06 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 08

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

警視庁捜査一課9係 オリジナル・サウンドトラック 

ほとんど注目されていないと思うので、取り上げます。それこそがウチのブログの真髄です。

9係って、忘れた頃にいつの間にかやってて、でも結構長く続いてるよね、っていう科捜研の女みたいな刑事ドラマですね。
9係は2006年に放送開始だそうで、今年(2017年)で11年目に突入ですね。相棒が終わったらまたやってくるんですかね。
しかし科捜研も長いですよね~。沢口靖子もすっかり大人のオバサン女性になっちゃって。初期の頃はもっとキャピキャピしてて笑顔も多く、ドジッ子な所もあったりしてかわいくて、かなり走り回ったりとよく動いてたんですよね。
まああの年齢でそれやられても困りますけど、名取裕子ならそれもアリです(笑)

さて、そんな長く続いてる9係の出演陣ですけど。
元ピラニア軍団でドチンピラだった渡瀬恒彦、今やアド街の顔の井ノ原快彦、どっかでしょっちゅう共演してる津田寛治&羽田美智子の花嫁のれんコンビ、サムライフィクションで布袋と共演してたなんてことはすでに忘れさられてる吹越満、メキシコのドクロ人形作りが大好きな永井大の嫁の中越典子、芋洗坂係長とテンションというお笑いコンビを組んでいたなんてもはや誰も知らない、イジリー岡田にたまに間違われる田口浩正という、こう書くとなんか凄い出演陣ですね(笑)
この人たちがレギュラー。
で、主題歌は当然のごとくV6。たまには渡瀬恒彦が歌ったっていいんじゃないですかね。ダメか。

さて出演陣についてはこれくらいにして。
肝心のサントラの内容です。

同じくテレ朝の大ヒットドラマ『相棒』のテーマ曲が華やかなブラスセクションとかっこいいスラップベースがぐいぐい引っ張るテーマ曲に生まれ変わったのはSEASON 3から。私的な感想では、このテーマ曲になってから『相棒』が盛り上がっていった感じがします。それ以前にも人気はありましたが、映画になるほどではなかった。
やはり、派手でインパクトのあるSEASON 3のあのテーマ曲で、一躍有名になった気がします。それ以降もこのテーマメロディは継続されてアレンジ使用されていますしね。あのテーマ曲が転換点になったのだろうなと思います。
その『相棒』SEASON 3のテーマ曲がテレビから初めて流れたのが2004年。そこから視聴率が上がっていって劇場版の公開へと繋がっていきましたね。
この相棒ヒットの影響が少なからずあったのだと思うんですけど、この9係のサントラも結構派手めでロックな、かっこいいサウンドとなっています。
ヒットしている相棒とは全く別路線で、というわけではなくて、同じテレ朝で同じ刑事ドラマという題材ですから、あまりに差別化を図ってしまうのは得策とは言えません。相棒面白いからこっちも見てみようかなという視聴の動機は結構重要です。
そこで音楽が重要になってくるわけなんです。

サントラ1曲目の「Fireball~9係のテーマ」は、現在のシリアス路線になってしまった9係では使用されなくなっていますが、初期の頃はこういうロックな音楽の似合う、ヤンチャでおかしな連中がコミカルに事件を解決していく、っていうドラマだったんです。刑事らしい雰囲気もあんまり無かったですね。アウトローというか。
なので、サントラ内容もそれに合わせて、派手めでノリの良い雰囲気のサウンドになってます。ブラスがかっこいい「出動」などは、ショートバージョンとロングバージョンが収録されていますが、なかなか聴かせます。流れてるんだか流れてないんだかわからないような、雰囲気だけの曲は非常に少ないです。
メロディもなかなか良く作られていて、ゲーム音楽のサントラにもちょっと近いものを感じます。刑事モノのアドベンチャーゲームが好きなら、聴いてみるのもいいかも。
『相棒』にも出演している水谷豊、寺脇康文、高樹沙耶が昔出演してた『刑事貴族2』『同3』のサウンドが好きなら、9係のサントラも楽しめるだろうと思います。まあ比べるとあっちの方が派手ですし華やかでしたけど。
それでも、こういうロックなノリの良いサントラってあんまりないので、結構貴重です。みんなオケか雰囲気楽曲ばっかでつまらん。
サントラって言ったらやっぱりロックでオケでブラスですよ。

ただ、一般的なサントラの作りですから、1曲1曲が短いです。大体1分~2分程度の曲が多いですね。テーマ曲でさえ1分54秒ですし。
でも、9係のテーマのアレンジバージョンが2分44秒と、ちょっと長めにアレンジされて収録されているのは嬉しい点です。
ちなみに、V6の歌は収録されていません。

現在、9係のサントラはこれともう一枚『警視庁捜査一課9係 THE BEST OF SOUND TRACK』があります。
シリアス路線になったSEASON 4(2009年)からテーマ曲が変わったので、それ以降のシリーズで使用された楽曲を抜粋して収録したサントラです。
2006年の初期のサントラよりはだいぶ地味で落ち着いた楽曲が多いので、私的にはあんまり。ドラマの方も見なくなりましたし。相棒と真逆という感じです。

さて、そんな初期の粋なテーマ曲「Fireball~9係テーマ」を作曲されたのはracchiという聞きなれないお方。
誰?と思って調べて見つけました。
ベーシストの西山史晃(にしやま・ふみあき)さんでした。ROGUEのベーシストの方だったんですね。氷室京介のツアーメンバーとして活躍していたとか。
その辺は全然詳しくないです。
西山史晃オフィシャルサイト
こちらのページのプロフィールに記載がありますね。
この人がサントラの半分を手がけています。
もう半分が、現在のシリーズの楽曲を担当している吉川清之(よしかわ・きよし)さん。
あんまり聞き慣れないので調べた所、『遺留捜査』『臨場』『刑事7人』などを手がけている作曲家さんだそうです。

サントラのブックレットは、まあエイベックスらしいというか(笑)
二つ折りのジャケカードのみです。ドラマの写真も無ければ、ドラマ制作陣の名前もほとんどありません(プロデューサーと監督と脚本と音楽監督の記載があるのみ)。
当然のように、演奏者の記載も一切無し。
かろうじて、誰がどの曲を作曲したかがわかるのが救いですね。
しかしまあ…なんとも寂しい作りですねえ。ジャケだって白と黄緑と黒しか使ってないし、とりあえず9係ってデカく文字が印刷されてはいますけど、シンプルすぎ。ただ、逆にシンプル過ぎるので、中古CD屋で探す時には見つけやすいのかも。
なんか、とりあえず出しとけば?的な感じがめっちゃしますね。
V6の歌も入っていないとなると、一般的には全然売れないシロモノなんでしょうね。セールスポイントゼロでしょうし。
ただ、こういうものに意外と良い音楽が転がってるんですよね~。見た目じゃ全然わからないです。

スポンサーサイト

Category: 映画、テレビ

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1416-d512a3ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)