05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

管理人カシマのゲームサントラ収集の歴史 

まず初めに『フォーチュンクエスト ダイスをころがせ』のサントラを買ったのが最初。これはSFCのゲームだが、サントラはSFC音源ではなく、生演奏によるアレンジ盤。作、編曲は安西史孝。
まずこのサントラからスタートってのもだいぶ曲がったスタートだとは思う(笑)。しかもゲーム未プレイで買った上に、それがゲームサントラだということすら知らなかったという、わけわからんスタート(笑)。
当時はフォーチュンクエストに大ハマりしてて、フォーチュンクエストだったら何でも欲しかったので。
文庫、画集、コミック、OVA、OVA版サントラ、果てはボードゲームまで、当時は特に人気が高く色んなアイテムが出てた。
その中で、金の無かった小学生当時に選んで買ったのが『フォーチュンクエスト ダイスをころがせ』のサントラだった。このCD、TVの音効さんがよく使っていて、色んなTV番組で流れていた。ちょっとした番宣スポットや番組中など、かなりの頻度で使用されていたことを記憶している。『笑っていいとも!』でも使用していたのを覚えている。ちなみに初めて買った音楽CDもフォーチュンクエストで、OVA版主題歌シングルCD「いつかかなう夢」だったりする(笑)

自分で買ったのはフォーチュンクエストだが、兄貴がカセットテープでグラディウス3のサントラを持っていたので、我が家に初めて来たゲームサントラはグラディウス3ということになる。

しかし、その時点ではゲームサントラにハマることは無かった。小学生当時の俺は「ゲームやれば聞けるし、わざわざサントラ買って聞く意味なんてないじゃん」と思っていたからだ。実際、今でもそういう人はたくさんいると思う。だからゲームサントラって売れないんだよなあ。

で、それから中学でときメモにハマったが、やはりゲームサントラを買うことは無かった。ハマったキャラクターは清川望と古式ゆかり。ときメモ関連CDもたくさん出てたけど見向きもしなかった。

それから大学に入って家を建て直すことになった時に、家中のものを整理する必要に迫られた。その時に懐かしいグラディウス3のサントラを手に取って久しぶりに聴いてみたところ

「おい!フュージョンだぞこれ!しかもめちゃいいぞ!」

となったわけだ。その時にはフュージョンにハマってて、ちょうどT-SQUAREを聞き始めていたような頃だった。そしてグラディウス3の「IN THE WIND」アレンジバージョンを聴きながらテレビを見ていたら、旅客機が貿易センタービルに突っ込んだ。そう、911テロである。自分にとって9月11日はテロの記憶とゲーム音楽に目覚めた瞬間の記憶、この二つの強い記憶がある。だから、一生忘れられない日である。

それからはまずコナミ関係のサントラを集め始めた。しかし、感動した曲はアレンジバージョンの「IN THE WIND」だったので、アレンジもの中心に集めていた。この頃はまだゲームサントラにはプレミアもほとんどなく、ブックオフなどで捨て値でたくさん買えた。SNKものは特に安かった。

そんな風にして集め始めて、やがて昔ハマったゲームのサントラを集め始めて、ついには、やったこともなければ見たことも聞いたこともない、どんなゲームかすら知らないゲームのサントラまで買うようになってしまいましたとさ(笑)

デメタシデメタシ~(野原しんのすけ/矢島晶子)。

細かく語ると長いんだけど、ゲームサントラ収集以前にはアニメや映画、テレビのサントラ、ジャズ、ヘヴィメタなどを聴いていて、ゲームサントラ収集とほぼ同時進行でプログレとの出会いがあり、ゲーム音楽とプログレ、フュージョンの繋がりを知ったりして、現在は様々な音楽を聴いていたりする。


今ではゲームサントラはゲーム音源でもアレンジ盤でも収集している。ゲーム音源でカッコいいと思ったのはロックマンが最初。友達に教えてもらった。
ロックマンのゲーム自体は小学生当時に死ぬほどやったけど、前述の通り音楽には全く興味がなかったので、ゲームサントラ集め始めてから、友達に紹介されてあらためて聴いてカッコよさに気づいた始末。


しかし911以前にもゲームサントラはいくつか持っていた。それが『クーロンズゲート』だった。これはゲームに大ハマりして、ちょうど高校で校外学習があって横浜に行き、その帰りに横浜アニメイトで買ったという思い出深いサントラ。
他にはスーファミ版『かまいたちの夜』サントラとそのドラマCDや『街』など、人生変わるくらいよほどハマったゲームじゃないとサントラは買ってなかったし、出てることすら知らなかったことも多かった。『キリーク・ザ・ブラッド』も異常にハマってサントラ買ったけど、これもたまたまデパートでやってた廃盤セールで見つけたぐらいだった。あとエースコンバット2の予約特典シングルCDも同じく廃盤セールで見つけた。


今はもう立派なゲームサントラオタクですよ(笑)
ゲーム未プレイでも気になるものは買ってる。集め始めの頃、「新品ゲームサントラは後で買えばいいや」と思っていて、あっという間に廃盤になったという苦い経験をしているので、基本的には予約するか発売日から1年以内には買っている。その苦い思い出のあるサントラが『探偵神宮寺三郎 夢の終わりに』だった。もうあんな悔しい思いはしたくない。
とはいえ最近じゃ「これはすぐ廃盤になりそうだな」というのはレコード会社とかで判断して何となくわかってきたので、どれを先に買うかはあんまり迷わなくなった。


で、一通り欲しかったものは集まって、今は新作で気になるものと古いものが見つかったら適当に買ってる感じ。1000枚超えて一段落したかな。
後はこれらを全てハードディスクに取り込む作業があり、これがすげー疲れる。何しろ全て自分で曲名を手打ち。ネット繋げてないんで。ネット繋がってても、曲名やアーティスト名をデータベースから引っ張るようなことはしたくない。
何故なら曲名やアーティスト名がてんでバラバラだから。とある人にネットから引っ張ってきた曲名等を見せてもらったけど、やはり統一感がなく、自分には到底満足出来ないものだった。
だから俺はこだわりの手打ち。表記の仕方も統一させている。


というわけで、長くてシマラン話はおしまい。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 2   

コメント

しぼる

おれも大学時代は現趣味の歌謡曲なんてまるで聞いてなかったし、
好きになったきっかけだってホント些細なこと過ぎてぎりぎり覚えてるか覚えてないぐらい。
それが今やビリー・バンバン先生、桜田淳子チャソ神テラカワマンセーe-29、タケカワッた!、とか言ってるレベルだからな。

私的にだが趣味にのめり込めるのはある意味貴重。
ましてやそれが適度にマニアックな趣味ならなお良し。
ゲーム音楽好き、ゲームサントラ集め、魅力ありって感じ。
カシマのそのサントラの数とハードディスクの中身だけでも
ほかの同趣味の人間にはかなり需要ありそう。てかウケがよさそう。
しかもカシマレベルだと相当知識も豊富そうだから、語りでもイケそうじゃね。
延延と語れるみたいな。

そういやふと思ったが「ゲーム音楽バー」みたいな所ってないのかね?
歌謡曲バーのゲーム音楽バージョンみたいな雰囲気の場所で、かつ温水居ないところ。
存在すれば面白そうじゃね?
喪黒バーとか喪黒喫茶とかも今の世には必要だな。

アソラソ #- | URL | 2012/03/26 06:07 [edit]

ゲーム音楽バー、というかゲームバー?みたいなのはあるみたい。16SHOTSとかいう名前だったような。確か新宿?だったかな。まあ東京のどこかだったと思う。ちょっとゲーム音楽バーについて調べてみるか。
ゲーム音楽は確かに割と詳しくはなったけど、意外に有名作持ってなかったりするし、パソゲーとかPCEとかメガドラ、アーケード系はかなり弱い。やっぱり当時夢中になったFC、PS期が一番詳しいかな、と思う。SFC、GBはあまりやらなかったからそんなに詳しくない。
ゲームサントラもPS、SS期のものが一番しっくりくるし、集めてるのも大体その辺。新しい機種のゲームサントラも買ってるが、ほとんどゲームやらずにサントラだけ買ってる感じ。好きな作曲家とかわかってきたからそれ以外はよほど気になるものじゃないと基本スルー。

詳しいって言っても作曲してる人が誰か、とかそんなもんなんであんま大した知識ないっす(笑)アソラソ氏のように売り上げとか人気、一般的認知度とか細かいデータは一切わからんのよ。発売した年とかもあんまりよくわからないし。
ゲーム音楽マニアの人だとPSG音源とかFM音源とかって話がよく出てくるけど、俺はよくわからんのでマジで昔からマニアの人にはついていけないかな。
ただ、全世代対応方なのは俺の自慢。古くはアーケードのインベーダーから新しきはPS VITAのGRAVITY DAZEまで、ここまで守備範囲広いのはなかなかいないぞ、と自画自賛しておくぜ(笑)

カシマ #- | URL | 2012/03/27 02:45 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/721-6d7dafde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)