05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

アルゼンチン発、タンゴでプログレ!!「HOJARASCO」のアルバム『NO EDIFICARAS EN MI NOMBRE』 

アルゼンチンの読めないバンド「HOJARASCO」の2014年の衝撃のデビュー作のご紹介です。ほじゃらすこ?
例によってプログレ野郎御用達の通販サイト、カケハシレコードさんのオススメ物件だったので試聴して購入。

一聴すると、なんじゃこら!?な音楽。
タンゴ+プログレ+アバンギャルド+チェンバーロックと言いますか、ごった煮感が凄いです。
華麗なるバンドネオンとキレッキレのヴァイオリンの演奏にまずぶっ飛びますが、リズム隊もかなりの熱さ!そして何よりボーカルがぶっちぎりで独特すぎます。
国内プログレで例えると、サルガヴォ+ポチャカイテ・マルコ?ちょっと違うかな(笑)
バンドネオンの演奏が華麗な音楽、と聞くとちょっとシャレオツなレイトン教授の楽曲みたいなものを想像しますが、全く想像の範囲を超えます。ああいう楽曲だったら、わざわざウチで取り上げません(笑)
1曲目「Pequena duda hasta el invierno」からして、もう読めません!そしてぶっちぎってます!!しょっぱなからメーター振り切れてます。実に素晴らしい。

Youtubeで探すとライブ映像がいくつか見つかりますが、音がよろしくないのでミュージックビデオで。ってかよく意味がわからん映像です。
アルバム2曲目「Innocenza」のミュージックビデオです。


Bandcampにもありますが、なぜか5曲だけ。メンバーのNicolas Tognola作曲の楽曲だけが購入出来るみたいです。iTunesやアマゾンでも配信してないので、今の所はカケレコさんだけが頼りですね。


ちょっと狂気を感じますね。素晴らしいですね。
なんかのプログレバンドの影響を受けてるな~、という感じがほとんど無いです。私が、あまりチェンバーロックには明るくないからかなあ。でもUnivers ZeroとかPresent、あるいはArt Zoydとか、その辺の有名どころとも違うし…って、まあお国が違いますからねえ。違うのは当然かも。
ってか、タンゴでプログレってこんなに熱いんですね!!
私のオススメ楽曲は、9曲目「Sabado azulado」。ドラムがバシっと決まっていて、その上で狂ったような熱い演奏が繰り広げられます。しかし、熱いだけでなくダークで怪しげな雰囲気もありつつ、バンドネオンが美しく狂っていくという、なんとものすげえ楽曲!!
後半数秒の切羽詰った感じが良いですね。そしてちょっとおどけたようなボーカルでスパっと終わるという、私の大好きな楽曲構成。見事です。
このバンドの魅力が一番詰まってる楽曲だと思います。Youtubeでもライブ映像があるので、ライブの定番曲なのかも。

さて、メンバーは以下。全く知りません。今の所、アルバムは一枚だけみたいです。
Nicolas Tognola-Bandoneon
Marco Bellini-Voz
Guido Bronfman-Bateria
Tomas Falasca-Contrabajo
Hernan Diaz Karich-Violin solista
Tomas Quindi-Violin
Andres Hojman-Viola
Julian Arellano-Violoncello

ん?ドラムがいない?と思って調べたら、Bateriaというのがスペイン語でドラムの意味なんですね。へえ~、知らなかった。
プログレ愛好家やってると、色々な国のことに興味が湧きますね~。面白い。

2ndアルバム、まだかな~。ってかこのバンド、アルゼンチンで人気があるのかどうかも良く分からんので、下手すりゃこのアルバムが唯一作になってしまうのかも…。そういうの、海外は多いですからね~。
スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1359-bd3ad134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)