08 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

SUNSOFT MUSIC COLLECTION 

SUNSOFT MUSIC COLLECTION、気がついたらプレミア値段ついてますね。う~ん、なんだかなあ。

このサントラはシリーズ化されて、4作品出ました。当初は5ヶ月連続リリースで5作品出すとか言っておいて、未だに5は出てません。企画自体がつぶれたんでしょうかね。
復活して、1~3を再発して欲しいもんです(4だけ、まだ普通に買えます)。
サントラの内容は、クラリスディスクさんとこのRom Cassette Disc in SUNSOFTとディスクシステムのRom Cassette Disk in SUNSOFTの内容と大幅にかぶります。
クラリスさんのとことの比較は以下。
赤字がRom Cassette Disc in SUNSOFT収録作品、青字がRom Cassette DisK In SUNSOFT収録作品です。

SONSOFT MUSIC COLLECTION VOL.1
・スーパーアラビアン
・ルート16ターボ
・アトランチスの謎
・マドゥーラの翼
・リップルアイランド
・天下のご意見番 水戸黄門

・水戸黄門II 世界漫遊記
・であえ殿様 あっぱれ一番
・少年忍者サスケ

SUNSOFT MUSIC COLLECTION VOL.2
・謎のディスクマガジン ナゾラーランド創刊号
・メルヘンヴェール
・謎のディスクマガジン ナゾラーランド 第2号

・ファンタジーゾーン
・謎のディスクマガジン ナゾラーランド 第3号
・超惑星戦記 メタファイト
・マハラジャ
・エイリアンシンドローム
・なんきんのアドベンチア
・ファンタジーゾーン2
・アフターバーナー
・ラフワールド
・バトルフォーミュラ


SUNSOFT MUSIC COLLECTION VOL.3
・へべれけ
・ギミック!

・へべれけのぽぷーん
・すごいへべれけ
・へべれけのおいしいパズルはいりませんか
・はしれへべれけ
・ポポイっとへべれけ

SUNSOFT MUSIC COLLECTION VOL.4
・弁慶外伝~沙の章~
・アルバートオデッセイ
・アルバートオデッセイ2 邪神の胎動


クラリスさんのとこのサントラは、これらのタイトルから良いトコどりといった感じですかね。
ではクラリスさんのサントラでしか聴けない作品はというと。
まず、Rom Cassette Disc In SUNSOFT。

・いっき
・かんしゃく玉投げカン太郎の東海道五十三次
・上海
・バットマン
・なんてったって!!ベースボール
・グレムリン2 新・種・誕・生
・ダイナマイトバットマン

次はRom Cassette Disk In SUNSOFT。
・ナゾラーランドスペシャル!!「クイズ王を探せ」
・デッドゾーン
・B面ステップドリル


こうしてみると、クラリスさんのサントラはホント、良いトコ取りですよね。やっぱり楽曲の良さで選んでいるのかな、と思います。
ってか、SUNSOFT MUSIC COLLECTIONにはいっきとカン太郎さんが入ってない!大体あんたね、いっきとカン太郎さんがいなくて、何がサンソフトか!!
とはいえ、いっきとカン太郎さんとデッドゾーンはWAVE MASTERの『いっきおんらいん音楽集聴いてくんさい』に収録されてますけどね。
クラリスさんの方は、隠れ名曲の『上海』、ウルトラかっこいい『バットマン』と『ダイナマイトバットマン』が入っている、というだけでもう「買い!」ですもんね。
他にも、『メタファイト』『ラフワールド』『ギミック!』『バトルフォーミュラ』と、まあこれでもか!というぐらいかっこいい作品が目白押しです。

じゃあクラリスさんの方がいいに決まってるんじゃね?と思われるかもしれませんが、ちょっと待った。
SUNSOFT MUSIC COLLECTIONの方はクラリスさんの音源と比べてどうかというと。
まず、ファミコン音源そのものを収録している、ということ。これが大きく違います。
ん?と思われるかもしれませんが、これはちょこっと補足しておきます。
初期のクラリスさんのサントラである『Rom Cassette Disc In SUNSOFT』は、基本的に1ループ収録&若干リバーブ加工してある、という音源なんですね。クラリスさんリリース第一弾の『Rom Cassette Disc In JALECO』もそうでした。
クラリスさんって初期の頃はそうだったんですよ。大昔の懐かしい音源をそのままではなく、現代の「新しいジャンルの音楽」としてリリースする、というような雰囲気があったんです。なので、ファミコン音源そのままじゃなくて、多少は聴きごたえのある加工をして、部分的にはノンストップで楽曲を繋げて、という感じに仕上げていたんですね。リミックスアルバムを出したりもしてましたが、そちらにはテクノアレンジやガールズロックなアレンジがあったりしましたしね。
そんなクラリスさんも、今じゃうるさいマニアも黙らせる鬼のクラリス仕様にレベルアップしました。おかげであんまりお財布に優しくないです(笑)
そんなわけで、当時はSUNSOFT MUSIC COLLECTIONシリーズの方がマニア向け仕様だった、ということです。収録タイトルも結構マニアックですしね。サンソフト自体マニアック、といわれればそうなんでしょうかね(笑)
それに全てトラックわけされてますし、基本的に2ループ収録でゲーム音源そのままをクリアな音で収録しています。
こういう仕様の違いがあるので、クラリスさんとかなりタイトル数はかぶりますが、両方持ってた方がやっぱりいいのかな、といったところです。

さて、シリーズそれぞれについて。クラリスさんとかぶるものは省きます。
まずVOL.1はSFCの『であえ殿様』と『少年忍者サスケ』が珍しいですね。どちらも名曲揃いです。
ちなみに、サントラのディスクトレイや帯裏に『であえ殿様』の画像が使われてます。であえ殿様推しなんですね。な~んか違うだろう、と。その辺が微妙にセガテイストですかね(笑)
あと、クラリスさんのサントラに収録されてなかった『水戸黄門』の「修行のテーマ」が収録されてますので、マニアな人は注目。
私的にはやっぱり『水戸黄門II』ですね~。なんといってもイタリアの曲!名曲です!そのイタリアステージではカン太郎さんも出演されてます。ヨクバリーニに捕まっちゃってましたねえ。ってかなんだよ、ヨクバリーニって。
ドイツでドラキュラに印籠見せて「シズマレシズマレ~」ってやるのもすげえシュールな展開でしたね。大丈夫か黄門様。格さんは「な~んかおかしなことやってる気がするな」とか思わなかったんでしょうね。
それと中国ステージの曲も名曲揃い!ニイハ~オ!ラッキー・チェン!ふっとぶパンダ!(笑)意味のわからない人はぜひプレイしてね。
ちょっと気になったのが未使用曲。これ、俺の記憶が確かなら使用されてます。未使用曲1はおにぎりキャッチのステージですね。お店で無銭飲食すると突入する、罰ゲームというか。石を取ると死ぬからな!とか言って神様がおにぎりと石を投げてくるっていうステージの曲だったと思います。
未使用曲2は、お店でお酒を飲むと酔っ払ってこの曲が流れたはずです。だから、未使用曲じゃないと思うんだけどな。
惜しいのは、印象的なボイスが収録されていないこと。「シズマレシズマレ~」は入ってますけど、アンドウの「ヘッヘッヘ、グッバ~イ、コウモンサ~マ」や、各国の言葉で「こんにちは」って言う、あのボイスが収録されていないのは残念ですね。ゲーム中何度も聴くことになるので、やっぱり収録して欲しかった。中国ステージの「ニィイハァ~~オ!」が聴きたかったなあ。

VOL.2はセガの移植モノですかね。特にアフターバーナーはファミコンの限界に挑んでます。ファミコンであの完成度は凄まじいものがあります。
VOL.3はへべれけ網羅サントラなので、へべ好きは買いかと。
VOL.4はアルバートオデッセイシリーズが中心ですね。個人的には『弁慶外伝~沙の章~』が凄く良かったので買いましたけど。

当ブログはクラリスさん推しなので、クラリスさんのサントラを既に持っていたこともあって『SUNSOFT MUSIC COLLECTION VOL.2』と『~3』は未所有。でもやっぱり買っておかないとなあ。
VOL.1を買ったのは『水戸黄門II』のため。当時プレイしていたので、懐かしかったですね~。『であえ殿様』は初めて聴きましたけど、結構名曲揃いですね。「宇宙人」がかな~りかっこいいです。スラップベースバッシバシで俺好み。
VOL.4は『弁慶外伝』目当て。
アルバートオデッセイもまあ良いんですけど、プレイしてないので思いいれが無くて。それでもオケサウンドをスーファミでこれだけ美しく響かせていた、ってのは特筆に値します。旧サントラを持っている人にはどうなんだろう?旧サントラ持ってないんでわからんですけど。

スーファミ音源に関して言えば、クラリスさんのとこのスーファミ音源の方がクリアでノイズもほとんどなくて、キレイですね。
SUNSOFT MUSIC COLLECTIONの方は、なんか作品によってバラつきがありますね。クリアでよい音のもあれば、ノイズがちょっと入ってる作品もあるし。まちまちです。
クラリスさんはその辺は統一されてきましたね。ラッシングビートやファイナルファイトSFC版、ワイルドガンズに奇々怪界にニンジャウォリアーズアゲイン、クロックタワーなどなど、どれも良い音でした。
しかも、クラリスクオリティは年々高まってます!素晴らしい。
ってか、こう書いててスーファミだけでも名曲が揃いも揃ってて胸が熱くなってきます。超俺得のすげえラインナップです(笑)
もちろん、全部持ってます。ってかクラリスさんのサントラは全作持ってますんで。文字通り、全てです。
そうだ。クラリスさんのサントラ特集やりましょうかね。せっかく全部あるんだし。

ということで、次回はクラリス特集します。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1387-dd97a2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)