07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

涼風のサウンド『Blue』、古き良き渋いアドベンチャーサウンド『VA-11 HAL-A』 

久しぶりのゲーム音楽の話題です。
とはいっても海外ゲームのサントラ。最近は国内のゲームサントラになかなか「これは!」という良いものが無くて、ちょっとテンション下がり気味です。

さて、今回まずご紹介するのは『Blue』。なんていうシンプルな題名なんでしょうか。
今年の4月29日にリリースされたばっかりです。
作曲者はGaroad氏。フランス人のようです。ゲームのサントラではなくてオリジナル作品っぽいです。
個人的にびっくりしたのは、前に偶然見つけた『VA-11 HAL-A』(ヴァルハラ)という海外アドベンチャーゲームの作曲者だったということ。
今回の『Blue』もBandcampで偶然見つけたんですが、過去作品を見たら「あ!」と思って。こういうのが運命の出会いってヤツなんですかね。ずっと忘れてたのに、こうやって再びめぐり合うんですねえ。



こちらの作品は、Bandcampにてname your priceでダウンロード可能。実質、無料です。

聴いていただくとおわかりのように、1曲目からして透明感のある瑞々しいピアノの音が流れてきて、とても心地よいです。
特筆は3曲目「To The Sky!」。この感じはどことなく浜渦さんの楽曲を思わせます。
浜渦さんほどの派手さはないものの、爽やかなメロディと音が素晴らしいですね。テクノ調のノリの良さもあって、すっきりと聴けます。後味爽快です。ジャケットのイメージ通りのサウンドですね。
このジャケット、制服美少女って感じなのですが、そこは海外。変なエロさがありません。これが国内だとなんかイヤらしいジャケットになっちゃうんですよねえ。やけに肉感的だったり、やたら胸デカかったり(笑)顔もなんかアニメチックだったり。
その点、このジャケットは本当に健康的で爽やかで、色も綺麗だしカッコいいですね。クールです。
これからの季節にぴったりな音楽ですね~。


お次は『VA-11 HAL-A』のサントラ。デモ版っぽいです。有料です。


こちらが『VA-11 HAL-A』サントラ第二弾。こちらも渋い出来。なぜかこちらは無料でダウンロード可能。


『VA-11 HAL-A』は、サイバーパンクバーテンダーアクションという、なんのこっちゃ?っていうゲームです(笑)
トレイラーを見ると、アドベンチャーゲームっぽいですね。それも古いタイプのヤツ。
↓『VA-11 HAL-A』2015年のトレイラー。

ゲームの方はパソコンとPSVitaでも販売するらしいです。日本語ローカライズされるそうですね。年内予定のようですけど、いつになるかはまだ不明。続報を待ちたいと思います。

PS Vita版の移植を手がけるWolfgamesのホームページはこちら→Wolfgamesのサイト(海外サイト)
ゲーム開発のSukeban Gamesのサイトはこちら→Sukeban Games

ってかスケバンゲームスってなんだよ…(笑)このやろ、とか書いてあるし(笑)
『VA-11 HAL-A』のゲーム画面を見ておわかりのように、日本のゲームから多大な影響を受けています。スケバンっていうのもきっとくにおくんシリーズなんでしょうね。だって「このやろ」だし。
でもこのゲーム、南米ベネズエラ産というのだから驚きです。日本のゲームの影響力は凄いぞ!!
スポンサーサイト

Category: 海外の話題(ゲームと音楽、ゲーム音楽アレンジなど)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1323-985c9bfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)