09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

麗しの青山倫子様復活!テレビ時代劇最後となるか『逃亡者おりん2』 

いやあ始まりましたね、おりんちゃん!録画して見てますわ。
まず2時間スペシャルの『おりん最終章』が放送されましたが、とにかく榎木孝明かっこええ!終盤になってようやく殺陣を見せましたが、めちゃくちゃカッコよかった!
それもそのはず、なんと榎木さんは薩摩示現流の使い手だとか。こりゃあびっくりたまげました。だからあんなに姿勢もよく、動きにキレがあるんだなあ、と。

示現流とは東郷重位(ゲームの『信長の野望』にも出てます)を開祖とする剣術。東郷重位は若い頃タイ捨流を学んでいて、このタイ捨流の開祖が丸目長恵。そして丸目長恵の師匠が上泉信綱と、このように繋がってきます。丸目長恵も上泉信綱も『信長の野望』で出てきます。

で、示現流は刀を脇に構える「トンボの構え」が有名。そこから全身全霊を込めて垂直に叩き下ろすのが特徴的であります。示現流は初太刀が全てで、二度目は無いとするのが教えだそうで、つまり「初太刀を避けられたら後はない」という意気込みでもってかかれ、という意味でもあるのでしょうね。
示現流の狂い稽古も特に有名で、「チェェイ!」とか「きええい!」とか凄まじい気合いを込めて打ち込むのを延々と繰り返すそうです。

そんな凄まじい流派の使い手、榎木孝明の殺陣は本当に見事なものでした。豪快な斬り方と、繊細な寸止めをも見せた「魅せる」殺陣になっているところはさすが!単に剣術やってるだけじゃ、あのような「魅せる」動きは出来ないんですね。国内でも数が少なくなってしまった「魅せる」殺陣の出来る役者さんです。斬った後に身体がブレずにピタッと止まるとこなんか、本当に素晴らしい。あれ、難しいんですよね。多くの普通の役者がチャンバラやってて何がダメかって、この身体の止め方。これが出来てないから、フラフラした頼りない殺陣になっちゃう。三船敏郎の『用心棒』を見ると、よくわかります。ビタッと止まってるから。あと市川雷蔵の『眠狂四郎』シリーズ。半端ねえっす。若山先生の『子連れ狼』シリーズも素晴らしすぎて鳥肌立ちます。身体がブレてないから。マジで。身体がブレない、なんて当たり前なんですがね。でも現代の役者は出来なくなっちゃった。時代劇撮る機会もあまりないですしね。残念なことです。

で、宅麻伸も結構殺陣やってましたが、やっぱりちょっと力強さがないかなあ。「斬ってる」感じがしないんですね。動きがさらっと流れちゃってるので、もう少し「間」があるといいかな、と。長い「間」じゃなくて一呼吸ぐらいの短い「間」。でも現代の役者の中ではかなり出来る。

まあはっきり言って「時代劇ファンタジー」な設定の『おりん』ですが、ちゃんとした殺陣が見られる時代劇となっているのは非常に嬉しい。だから前作も毎週欠かさず見てました。水戸黄門よりハチャメチャで面白いし。

で、注目の青山倫子様!美しさに磨きがかかって帰ってきました!青山さまー!って『八丁堀の七人』かよ(笑)。
表情も豊かに出来るようになったし、殺陣も最初の頃よりもだいぶ上手くなりましたし。喋り方も、一言一言がしっかりと聞き取れるぐらい丁寧で、感情の入れ方にしても表情だけで誤魔化してないですね。本当に上手になりました。声優としてもいけるんじゃないかな。

ストーリーの方は単純明快で実に良い。複雑でゴチャゴチャしちゃうとどうしてもアクションよりストーリー重視の作りになってしまいますから、これは正解。

で、まあ深夜1時30分からレギュラー放送がスタートしましたが、なんと30分!いやにドタバタした展開でしたが、これぞテレ東時代劇の醍醐味!にっくい敵がいてアクションふんだんにあってイカレた刺客が現れて、走って、泣いて、怒って、またアクション!
いやあ~…濃い!濃いよ!30分だから余計に中身が詰まってるよ!すっばらしいね!毎週楽しみだー!!

テレビドラマを滅多に見ない俺ですが、これは格別。ということで今見ているテレビ番組はこれ一本しかねえ!他の番組はどうにも面白みがなくてダメだ。出てる役者も気取ったやつばっかで、嫌いなやつ多いしなあ。お笑い芸人も嫌いなやつ多いし。テレビなんてもう見るモノなんか無くなってしまっていた。
だから、おりんちゃんが最後の希望なんだよ!こんな面白い番組無いよ!
魅力はつきませんが、今回はこれまで。おりんはツッコミ所満載なんで書いたらキリが無い。ま、いずれ。
あ、そうそう。スペシャルでの武藤敬司最高でした。役名もまんま牟多(ムタ)!大爆笑ですよ!
さらに斬られた後にプロレスラブらしきリアクションをとって絶命!すっばらしいね!これだから『おりん』は面白い!
スポンサーサイト

Category: 時代劇

tb 0 : cm 2   

コメント

青山倫子を知ったのは半年ほど前。
『全開ガール』っていう新垣結衣主演の月9ドラマに弁護士役で出演してた。
そのあと何かでおりんの配役の名前見て、「あ、この人が以前カシマブログに書かれてたおりん役だったんだ」って知った。
この人、目付きがキリッとしてるからくの一とか似合いそうかも。
栗山千明も現代モノより着物きて時代劇やってる方が様になってる。

アソラソ #- | URL | 2012/01/25 06:59 [edit]

ガッキー主演かあ、完全にノーマークだったわ。倫子さんは脇役多いからなあ…サラリーマン金太郎にも出てたらしいし。
栗山って確か『死国』ってホラー映画がデビューだったような。この映画で和服だった。見たことないけど。
確かにあいつは洋服より和服だな。顔つきが現代っぽくないし、黒髪長髪が似合うし。

カシマ #- | URL | 2012/01/27 08:21 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/697-ab1789b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)