05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

城みちるの超レア音源『ファーストサムライ』(シングルCD) 



まあまあの値段で入手出来たのでご紹介。定価を超えたプレミア価格でしたが、そう大きく超える値段ではなかったので。ちなみにAmazonでは今だに10万で出品されてますね。


収録曲は2曲。どちらもファーストサムライのステージ1をボーカル曲にしたもの。
ファーストサムライのステージ1は、オプション画面でAタイプとBタイプに変更出来るので、ここに収録されているボーカル曲はその二つの楽曲をアレンジしたもの。

1曲目はイントロや随所に顔を出す琴の音色が気色悪い、爽やか演歌。本来、こういう演歌調の曲だとちょっと暗めな雰囲気になってしまいがちですが、城みちるの歌声によって何だか知らんが爽やかになってくれちまいやがっています。
イントロの琴に導かれて尺八がほえーと入ってきて、ついに歌唱開始。
原曲だとここからゲゲゲゲとしか表記しようのないギター音が嫌になるくらいしつこく入っていますが、ボーカルバージョンでは入っていません。ギターの代わりにベベベベと表記したくなるようなシンセベースが入っています。ゲがベになったわけですね。
城みちるの爽やかな歌声が、サムライニッポンの心意気を歌い上げていくなか、異様に安っぽい「チャキーン」という刀のかち合う音がいい感じに邪魔してきます。
しかしサムライというよりは「大事なお前への愛」が歌われており、ゲームの内容とはかなり異なる世界観が歌われているような印象を受けます。
ゲーム内容は大まかに言ってしまうと師匠の仇打ちなので、主役のサムライの女房や恋人は出てきません。しかしながら、この歌によって、孤独に時間を越えて悪霊と戦うサムライにも、実は愛しい人がいて、それを胸に秘めて戦っている…という演歌な世界観を表現している、と捉えることも出来るでしょう。
決して「師匠への思いを歌っている」などと曲がった解釈をしてはいけません。

それにしても中間の間奏部分のカオスぶりは素晴らしい。完全に演歌を逸脱した、前衛的な仕上がり。なんか殴るような効果音が入ってくるわ、チャキンチャキンいうわ、タム連打あるわ…。
数多い演歌を聴いてみても、ファーストサムライほどのカオスぶりは聴いたことがありません。というより演歌と比べること自体が間違っているのでしょう。
歌詞については様々なサイトで紹介されているので割愛します。

2曲目は「SAMURAI,Get Back!」
こちらはオールディーズ風アレンジ。ベンチャーズが作曲した「雨の御堂筋」みたいな、あんな風なアレンジになっていて、曲の間奏と最後にはお約束のエレキでテケテケが入ってきます。
1曲目ほどのカオスぶりはなく、割と普通のポップスとして聴けます。
原曲の方はもうちょっと演歌+ロックな感じで若干気持ち悪い曲だったのですが、アレンジがしっかりしているので気持ち悪さもなく、すんなり聴けてしまいます。1曲目のせいで感覚が麻痺してしまうせいかもしれませんが。

おまけに、歌詞とメロディとコードのついた楽譜が掲載された紙片が封入されています。

しかし、ジャケットのインパクトははかりしれない。
サムライの後ろの背景、これって一体どこですかね。宇宙っぽいですが。
あと上半身裸に裃とか口紅塗ってるような赤い口元とか、ちょんまげがいやに鋭角的に描かれていてぜんまいざむらいに見えてしまうとことか、そんなカオスなジャケットの右下でユンピョウばりに存在感無い笑顔を浮かべる城みちるとか、裏ジャケットが本当は表ジャケットだったんじゃないかというぐらい普通な仕上がりだったりとか。


単なる珍品として終わってしまうには惜しい魅力的なサウンドなので、普通のゲーム音楽や普通の演歌に飽きてしまった方、または「ブラックバラエティ」の音効の方に是非ともオススメしたい1枚です。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/718-adeadf58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)