10 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

ゲーム音楽これを聴け!

わたしは いだいな ぶとうか。 うわさでは すでで くまを たおしたことになっておる。 しかし じつは てつのつめを つかって いたのだよ。 わっはっは。 ゲーム音楽とプログレ、ジャズロックが中心。ドールも始めました。うちのドールが勝手にツイッターで呟いたりしてますので、そちらもよろしく。

 

今年もM3に参加 

今年もM3行ってきた。もうこれ、毎年二回の恒例行事にしようかな。行ける限り行き続けようかと。いずれ出展したいけどなあ。
しかしまあ、前回よりもCD買う量が半端ない。40枚って何よ(笑)。それだけ出会いと対話があったわけだけども。
で、二回目で大体気に入ったところはわかってきたけど、まだまだ。面白い人がたくさんいるなあ。
回った順番とかは忘れたんで、取りあえず適当に羅列。

・Skyport Pub Co,.Ltd
『マザー 1+2 midi ピアノバージョン』

これは楽譜とセット。一般流通もしてるみたい。確か一番最初にここを訪れたんだったな。
他にも『クロノトリガー』とか『FFⅩ』とかもあったな。


・なるけみちこ
『Feedback』

・MANYO
『Cordelia』『Igraine』

最初にマザー買って、でなるけさん探したら、いきなり行列だった。
マジか!?まあさすがなるけさん。でもまあ普通に買えた。
で、隣がMANYO氏。どちらも普通の地味めな人だったな。
なるけさんは新譜一枚のみ。MANYO氏はPCゲーのサントラ?らしきものと新譜。MANYO氏はarcaneというバンド名義での新譜を購入。
なるけさんの方は、ワイルドアームズ系のサウンドで、ってかゲームサントラより良いよ!!もっと個人でどんどん出してもらいたいね。特に「風の市場」なんてまるでレイトン教授!ああいう感じ。かっこいい。
MANYO氏も個人の方が良いよ!!どういうこっちゃねん。
なるけさんはさすがに有名人で固定ファンも多いからか、サインと握手をねだる人も。俺は別にそんなんいらんのでスルー。

・DANGEROUS MEZASHI CAT
『BLAZT DEVIL CARNIVAL』(女神転生アレンジ)
『HAPPY TRIGGER Shooting Mame Music Arrange CD』(シューティング色々アレンジ)
『MUSCLE SPARK』(くにおくんシリーズアレンジ)
『UNLIMITED ALTERNATIVES Adventure Games Music Arrange CD』(アドベンチャーゲーム色々アレンジ)

前回聴いて良かったので今回も訪れた。相変わらずヒール役っぽいこわもてのあんちゃんとやせたお兄ちゃんの二人。やっと『天地を喰らう』の話が出来たが、2の方の最終戦闘で魚鱗の陣でシバイ倒せる、っていうのを教えてもらった。俺としては1の方が思い入れがあるんだが、彼はどうやら2らしい。
で、CDの感想としては、ここはなかなか良いのだけどアレンジャーが色々参加していて、ロック一辺倒にはなっていない。ハード、メタル系アレンジで統一すればいいのに。で、何故か九十九百太郎参加。何!?アルバムのアレンジャー良く見ると、ここのアレンジャーである「なみへい」とか「A`」を九十九氏のアルバムで見かけたな。そういうつながりかね。いやあ縁って凄いなあ。
今回の新譜はアドベンチャー系ゲームアレンジ。ミスティブルーはやっぱ良いやね。直球ロックアレンジでこれは文句なし。これからは全部ロックアレンジで攻めて欲しいなあ。

・demi(背背(ハセ))
『LEAVE PRISM LIGHT』
『派遣の闇』
『迷信-demo Edition-』

ハセさん、っていうらしい。えらく自身なさげな人だったが話を聞いてみると非常に面白い人だった。何か面白いことやってやろう、と思って制作してるとか。その意気込みや良し!!俺はわかるぞ。
サントラが好きだそうで、アルバムでも1曲目のメロディを最後の曲にももってきたりと、そういう手法を使っているようだ。土日の休日にしこしこ作っているということで、今日の朝7時までずっと作ってた、とか(笑)。えらい!!
で、その音楽も非常に面白い。俺にはメロディがストライク。こういう火サスチックというか、やや物悲しげなメロディながらも突っ走るバンドサウンド、ってのがいいね。始まりは音響系でピアノも音響系な処理だけど、バンドサウンドでピアノのメロディが良いってのは珍しい。ただ、ベースがちょっと音がデカいかな。せっかくのピアノのメロディがちょっと聞き取りづらくなっているので、そこは改善の余地あり。
次も絶対訪れます。

・Dragon Spiral Music
『DEMOS & LIVE』
『ROUND EIGHT』
『THE SKY’S THE LIMIT』
『VISIONS OF CHANGES』
前回も訪れたプログレバンド。売っているのはやはりキーボーディストの初坂さんとギタリストの井上さん。良い人そうだなあ。ぜひ、吉祥寺シルエレで会いましょう!!


・遠山明孝(AJURIKA)
『Fruited Vagabond vol.3』

今回、ようやくお名前をうかがうことが出来た。
カシマ「あの~遠山明孝さん、ですか?元ナムコの…」
遠山さん「ええ、そうです」
カシマ「今はAJURIKAさんとして?」
遠山さん「はい」
カシマ「ああ、やっぱりそうでしたか。メディア等にはお顔はあまり出ていらっしゃらないもので、お名前は良く知っているんですけど」
遠山さん「ええ、そうですね」
カシマ「あの、大ファンです。応援してます」
遠山さん「あ、これはどうも。ありがとうございます」
と、いうような会話をして、本人であることがわかった。しかも隣にいたおじさん、あとでよく考えたら大久保博氏じゃねえか!!!どっかで見た顔だよな…とは思ってたんだけど。
遠山さんが「ここにいる3人がアルバムに参加してます」って言ってたから、あと一人は渡辺量さんだろうか?わからん…。
ってか「大ファンです」って言った時に、普通はこちらから握手を求めるものだが、遠山さんの方から握手してくれたことには驚いた。うわあ、すげえ感動だよ!!普通無いよ、向うから立ち上がって握手してくれるなんて。これで人柄もなんとなくわかったし、もうすっかり遠山ファンだね。


・LARKLAKE
『Locked Cage』
『Shadow Hollow』

今回唯一の失敗。だってビジュアル系の歌モノなんだもの。こりゃダメだ。俺には合わん。作ってる人には申し訳ないけど、好みに合わないんだからしょうがない。曲だけだったらかっこいいし、好きだけど。試聴した時ちゃんとボーカル聞いとけばよかった…。


・NestrinG
『NESTRING~Retro Game Music Classical Vol.1~』
『NESHOOTING-Retro Game Music Classical Vol.2』
『NESHOOTINGⅡ-Retro Game Music Classical Vol.5-』

ストリングス演奏アレンジは数あれど、R-TYPEは珍しい!!しかもあのスタート時のぶわあああっていう音をどうやってやってんだろう、と聴いてみたが、しっかり弦で再現してるんだね。こりゃ面白い。でもまあアレンジっていうか演奏してるだけなんでちょっと面白みには欠けるかな。選曲には文句ないけども。


・signal+noise
『fractions』
『fragments』
『SIMPLISTIC』

ふらっと立ち寄ったとこ。フュージョン系ってことで聴いてみたが、うむ、確かにこりゃフュージョンだ。しかも邦楽90年代フュージョン。っていうかゲーム音楽でのフュージョンっていうか。少なくとも70年代クロスオーバーやジャズロックの雰囲気では無い。チョロQ系?かな。
ここは次回も行こう。


・Unknown-Dimension
『GAMES STRINGS EDITION 2~ゲーム音楽 室内弦楽アレンジ集~』
『NEVER-ENDING PHANTASM』
『REINCARNATION』

こちらも前回訪れて良かったので。
ってかやっぱりゲームアレンジよりオリジナルの方が良い。伊勢神宮の特番の音楽やってるようで、そのことについて聞いてみたところ「著作権が絡んでくるんで、うちのサークルでは出せない」とのこと。ま、いつかCDになる日を楽しみに、ってとこかしら。
結構、癒し系というか落ち着いた音楽がほとんどなんで、熱いロックなサウンドも聴いてみたいなあ。
ってか清水さん、超良い人ですね。物腰柔らかで、音楽に人柄が表れてますなあ。
今回の『REINCARNATION』も凄く良くて、無国籍な感じがまた良い。もっと活躍して欲しいなあ。


・キカイダーマン
『アニソンフュージョン Vol.2』

プロってやっぱすごいよ!!特典で勝田一樹氏直筆譜面のコピーもらったけど、さっぱわけがわからん(笑)。音符が無いのね。ソロ~とか書いてあって。こんなの渡されて初見でプレイするって…すげえよ、やっぱり。
このアルバムでは、とにかくトランスフォーマーとベルばら!!めっちゃくちゃかっこええ。やっぱプロはすげえ!!!
売ってたおっちゃんが譜面渡してくれる時に「頑張って弾いてみて下さい」って言ってたけど、無理です(笑)。ロックスミスすらクリアしてないヘタれのこの俺に、こんなんどうしろと!?(笑)。


・スウィープレコード
『細江慎治 WORKS VOL.2 ~ORDYNE~』
『時と永遠~トキトワ~ オリジナルサウンドトラック』
取りあえず、米光!!もうやっぱりこれに尽きる。そして古代氏。古代氏はまあまあ良かった。戦闘曲がちょっと昔の劇伴系で、ハネケンっぽい感じで元気いっぱい。ゲームの方は散々な出来だったそうだが…。
で、今回も細江さんと佐宗さんがおられたが、話せなかった。ってかぶっちゃけ何話したらいいのか…。
言うとしたら一言「フュージョンやってください!!」としか…。


・佐藤豪
『GO SATO GAME MUSIC BAND ARRANGE #1』
『HEAVY METAL RAIDEN Demo CD 1』
『TaRAKO』

佐藤豪!!ってかもろフュージョン!!しかもベースが強い!!こりゃあ俺の大好物じゃねえか!!!
特にバイパーフェイズワン!!ステージ1アレンジが良すぎる…!ちょっと原曲よりテンポを落としたアレンジだが、いやあこのテンポが大成功!!渋さを増して、よりかっこよく仕上がっている。もうどんどん弾きまくってアルバム出しまくって下さい。全て買いますから!!
TaRAKOって人は佐藤豪バンドのキーボーディストで、これが初ソロ作だとか。それにしちゃあめっちゃくちゃ良すぎねえか!?オリジナル曲で、これだけ素晴らしいっておい!この人のアルバムも次出たら購入確定。
で、HEAVY METAL RAIDENだけちょっと俺には合わないかな。ヘヴィでもないし。やっぱりフュージョン路線で突っ走って欲しいなあ。


・佐野信義
『SANODG’S DRAWINGS FOR 23 MINUTES AT AN EXHIBITION 2』

佐野さん、今回はこれだけ。しかもまたもやヒスノイズ。しかもまたもや「おすすめしませんよ(笑)」。相変わらず面白い人でした。
で、KORGの新しいのがダウンロード版で出るとか。こりゃ楽しみ。
なんか知り合いっぽい人がずっといて、あんまり、ってか全然お話出来なかった。っつってもまあ話すことも無いんだけど。せいぜい「ドラッグオンドラグーン大好きです!」ぐらいしか言えないだろうしなあ。


・飛騨音響工業
『ACTIVE-FUSION SONIC DRIVE』

ちょ~っと音がPS初期っぽくてショボいかな~。まあまあ。


・不気味社
『M3十五周年の唄』
『豪快ジムノペディ』
『豪快な勝新』
『豪快終』
『豪快神様はじめました』

またも訪れました。で、今回やっとコサキンリスナーかどうか確認出来た。
結果は……驚愕の「存じ上げません」!!!
ウソだ!!まさか…これだけ大量の小ネタを目いっぱい仕込んどいて、さらにあの話しぶりなのに、リスナーじゃないなんて…。すげえびっくりした。それともリスナーってこと隠してる?(笑)。
まあそれはいいとして、今回も面白すぎるお話で、大いに笑わせてもらいました。ちなみに俺はもう「手遅れ」だそうです(笑)。
で、「神様はじめました」の原曲を聴いてみたが…何でこれを合唱でやったのか、さっぱりわからん(笑)。
『豪快終』の方のサザエさんエンディング曲が耳にまとわりついて離れません(笑)。どうしてくれるんですかどうしてくれるんですかどうしてくれるんですか(笑)。
あまりにも離れないので3回言いましたよ。


・畑亜貴
『永遠無惨』

亜貴ちゃんいたよ!!相変わらずすっげえ恰好(笑)。
生で見たのは初めて。
「並木晃一さんの奥さんですよね?」
って聞きたかったけど、聞けなかった。失礼だし(笑)。
で、このアルバムは死蝋月比古のアルバム。さすがにビッグネームの畑亜貴ちゃんだけに、アルバムも凝った作りでDVDつき。あ、キーボードに森藤昌司氏がいますね。
並木さんは参加してない…ちょっと残念。


総評―今回も、新たな出会いがあり、対話、試聴によって作品を購入していった。
しかしまあ、やっぱり商業ライクな人もいるみたいで、そういう人は態度もよろしくない。ある程度人気あってほっといても売れてる、って人も同じ。なんか「聴きたきゃご勝手に」って感じで、そういう人の作品は買わないし、話もしたくない。聴いたところでやっぱり「熱さ」が無いしね。変に整って気取ってて。

やっぱり熱心に自分の音楽を聴いてもらいたい!って人の作品は、つたないながらも心を打つ。話を聞いても熱心さが伝わってくる。今回で言えば背背(ハセ)さんがそうだった。もうなんか目がキラキラしてるのね(笑)。そういう人と話してると、何だかこっちも嬉しくなってくる。背背(ハセ)さん、次も絶対行きますよ~!!
あと不気味社さんね。こっちの場合はキラキラ、っていうかギラギラ(笑)。熱いオヤジです。まだまだ何かやってやろう、っていう大いなる野望があるんでしょうね。次回も楽しみです。

そういう熱い作品にたくさん出会えて、大いなる刺激になったなあ。次は自分でも出展したいなあ。まだ長くかかりそうだけど。

スポンサーサイト

Category: 同人音楽、M3

tb 0 : cm 0   

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kashimasan.blog66.fc2.com/tb.php/836-31288774
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)