07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

ヤドランカのアルバム『ひとり』 

2003年に発売されたヤドランカのアルバム。
このアルバムに幻想水滸伝のCM曲「予感」のアレンジ曲が収録されているのをついこの間知って、急遽購入。
「予感」は幻想水滸伝のオリジナルサントラには収録されておらず、ヴァンダルハーツのテーマ曲を収録したシングルCD「悲しみを燃やして」のカップリング曲として、また、コナミのゲームのテーマソングを集めた『コナミレーベルボーカルヒストリーコレクション』にも収録されました。

アルバム『ひとり』でのアレンジは、アコースティックギターの弾き語りで始まり、徐々にシンセストリングスが雰囲気を盛り上げていくアレンジとなっており、原曲をさらに情感豊かに仕上げております。
なんと言ってもアコースティックギターの弦の響き、ヤドランカの息遣いまでもが聞こえてくるエコー処理などを施していないボーカルの生々しさが聴きどころ。原曲よりも切々と歌い上げるヤドランカの歌い方が素晴らしい。

この名曲「予感」だけに限らず、佐良直美のヒット曲「いいじゃないの幸せならば」や、中村八大の名曲「上を向いて歩こう」(坂本九)「夢で逢いましょう」(坂本スミ子)をアレンジしていたり、奄美大島の島唄「千鳥浜」をセルボ・クロアチア語を交えてアレンジしていたりと、全曲が新鮮で非常に興味深い内容。
そんな日本の歌のアレンジが続く中で、アルバム最後に収録されたヤドランカオリジナル曲「The Star is Watching」が特に心に響いてきます。歌詞もまた、ボスニア内戦を経験しているヤドランカならではの、深く胸に突き刺さる真摯なメッセージが込められています。
その歌詞の日本語訳を一部引用します。

星は知っている
どこかで子どもが泣いているのは
あなたと私のせいだと
なにかが狂っている
まっすぐ見つめるときが来た
(アルバム『ひとり』ブックレット内に掲載の日本語訳(対訳:黒坂勉)より引用)

このような重い歌詞ですが、あくまでサラリと明るく牧歌的なアレンジで歌っています。

参加アーティストがまた妙に凄く、鬼怒無月、高良久美子、芳垣安洋、羽毛田丈史が参加。とはいえ、いわゆりプログレやジャズな楽曲ではなく、アコースティックギターをメインにした民族系楽曲となっています。
幻想水滸伝でヤドランカを知った人にはぜひ聴いてもらいたいアルバム。

収録曲
1 いいじゃないの幸せならば
2 予感
3 上を向いて歩こう
4 千鳥浜
5 夢で逢いましょう
6 The Star is Watching
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/734-c30f76be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)