07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

「安い洋介」なんて言わせねえよ!?熱いシューティング魂がアレンジされて帰ってきた!『ESCHATOS Arrange Tracks』 

いやあ今回は良い仕事しましたねえ安井さん。
今回はサンダーフォースっぽい音源で、打ち込みギターガシガシで熱いアレンジに仕上がってくれちまいやがってくれちまってやがります。
欲を言えば全曲米光アレンジだったら発狂死するところだったのですが…まあいいでしょう。いつかはやって欲しいですが。
さて、安井洋介氏によるアッパー系シューティングサウンドは今回も健在。私的には前回のFM音源よりもこちらの方が好み。原曲に忠実に音源を迫力アップしているんですが、その音がなんかサンダーフォースVっぽいです。アレンジもやけにサンダーフォース系のギターガッシガシなものになっていて、サンダーフォース好きにはたまらないかと。絶対狙ってる(笑)。
POINT OF NO RETURN(AREA 12‐15)なんてお前これ完全にサンダーフォースVだろ(笑)と。いやあ、たまらんですなあ!(笑)。
試しにサンダーフォースVのLegendary Wingsと続けて聴いてみましたが、全っ然違和感ありませんでした。兄弟曲?みたいな。
どうも今回はサンダーフォース愛に満ちているような気が。気のせいですか、安井さん?
とはいえ全部が全部サンダーフォースみたいってわけじゃないですが。
でも、あ~あ…これがサンダーフォースの新作だったら良かったのに!!!(魂の叫び)

で、齋藤博人氏によるアレンジは、正直いらないかも。まあ悪くはないですが、ここまでギターガッシガシでやってるんだから最後までギターガッシガシで突っ走って欲しかった。うーんちょっと残念。とはいえ単体で聴くには良いアレンジではあるんですけどねえ。
最後のボカロアレンジは蛇足でしょう。必要性が感じられません。どうせならサンダーフォースばりにピアノソロ曲で締めた方がよかったように思います。これはいらない。

まあなんだかんだ文句はありますが、良いアレンジアルバムですよ、これは。やっぱりシューティングは熱くなきゃね!!


スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/737-c27cb8a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)