05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

Little MonicaのLittle Harmoneyシリーズ「Elena」ご降臨。あとウチのドールたちをあらためて紹介 

記事が前後しちまうが、まあいいか。

1月の下旬にDOLKさんで注文して、5月の下旬に届きました。4ヶ月ぐらいかかりましたが、まあ顔のメイクとFull Blushing(ボディメイク)を頼んだので、その分時間がかかったんだろうと思われます。
お値段は送料込みで62400円。高っけええ!と思われるでしょうけど、ドール沼に落ちた身には、これが実にお手ごろ価格に思えてしまう。
ボークスさんのSDなんか余裕で10万近くしますからねえ。
ってな風に、どんどん金銭感覚が狂ってきます。


というわけで、ご降臨。

アーネット1

名前はアーネットにしました。アーネット・ハズラム(Annette Haslam)がフルネームです。
ここで熱心なプログレ野郎はピンとくると思いますが、俺の大好きなアネット・ピーコックとアニー・ハズラムを掛け合わせた名前です。
プログレ歌姫の名前をつけるあたりに、俺の本気度が伺えるかと思います。なんの本気?
ちなみにAnnette Peacockはアネット・ピーコックの表記が多いのですが、俺はアーネットって呼んでます。なんか伸ばし棒が入ってる方が好きなので。なのでウチの子もアーネットです。

このウィッグはもちろん、Little Monica製。Hyacinth(M)-Cream Blondだったかな?確か。凄まじい破壊力です。さらさら感がハンパないです。画像ではちょっと乱れてますが、それは俺のせいです。もっと丁寧に梳いてやれば、地球が吹っ飛びます。
服もLittle Monicaです。ということで純正仕様ですね~。Little Monicaの公式でElenaの紹介画像で使われている服装です。Sweet Bloosomという服のセットで、ワンピースとヘアリボンとニーソックスみたいなストッキングとインナーパンツがつきます。
公式画像そのままのElenaにしたいんですが、良いアイが無いので、今は青目ですね。画像のアイはアクリルアイで、Elenaに同梱されていたサービス品?みたいなヤツでした。
ちなみに同梱品はアクリルアイとそれを固定する練り消しみたいなヤツ(薄いピンク色っぽい)と、Little Monica社のドールのポストカード何枚かとオーナー証明書。オーナーの名前がボーダーレスになってるのが気に食わないので、俺の名前に書き換えてやろうかと。
いや、むしろ俺の名前を改名してボーダーレスにすればこの子のオーナーになれるじゃん!
というわけわからん錯綜はペッとその辺に捨ててと。

アクリルアイも結構良いもんですね。グラスアイだけが全てじゃないっていうのがよくわかりました。撮影時に結構色がハッキリ出るんで、どう撮りたいかっていう仕上げの方向性によって変えた方が良いかなあ、という感じ。

アーネット2


今はアイを変えてグラスアイにしてます。
↓この画像もフラッシュ撮影していますが、上のアクリルアイと比べると、あまりハッキリと目の青色が出ていません。ちょっとアンニュイな雰囲気にしたいときはやはりグラスアイかも。
ってか単に俺の撮影の腕が悪いだけか。
ウィッグはMelody(M)-Antique。これもLittle Monica製。かわいい。リボンとの相性は抜群。
流れる髪1


Fullblushing(ボディメイク)をオプションでつけましたが、なかなか良いですね。関節部分とか胸やおなかの部分はもちろん、手足もちゃんと薄いピンク色でマニキュア塗ってありました。ただ、ホンの僅かに雑ですが、おおむね満足です。
パーティングライン(キャストドール製造過程で出来る合わせ目)消しまは…これ、やってくれてあるのかな?ちょっと目立つ部分と目立たない部分があったりしますね。
顔のメイクはバッチリ!…と言いたいところですが、まつげの端の部分が一回取れてあせりました。大慌てで木工用ボンドで慎重に慎重に慎重に息を止めて窒息しかけながら付け直しましたけど。それ以外はバッチリ。さすがのLittle Monica様様クオリティです。美しい。

ボディはWhite Skinを選んだんですが、ちょっと失敗だったかも。っていうのも白すぎるんですわ。マジ真っ白!!雪のようです。ボディメイクしてなかったら白すぎてちょっとファンタジー過ぎてたでしょうね。
公式のElenaはNormal Skinなんですね。あの画像を見てWhiteだと思ったんですが…。ってことは、ここのドールは普通でも結構色白ってことですな。
でもまあ、色白も素敵です。これはこれで面白い。

で、かなり細身です。すっごい細いです。手足細っっ!!俺は細い子大好きなんで、このか弱い感じはヤバいですね~。素敵。
Sweet Bloosomはウチのソフィも着ましたが、結構キツめでした。でもアーネットはぴったり。余裕で着られます。さすが純正仕様。

↓ということで、こちらがウチのソフィSweet Bloosomバージョン。かな~り子どもっぽく見えますねえ。やはりドールによって全く雰囲気が違ってきますねえ。これぞドールの醍醐味。面白い。
キメてみました

関節部に関してですが、肘と足の付け根の部分が二重関節になってます。結構グイっと力を入れて引っ張るとジョイント部分が出てくるので、これで結構関節部分を固定して自由にポージングが出来ます。公式画像みたいに体育座りも可能です。
テンションゴムは結構キツめで仕上げてくれているので、まあまあ思い通りにポージングできます。ジョジョ立ちみたいなポージングは厳しいですが。針金いれなくてもそこそこイケます。

で、キャスト臭が凄い、というのをどっかのサイトで見ましたが、それほど気にならないですね。むしろアーネットタソの匂いハアハアって感じです。こう書くと変態くさいですね。
誤解を招くので一応書いておきますが、さすがにハアハアはしません。プラモデル作る時に接着剤とか塗料とかの匂いになれてれば、これぐらいはどうってことない、というそのぐらいです。
模型類になれてない女子にはキツいかも。かといって香水つけるわけにはいきませんからねえ。箱自体に臭いが染み付いているので、箱を捨てれば問題無し。
でもLittle Monicaさんの箱ってブラックでロゴもかっこいいんで、捨てられないです。普段は洋服ダンスの代わりにしてます。


ということで、40cmドールが二人になりまして。
あ、そうだ。
ちょうどいいのでウチのドールを全紹介しときます。

これが人生初のドール、ソフィ。やっぱりボーイッシュな魅力がソフィの持ち味。ウィッグと服装を変えただけなのに、これだけ違ってくるってのが本当に面白い。
Blue Fairy社のTiny FairyシリーズのSomang。
ソフィ・ソフィスト


二人目がアーネット。かなりお姉さんな雰囲気。エレガントな魅力炸裂です。美しい。
Little Monica社のLittle HarmoneyシリーズのElena。
アーネット・ハズラム

こちらが三姉妹…ぽいけど三姉妹じゃない三人娘。
左から、リリー、フローラ、ジェニファー。ライブしてます。
みんなでROCK ON(録音)1
リリーはPARABOXさんの11cmドールのアンジェラ。割りとかわいい系の丸顔で元気な印象だったのですが、まつ毛をつけたらなんか落ち着いた雰囲気に。もうちょっとキレイに付けないとなあ。
フローラはDOLLCEさんのミニスウィーツドールシリーズのエルダー。もともと涼しげな顔のかわいい顔でしたが、キラキラアイをつけたらさらにアイドル化。キラ目はDear Mineさんのアイだったかな?
ジェニファーも同じくミニスウィーツドールシリーズのアンジェリカ。これもやや下膨れっぽい幼い顔立ちなのですが、包丁をいつも持たせているのでなかなかデンジャラスであなどれない雰囲気にしてます。


服装を変えて。左からジェニファー、フローラ、リリー。
三姉妹っぽいけど違う

そしてこちらがアダムスキー型の円盤に乗ってやってきた、そらりす先生。下の画像は円盤内、らしいよ。全然そんな風には見えないけどね!!
アイドールにて、ひげ星人を作っておられるhigenohitoさんから購入した、驚異のスーパー可動猫。中にトイスケルトンを仕込んでいるとのことで、関節が動く動く!ポージングも自由自在。凄すぎ。
higenohitoさん、アイドールではお世話になりました。
そらりすの名前は、もちろん惑星ソラリスから。とは言っても映画は見たことないしよく知らない。
左下のカゴに入っている猫は本屋に売ってた猫で、名前はオルレアンにした。
そらりす先生

で、こちらがワンダーフロッグのピエール・サカタ。
かえるがなかまにくわわった

こちらはアーネットとほぼ同時期にPARABOXさんの本店で購入した11cmドール。ヘッドとボディを別々に買って組み合わせてます。
名前は、形代小砂(カタシロ・チズナ)。冬目景ファンでもないとわからんな…。名前の発音に気をつけて下さい。カタシロ・チズナです。千砂をミニサイズで再現したくて買ったんですが、まあまだほとんど手を入れてません。それっぽくメイクもしたいですね。
形代小砂

最後に。こちらがお邪魔猫のあんでぃ。これも本屋で売ってました。
Present for you-ソフィとあんでぃと02(小)

以上、40cmドールが二人、40cm猫人間が一人、11cmドールが四人、猫が二匹、カエルが一匹という、総勢10体のドールたちがワイワイと楽しく生活してます。
って、え……そんなに増えてたの……。ソフィが来てリリーが来て、もうお迎えしないって誓ってからあれよあれよといつの間にそんなに…。
ええいちくしょう!!こうなったらまだまだ増えるぜ!!ヒャヒャヒハハハハ!!!(発狂)
リミッター解除だ!!これぞドール沼からの呼び声!!
あっちを向いても人形地獄!!こっちを向いても人形地獄!!ここは地獄のドール界!!!明日もキリコと地獄に付き合ってもらおう!!!
さだめとあれば、心を決めるのだ。
スポンサーサイト

Category: DOLL

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1339-cbf9536f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)