09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

きみはホエホエむすめ 

アイドル八犬伝を知ったのはファミコン戦士であった小学生時代。確か雑誌についていたファミコンソフトカタログに載っていたのを見て知ったのだと思う。
金の無い小学生時代、欲しくても買えないソフトは山のようにあった。仕方なく筆者はファミコンソフトカタログを眺めながら、そこに紹介されているゲームを空想して楽しんだものだった。
そんな中にアイドル八犬伝があった。
アイドルを成長させていくアドベンチャーということで、『ラサール石井のチャイルドクエスト』を思い浮かべてしまい、あまり興味を持つことはなかった。自分の周囲で持っている友達はいたが、借りてプレイすることもなかった。
それから何年も過ぎ、ある時にほんの少しプレイしたことがあった。その時に衝撃を受けたのが、前回ブログで暑苦しく語った

「ありがトーワチキ」

であった。
このセリフが出た時点で「バカかこのゲームは」と思い、以降まともにプレイすることもなく忘れていた。しかし「ありがトーワチキ」だけは何故か強く印象に残っていた。
つまり筆者にとっては「ああ、あの“ありがトーワチキ”のアイドル八犬伝ね」というただそれだけの印象だった。

そしてつい先日。ほとんど初見(過去にプレイした時間は1分足らずなので初見としても差し支えあるまい)でプレイした。
結果。

なんか馬鹿馬鹿しいけど、いいよねっ!

という印象に変わった。多分、現代にプレイしたからこそ、昔懐かしい気持ちで楽しめたのだと思う。当時プレイしていたら「なんだこれで終わり?みじけえな!」という感想にしかならなかっただろう。当時は怪電波など当たり前に飛びかっていたし、テレビでも毒電波が流れ続けていたから、このぐらいの作品では驚かなかったに違いない。

それに、冷静に見てゲームとしてはつまらない。ファミコン時代の他のアドベンチャーと大差ないシステムである。しかもかなり簡素なものである。簡素なおかげでサクサク進むのでそれはそれで良い点かもしれない。
しかし、圧倒的に他のアドベンチャーゲームと違うのは、やはり世界観である。
当時アドベンチャーと言ったらサスペンスものの代名詞だった。ポートピアは言うまでもなく、神宮寺三郎シリーズ、西村京太郎の作品、山村美沙の作品、デジャヴ、ファミコン探偵倶楽部など。変わったところではジーザス、メタルスレイダーグローリーなどのSFもの。
間違ってもアイドルもののアドベンチャーなど他になかった。
しかも出してるとこはトーワチキ。敬遠せずにはいられない。

しかし、プレイしてみると、破天荒なストーリー展開が妙に懐かしく、一気にクリアーしてしまった。そうそう、80年代ってこんなもんだったよね、という感覚で楽しめた。
では、そのストーリーとはいかなるものだったのか。

とある大財閥の西園寺家。その長老であるトミコは死期を悟り、娘たちにある条件つきで後を継がせることにした。
その条件とは、三ヶ月で自分の名を挙げろ、というものだ。トミコはそれにより各人の器量をはかり、後継者を決定するという。
長女のシズカは天才実業家、次女のレイカはいくつもの博士号と特許を持つ天才、そして末娘のエリカは、「なーーーーーんにもできないミソッカス」(ゲーム中より抜粋)である。

つまり主人公エリカはいいとこのお嬢様である。いわゆる世間知らずのお嬢様。なかなか魅力的な設定である。しかも歴代ファミコンキャラの中でもなかなかかわいい。
かわいいとはいえ、何の取り柄もないエリカは圧倒的に不利である。しかし、彼女は歌が大好きだった。
そこで「ウーパールーパーではなくて乳母のミホ」(ゲーム中より抜粋)は、エリカにスーパーアイドルになることを提案する。
かくして、スーパーアイドルになるためのエリカのストーリーが幕を開けるのであった。

割とまともっぽい始まりなのだが、展開は素晴らしいぐらいにカオス。それとて現代のゲームやアニメ作品と照らし合わせて、だが。
基本的にギャグである。しかも脱力感溢れるしょうもないギャグストーリーだ。
「ありがトーワチキ」
「ありがタイヨーホエールズ」
こんなセリフが違和感なく出てくるような作品である。その後のストーリーは実際にプレイしてもらいたい。

特筆すべきは、ファミコンで主役が歌を歌い、画面に歌詞を表示した演出方法であろう。
迷(惑)作『たけしの挑戦状』で既に試されていた手法ではあるが(あーなたーのたーめなーらどーこまーでもー「あめふるしんかいち」より)、それをメインにし、同時にアニメーション処理を施したところが画期的である。常時画面の右上に主人公エリカの姿があり、様々なリアクションをしてくれるのも楽しい。

なにより、それら演出が光るには、存在感ある音楽がなければならない。本作品は音楽においてはいまなお光り輝いている。
実際に歌うには恥ずかしすぎる歌詞(脳内がエリカちゃんな人は歌える)だが、音楽は非常にポップで馴染みやすい。むしろ気恥ずかしいくらいにポップである。それがやたらめったら耳に残り、結果的にエリカの能天気なビジュアルと共に記憶されていくのだ。


アイドル八犬伝。恐ろしき洗脳作品である。

次回はストーリー及びキャラクターと用語に迫ってみたいと思う。

次回!ブログタイトル!
「タジロマサシ」に
カームヒヤー!!
スポンサーサイト

Category: ゲーム

tb 0 : cm 2   

コメント

アイドル八犬伝
トーワチキ
ファミコン世代のおれだが聞いたことないなあ[v-106
とは言ってもその頃は幼かったし全然ファミコン詳しくなかったがね。
アドベンチャーってどんなんだっけ?
アトランティスの謎とかか。でもあれアクションだよな。糞げーだし。
かわいいエリカ様気になるからやってみようかな

アリラン #- | URL | 2012/05/03 22:05 [edit]

ブログに書いた通り、ゲームとしては面白くないけど意味不明のストーリー展開が持ち味だから、そこを楽しめるかどうかだなあ。
難易度は低いしテンポよく進むから、結構短く感じた。多分1時間もあればクリアー出来るからプレイしてみては。

カシマ #- | URL | 2012/05/07 01:13 [edit]

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/732-80356361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)