07 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

今ゲー音 カシマセレクション ダウンロード編 1 

今どきのゲーム音楽なんてつまんなーい!

何をおっしゃいますか、あーた!今や生のフルオケがゲーム音楽やる時代。そのクオリティたるや、もはや映画音楽。
懐古趣味はもうやめにして、新しい音楽に耳を傾けてみませんか?きっと素晴らしい音楽に出会えるはず。
そこで、現代ゲーム音楽も好みであるカシマがセレクションした楽曲をご紹介。しかもダウンロード版しかない!というマニアなあなた向けのセレクション。そう、俺専用のセレクションですね。

さて、最初にご紹介するのは『L.A.Noire Official Soundtrack』。iTunes、Amazonでダウンロード販売してます。
楽曲は、神宮寺好きな人なら絶対の自信を持ってオススメする、渋ぅいジャズアルバムとなっています。
メインテーマからして、霧の中の夜明けを思わせる、孤高のトランペットが素っ晴らしいジャズ。ホットな演奏ではなく、抑制の効いたクール過ぎる演奏で、ビブラフォンとピアノの美しい響き合いがまたいいですねえ。こういう渋いトランペットというと、マイルス・デイビスの『死刑台のエレベーター』を思い出します。
全曲、生演奏による渋いジャズと映画サントラっぽいオケ曲で、1曲1曲は短いですが、どれも良い!
特に素晴らしいのは、女性ボーカル楽曲「(I Always Kill)The Things I Love」「Guilty」「Torched Song」の3曲。なんちゅうかマリリン・モンローみたいな艶っぽい声で、もろに俺好み。ぶっちゃけメインテーマとこのボーカル曲だけ単品で買ってもいいんじゃないでしょうか。

また、この渋すぎるメインテーマが気に入った人は『Video Game Music』(アーティストは「The New York Symphony Orchestra」。アマゾンに「The New York Symthony Orchestra」とあるのは誤りでしょう。アルバムジャケットにFEATURES THEMES FROM CALL OF DUTY‐HALO3‐L.A.NOIRE‐SUPER MARIO BROTHERSと表示されているアルバム)に、メインテーマのピアノだけの演奏バージョンと、ピアノをメインにしたカバーバージョンが収録されています。iTunes、Amazonともに配信中。こちらも良い出来なので合わせてどうぞ。
検索するには「Video Game Music New York」とでも入れれば出てきます。

下のYoutube動画で流れているものはサウンドトラックに収録されている「Minor 9th」という曲ですね。



全編こんな感じです。激渋いです。

スポンサーサイト

Category: ゲーム音楽関連記事

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/830-da37aadd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)