三部 シーザー名曲集
煙草極楽浄土から始まった。
ここの最後で、「ソドムの杉天牛」を演奏して、大いに盛り上がったなあ。大好きな楽曲だったので嬉しさも倍増。ドラムがドッカンバッカンうるさいのなんのってまあ。もっとやってくれてもオッケー!
成吉思汗もパリ寒身も大好きな楽曲だったので嬉しかったなあ。よく聞いている歌だったから一緒に歌える!!ってか一緒に歌ってたよ!!

・煙草極楽浄土
・成吉思汗
・パリ寒身(スーザン・フェリア、サジャよ永遠に)
・マザーランド
・ソドムの杉天牛

~休憩15分~
喫煙室で、万有引力の演出もやっている高田惠篤さんがいた!話しかけることはしなかったけど。舞台でやってる時とは違って、なんかちょっと近寄りがたい雰囲気があったなあ。きっと、演劇には厳しい人なんだろうという感じがした。

・第四部 歌姫絶唱
ゲストボーカルを呼んで好きな曲を歌ってもらうコーナー。
まずは籠原帝子(かごはら・ていこ)。ケイコちゃん、って呼んでたのかと思ったらテイコだった。
かなりかわいらしく線の細い子だが、歌唱力は物凄い。高音が出るわ出るわ。声質はややアキバ系な雰囲気がある。
お次は蜂谷眞未。
蜂谷さんは年季が入った感じで、低音部分がかっこいい声質のお姉さま。素晴らしい。
最後は石川詩織。こちらもかわいらしい。

まずは帝子ちゃん。かわいい。
・ノリ・ゴマ・シオ賛歌
・迷い子のリボン
迷い子のリボンは、丸尾末広原作の『少女椿』アニメ版エンディングテーマ。『少女椿』は今年に実写映画化されて、そろそろ劇場公開だそう。おい、だいじょぶか。

お次は蜂谷さん。粋なお姉さま。
・私窩子
・ほたる心中

最後に石川さん。綺麗。
・子守頭巾
・人形つかい

ってか、女性陣は綺麗どころばっかり。ちなみに万有引力の女優陣もみな綺麗。

・第五部 シーザーアラビア思ふ名曲集
・プララ・アブルゥ・モロッコ・イスラエル
・千一夜の風車
・空飛ぶじゅうたん
・シルクロード(アラビア想う幾何学哀歌)
・阿呆船

・第六部 荒野より
・荒野より
出演者全員出てきて、最後の大合唱!!大絶唱!!
全員並んで、どこか遠くを見つめているかのような目で歌われる「荒野より」は、とにかくかっこよかった。

アンコール
・越後つついし親知らず
・眼球の異邦人
越後つついし親知らずのイントロで、もう物凄い歓声!!俺ももちろん拍手喝采。やっときた!!という感じ。この曲も大好きで、一緒に歌った(笑)。


まず、万有引力公演と違うのは、やはりライブであるので全てが歌唱曲であること。
ウテナもやったけど、「絶対運命黙示録」はやらなかった。それだけがちょっと心残りだが、それはまた次回のライブに期待しよう。未定だが。やっぱりあの曲は、ライブで一度は聴きたいもんだ。
それと、これが一番の違いだが、演劇実験室◎万有引力の劇団員が白塗りではなく、全員素顔で出演していること。
出番が無い劇団員は、観客席の脇の方で一緒にライブを見てヘッドバンギングして盛り上がったりしてた。演劇以外の素の劇団員の顔が見られたのは面白かった。

そして、J・A・シーザーが居てこそのライブであるのは当然。この人がいないと始まらない。
その圧倒的な存在感は凄まじいものがあるんだが、ライブの合間のトークで話しぶりを見ていると、結構気さくというか、ぼそぼそっと喋るんだけど、そんなに気難しい人でもなさそう、という印象を受けた。素朴な感じ。天才にありがちな、とにかくまあ途切れなく良く喋りまくる、というタイプではない。寺山さんは、残された映像を見る限りは結構途切れなく喋りまくるんだけど(だからといってギャアギャアまくしたてる、というタイプではない)、シーザーさんは逆。ぼそっ、ぼそっ、となんか喋る感じ。
見た目はサングラスだし強面な感じで、芸術家っぽくて気難しそうな印象なんだけど、そうでもない。一緒に飲みに行ったりして演劇の話とか日常の話とかすると面白そうな、まあ普通の苦労人なオッサンという感じ。
失礼な話しだが(笑)

いやもうとにかく凄いライブだった。全員が1つの世界観を持って全力で事に当たるというのは、かくも素晴らしきことか、と思った。
各個人が寄り集まって動くのではなく、全員が世界を共有し、まるで一人の人間であるかのごとく動く、というか。
J・A・シーザーだけの世界ではなくて、ライブに参加した全員の世界がそこにあったというか。もちろん、観客も含めて。
あのライブの場は、全員が夢見た世界だったのだろう。しかし、現実であるのは確かだ。
演奏が続いている間、俺は日常を離れていた。しかし、ライブが終って新宿を歩いた時に違和感を覚えなかった。
それは、現実と非現実の境目にいたからなのだろう。どちらにも行けるという、不安定な場にいたということだ。

またライブがあったらぜひとも行きたい。こんなすげえライブを、はたしてあと何回見られるのか…。
スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1311-4b6d1084
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)