07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ラグナロク ~光と闇の皇女~ プレミアムボックスにサントラ付属(追記) 

全く行く気がなかった東京ゲームショウだったが、元同僚に誘われて勢いで行って来た。
そこで10月27日に発売されるPSPソフト『ラグナロク~光と闇の皇女』の先行音楽CDが配布されており、特に注目しているタイトルでもなかったので適当にもらって、うちに帰って興味なく聴いた。
と・こ・ろ・が・だ!
なにこの熱い曲!Zeal Continentという楽曲なんだが、アコースティックギターと低音のピアノでかっこよく始まったかと思ったら、一気に疾走!まるでファルコムサウンドか、はたまた菊田裕樹のバトルミュージックか!プログレってるじゃないか!いいねぇ、熱く盛り上がってますなあ!熱いエレキギターこそないものの、ストリングスの響きも熱く、ドラムも手数が多くてもろに俺好み!
こりゃ一体誰が作曲者だ!と調べたところ、坂本英城&岡本隆司!うおっ、まさかの坂本英城!最近大注目してるだけに、これは買うしかない!あと岡本隆司という人も参加しているらしいが、この人は聞いたことないなあ。ただ、この激熱な楽曲をどちらが作曲しているのかは不明。
で、配布物には3曲入っていて、あとの2曲はオーケストラ系でRPGな楽曲。だが、どちらもいい!
The Flow of Historyは落ち着いた楽曲。ハープの音とか入ってきて、どこか神秘的な雰囲気。いい!
Beyond the Infiniteはドンドコとティンパニを鳴らすモンハン系オーケストラ曲か、と思いきや!ドラムセットも入ってきてやっぱりどこかプログレってるのがたまらない!ピアノの低い音と女性コーラスが幻想的な雰囲気を出したかと思えば、またもやモンハン系迫りくるティンパニ&高らかに鳴らされるトランペット!ああ熱い!熱すぎるぜ!
たった3曲ですっかり魅了されちまった。こりゃあ買うしかねえな。
で、まあソフトの限定版にサントラがつくらしいが、「SPECIAL SOUNDTRACK」と銘打ってあるのが気にかかる。こういう場合、何曲かを抜き出したセレクト版だったりするので、俺はひとまず限定版はスルーすることにした。
何故なら、作曲者の坂本英城氏はノイジークローク代表取締役であり、独自のCDレーベルも発足させている。ということは正式なサントラ版がノイジークローク社より出る可能性が高い、とそう考えたわけだ。
何しろこれだけ質が高い楽曲なら、サントラ出さなきゃならんでしょ!
ということでサントラ発売を大いに期待してますぜ。
ソフトの方は…まあいいや。

追記…岡本隆司氏を調べてみたら、『ドラゴンシャドウスペル』『ポイズンピンク』を手掛けていた人だった。どちらもノーマークだったので見かけたら買ってみるかな。
で、ラグナロクでは主にロックな楽曲を手掛けているようで(自身のブログに記載有り)、上記のプログレってる楽曲は岡本氏の可能性が高い。ということは、他の作品でもプログレってるかもしれない!というわけで他の作品も買おうか、と思った次第。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/672-f4abe675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)