05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

『ガンフロンティア/メタルブラック/ダイノレックス Sound Tracks for Digital Generation』到着!しかし… 

メタルブラックの曲で、過去に発売されたサントラと違う点があります。自分にとっては悲劇です。残念極まりないです。

・Born to be free
後半のメロディが削除されています。長い間、サントラを愛聴している筆者には違和感しかありません。なぜこのようなことになったのか。
察するに、過去に発売されたメタルブラックのサントラに収録されたバージョンは、サントラ用に新たにメロディを付け足したバージョンなのかもしれません。つまり今回のサントラでは、その付け足される前のバージョンが収録された、ということなのでしょうか。
しかし、あの後半のメロディがあるからこそ、完成された1曲として楽しめた。第1ステージの印象的な楽曲で大好きな曲なだけに、今回の収録の仕方は非常に残念。過去のサントラの方が完成度が高かったというわけです。
(追記…基板バージョンではサントラの後半メロディは無いようです。従って今回のサントラは基板バージョンでの収録)

・Dio Panic!
最後のボスキャラを倒した時の効果音を削除。

・the gate of guardian
後半のエフェクト効果が無い。

・Time
過去のサントラでは、後半部分に効果音とボス曲が挿入され、それまでの自らの戦いを省みるような演出が施されてますが、今回はありません。単にループするだけの収録です。最後のボスキャラ撃破の効果音も無し。
過去のサントラのバージョンの方が、最終ステージのあの衝撃的なシーンを彷彿とさせる出来となっており、やはり完成度は高かった。

セガサターン音源でもBorn to be freeはやはり後半メロディが削除。
(追記…やはり基板バージョンを元にしている為)
あと、酷いことに表記が「Bone to be free」。骨かよ!!!

効果音削除は許せるとしても、メロディ削除は悲劇としかいいようがありません。楽曲そのものに関わる大切な部分であっただけに、これはミス以外のなにものでもないでしょう。
(追記…基板バージョンを収録している為、ミスではない)
あと、仙波隆綱さんのイラストが一切無いってのもなんだかなあ、という感じ。散々待たせてこの出来って…。やっぱり過去のサントラは大事に持っておきましょう。

最近のこういった復刻ゲームサントラって、どれも作品に対する愛情が感じられません。クラリスディスクだけは愛に満ちあふれすぎてて笑ってしまうぐらいですが。
過去のサントラを知らない人、ゲームそのものすら知らない人、知っているが思い入れの無い人が、単なる仕事としてマスタリング作業やら何やらをやってるような、そんな気さえしてしまいます。
ブックレットは、作曲者の渡部恭久さんと福森秀敏さんのコメントを掲載。めちゃ短いです。以上。
ゲームの画面写真や仙波隆綱さんのイラストなど一切無し。なんだかなあ…。
楽曲名に各ステージ名が追記されてるのがまあ良い点かな、と。散々待ってこれかぁ…と、寂しい限り。

今回のサントラ唯一の救いは、渡部恭久氏による新規アレンジ曲でしょう。今までのメタルブラックアレンジではフュージョン系が多かったのですが、今回はだいぶ雰囲気が違っています。しかしそこはやはり歴戦の勇士Yack.氏。ドンドコいうドラムに物悲しいストリングスが流れ、次第に壮大な盛り上がりを見せる素晴らしい楽曲となっています。特定の楽曲アレンジではなく、様々な曲をモチーフにして1曲として完成させています。さすがです。
現ズンタタによるアレンジは…まあ好き好きで。私的にはYack.氏のこんなドすげえ曲の後にこれじゃあかわいそうだな…とか思ってみたり(笑)。

ダイノレックスは作曲者不明なのが残念。楽曲自体は面白いですね。コミカルな所もあり。
特典DVDでもダイノレックス見れますが、ピギャピギャやかましいったらありゃしねえ(笑)。タイトーメモリーズでプレイ出来るので興味持った方はどうぞ。


今回のこのサントラ、嬉しさ半分、悲しさ半分、といったところでしょうか。

アーケード版、セガサターン版、ダイノレックス初CD化と内容は良いのに、聞き慣れた過去のサントラのバージョンを無視しているのは残念。結局のところ、過去のサントラと今回のサントラ両方持っておくのが一番ということですね。ってか過去のサントラを紙ジャケリマスターとかしてくれればいいのに。

ちなみにサターン版はパッと聴くと違いが全然わかりませんが、聴き比べるとサターン版はクリアで聞き取り易い音質になってます。特に新たにアレンジされてるわけではないので、せっかくだからCDにしちゃえ!的なノリでしょうか。私的にはあんまり必要性の無いディスクでした。
それならば過去のアレンジバージョンを網羅してくれた方が嬉しかったんですが。つくづく思いますが、アレンジバージョンって無視され続けていますね。残念なことです。


色々残念な点はありますが、大問題のBorn to be freeを除けば、まあ良質な音ですし、適当に楽しめる内容だと思います。
ダイノレックスと恭久アレンジのためだけに買ってもいいんじゃないでしょうか。
こうして過去の名作が復刻してくれるのは有難いんですが、もう少し力を入れて欲しい。過去のサントラに負けないようなものを作ろう、という気合いも気力も感じられません。

追記…今回は基板バージョンであり、過去のサントラとの違いがあるのは当然。しかし、ではなぜ完成度の高かった過去のサントラバージョンをリマスターしなかったのか、疑問が浮かぶ。ほとんど差異の無いサターン音源を削除してでも入れるべきだったのではないだろうか、というのが筆者の意見である。
なぜなら、過去のメタルブラックサントラは、単に2ループ収録されたゲーム音源の記録集ではなく、一つの音楽アルバム作品として完成された優れたアルバムだったからである。
スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/786-80a1a38d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)