07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

古川もとあき最新作『ももいろアンダーグラウンド』サウンドトラック 

ゲーム、サントラ、設定資料集の三つが発売になった『ももいろアンダーグラウンド』略して「もグラ」。
古川さんの会社M'sアートとスウィープレコードさんで購入出来ます。

さて、ゲームと資料集はひとまずおいといて、サントラだけとにかく購入しました。
だって古川もとあき&田中豊雪&岩瀬立飛によるアレンジ曲収録なのですから、あの頃コナミファンなら黙っていられませんし、買わずにはおれません。
おお~矩形波pro-fusion沙羅曼蛇のメンバーじゃないか!と。麻野真美さんもいたらパーフェクトだったんですけどね~。

さて、早速原曲をすっ飛ばして(笑)アレンジ曲を聴いてみました。

お~いつもの古川節だ~、と、変わらないメロディセンスとギタープレイにまずはニンマリ。
しかし、ギターは良いんですけど、ドラムの音がちょっとねえ…。ドラムに結構音響処理が施されていて、せっかくの岩瀬立飛さんの持ち味である細かくて繊細なドラミングが聞き取りづらくなってるんですよね~。
う~ん、これはもうちょっと何とかならんかったのかなあ。

楽曲自体は良いんですけどね。往年の古川サウンドが復活!っていうかギタドラだろうがなんだろうが、昔からなんも変わってませんけど(笑)
音のバランスだったり各楽器の音がねえ。キーボードの音もなんちゅうか…安っぽいというか、硬いというか。昔のコナミのアレンジものだと、もうちょい柔らかい音でしたね。キラキラした音色でも尖ってなかったっていうか。今はやりのキーボードの音、という感じです。
このメンバーが揃っているのでどうしても矩形波pro-fusion沙羅曼蛇と聞き比べてしまうのですが、やっぱりpro-fusionの方が良いですねえ…。DEAR BLUEの演奏なんて本当にもう感動して感動して…。
なので、あれを知っていて過度に期待してしまうと「ん?う~ん…」となってしまう。
ところが、驚くべきことにマスタリングしてる方は矩形波pro-fusionと全く同じ方なんですよね。
檜和芳(ひのき・かずよし)さんという方で(漢字表記は海外のゲーム音楽データベースVGMdbで判明)、いかにゲーム音楽マニアといえども、さすがにエンジニアの方までは知らなかったので調べたら、ツイパラやときメモ関連のCDでレコーディングエンジニアとして参加されていた方だったんですね。
それなら、あの頃コナミのサウンドは知り尽くしているはず。ってことは、やはり予算の都合とか使用した機材によるんでしょうけど。
う~ん、でもドラムの音だけは納得いきません。もうちょい生っぽい音に出来なかったんでしょうか。演奏自体は、なんたって立飛さんですから、そりゃあ良いんですけどね。
立飛さんは、GRAVITY DAZE2のサントラでも参加されてましたけど、あちらは細かい部分まで聴きとれる仕上がりでしたんで、余計に色々聴き比べてしまいますねえ。

今回のアルバムで、初めて古川さんアレンジを聴いたという若い方には、ぜひともpro-fusionシリーズを聴いてもらいたいです。アレンジに関しては、絶対にあっちの方が良いですから。
そりゃまああっちは超メジャーのキングレコードから出てますし、予算もしっかりあったんでしょうからねえ。キーボードの音も綺麗ですし。
それと比べてしまうのは酷かと思われますけど…。
まあ今回のアレンジはおまけみたいなもんですし、聴くべきところはそこじゃないんで。

さて、原曲の方を一通り聴きました。
こちらは大満足です。音質もキレイに収録されてますので、これは安心。
もし若い方で今回初めて古川さんの楽曲を知ったのなら、まずはグラ2とA-JAX、XEXEXをオススメしますね、やっぱり。
今回のもグラは古川さんのいつもの5割増しでシューティング感バッチリですんで、今回が気に入ったのなら過去作品もすんなり聴けるかと。
で、ユキショウヘイさんの楽曲の方はFM音源バリバリな感じで、なかなか聴かせるサウンドになってます。
ってか今回のメインは当然こちらなので、これさえ楽しめればじゅうぶん。
なので、私のようなあの頃コナミ大好きのうるさいジジイのざれ言は無視してね!(笑)
ジジイじゃねえぞコラ!!

↓やっぱりこれですよね~。コナミ黄金時代の素晴らしきゲーム音楽アレンジ。今、このクオリティを期待するのは無理があると思いますが、でもやっぱり期待してしまいます。古川さんのバンドのVOYGERも良いんですけど、やっぱり矩形波倶楽部復活を期待してます!!


↓もう1つ、pro-fusionシリーズ『ツインビーヤッホー!』より「Twin Memories」!!このキーボードの音!!そう、これ!!これです!!この音なんですよ!!これぞ清く正しくジャパンフュージョン!!
1分10秒頃からの必殺の古川ギターソロたっぷり!からの~!!すっばらしいキーボードソロ!!ああもう…むせび泣きますわ。なんて素晴らしい時代だったんでしょう…。


pro-fusionシリーズはツインビーヤッホー!、沙羅曼蛇、ときメモと三作品出てますが、どれも国宝級です。ってか国宝にすべきですね!!!
ゲーム音楽好きにはもちろんのこと、ジャパンフュージョン好きなら、これを聴かないなんてもったいない!!
強力にオススメする作品たちです。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽(プログレ、フュージョン系)

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1442-d8917a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)