07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

クラリスディスク第6弾『Rom Cassette Disc In NATSUME Vol.1』 

い~わ~つき!!い~わ~つき!!
ヒューヒュー!!ドンドンドンドンドン!!
パ~フ~パ~フ~パ~フ~!!!
フ~~ホホ~~!!
オ~~~イイェエエエエ~~~~イ!!!!


ぎゃああああ~~~~~!!!!
(嬉しすぎて絶叫死)

ということで、ナツメです!!(何が何やら)

さあみなさん!永らくお待たせいたしました!!
今回のクラリスディスクさん作品全紹介のコーナーは、いつもと違いますよ!!
俺のテンションが!!!

発売当時も狂喜乱舞して発狂し、ナツメだナツメだヒホホホ~イ!と絶叫しながら街中を突っ走って我を見失いましたが(ウソですよ、念のため)、あらためて紹介してもやっぱり嬉しいぜチキショーメが!!!

何たってあの!激熱メロディを作らせたら世界一の!!岩月サウンドが心の底から楽しめる『ワイルドガンズ』が収録されてくれちまいやがっていらっしゃっておられるのですから!!(日本語崩壊)。
もうね!アレですよ!!アレ!!ね!!アレがコレだからもうコレモンのコレ!!そんでもってズビャーっといってドドドンのバーーーッ!!ね!(カバ沢用語)。
つまりですね!
何言ってるかわからんぐらい嬉しくなっちゃうってわけですよ!!
人間って、本当に嬉しいと言葉が出なくなりますからね、いやホントに。

え!?ワイルドガンズを知らない!?
ご安心下さい。どんなゲームか知らずとも、聴けば命の泉湧く!!(古い表現だな、これ)。
その音楽を聴いたら、きっと
「うおっ!なんだこのものすげえかっけ~音楽!!どんなゲームか気になる!!」
となること間違いなしですから。
プレイしたくならぬはずがあるか!!ならぬはずが!!必ずプレイしたくなるはずだ!!人間ならば!!!!(野望のルーツ:リーマン風に)

とにかくね。もう『ワイルドガンズ』の一人がちサントラと言っても過言ではないんです。
しかし!!われらがクラリスさんはそれだけでは終わらせない!!
これまた激熱の『シャッターハンド』収録!!
これね、要は『特救指令ソルブレイン』なんです。今回のこのサントラのライナーにもそのことは書いてあります。
ね?何となく察しはつきますでしょ?
ナツメ(現在はナツメアタリゲームス)の公式ホームページでも、ちょっと伏字で紹介していたりします(笑)
国内では版権ゲームの『特救指令ソルブレイン』として発売されているゲームなんですけど、これ、海外だと全く別ゲームとして発売されているんですね。主役も違いますし。
もしソルブレインの名前を使うとなると、ソルブレインというキャラクターの使用許諾を得なければならないわけです。で、こういうキャラクターものの使用許諾にかかる料金って、かなり莫大なものらしいんですね。バラつきはあるみたいですけどね。といってもあまり詳しく調べたわけじゃないですけど。
ですから、今回のサントラではその費用の面で無理だったんじゃないでしょうかね。例えばガンダム系のサントラがあんまり出ないってのも何となく察しはつくと思います。キャラクターを商標登録している会社が自社で出すなら問題ないんでしょうけど、他社が出すとなると話は別ですからねえ。
その辺の生々しいお話はこれくらいにして。
そんな困難なタイトルを海外タイトルならオッケーでしょ!という裏技でやってのけたクラリスさんに、まずは拍手!!
音楽は一緒なので、何も文句はありません!!

とりあえず、収録タイトルをずらりと並べます。これだけでも胸がワクワク、ドキドキワンワンパニックですよ!!(特に意味は無い)

ディスク1
・東方見聞録
こんな「マジか…?」という電波ゲームをジャケットに使用する辺り、すんごいですねぇ~(所ジョージ風に)。
・カオスワールド
こちらは実はだいぶ昔にサントラ化してます。その当時は水谷郁さんによるアレンジバージョンが数曲入っていたのですが、今回ご紹介しているサントラには残念ながら未収録です。
・ドラゴンファイター
・ファイナルミッション

ディスク2
・シャッターハンド
・おさわがせ!ペンギンBOY
・麻雀RPGドラドラドラ
・ワイルドガンズ
・各ゲームのオープニング、タイトル、スタートSE集

いやあ、すんばらしい!!素晴らしい眺めだ!!
特にディスク2の熱といったらもう!
シャッターハンドに始まり、ワイルドガンズで終わるという…。
そしてなんとなんと!ブックレットには、ひっじょう~に珍しい岩月博之さんへのインタビューが掲載されています!
これはファンなら見逃せないぜ!!

とにかくもう、今回のサントラはワイルドガンズですっっ!!
CDレビューとしては失格な今回の記事ですが、だってもうそれしか言う事がないんだもの!!!
とにかく聴いて欲しい!!そして熱く燃えて欲しい!!!ゲームをやったことがないなら、最新作の『ワイルドガンズ リローデッド』がPS4で配信中ですから、ぜひともプレイして欲しい!!!
もう、こんなド名作があったなんて…!!と、病み付きになること必至!!!

↓筆者も大好き!ワイルドガンズステージ2の楽曲「DESOLATION CANYON」!!哀愁の口笛とジャラジャラかき鳴らされるギター…西部劇風ながらも単なるモノマネではなく、そこにはしっかりと岩月メロディが流れています。名曲すぎて泣きます。
そしてこのゲーム、なんと驚くべきことにステージごとに全てBGMが異なります!!(ボス戦を除く)
ステージ中、同じBGMはかかりません!!そう、音楽的演出にも抜かりはないのです!!!
さすがのナツメクオリティ!!


↓そしてこの熱き魂は、リメイクされても変わらないどころかさらに熱くなっていやがるぜ!!
それこそが『ワイルドガンズ リローデッド』!!
PS4お持ちの方はぜひぜひプレイして、その異常なまでに熱いメロディを堪能してください!!


いやあ、なんかホント、『ワイルドガンズ』だけになっちゃったような。
サントラのレビューじゃねえじゃん(笑)

そして『Rom Cassette Disc In NATSUME Vol.2』でも衝撃のタイトルが…。全世界驚愕です。
スポンサーサイト

Category: クラリスディスク

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1419-21f51832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)