07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

重い気だるいトリッキー=スティックメ~ン!!最新作『PROG NOIR』 

MARVEL SUPER HEROESの一人じゃないですよ。
X-MENのメンバーでもないですが、プロフェッサーXみたいな頭してるベース弾きはいます(失礼)。
あと、ヒゲ面だからってSCATMANと間違えないように。

↓松山千春。
img_01.jpg

さて、怒られちゃうのでこの辺にしておいて。


スティック・メンは、ご存知、現クリムゾンメンバーのトニー・レビンとパット・マステロットのバンド。そこにもう一人、初期はMichael Bernier(マイケル・ベルニエ)がもう一人のスティック奏者として参加していました。
現在はメンバーが変わって、やはりスティック奏者のマーカス・ロイターが参加してます。
マイケル・ベルニエもマーカス・ロイターも知らなかったんですけど、どちらもスティックベース奏者として有名らしいです。
ベルニエの方はリッチー・デカルロというこれまた超絶ドラマーの人とデュオでアルバムを出してました。知らんかった…。
最近、パーシー・ジョーンズとリッチー・デカルロの参加してるアルバムを買ったばっかだったんで、なんか色々繋がっていって面白いですね。

で、最新作の『Prog Noir』をやっと買いました。スティックメンのアルバムを買うのはこれで二枚目。
一枚目は東京公演のデヴィッド・クロス参加のライブアルバムを買いました。あれでクリムゾンカバーをやってて、それが結構かっこよかったんで、今回も購入した、というわけです。



お聴きの通り、重い!暗い!なんか気持ち悪い!という音楽(笑)
もちろん、万人にはオススメできませんねえ。現行クリムゾンが好きならすんなり聴けると思いますけど。
テンポの早い楽曲は1つもなくて、全編こんな調子なので、重々しいベースの音が好きになれないと飽きちゃうかも。
唯一、4曲目の「Schattenhaft」がちょっとテンポが早い感じ。
時々ボーカルも入ってきますが、まああっても無くてもどっちでも、という感じ(笑)
俺はあった方が好きかな。時々でいいですけど。
それが効果的なのが3曲目の「Plutonium」。この曲、面白いですね~。いきなり「YES、ROUND ABOUT」とか言い始めたと思ったら、本当に一節を演奏し始めたり、「チャイコフスキー」って言ったと思ったら、多分それっぽい曲を演奏し始めたり。
わからなかったので調べましたらば、海外のサイトでちょこっとこれに触れてるとこがあったので頑張って英語を解読。ってかそんな大層なもんじゃなくて、曲名が出てたのでわかっただけですが(笑)
まず最初に現れるのがCarl Orff(カール・オルフ)の「Carmina Burana」だそうです。クラシックですね。クラシックは激弱なので聴いてもわからんし気づかんかったです。
次がYESの「Round About」。これは当然わかります。キーが違うのでわかりづらいかも。
で、次がチャイコフスキーの「序曲1812年」だそうです。大砲を楽器として使用している曲があるというのはどっかで聞いたことがありますが、この曲だったんですね。いや~クラシックはホント、弱いです。全然わからん。
しかし、なんでこの3曲を織り交ぜたのかはわかりません。面白いのでいいですけど。

現クリムゾンっぽいヘヴィさはあるものの、フリップ先生が鎮座しておられるというあの緊張感と張り詰めた空気感は無いですね。結構リラックスしてるというか、のびのびやってるように聞こえます。上記の「Plutonium」のようなお遊びというか、ちょっと洒落の効いた曲もありますし。
重々しい音ではありますけど、不思議と暗さはあんまり感じないです。ついでに言うと、激しさとかイケイケなノリとかも無いです。わいわい楽しくやってる雰囲気ではなくて、真面目に遊んでる、っていうか。知的で洒落た雰囲気はありますね。
普段、こういうゆっくりめの曲ってあまり聴かなくて大体は飽きちゃうんですけど、スティック・メンは飽きないですね。
パっと聴くと全部一緒でゲレゲレベースが鳴っててドラムがポコポコ鳴ってるだけ!って感じがしてしまいますが、いやいや。じっくり聴くと段々とハマってきます。凄く変化に富んでますし、飽きさせないように色んなフレーズをプレイしてますね。
音もバッチリ良い音で仕上げていて、心地よいです。ギスギスしてない。
そこがやっぱり凄腕職人達による真摯な演奏のなせる業なんでしょうかね。

強烈で印象的なアルバムではないものの、本当は物凄いことやってるんだけどさらっとやってのけちゃってる!という大人な人たちによる、渋くて小気味良く、心地良いアルバムです。
長く愛聴出来そうです。
スポンサーサイト

Category: プログレッシヴ・ロック

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/1453-d5eeb409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)